引っ越したところ

A男さんのご家族は、まずご主人のA男さんが、
突然仕事の問題が次々に重なり、トラブルが絶えない、

いつも元気な奥さんが、何度も風邪を引いて寝込んでしまう、
息子さんは、足をけがしたり、捻挫したり、

あまりケガもしなかった息子さんが立て続けにケガをする。
娘さんは車を当て逃げされたり、なんとなく体調が悪い。

A男さんのご家族は、3か月の間こんなことが続くのでした。

お手伝いに来てくれた、奥さんの母親も
3日目に神経痛が出てしまい、帰ってしまった。

母親ご本人も、神経痛が出てくる季節でもないのにと言っていたそうです。
それに帰宅されたら神経痛が治っていたそうです。

ご家族が異常なことばかりが重なりましたが、
A男さんご一家は、
この3か月前に、引っ越しをしてきたばかりでした。


この土地が、もともと地主さんが昔、
氏神様をおまつりしていた場所でもあるのです。

すでに氏神様はもとの地主さんが、お返ししたそうですが、
長い間祀られてきたところは、


神聖なところでもあるので、その上に家が建てられ、
浴室トイレもつくられていますから、あまりよくありません。

お祓いして、土地をいつも清められる場所を作り、
大事にされていくことが必要でしたから、
庭に神聖な場所として水晶を埋め、

きれいな石を置いて、お清めをして、それ以降は奥さんも元気に、
A男さんのトラブルも解決できて、息子さんもケガをすることもおさまり、
娘さんも元気になってきました。

大事なことは形を変えても守られたほうがよいときもあります。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


b0110639_094134.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-31 08:01

善悪意識のはざ間

人間界は善霊と守護霊、
低級霊とそして悪霊が常に同じ空間に存在しています。
しかし通常それは目には見えない存在ですが、
ときには声が聞こえたり、心身ともに霊的憑依されている方もいます。

目に見えないからにわかに信じがたいこともあるかもしれませんが、
自分自身の心も目には見えません。
この心に霊は影響してくるのです。

この影響が強いと人には幻聴や幻覚や憑依現象が起きたり、
幻聴は自身の心以外に誰かが話しかけてくる感じがします。
別の次元(世界)から話しかけてくるので、
無意識に波長が合ってしまうのです。
こうなると自分の意識が平常心なのか、そうではないのか、
わけが分からない、このような事態にも陥るのです。

精神状態が安定しているときは、理性が働き操られる事はないのですが、
何らかの具合でこの理性がきかない場合に、
本能的に逃げの意識に入り込んでしまいます。
このときに低級霊の意識と波長が合ってしまったりします。
霊はまるでトリックのように
入れ替わり立ち代り変化することもあり、人をだますこともあります。

霊能力者でも経験が浅かったり、
威圧的な能力者は見抜くどころか振り回されてしまうことにもなってしまいます。
守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21433933.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-29 08:39

過去に戻る道はない

長い人生のなかで、
「もしかしたら違う道を選んだ方が、
正しかったかもしれない・・・・・」

苦労もしなくてすんだかもしれない、
しかし今となっては違う道などありません。
この道を選んできた以上、
やり直せる過去の道はないのです。

それでも直せる新たなこれからの道は
たくさんあります。
過去に戻れる道がないだけです。

この人生でなにを幸せと感じようとするか、
自分の心を育てていくのが、
幸せを呼ぶコツのひとつ。
なにをしても、例えばご飯を食べて
おいしいと思えるしあわせ、
つらいことを克服したしあわせなど

不幸さがしに無駄な時間をついやさないで、
ネガティブに考えすぎないように。
心の縛りを解いていくように。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_215651.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-27 08:47

大事な仕事の会議中に話している人の顔が、
いきなり、そこにはいない知り合いの顔に見えてしまう人 、
すぐに収まるのですが一瞬驚いてしまいます。

この場所はあまり好きではないなと思ったとたんに、
足元から湿疹がでてきてしまう人
一瞬の出来事でもいろいろな現象が起こってくることもあれば、
肉体的な反応で出てくることもあります。

B子さんは霊的に感じとると、必ず足が痛がゆくなって、
真っ赤になってしまうのですが、その場を離れるとおさまってくるのです。

それぞれの反応の仕方は違いますが、
波長が違う場所、淀んでいるところに
過敏に反応が起こってくる方も多いのです。

たとえばAさんを見ていると不意に
何年も会っていないBさんを目の前にいるように
懐かしく思うこともあるように、
記憶や意識の延長線上に現象が起こることもあります。

ただ、あまり知らない顔が浮かんでくるということは、
霊的な要因が大きいということはお伝えしておきます。

霊の姿が人に何かを伝えたい訴えたいという
現象が起こってくることもあります。
守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2018-03-25 08:21

自分の人生のなかで、 昔にあったことを
いつまでも根に持って、
恨んだり根に持つ心は、根が小さいから、
幹も葉も生き生きと延びないので
バランスが悪い、根に持つ心を変えられるのはもちろん自分です。

根に持つ感性が強いのですから、
手放していける力を
発揮することもできるのです。

根に持つ事はそこに生き甲斐さえ
感じることもあるかもしれません。
恨みが強いと、
もしそれを手放したら
どこに心をおいていいかわからないだけかもしれません。

魂はそれで満足していません。
自分をいじめつづけていることになり、
余計な病も抱え込んでしまいます。
守られた魂であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23213951.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-22 08:16

形相が別人

結婚してから10年目に待望の子供さんが産まれ、
ご主人もやさしく、同郷のご家族も、
喜んで子供の面倒も見てくれる、

幸せなはずの奥さんがときおり「無性にイライラして、
身の置き所がないくらい自分がコントロールできないのです。

病院で薬も処方さましたが、それでも変わらなくて、
ひどいときには顔つきの形相もまるで鬼のように変わってしまうのです。」


そして家族に当り散らしてしまうことが多くなり、
始めは子育ての疲れかと周囲も本人も冷静になると
「頑張ろう」と話し合っていた。

ご家族と同居のため誰かが必ず子供を面倒見てくれて、
子育ても手伝ってくれているほど恵まれています。

この日はご主人に伴われてこられたのですが、
ご主人のお話によると「今日はまだ落ち着いているのですが、
いつもの家内ではないような感情が湧き出て来るように、

「誰も彼も憎んでやる!悔しい」などど言い始め、
顔つきまで違い穏やかな家内が、別人の形相に変わってしまうのです」

これは霊的な影響だと思われて来られたのです。

霊査すると、人の幸せを恨み妬む霊たちの仕業で、
悔しいという感情は女性の霊がついていました。

お子さんに恵まれ、ご家族に恵まれ、ご主人も面倒見てくれる、
普通は幸せの意識に霊は介入しづらいのですが、


奥さんがお子さんを育てる不安が、一時期かなりあったようです。
そういう不安や落ち込みに、霊たちがリンクしやすくなった状態でした。

それも霊にやきもちを焼かれたように、
幸せな姿に悔しさが出てきたのです。

「霊の感情意識が介入して、とり憑かれる」場合もあります。
霊もまた、学んで霊界へ戻らなければなりませんから、
今回は霊が出てこないように浄霊しましたので今後は近づくことはありません。

温かい親の心を理解して浄仏していきます。

そのご、奥さんの形相も変わることなく、穏やかに暮らされています。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_151733100.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-20 09:06

母親と喧嘩が多い


A子さんは「母親は兄や姉には優しいのです、
でもわたしといるときは
文句ばかり言って怒る、
ひどいときには他の家族には見せたことのない、
表情や乱暴な言葉が出てきたりします、
どうして自分にだけ言ってくるのか?
普段の私は、
何とか黙って聞いているんですが、
たまに怒鳴ってしまうこともあります。
私も母親と同じようになってしまうのでしょうか?
父親は優しいですが、
口数が少ない人です」


よく伺ってみると、
A子さんとお母様が
非常に霊的感覚が強いのです。

霊が見えるのではなく、
お互いの感情のとらえ方がとても過敏で、
顔を合わせると憑いているもの同士が、
人の感情を通して声を荒げて訴えてきているのでした。

内側に溜め込んだ霊的なストレスが浄化できないでこもってしまい、
時々感情の爆発が起こってしまうのです。
浄霊もしながら、気持ちも変えていかなければならないのです。

A子さんは真面目で優しい女性ですが、
「すべてのことに自分が悪いから」とも思い込みすぎています。

気持ちのよいと感じられる神社や自然界に心預けてみる、そういう空間も大事です。
守られた人生であることお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2314477.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-18 08:57

Bさんは、仕事で遅くなり、
最終バスに乗車してついウトウトしていたら、
「お前なんかバスに乗るな!」という声と同時に、
座席の後ろを叩かれて、

驚いて、目を開けて座席の後ろを振り返ってみると、
誰もいない・・・

神経を使いすぎる方や霊感の強い方で、
就寝時にちょっと「うとうと」すると、すぐ
 自分ではない声に起こされたように目が覚めてしまう。

ある時はのどを鳴らすような音のような声、
ある時は、男の人の何かを言っている音のような声、

どこにいるのかと家の中を探してももちろん誰もいない、
外からの音かもしれないと確かめたりしても聞こえない。

やはりこの家の部屋の中で起こったことに気づく。 
お香をたいて、しばらくして落ち着いてくるとゆっくりと休める。

自分の感覚が、見えないものを感じやすいから、
あわててはいけないのだとつくづく思い知らされるという方もおられます。

 お香を焚いたり 自分自身との対話も大事なのです。
自分の疲れが引き寄せている現象もあるからです。

自分の気力が落ちてくると、マイナスが出てくるときもあります。
気づいたときに自分が変わっていくことができます。


守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2018-03-15 08:33

人前では強そうに、何事もないように
頑張っていても、

感性の強さに悩まされ
苦しい思いを持つ方も多い

感じとるけれど、
形のない何かに悩まされている方も多いのです。

何かは感じるけれどうまく説明ができない。

人前では元気に振る舞っていても、
心のうちでは常に苦しい

内面がいつも苦しい感覚は霊的な事が
影響していることもあります。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23483186.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-12 08:48

部屋が怖く感じる

30代のB男さんは以前から霊を信じてはいないが、
ただ怖いという感覚は人一倍強く感じる、
住まいを借り換えてから、部屋で音がするし、

部屋が怖く感じる
電気やテレビがついたり消えたりするので怖い。

そこですぐに、お酒と、水、お供え物をおいて
お香を焚いて手を合わせるように指示しました。

それから1週間ぐらいして、
音は静まってきたが、一人住まいの部屋で朝1番に
水とお酒を取り替えて会社に行って夕方帰宅すると、
お酒と水のコップに誰かが口をつけた跡があり、

おまけに減っていた、
それとお供えしていたお菓子のかけらがコップの中にある。
B男さんは怖くなり、再度相談に来られました。

部屋に人間が入った形跡はありませんが、

霊でも人に近い感覚で食べて飲んでいる
ということもあるのです。

私は後日この部屋に伺って浄霊をして、現象がおさまってきたのでした。
個々の土地自体の問題があり、土地霊が騒いでいたので、納めて落ち着いたのです。

守られて人生であることをお祈りします。


松林秀豪ホームページへ

[PR]
by shugou110 | 2018-03-09 08:19

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。