怖い夢を見る人

B男さんが見る夢は、2階の自分の部屋の窓を眺めていると、
外に怖い顔をしたお化けの姿がみえる、「男とも女とも区別がはっきりしない・・・

でもB男さんの姿を見て、
脅かしてくるような表情をしてくる。夢は大体そこで終わって目覚めてしまいます」

「ときには黒い影のような感じだったり
夢の中の2階の窓の外の暗闇の中で目が光ったり、

b0110639_00094401.jpg

自分に襲いかかってくる勢いのときもあり、かなり怖いこともあり、
大声で飛び起きた時もありました。最近急にそういう夢を見始めたのです。


自分が悪いのでしょうか?あるいは前世で何か悪いことをしたのでしょうか?」
と聞かれましたが、今回は前世の問題はなくお住いの土地の問題でした。

10年間お住まいは変わっていないのですが、
お住いの裏の空き地に大きなマンション建設の工事が始まったころから、怖い夢を見始めたのです。

工事で相当掘り起こされて、気の流れも変わっていますし、霊的な存在も騒いでくるのです。
B男さんは夢という形で、土地霊の騒ぎをみたのです。

浄霊して、B男さんは氏神様へもお参りしておくようにお伝えして、おさまってきたのです。
隣の土地の建設でも。影響が出てくることもあります。


松林秀豪ホームページへ スピリチュアル 守護霊 精神世界 霊能者 浄霊


[PR]
by shugou110 | 2016-11-30 09:18

心の内側には良心と悪心もあります。
悪い思いに引きずられないように進む力をもって
心を傷めつけないよう
調和していくことを大事に

人の言動に惑わされてくるしむことがないよう
大切に守られて行かなければなりません、
良きことを思い、満ち足りたことに一つずつ感謝

守られた人生であることをお祈りします




松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2141497.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-11-29 09:16 | 心の世界

自分ではもっと柔軟性をもって家族と会話をしたいと思っていても、
どうしても自分の考え方や意見を押し通そうとしてしまい、
その結果家族と言い争いになってしまう人もいます。

落ち着いてくると、どうしてあんな言い方をしてしまったのか・・・
お互いに売り言葉に買い言葉のように・・・・
剣突けんつく

頑なに家族の言うにことごとく反発したり、
テコでも動けないような意識が執着してしまう感覚は、
霊的な影響が隠されている場合もあります。

Aさんの例ですが、いつも家に帰ると、
家族が「おかえり、ご苦労様」と声をかけてくれるのに、
Aさんは,
家族に八つ当たりをするような
言葉になってしまうことに悩んでいました。

それは10年ほど前からそういうことが起こっていたのです。
Aさんを霊査すると、怒りに満ちた邪鬼のすがたがあらわれます。


本来Aさんはやさしい人ですが、
自分が仕事のことで悩んでいた頃、
職場でのいじめも受けたりしたころに、
人を恨む気持ちが強かった。

そのころに邪鬼を引き寄せてしまい、
ときどきAさんの表面に出てこようとしていたのです。

浄化しておさめましたが、
その後のAさんはやさしくご家族とも楽しく暮らしています。

人も霊も魂もすべてがつながっているのが人間界でもあるのです
守られたよき人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2257754.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-11-26 09:12

守り過ぎの隣家

Aさん宅が、
隣家の過剰な防衛で迷惑をしているとのことでした。
隣家で小屋を建てたのですが、
まるでAさん宅を見張るように建てられ、
二階建てで黒色の建物です。

これだけでは問題では無いのですが、
隣人はこの建物に防犯カメラを、
小さな小屋に4個と、
ガレージに2個、
玄関と庭にそれぞれ2個、
後は隠すようにしてあります。


Aさん宅を、2階上のカメラから
覗くように設置してあるのが、
多すぎて気味が悪いのと、
小屋が2階建てで、
まるで周囲とは合わない
真っ黒で見るからに
見張り小屋のような建物で
近所の人たも気味が悪いと言っている。
隣人は何か変なものが、
憑依していないか見て欲しいとの依頼でした。

そこで現地に行って見ると、
確かに見張り小屋のように、
建てられてありました。
その場で霊視したところ、

この地は過去に、
出城がある土地で監視所があった場所で、
そこで戦って殺された武士が、
時空を超えて、
いまだに人間に憑依している状態でした。

当の隣人は憑依されていると思っていない為、
Aさん宅のお清めと、
隣人へは遠隔で
これ以上のことがないように、
浄霊していきました。

そのごAさんは、いままで感じていた
独特の恐怖感がなくなってきたのです。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2016-11-24 23:43 | 霊的な精神世界

お墓の移動について

最近はお墓を持ちたくないという考え方もでてきていますが、
先祖代々のお墓などをいらないからと粗末に出来ません。

お墓のことは皆さまもどうして扱えばよいのか?
不安に思うことでしょう。

本来お墓は亡くなられた人の遺骨を納めて、
残されたご家族が霊的な世界に逝かれた故人と出会う場所でもあります。

お墓の移動に関してですが、
どうしても地方のお墓が遠くていけない方は、
お住まいの近くにお墓を新たにつくられて、
お墓の異動をされることもあります。


その際に気をつけなければならないことは、
古いお墓をきちんと墓じまいされて、
新たなお墓に御霊を移していただくことを
お願いしてください。

移動の際にお墓の土を少量もって移動します。
それでも、霊は納得して移ってくれないこともあります。
代々の土地から離れない霊もいます。
そういう場合には、以前のお寺さんにきちんとご先祖の
永代供養をお願いするなど考えなくてはならないのです。

霊の気持ちなどわからないとおっしゃるかもしれませんが、
お墓の異動などで、不思議なことや霊的な現象が出てきたときには
霊は何らかのメッセージを送ってきていることもあります。

また、もし個人的に自分のお墓を作りたくないという方は、
ご先祖の残されたお墓は、
ご自身がお元気なときにはお参りをなさるようにしてください。
このようにしてお墓を維持出来ない場合でもご供養できます。

お墓もそうそうは行かれないという場合は、
お近くのお寺からでも手を合わせる心を持ってください。
心からの供養がないと意味がありません。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2329206.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-11-24 09:20 | 霊的な精神世界

A子さんはお酒が好きなほうですが、
お酒で飲みつぶれるというほどは飲んだことがなかったそうです。

A子さんの父親が亡くなってから、
しばらくしてA子さんの
お酒の量が異常に増えてしまったのです。

それにお酒が入るとA子さんの意識が
わけのわからない状態になってしまい、

酔いつぶれたことがなかったA子さんが、
救急車に何度も運ばれてしまうとのことでした。
b0110639_18312681.jpg


A子さんは意識がなくなることはこれまでなかったのでした。
それも亡くなった父親が、お酒が大好きで、
毎日酔いつぶれるほど飲む人だった。

A子さんとお話していると、
部屋の隅や天井から驚くほど大きな音で「ドーン」という音がなったり、
タンスを倒したくらいの音がして驚きましたが、

これは霊的に何か訴えてきているのだと思い霊査していると、

そうするとご仏壇が見えて、その後初老の
(A子さんの父親らしき人)男性が現れてきて、
家にいても酒をくれないと訴えてきたのです。

そこでA子さんはご実家にその場で電話をして
母親にご仏壇に酒をお供えしてあるかと聞くと、
「なにも供えていない」という返事でした。
そこで早速ご仏壇に1升ビンを
まるごとお供えをするようにお伝えしました。

A子さんの父親は、生前はお酒が好きで、
浴びるほど飲み、
あまりご飯も食べないような人だったのです。

亡くなられてからもまだあの世とこの世の間でさまよい、
ときおり娘のA子さんに憑依していたようです。

それからはA子さんも楽しくお酒を飲めるようになったのです。
くれぐれも皆様には、霊に呑まれないように


守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪ホームページへ

スピリチュアル
霊能
[PR]
by shugou110 | 2016-11-22 08:57

精神的に感受性が強い人の中には、
霊的な声が聴こえてくることもあります。

ときには
「神や仏から嫌われている」とか、
「ありとあらゆる悪いことは、おまえのせいだ」と聴こえてくるのです。

それを守護霊だとカン違いして
自分を追い込んでしまった人がおられましたが、
守護霊は決して追い詰めたり、
否定をするようなことは伝えてきません。

守られた人生であることをお祈りします。


b0110639_2303166.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-11-20 09:17

家の縁や魂の縁で人に関わっている霊たちが、
未だ霊界にいけない意識の集団だったりします。

ある方がご相談にいらしたときに、
「自分は時間が進まない感覚が強くて、
相談には来たのですが、

本当は来る前から行きたくない気もちと、
出かけようと思っただけで気分が悪くて
わけもなく落ち着かなくてイライラしました。

特に先ほど先祖の話になったときに、
シャットアウトするように、
怒りの感情が出てくるのを感じたのです。

霊的な気持ちが伝わってくる感じです」
といわれる方もいます。


先祖の供養の話よりも、
自分たち(霊)のことを話して欲しいという
感情のあらわれだったのです。

この霊たち先祖ではないですが、
この方の先祖にゆかりのあった存在でした。

霊的に説得して浄霊しましたが、
人の心や感情に霊というのは影響もしてきますから、
霊感が強く伝わりやすい方には、
そういう感情が分かってしまうのです。

時間が進まないような感覚は、
霊界に行けない霊たちは、
気持ちだけがこの世に残っていますから、
時間が止まったままのように動かないのです。

影響を受けてしまうと、ご自分も一日が異常に長く
感じ等得たりすることもあるのです。
守られた人生であることをお祈りいたします。




松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2291332.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-11-18 09:02 | 霊的な精神世界

上には上があります
上を見すぎても届かない
不幸に考えるときりがないほど
深みにはまってしまいます。

落ち込んだ意識で巡らせる考えは
マイナスしか生み出さない。

下を見すぎてもダメージが強くなる
何かにつけて、下を見すぎてしまう傾向の方は
ご自分への評価が常に低い
自分で自分を卑下しやすいこともあります。

ほめられても疑ってしまったり、
そんなことが有るわけないと、
怒ってしまう人

素直に調子に乗らなすぎて
なんでも苦しみの対象にしないように。

ときには、肩の力、心の力をゆるめて、
天を見上げることも大事にしてください。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23211577.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-11-16 09:17 | 心の世界

思いや執念と電磁波

亡くなった後に、生きていたときの執念が強く残ると、
成仏できないでこの世に残るといわれていますが、
霊がよく現れるところは、電磁波が強かったりします。

人も霊も電磁波をもっていますが、
感情も嫉妬や執念深さの感情は電磁波が強いのだと思います。

良いことは達成できると満足感で満たされますが、
執念は満足を得ることができません。

果たせない思いの欲の執念には、
強い電磁波が起こりやすい

部屋で音がする、気配を感じはじめると
電気製品が一時的に故障したり、動かなくなったりと、
電気を帯びた製品に影響が出てくることもあります。


あまり続くようでしたら霊的解決も必要ですが、
緊急避難的に、ご自分の家の近くに、
広くて気持ちのよい神社やお寺があれば、
お参りに出かけてください。

神社やお寺は大概のところが磁気的にも良き磁場に
お祀りされていますから
整え清めてくれるパワーもあるからです。

守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2016-11-13 09:17

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。