タグ:スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊 ( 31 ) タグの人気記事


金縛りは科学的には、脳の問題ともいわれていますが、
疲れたときなどにあいやすいと言われたり

けれども金縛りに本当にあう人にとっては、
疲れたときも疲れていないときもあまり関係ないほどおこりますから、
世の中の基準では図れない事もあります。

理屈や理論だけでは説明できないこともあります。
金縛りは声が出なかったり、体が重く抑えつけられたり、
首を絞められたりという感じが多いです。

私も以前はよく金縛りにあいましたが、
金縛りにあっている最中、やっとの思いで目を開けると黒い影に覆われていたり、
鬼の形相の老女が目の前にあらわれたりしました。

A子さん(40代 主婦)のご主人は、
霊感の強いA子さんがときおり金縛りにあったと言うと、
笑いながら「金縛りなんか、疲れているからなるんだ、
俺は一度もそんなことなったこともない。考えすぎだろ、

夢でも見たんだ、金縛りや霊の事なんか知ったこっちゃない。
考えすぎるな。」と言うように鼻にもかけない。

そのご主人が、二泊三日の社員旅行に出かけて家に戻ってくると、顔色が悪い。


A子さんがどうしたの具合が悪いの?と聞くと、
ご主人「旅行は始めは楽しかったし、調子もよかった。

二日目の昨日泊まったところが、部屋が余っていたので、
俺は一人の部屋になれたから、宴会が終わったあと、
ゆっくり出来ると思って、早めに休んだら夜中に苦しくて目が覚めた。

午前2時前で、またうとうとし始めたら、
突然体が締め付けられるように、手も足も動かない・・
誰もいない部屋で人のうめき声が聞こえる、
目を開けようにも開けられなかった。

遠くでおまえを待っていた・・・と聞こえてきて、
しばらくして体が動けるようになった」
「これがいつもA子が話していた金縛りだと、はじめて体験したよ。


今朝も皆に顔色が悪いといわれたが、
金縛りにあったとは言えないから、だまっていた」とのこと

金縛りには慣れているA子さんが、
ご主人が体験したことで気になるのはご主人が金縛りの最中に
「おまえを待っていた」と聞こえたことです。

それに単純な金縛りにしては、ご主人が何となく
元気がない日が続いているので私の所へこられました。
ご主人には、旅行先から憑いてきた霊がいました。

霊査していきますと、ご主人の前世と深い関わりのある霊たちでした。
ご主人でなければ憑いてこれない霊たちが待っていたのです。



前世の縁は、ご主人の前世の一部が昔、戦いの地へ向かわせた人たちが
その地で亡くなり、成仏できていない魂を時代を越えて
むかえに行かなければならない役目でもありました。

縁があった場所に、一時代ともに過ごした霊たちは、
因縁が深くて成仏出来ず時空間に、置き去りになってしまったのです。

ご主人の魂が再びこの地へ来ることを、霊たちがのぞんでいました。
そして、ご主人が救いの存在でもありますから、共に憑いてきたのです。

霊たちの因縁を切り、浄霊していきますと、
ご主人の顔色も戻り「視界が開けたようです」といわれました。
金縛りもいろいろな原因が霊的にもあります。

通常は金縛りに遭ったときは身動き取れない状態ならば、
自分の眉間に気持ちを集中させてそこに「光」を感じるように
イメージを深くしていくと良いです。
プラスの温かい光をイメージすることで、マイナスを祓う気持ちで。

守護霊に助けてと心で思うこともよいです。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_23483739.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-01-30 09:12 | 霊的な精神世界

とても物事に寛容で、人のことも悪く言うような人でなくても、
常にトラブルや問題ごとが、次々に絶えないこともあります。

どうにも救われたい霊たちが
その人の優しさに集まって来るということもあるのです。

ある会社の工場長の方が、その工場が移転したため
地方に移動してから、職場にトラブルが耐えなくなってきたことや、


なぜか従業員に対しても「自分でもどうしてだろう」
と思うほど常に喧嘩ごしのような口調になってしまったり、

ミーティングでもみんなに話そうとした
内容の肝心なところがすべて頭の中から消えてしまう現象が起こる。

今までそういうことは一切なく、
覚えて話すことが自慢できるほど仕事の段取りも
すべて記憶できていたのに頭の中が真っ白になってしまった。


そのうち何人かの従業員が会社で霊の姿をみたり
気配を感じると言い出して、
会社の浄霊をおこなうことになり、出張にうかがいました。


この工場のある場所は、昔は見張り所のようなところで、
敵をむかえ討つ要所でもありましたから
、霊の気持ちが強く残ってしまっていたのです。

清めて供養後は工場長の短気もおさまり、
工場に霊は現れなくなって、仕事もスムーズに流れが出来てきました。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_15531652.jpg

b0110639_1557874.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-01-24 09:20 | 霊的な精神世界

B子さんは神社やお寺など、
いろいろなところへお参りをしてみたが、

「すてきなところだな、と思うところが多いのですが、
どうしてなのか清々しい気持ちになれないで、
むしろ行く前よりも気持ちが重くなってしまうと事もあるのです」

B子さんは、もともと「他人に言ってもわかってもらえないような、
心の重さがあって、日常の悩みではないのですけれど、お参りも行くようになったのです。

それでも、楽になりきない・・・・

霊査してみると、
B子さんには霊的な問題が積み重なっていたことが原因でもありました。

理由の一つにはご両親も亡くなった後、
B子さんが家を守られてきたのです
が、お家が何代も続いていた家ですが、
いまは都会に住まわれています。

それでも、家を継ぐというのは、
名字も継ぐ縁も継ぐという事でもあります。

良きご縁は継ぎたいものですが
霊的に探っていきますと、誰にも供養されることなく
長い間忘れられていた霊たちの悲哀と

それをあえて隠してこなければいけなかった
先祖の苦しみが続いていたこともありました。

祖父さんの代で先祖代々の土地を離れて、
東京に来られたお家ですが、お参りをしても

「スッキリしない」思いはB子さんの祖父さんも
似たようなことを話していたことがあったそうです。

過去の浄霊をしていくことで
過去の因縁が切れていく時代でもあります。
楽になって、しあわせになっていくときです。

お参りが悪いのではなく、
お参りに行かれたことで、問題点が浮き上がってきたのです。

不浄霊は、浄霊し、
B子さんの抱えていた問題を解決できてきました。

今後もお参りは続けて、神仏に向き合う時間は、
自分の魂にも向き合う時間空間でもあります。

よりよい時間でしあわせをつかんでください。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1624319.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-28 09:23 | 霊的な精神世界

他人の言葉にもひどく過敏に反応して、
非常に傷ついてしまったり、
いつまでも心に引っかってしまうこともあります。

平気で他人を傷つける言葉は好ましくありませんが、
平気で他人を傷つけることを言う人もいます。
b0110639_14204597.jpg

ただ傷ついてしまった人の中には、
そういうことがきっかけになって、

進もうと頑張ってきた気持ちが一度に崩れてしまう、
やるべきこと、やりたいことがあっても、

体が動かない、逆に焦って、どんどん空回り・・・・・・、
やらなければならないことがあるのに、

そちらには目もむけず、ただ気持ちが落ちていく・・・
心だけが焦っても身動きしづらい、

爆弾が目の前にあるのに焦りだけで思ったように
体が動かない動けない、外にも出られないほどの精神的な息苦しさ。



霊的な内面の自分はこのままではいけないと必死でも、
自分の意思がうまく働けないときには
意識に付きまとうものたちの介入があるのです。


それは他の人の意識であり、
霊たちの存在でもあったりします。

時間感覚の流れも違和感がある場合には
かなり霊的な介入があるものです。焦らないで、
ゆっくり目を閉じて自分を心で感じることからはじめてください。

他人の言葉をいつまでも心に縛り付けないでください。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


[PR]
by shugou110 | 2015-11-24 09:15 | 霊的な精神世界

霊的なことは、俗にとり憑かれるのは怖いことだと思われています。
ひどいと霊が話したり、顔つきが変わったり、

現象だけをみると怖いのですが、霊に憑かれるというのは、
人の心の100%のうち5%くらいとり憑かれても、
あとの95%の自分の心が抑えてくれます。


多少の霊的な影響は、浄化されていくことが多いのです。

本当に怖いのは、自分の心の
50パーセント以上影響されてしまったときは現象として怖いのです。

仮に自分が人に意地悪をしたいと考えたとしても、
95%の心の意識がそれを遮って止めます。

とり憑かれて、内在している悪心が出てきても、
自分がしっかりしていれば動かされることはありません。

誰もが霊的な意識存在でもあります。
守護霊も存在はしますが、守ってくれて当たり前かというと、

自分自身を守れないような気持ちでは
せっかくの守護も役に立たなくなってしまいます。

守護はつかず離れず、人の心と魂を
バランスのとれた状態を見守りながら、
最大限の力を加えてくれる存在です。

出来るだけ偏らない考え方、
心の置きどころを自身に向かい合わせていくことはとても大切です。


どうせ自分はダメだからと、思ったり、口にしてしまうことは、
自分がその世界をつくりあげていってしまいます。

思う方向に道は進むということも考えてください。
でもお金持ちにならないとか、事業が失敗したのは、

思いと欲のバランスと、自分に見合った事ではないことも見直して、
新たな毎日を送るように、進んでください。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1604089.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-05 09:32 | 霊的な精神世界

大切なことは
人や自分を傷つけて
その場を切り抜けようとすることよりも、

どう切り抜けていけば
できる限り後悔のない、
自分の心が納得のいく生き方を大事に、

人も傷つけないで
自分自身も傷つけないで
責めないように

松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊




b0110639_23384057.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-03 09:25 | 生き方について

赤ちゃんや子供さんが疳(かん)が強すぎて
夜泣きなどに悩まされる親御さんもいます。

子供さんは影響や、ご両親の環境を映し出していることあります。
そして霊的なことに反応してしまうと、
親には見えなくても子供さんは、感じ取ります。


幼い頃に、大人が見えないものや人(霊)が見えることはよくあります。
大人になって霊感が残る人もいますが、
それが徐々に薄れてしまうことも多いのです。

子供さんが、空間を見て「だれかいる!」といったりします。


霊が見える子供さんに対しては、
変なことを言わないでと怒ったりしないで、

否定的にならずに「あ、そうなの大丈夫だからね」と
自然体で受け止めてあげておくことのほうが良い結果にもなります。


霊的感覚の強すぎる赤ちゃんや子供さんは、
うまく言葉で表現できないときには、
火がついたように鳴いたり、怖がったりすることもあります。

疳が強すぎてコントロールが出来ないほどでしたら、
浄霊も必要かもしれません。

おまいりしたりする事も大切なことです。
霊にも感情が左右されにくくなるように、
しっかりと守ってあげることも大事です。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_16154191.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-01 09:12 | 霊的な精神世界

焦りすぎないように

焦ることが増えすぎたら
先々を考えすぎないように考えを止めてみる

「余計なことまで考えすぎてしまった」ということにもなりがちです。
思いを巡らせすぎて、肝心なところからズレてしまいます。

焦るだけで解決できるものでもありません。
心を落ち着かせて、必要なときに必要な人と出会います。

あせりすぎないようにしてください。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_2391747.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-10-28 09:12 | 心の世界

ご先祖からの縁

今は東京に住んでいられるB子さん(60代 主婦)
「私は幼い頃から、父親が転勤族でしたから、

小学校でもは良いときには何ヶ月かで、
他の県に転校になってしまったり、
長くても2年くらいで転校したりしていました。

一人っ子でそれが当たり前という感じで、
転校は苦にはなりませんでしたが、

新しいところへ転校する都度に体調を崩して入院したり、
はっきりとした原因がわからないですが、
しばらくすると元気になるのです」
b0110639_15551469.jpg

「それは私の昔話でしたが、実は私の孫なんですが、
6歳の女の子で普段はとても元気でも、

孫の両親ともに旅行好きなので、
地方に旅行に連れて行くと、
ほとんど必ず熱を出して初日は寝込んでしまうのです。


入院まではしませんが、
初日は可哀想に何も食べられなくなるのです。

そういうことが何度も続いていると聞かされたときに、
私の小さい時を思い出し、親の転勤があるごとに
具合が悪くなっていた事を思い出しました・・」


B子さんの父親のご先祖の縁で、
いろいろな地方への転勤が多かったのです。

お孫さんも旅行に行かれた場所が、
B子さんが親の転勤でいかれた地方が多かったのです。

霊的に、みていくと、
「そこの場所の問題よりも、
B子さんそしてお孫さんのご先祖のことをきちんとしなさい」
と伝わってくるのです。



でもB子さんは転勤族だった父親のご先祖のお墓参りなど
行ったこともないそうで、ご両親ともにそういうことには無頓着だったそうです。

転勤で回られたところも、ご先祖たちのご縁の深い場所だったのです。
その都度、霊的なものを受けて感受性の強いB子さんは体調を崩してきたのです。

これからはお孫さんに影響しないように、お寺でご先祖のご供養をして、
ご自宅でも出来ることをしていただくようにしました。

B子さん結婚はされていますが、どうしても苗字を変えたくなくて、
ご主人に養子に入っていただいそうで、
ご自宅でご先祖もおまつり出来るのです。

ご先祖からのご縁は、それぞれのお住まいの場所にもありますし、
まだご供養ごとが必要なときには、
養子さんに入っていただくように家を守られようとする事もあります。



余談ですが、近頃は、祖父母の出身を知らない人もいます。
生まれたところや、育ったところを聞いたことがない人も多いものです。

そのため祖父母の実家にも遊びに行ったこともなければ、
先祖のお墓参りもしたことがないからわからない人がいます。


時代の流れでもありますが、両親や祖父母、
曽祖父母さんがお元気なら、
わかる範囲で自分たちの先祖のことを聞いておくといいです。

どういう家で、どのような家系だったのか、
少しでも知ることが出来たほうがよいのです。

ご縁があってその家に生まれてきたかという
ことが感じられることもだいじです。

負をおぎなう正の力も持っている先祖もいます。
出来るかぎり知っておくことが良い縁のはじまりとなることもあるのです。

ある方は、ご近所でなんとなく気の会わない人がいたが、
お互いの先祖が同じ出身県だとわかってからは
意気投合したという人もいるのです。

先祖を知ることは先祖の守りも身近に感じとっていけることでもあります。




松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

[PR]
by shugou110 | 2015-10-22 09:17 | 霊的な精神世界

祈ることは感謝

祈ることは感謝
神社でも、教会でも、
そしてご自宅の神棚でも、祈る機会はたくさんあると思います。


何を祈るかもそれぞれではあると思います。

ある方は、「おまいりするときに、
どんな気持ちで祈ればよいのか?わかりません。

お願いしても良いのか、欲を出して祈ってはいけないのか?
祈るときに、そのようなことばかり考えてしまい、どういうおまいりの仕方が良いのか、
いつも悩んでしまいます。」


神様という存在は、聞かなくても
人の抱えて望んでいることを理解されています。

一人一人の選択してきた人生の宿命を支えてくれる存在でもあります。
願いが叶うのは、立派におまいりが出来たかどうかだけではなく、
b0110639_1632536.jpg

「おまいりや祈りによる、
幸せや感謝がその時にあるかどうか」も非常に大切なことです。



願いが叶わないなら、神様なんて信じない気持ちではなんにもなりません。
祈れる存在であり、受け止めてくれる存在であり、
ときには優しく、ときには厳しく、心と魂にエネルギーをくれるのです。

どのような気持ちで、祈ることが良いのかは、
悩み事はお願いしても良いですが、

自分も一生懸命にできることをして悔いのない生き方をしていきます。
そして今日ここでおまいりできたことに感謝します。

という気持ちを大事におまいりしてください。
感謝は自分を幸せにしてくれます。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

[PR]
by shugou110 | 2015-10-18 09:18 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。