気持ちの中に別人がいるような感じ霊的
自分の心の中で、

なんだか気持ちが別人のように感じ、
自分なのに気持ちの中に、別人がいるように

心と耳がざわついて、話しかけている者がいる感じや、
ラップ音がしたりおちつかない。

「このような状態になるのでしょうか」と
悩まれる方もいますが、

これは霊障が原因ですが、
霊的に悪さをしてくる現象が起こることもあります。

その中に電磁波を発することもありますし、
人の心を読み、
一番気にしているところを、困らせてくることもあります。

魔のような低級霊もいます。
霊障の多くは最初は少しずつやってきますが、
心の病気と思ってしまい 薬だけでは治らないときは、
霊障も考えてみることも必要です。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏
[PR]
by shugou110 | 2018-02-28 16:42

本当は違うのかもしれないけれど、
家族や職場や自分の周囲がいつも敵ばかりで、
自分だけが阻害されているような感覚に悩んでいる人もいます。

誰もが自分を信じてくれない、敵は誰で何と戦っているのか。
悪いのは人なのか?自分なのか?
それは自らの宿命のような存在でどうすることも出来ないものなのか?
b0110639_10245098.jpg
自分の努力が足りなくて敵ばかりに囲まれてしまうのか、
そうだとしたらなぜ解放されていかないのか。
反省したくても自分が見えない。


すべて人が悪いのではないか!どうしたら良いのか・・・・・。
自身が見えなくなることはあります。
それが霊の影響だと考えたくないと思う人もいますが、
確実に霊的な問題であることが実際にあるのです。

霊がはっきりと間に視えるわけではありませんから、
認めづらいとは思います。
それでも人智では説明しきれない事柄も起こってきたときには
霊的なことへも解決法を考えて視ることも必要なこともあるのです。

守られた人生であることをお祈りします。

松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2018-02-27 08:37

踏切が怖くなった女性

A子さんは自宅近くのいつも通る踏み切りで
「遮断機が降りてくるときのカンカンという音と、
電車が近づいてくると、気が狂いそうになるのです。

大声を出してしまいそうで恐怖感とどうして良いのかわからなくなり、
このままこんなことが続いたら本当におかしくなってしまいそうです」
踏切を渡るのも怖いということでした。


2ヶ月ほど前からこのような現象がはじまり、
その理由は踏み切りで事故があったのではないかと訪ねると、

「はい、3ヶ月前に車の事故がありました」
その事故で亡くなった女性の方がいて、
車ごと電車衝突し亡くなられたそうです。

それ以来この踏み切りの近くに住むAさん影響が出るようなってきたのです。
この女性は勤めに行くと、なんでもなく普通に仕事もできる。

ご本人の話では、自宅から踏み切りを過ぎて、
しばらく行けば気持ちが落ち着くが、
帰ってくる途中踏み切りに近づくと、落ち着かなくなって、現象を起こす。

このように踏み切りで突然死して地縛霊になった霊が死んだ場所からは、
離れられないのと救いを求めて、同年代の女性に憑いてしまったのです。

これはほんの1例ですが、
このほかにもたくさん地縛霊にまつわる体験があります。

地縛霊と言われるものは、霊によっても違うが、
大概半径2キロ離れると憑依されにくくなります。

守られた人生であることをお祈りします。

松林秀豪HPへ
b0110639_10402569.jpg
[PR]
by shugou110 | 2018-02-25 08:37

街を歩いていても、すれ違った人が
自分のことを変な人だと思ったはずだ。

電車に乗っていても、目の前に座った親子が、
自分のことを話している、笑っている・・・

きっと変じゃないのかと思われている・・・・

そのように思い込んでしまうことで
過度の緊張感を持たれている方もいます。

精神的に弱いのではなく、
普通の人より過敏に感知しやすいのです。

例えば電車の向かいに座ったカップルが、
自分のことを話したように感じるのは、

極度に自分を抑え込んでいるために、
他人が泣いても笑っても、こっちを向いても、
あっちを向いていても、全部自分が悪いとか、
考えやすくなっていることが多いです。

感性が豊かな性格で、
育ってきた環境が、
自分を責めやすくなってしまった方もいます。

何かをきっかけに、
自分だけに意識を向けすぎて
他人は自分を否定しているのではないかと思ってしまい、
苦しまないようになって来ればよいと思ったのです。

人が絶対自分を笑っているなどと思い込んでしまわないように
自分ではない霊的存在が影響していることもあります。

感受性が強い方は霊的感受性も強いので、
くれぐれも自分のことをマイナスに考えないようにしてください。


守られた人生であることをお祈りします

松林秀豪ホームページへ  心、守護 感受性 霊感 霊障 スピリチュアル 千葉 東京
[PR]
by shugou110 | 2018-02-23 08:03

ご両親と娘さん(高校生)がいらしたときに、
母親が「親戚と一緒に旅行に出かけて、
楽しかった旅行から帰ってきてから、娘のようすがおかしいのです。
目つきがいつもと違ってきつく、

言葉もいつもは言わないような言葉で
乱暴な話し方で、
それにいつもはあまり食べないような
油物を多く使った料理を食べたがるのです。

それに主人は気のせいだと言うのですが、
娘の背後になんだか黒い陰のように
見えたりするんですが・・・
今日一緒に来るときも娘は怒ったように
ブツブツ文句を言いながらきました。
いつもの娘には無いことです」
ということでした。

娘さん自身はあまり感じていない
とのことでしたが、
急に思い出したように

娘さんが「あぁ!そう言えば、
皆で旅行中に有名な渓谷にいったのですが、
皆でちょっと山道を少しだけ間違えたところに
小さな祠があって、
私は何となく気になって・・・

心の中でなんだか寂しいな~って
そう感じました・・・

今それをはっきり思い出して、
いま話していると心の中で、
そうだそうだという感じがして、
いままでこんな体験をしたことがなかったです」


そこで
このときの山の祠のことを霊査しますと、
山の墓地のようなところを祠の形でまとめたようです。

まとめてくれたのはよいですが、
供養する人もなく、
寂しい霊は成仏できていなかった。

たまたまこちらの娘さんと波長が合って
わかってくれる人だと思って一緒にきたのです。 そういうお話をしていますと
娘さんは「心の中でそうですと
答えてくることが伝わってきます」とのこと。

浄霊もおこないましたが、
霊とのご縁もあってのことだったのですから、
お近くのお寺にも行かれて
手を合わせてあげていただくようにも
お伝えしました。 人の縁は霊の縁
そのごは娘さんんも落ち着いて元通りの生活です

守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22543953.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-02-21 08:47

山を切り開いて、一度に住宅を何十、何百棟と建てられたところもあります。

あるご家族は新興住宅地に住み始めて
いろいろな問題が出てきたという相談を受けましたが、

この住宅に住み始めてから5人ご家族で
いつも誰かが体を悪くして

寝込んだり入院したりしてしまうという内容でした。


私はその場所に多くの墓があったこと、

宅地にするために山を掘り起こされたこと。
(昔のことなので、墓石もなかったようですが)

そういう霊たちの怒りがあることを伝えました。


一度浄霊しておかなければいけない場所ですから、
お宅に浄霊に伺いました。

そのときに、この家の方が、
古くから住んでいた地元の農家の方に話を聞いたところ、


「ここの山は昔、お墓だと言われていたところも多くて地元の人もあまり来ることがないような、
荒れ果てていたようなところで、松林さんのいわれたとおりのところだったようです」


と話してくれました。

これに似た霊的現象の話はよくあることですが、きちんとしていけば解決されてきます。

知らずに住んでしまったからには、ご縁があることは確かです。


守られた人生であることをお祈りします

    松林 秀豪HPへ

b0110639_2372565.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-02-19 08:58

会社を引っ越してから

会社を親友同士で2人で経営していた男性が、
10年以上も問題なくきていた。
順調に業績もゆったりではあったけれど伸びていた。

しかしある時期から何故か2人とも気が合わなくなってきた。

いつもは喧嘩をしても仕事のときには一切、
私情は持ち込まずにいたはずが、お互いに私的な感情が先立って
仕事の話もまともに出来なくなるような状態だということで、
この男性2人とお会いしたことがありました。

私がパッと感じられたのは「仕事場が変わりましたか? 
それから従業員の方が変わりましたか?」 と伺うと 


「そうです数ヶ月前に仕事場を広げるためにオフィスを移り、
従業員も増えましたが体調を崩す社員が多いです」とのこと。 

どうやら新たなオフィスの場所の問題がある。
霊査すると周辺はお寺なども多いところでしたが、
霊がたくさん集まっているようなところでした。

このオフィスのあるビルの土地が昔のことですが、
どうも家中で藩のもめごとのような状況が起こったのを感じたので、
私が一度この会社に伺いまずお祓いをして、

霊を浄化させていきました。
後でやはりある藩の屋敷跡だったということがわかったそうです。
同時に共同経営している2人のもめごともおさまりました。

守られた人生であることをお祈りします


松林 秀豪ホームページへ
b0110639_21422166.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-02-17 08:33

ご家族と同居しているお嫁さんが、
ご主人の親戚や兄姉とも
あまり付き合いたがらなくなってしまった。
以前は仲良くしていたのに
最近は人と会うことが嫌だというのです。

喧嘩したり揉め事があったわけでもない。
ひどいと家にこもり電話も出ない。
心配したご主人のお姉さんが相談にいらしたのです。

「弟のお嫁さんは、明るいお嫁さんだったのですが、
2年前に母親(お嫁さんの姑)が亡くなってから、
明るさが失われてしまって・・・・
それに霊的なことを感じるようで、かわいそうで」



一度お家に伺うことになり、 家にうかがうと、
まず家の中の独特の暗さと重さがあり、
それに煙が立ちこめるかのように部屋が、霊的な気配がします。

ご主人は何もわからないですが、
このお嫁さんはなんとなく霊の影響がわかるようです。
お嫁さんとお話ししてみると、
「おばあちゃん(義母)が2年前に亡くなってから、
家の中にいろいろと(霊が)入り込んでくるんです。

どうしていいかわからない。
主人は信じてくれなかったし、
親戚はあれやこれや言いたいことを言ってくるだけで、
相談になんかのってくれない・・・・義姉だけはきいてくれて」

家を切り盛りしていた義母さんが亡くなって
霊たちの納まりどころがないのです。

このようなことはたまにあるのですが、
家長が(主)が生きているときにはしっかり主が家を守り、
生きることに前向きに支えていたときには
霊たちもおとなしくしているのですが、
問題がある家や土地の場合には主が亡くなると、
表に騒ぎ出してくることもあります。

この場合には先祖供養や、
土地の供養も必要になることもあります。

こちらのお嫁さんは、霊感もありましたが、
お嫁さんとしての自分に自信が持てなくて、頼りの義母さんは亡くなるし、
抱え込めなくなって、不安なところに
霊の影響があって引き懲りのようになっていたのです。

まずご仏壇に祈り、
家の中の不浄霊を浄霊し、
土地のお清めもして、
お嫁さんの浄霊もしていくと、
とても表情も明るくなり、その後元気になり一安心です。

守られた人生であることをお祈りします。

松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏



[PR]
by shugou110 | 2018-02-14 09:21

疲れたり落ち込んだりすると、
良くなかった過去を思い出しすぎて、

少しの執着と 過去に縛られすぎている心を
手離したら 自分の素敵な内面と出会えます。

考えても時間は戻せない、進むしかないことばかりですから、
考えてわからないことは考えない。
いまを大切に
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21195794.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-02-12 08:16

地縛霊は2キロ以上は離れられない


土地にいる霊というものは、その場所になんらかの強い執念かあるいは思いが残ってしまい、
留まり続けているのです。


人は時間がすぎて未来に進んでいますが、霊の時間は亡くなった時点で時間が止まりますので、
たとえば恨みや妬みの気持ちが、そのままの感情や心で残ってしまいます。



残った場所で執着があればその地から離れようとしても心や感情がその地(場所)に、
未練が残っているからです。b0110639_10203799.jpg


ただし執念の強い霊でも2キロ以上離れない、
それ以上いかないのは土地に執着があるためなのです。

そのため土地だけの問題であれば、2キロ以上離れると
影響を受けなくなります。


守られた人生であることをお祈りします

松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2018-02-10 08:38

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。