自分が死んでしまう夢

夢の中で、自分が死んでしまう夢を見たときには、
霊的な成長をあらわしていることが多いのです。

成長して、使う必要がなくなったものを
捨て去るようなことです。

例えば怒りやすい性格がおだやかに変化したら、
怒りは必要なくなるのと同じようなことです。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2017-03-31 08:30

亡くなった方の場合、
人としての肉体のあった物質世界ではありませんから、
言葉も嗜好もこだわりも薄れていきます。

残されたご家族や親しい人たちと、
コンタクトするのは意識だけになってきます。

例え 霊でもいいから 姿が見たい 会いたい 
「それが出来ないから寂しい かなしい つらい」
残されたご家族や親しかった方々はそう思います。



何かにつけて
「もしこういうときに、
亡くなったあの人だったらなんでいうかな? 
こういうときどうするだろうか?」

と考えたときには、
自然に答えが浮かんでくることはありませんか?

そういうことも霊とのコンタクトのひとつでもあり、
霊能者ではなくても、
霊との意識の会話をしているのです。


見える世界と見えない世界、
可視の部分と不可視の部分、
現実的に自分自身の姿も
鏡や映像がなければ、自らのすべてをみることもできません。

自分のことでさえも、
すべては見えないところはたくさんあります。

霊は不思議な世界ではなく、
人がある世界とない世界とを
分けすぎているだけなのかもしれません。

誰もが見えない世界からきて、
そして見えない世界へいずれは戻っていくのです。

悪しきご縁は断ち切りながらより良きご縁につながりつづけていくために。
守られた人生であることをお祈りしています。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


b0110639_22431767.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-29 00:16 | 霊的な精神世界

Kさんは、
「 見ず知らずの人に、顔を睨まれたりすることがあります。
ある時は、私の方に向って来て直前に
「はっ!」としたような顔をした人もいました。

自分だけをじっと見ている人もいたり、
そういうことが多いのです・・・・

自分には霊的なものが憑いているのか、
私の背後に邪悪なものでもいるのでしょうか? 気になります・・・・・・」


Kさんのように、
このようなことに近い経験を もっている方もいるかもしれません。

邪悪な者が憑いているからではなく、
普通よりも霊的な存在とつながりやすいためです。
相手が向かってくる感覚は、

霊的な感覚がない人にとっては、
「変な人だな?」 という程度で終わってしまうのでしょうが、

霊的な感性が強いと、
見ている人や向かってくる人の背後に

霊的なものを 感受しやすかったり、
襲いかかられるような意識に感じられたり、
相手の目線や目つきなど突き刺すようにも
とらえてしまうかもしれません。

それはご自分が邪悪なのではなく、
相手に憑いている何かが放つ
乱れた波長でもあります。

人の背後や意識に憑いている
邪悪なものを感じてしまうだけです。

物質的な人の姿はもちろん見えますが、
人の周囲を取り巻く
見えない存在をキャッチしてしまう人もいます。

自分を邪悪ととらえないで居場所を狭めないように。
守られた人生であることをお祈りしています


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22401614.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-27 22:36

ある種の過去の記憶が残っている人は、
生まれてくる以前に、
いまのご両親のもとに

生まれてくるのだということを
霊界の人(霊的な意識)と、自分で決めて
生まれてきたことを覚えていることもあります。

また生まれてくる前のことを、
大人になっても夢で見るという方もいます。

ある方は、生まれてくる前に、
自分が何軒かの家と、家族を上から見ている情景で、

自分が右の家を選んだ瞬間に、
その傍らにはおじいさんのような
守護霊だと感じる存在が笑顔で

「少し大変な方を選らんだね。がんばるんだよ」と
伝わってくる夢を何度もみていますという方もいます。

その夢をみるときは、必ず大変な局面にあるときが多く、
生まれてくる前の約束ごとを思い出し
勇気づけられることを経験される方もおられます。

守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_15192534.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-25 00:15 | 霊的な精神世界

感が働きすぎる

考え方や好みは人それぞれで
個性があって刺激を受けたり、

「なるほど」と感心させられることもあります。
男性より女性の方の方が感の働く方が多いのですが、

先を読みすぎたり、
相手の感情を自分にのせて考えすぎてしまうと、
相手も自分も苦しくなってしまいます。
受け流すことが出来なくなるとつらいことです。


また時には、憑いている霊が見えてしまい、
それを相手に話してしまうと、
自分と付き合っているのか霊と付き合っているのかと、
いやがられたり、誤解を招いてしまうこともあります。

人一倍強い感性は、
良きものも見える力も同時に備えていることを忘れずに。

たくさんの見えない守護する力にも、
影ながら支えられていますから余り神経を尖らせないように。

善きことを引き寄せてくれるのは守まれている心を持つことです。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21582691.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-23 00:07 | 生き方について

自分には守護霊がいるかどうか
わからないと悩んでしまう人もいます。

目で見るとみえない
欲で見るとさえぎられる
見るのでは感じとる
自分だけで生きているのではない

たくさんのお陰をいただいて

生かされていることを感じられることができる方は
守護の世界を必ず受け止めることができます

守られた人生であることをお祈りします



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21532596.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-21 09:00 | 霊的な精神世界

心ぐせ 自分が悪い

運勢が悪いのは自分が悪いから、心ぐせが悪いと考える
心ぐせの責任にしすぎると悪いものは、
すべてが心ぐせのせいだからと、

自分自身を集中攻撃して、
何もかもが心ぐせとしてしまうと
身の回りに起こることの負を引き寄せてしまうように、

心ぐせを悪い存在理由としてしまうこともありえます。

心ぐせのネガティブな部分には、
霊の意識が介入しやすくなり、
落ち込んでいる意識が、
さらに下に落ちるような感覚さえ思うこともあるのです。

ある方は些細なことで落ち込んでしまい、
それから今までにないほどの暗い孤独感を感じ、
自分ではないような感覚を感じて相談にこられたことがありました。

霊査してみるとあきらかに霊的な憑きものの影響があり
浄霊後は暗い意識はなくなりました。
ネガティブになりすぎて、自分を見失わないように
守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21473553.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-19 08:44 | 心の世界

30代の女性の方が、
楽しくない「生きている意味がわからない
希望がなくて楽しくなくて、
楽しいことを考えることも面倒な様に、
すべてのことに負担を感じる。

一人でいることが一番楽ではあるけれど、
それはそれで孤独で余計に沈むことばかり考える。

その反面まだ死にたくない。
身勝手なことを考えている私
を自分自身で嫌になっているのです」

このようなご相談でこられる方もおられますが、
決して始めからそういうことではなかったはずなのです。

いつのころからはその方によっても違いますが、
霊的影響力を受けていることが大きな原因でもあります。
自分が持っている弱いところに、
霊の意識が同調してくることもあります。

そうなると笑えるものも笑えなくて、
意味のわからない涙が出てきたり、
楽しもうと思っても沈んでしまったり、



感情が自分ではなく、
霊の動きになってしまうことになると浄霊が必要になるのです。

それを霊の影響と思わずにいると、
暗い考えはすべてが自分のせいだと
思い込んでしまうことにもなってしまい、

自分の意識の中での葛藤と戦いになってしまいますが、
ネガティブ思考がなかなか抜けないときには、
ご自分以外の意識が入り込んでいることもあるかも知れないのです。

守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2017-03-17 00:17 | 霊的な精神世界

日常生活のことは動いているけれど、
虚無感を感じてしまい、

「いったい自分は何をしているのか、
なぜこんな生き方をしているのか、
何もしていないと感じる自分が歯がゆい、
しかし一体どう考えたらいいのか・・・などなど」
そういうことを思われる方も中にはおられます。


虚無を感じているのが自分自身なのか、
霊が憑いて霊が感じていることなのか。

自分の魂と自分の人間的な現実的な
心との葛藤がこのような状態を生み出してくることもあります。

ご自分の本性(魂の真我)が、
偽りない自分を出そうとしていることもあります。

世の中の欲に押された、
人間的な自分の意識とのもつれが心の中に生じてきます。


虚無感は思考がまったくないわけでもなく、
悪も入っていません。

内在している魂の真我に気づかされるときでもあります。
急がず焦らずに。

真我の自分を出そうとするときに、邪魔に介入してくる霊もいます。
神社など気の流れの良いところへも行かれることが大切です。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21355667.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-15 00:27 | 霊的な精神世界

心の時間を進みやすく

霊的に憑かれるときは、
人が霊を引き寄せやすい状態でもあります。
心が元気なら振り祓えるものが、
自力では振り祓うことができないのです。

自分がつらいとつらい霊も寄りかかってくることもあります。
負けてはいられませんし、
人の心次第でも変えていくことが出来る力を持っています。


霊は時間の概念が、
止まったままになっているため、
それを動かせるのは
時間とともに進んでいる人の心や意識でもあるので

落ち込むような気持ちを出来るだけ早く、
前向きにきりかえられることも大事なことです。

無理に明るくなろうとしても難しいかもしれませんが、
同じ事を何十回も考えすぎてしまわないように
気をつけていくことで時間が進みやすくなってきます。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23263796.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-03-13 09:13 | 心の世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。