嫉妬深くて欲深くて、ものごとが自分の思い通りにいかないと、
すべてをいつまでも人のせいにして、
自らのことは反省もしようと思わない人もいます。

執念深くて自分は決して悪くないと思いこんでいる。
そういう思いの強さをもっていくと、
亡くなって霊になってからも、
なおかつこの世に留まる霊というのもいるのです。


あるご夫婦は新居に住み始めてから、
毎晩のように夢で暗い表情の女性の姿が現れて
「別れてしまえ!出ていけ!ここにいるな邪魔だ!」
という内容のことを言われる夢が続き、昼間でも部屋の中を横切っている、

黒い陰のような姿と気配で悩まされていた
家の浄霊を依頼されたこともあります。

このお宅の霊は嫉妬と恨みとこの土地から離れられないでいる霊でしたが
供養を続けることでおさまってきました。

ご夫婦の仲の良さが気に入らなかったのでした。
霊も身勝手に人に命令してくるものもいますから、ふりまわされないように。

守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


b0110639_22514543.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-28 00:28 | 霊的な精神世界

心の中には、物事を良く思えるとき、
悪くしか思えないときと、
感情的になってしまったりするとき、
冷静さを失ってしまうこともあります。
霊的なことを感じやすい方の中には、

ただ彷徨っている霊を感じるのではなく自分の周辺、
あるいは自分の心の中に霊的な意識を感じることもあります。

それは自分でありながらも自分ではないような感覚で
違和感を感じるような意識であったり、
悪意さえ感じるような感覚や言葉が
よぎったりすることも体験されるかもしれません。

それを自分自身が持って生まれた
悪心や因縁だと固定概念で思いこんでしまうこともあります。
「だから自分は悪い人間なのだ・・・」



その悪意の意識にご自分が流されてしまうか、
流されることなく自分の中の善意が悪意(悪心)
を持つ霊という意識に打ち克つことが出来るかがを体験させられます。

このように霊的な善と悪との戦いも
個人の意識の中でも起こっていることがあり、

例えば「不幸にしてやる」という意識が働きかけてきたら
「自分のできる限りにがんばって、生きている!、
誰に未来を決められてたまるか!」
というように心のバランスを保つことも大切です。


霊的な悪との戦いも常に個人の意識や感覚の中で起されていますし、
人間界は霊的な世界との連動です。
霊的な善と悪との代理戦争も個人の意識の中で起こります。
心の中に浮かぶ善悪はいつも自分自身がコントロールしています。
コントロールできないと、
人の物がほしいなと思っても、善の心が働くので取ったりはしません。
悪の心が働いて支配されてしまう人は、取ってしまうようなものです。
霊的な影響を受けていると、不安定に悩まされることもあります。
守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23503772.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-26 09:07 | 心の世界

Aさんは職場で、「自分がどう思われてるか、
ちゃんと仕事こなしているか、気になって仕方ありません。
うまく対応出来てるか、周りと比べて自分は出来てない、
駄目な社員だと思われてるんじゃないかとかです。

仕事を頼まれるといじめだと思ってしまうし、
頼まれなくなると
仕事が出来ないからだと思ってしまい自分でもわからなくなります」。

自分という性格と上手に付き合っていくことも必要です。
良くても悪くても自分を追いつめていたら、
疲れてしまいます。



出来ているからこそ悩めるのです。
出来ない人はそういうこと自体考えないからです。

人のことが気にかかるという点では感性の強さも影響していますが、
職場では特に仕事だけをみるようになるべく心がけてください。

特異なケースとしては会社に霊がいて落ち着かないということもありますが、
自分の意識次第で霊的な影響はかなり変化してきます。

守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23471963.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-24 08:41 | 霊的な精神世界

思い悩んだときに

時には自身が考えてもいないことが浮かんでくることもあります。
仕事でアイデアが浮かばないとき

どうにもならないと思って諦めたときに、
心の中にひらめいてくることもあるものです。

どうにもこうにもならないほど、追い込まれてしまうと、

気負いすぎていた気持ちが緩んできて、
あせりや欲を手放したときに、
突然頭にヒントが浮かんできたりすることが多いのです。

自身がダメだと落ち込むと悪い方向に考えが行ってしまうのですが、
とことん頑張れたときに、
あらたなヒントや方向性が生み出されてくのです。

あせりすぎないように
苛立ちすぎないように
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


[PR]
by shugou110 | 2017-02-21 09:08

心を通して魂という神性と常にコンタクトしています
神を信じ魂を信じ、人としての弱点というのはあります。

精神的にも状態が良いときには、
高レベルの自我が働きかけていますが、
心身が疲弊して疲れていると、気がつかないうちに
低レベルのものごとを考えてしまいがちになります。



人にはプラスの思考の部分とマイナスの思考の部分がありますから、
霊的なことのマイナスとリンクしてしまうと霊体は
人の感情に伝わりやすくなります。

昔のことが何度も繰り返し思い出され悔しさを思いかえしたり
人生の長い間の内面の苦しみ、
性格や環境のせいだと思い込んでいることの中にも
人を不幸にする霊との格闘が影響していることもあります
心が 過去に縛りつけられないように。

人よりも優れたすばらしい才能があっても、
どうしてか思う方向に人生が動かないこともあります。

まるで運命に翻弄されて進めど進めど
自分の思いがかなわない。そういう宿命をもった方もいます。

自分が犠牲になっていると苦しんでいるかもしれませんが
反面そういう宿命をもった方の魂の強さは並大抵ではなく、
大きな人生の荒波も越えられる頑強さと守りの強さももっているものです。

人は思うことが思い通りになる人、
少しだけかなう人、生き方の宿命は違います。

その中でも運命をどのように切り開けるか、
泣くか喚くか受け入れるか、でも大きな変化をもたらしてくれます。

人は物質でもあり、見えない霊的な存在でもあります。
この世のことだけがすべてではないのです。

地道な今日の一歩が明日へつながり続けます
毎日が「ようやくここまでたどり着いた」その連続です。

同じような日々でも少しづつ違いますから、
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23554629.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-19 08:54

ご両親と共にご相談に来られた20才をすぎている娘さんが、
「父親の言った一言が気に入らなくて、
具合が悪くなった。自分の具合が悪くなったのは親のせいです」と話す。

「親が悪いんだ!」と
1時間のあいだに15回くらい同じことを、
泣いたり親を指さして怒鳴りつけるのでした。

この娘さんは今までも時々浄霊してきたので、
霊に憑かれてきたことは本人もわかっています。

それがわかっていて親もついつい
霊が憑きやすい体質だからと娘さんをかばい、
娘さんも我が強くなりすぎて、わがままになってしまった。

冷静になるように話をしながら、
娘さんも「先ほどはすみません」と言って、
少し落ちついてきてから浄霊をしたのです。


人の思惑、自分の性格、自分で自分をよく知ることが大事です。

それと人に心から謝れる気持ちがないといけません。
「ありがとう」や「感謝」は取り繕ってもいえるが、
あやまれば良いというものではなく

本当に心から「あやまる」ことは
相手に上っ面な言葉だけでは伝わらないものです。
人の心が定まってくると、霊的にあやつられにくくなります。
心からの気持ちはだいじです。

守られた人生であることをお祈りします。
b0110639_22445413.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-17 09:13

感受性でもいろいろあり、
霊を見たりすること以外でも多様な感性があります。

人の言葉が、非常に気になってしまうこともあります、
話している人が、ため息をついただけでも、「もしかして、

自分がいることで疲れてしまったのではないか、
自分は無能だと思われているのだと感じる」

また、食事に入った店内で、他の席の人達が話している会話でも
「自分のことを話しているのではないか?」

というように、どこかで自分の「うわさをしている」気がして仕方がない。
時折、そのようなことが起こる方もいます。

自分の気持ちがどこに支点を置いてよいのか、
不安定になりやすいのは、霊感や感受性が強いと、

時として一時的に感情がふりまわされてしまうことにもなりやすいのです。
畏れないように。

守られた人生であることをお祈りします。

松林秀豪HPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 感受性 浄霊

b0110639_23192111.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-15 00:00

中古車に変えてから

ご家族が使用する車を一台買い替えたところ、
その車に乗っていくと、それぞれが不思議な体験をされたのです。

これまでも何台かの中古車に乗ってきたのですが、
今回の現象は、初めての経験だそうです。

父親は運転しているときに、
いつも用心深いのになぜかスピードを出したくなるときが何度もあった。

母親は一人この車で買いものに行くくらいですが、
車の中に誰か人がいるような気がして落ち着かないことが度々あった。

娘のA子さんは友人とドライブしていたら友人が
「この車に男の人が乗っているよ」
「霊なの?」といわれ
今まで感じていたなんとなくおかしい意味がわかった気がした。

この車は小型だけれど、どちらかというと
若い人に人気の車種でもあって、
中古車ではあったがほとんど新車同様で買われたものでした。

車を購入したお店で、事情を話すと教えてくれたのが、
「実は息子さんが新車だったこの車を購入して
何週間もしないうちに病気で亡くなったそうです。

車を買って嬉しそうに毎日乗っていたらしいんです。
もちろんこの車は事故車ではありません」 
ただそういう曰くがあるとは・・・・・
車のお祓いとご家族の浄霊も行って不思議な現象はおさまりました。

以前の持ち主だった人は、
霊となっても楽しい思いで車に乗っていたのですが、
現実的な意識から離れていかなければならないのです。
新たな幸せのために

守られた人生であることをお祈りします。

松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏



[PR]
by shugou110 | 2017-02-13 00:06

いたたまれない気持ち、じっとしていられない気持ち・・・
心がどうにも追い込まれたようになっている方もでています。

これまで自分の心の隅、
あるいは肉体的に抱えていた問題が
表に明らかになってきていることが増えています。

体調不良精神的な問題、自分でも労わりながらも、
どこか無視してきた部分が、重箱の隅をつついて
探し出してきたかのように現れてきます。

次元上昇や進化といわれることも要因としてはあるのですが、
それは何も周りの景色が変わることではなく、
自分自身が身と心を浄化し上昇していくことでもあります。

個人からはじまります。
それが社会に波及します。


不安も同時に生まれますが、
よき変化に到達するための峠越えが起こっています。
人は何を大切に生きるのか、自分の存在は意味があるのか、
心と体と葛藤しています。


霊的なことは心にとても影響を与えますから、
台風や気圧などの影響でも気もちの上下高は強いのです。

自力で頑張りきれないときには、
一時期病院にかからなければならないかもしれません。

人によっては、余計なものを捨てなければ、
何かを変えなければ・・・いらないものをそぎとらなければ・・・
禊がなくては・・などと焦りが生まれることもあります。

すべての物質を捨てるという意味ではなく
心の不必要な概念を取り去っていくべき時間を感じているのです。

生きていることを実感していくこと

苦しくてもここに自分がいることそれが存在です。

出来ることをできる範囲で、

霊的な自分の内面がゆっくりあらわれて変化してきています。

過去も見過ぎず

未来も追いすぎず

あせらずに

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2328088.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-02-11 09:23 | 霊的な精神世界

母親が亡くなってから

40代の男性が、
「壁や柱に、人のような姿が目に見えて仕方ないのです。

この人は誰でしょうか?
最初は母親が亡くなった頃から、
白っぽい『モヤ』みたいな物が現れ、
49日がすぎた頃には『モヤ』のような物が人の姿になってきました。

何体もの霊にも思えます。
その姿をみると、しばらくすると
頭や身体が痛くなります。

このようなことが1日のうちに何度も起こります。
ちなみに先祖のお位牌も母の位牌ありませんが、
母の白木の位牌だけあります。

先祖へ恨みを持つ霊達の怨念もありました」


生前のお母様がお経をあげたり
供養をされていたようですが、
お母さまが亡くなられてからは供養をしてもらえず、
やむなく家人の息子さんに頼ってきたのでした。
お母様と同じようにはできないので、
ご先祖のお位牌を作って、
きちんとおまつりしていただくようにしてから、
現象がおさまってきたのです。
守られた人生であることをお祈りします。


b0110639_2223524.jpg

松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2017-02-09 23:58

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。