霊気を感じる

霊気を感じるという方は霊の気配を感じてしまうのですが、
そういうことを感じられない人に話をしても
誰に説明しても気持ち悪いとか変人扱いされてしまうことさえあり、

そのために誰にもいえなくて現象に悩まされて現状逃避になり
精神的にまいってしまう、このような人が多く相談こられます。


30代の男性が自宅のリビングで家族といるときに、
「家族のほかに2人いる気配がして落ち着かない」。

このことを家族に話をすると最初はみんな
「気持ち悪いとかお父さんどこか変だ!」といわれていたのですが、

そのうちに娘さんまでが感じるようになり、
自ら心療内科に通院してクスリを処方してもらっている状態になり、
どうしたらいいのかわからなくなって困ってきました。
b0110639_10333394.jpg

霊気とか邪気はほんとうにいるんですか?」と来られたことがありました。

確かに邪気も霊気もありますし霊的な現象もおこします。
お二人におこる現象は、邪気の気配を感じるのはお父さんで、
霊に取り込まれているのは娘さんです。

今回は現象が表面化していますのでご自宅にお伺いして
霊査して邪気を出してるものを特定し浄霊してもとにもどりました。
複数の霊が、マイナス思考の念が強いたまその波長の集まりが邪気となってきたのです。


人も暗く考えすぎて落ち込んでばかりいると、
不運の連鎖が続いてしまいますし、そこに霊の介在がある余計つらくもなります。


松林秀豪ホームページへ

霊能
落ち込み
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-06-29 09:33

人が死ぬとどうなるの

「人間が死ぬとどうなるのでしょうか?」と質問がありました。
3年前にお父様をがんで亡くされた30代の娘さんからのご質問でした。

「亡くなった父親の霊というか魂は今はどのようにしているのでしょうか、
またどのような気持ちでいるのでしょうか?」

人が死をむかえると病気に苦しまされた場合には、
まず肉体の苦痛から解放されています。
b0110639_23572879.jpg

亡くなってまもなくは、
横になっている自分の姿を少し上から離れてみているのです。


そして次に物質は見えていても、
例えばコップなどをつかめない事に気が付きます。
そして声を出しても人は誰も気づいてくれません。

それからしばらくしてご家族や近親者が来て
悲しんでいる姿を見て、まだここに生きているよと
必死に訴えますが、誰も気づかず
時間だけが過ぎて火葬の日をむかえます。

このときはじめて自分の肉体が
火葬されてしまいますので、死んだことに気づきます。


ここで欲や執着あるいは怨みの心が強い人は
死後の世界と成仏の霊界での間で、
苦しみ続けてしまいます。

これが続いてしまうと地獄のように苦しいですが、
生きているときの怨みや欲は生きている間だけにできるように、

なるべくこだわりすぎたり、欲の深すぎる考え方をしないように、
普段そういう無理のない生き方をしている方は、
すぐに霊的な世界に移行できるのです。
自然体が大事なことです。





松林秀豪ホームページへ


スピリチュアル
霊能者
霊感

[PR]
by shugou110 | 2013-06-27 23:58 | 霊的な精神世界

何事にも揺るがないという信念にたどりついていくためには、
いくつもの経験が自分を築づきあげています。

弱点はそれぞれに違いますが、
喧嘩やもめごとをしないように人に優しくしようとか、
苛立つことを抑えるようにしよう、

お金を使いすぎないようにしよう・・・・・などなど 
思うことと、それが思い通りに果たせないこともあります。
b0110639_1011185.jpg

心と現実がずれてしまうこともたたあるものですが、
例えば「人にも家族にもやさしくしよう」と思っても

やさしい言葉をかけようと思ったとたんに、
感情的になってしまう、憎まれ口をいわれると腹も立つ、

それどころか売り言葉に買い言葉で、
言い争いが始まったり・・・・・と、
本当に自分はやさしくなりたかったのか、
いい争いをしたかったのかわからない状況になったりもします。

次からは考え方を変えて、
悪いところは改めていこうと思えば普通は変わってきます。

けれども霊的な影響が強いときには、
霊的な存在というのは人の感情にも入り込んでくることで、

自分(霊)の居場所にしようとすることもあります。
霊も元は人だった存在ですから、リンクしやすいところもあります。

単純な感情の苛立ちで瞬時におさまるものは
問題ありませんが、自分自身でもコントロールしづらいときには
霊的な影響も大きく関係していることもあります。







松林秀豪ホームページへ

霊能
感情
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2013-06-26 10:06 | 霊的な出来事

犬の感動物語

先日TVで交通事故で後ろ足が動かなくなってしまった犬のことを観ました。
飼い主さんが必死になり犬の車椅子を作り犬がふたたび歩く様子をみていて、
人は愛情を他の生き物に捧げることができる心があるあたたかさを感じます。

そして犬はその愛情を一心に受けて生涯をまっとうしたのですが、
犬は亡くなるときに、飼い主にまるで死をむかえることがわかっているようで、
いつもより甘えていたそうです。

身近な猫や犬と人間の関係は本能的なことだけでは説明できないことが多く、
犬や猫にも感情があり魂があると思います。

b0110639_14143015.jpg

犬猫だけではなくあらゆる動物も同じで、我々が忘れている愛情を思いだすことで
悲惨な事件も少なくなるのではないかと私は思う。
動物を愛し自然を愛し確かな生き様を全うしていくべきではないかと思っています。
無用な戦いが現代には多すぎて人の心がまいってしまいます。

私も犬や猫を飼っていますが、すでに数匹の死を看取りましたが、
それでもまたすぐに捨て猫を飼っています。命をつないで人もまた癒される。

ペットロスのように飼い犬や猫が死んで悲しいかもしれませんが、
そのペットを思うならあらたな命をつづけて育てることも、
死んだペットに対して供養になるとも考えます。  



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2013-06-24 20:09 | 生き方について

ある都市に住む40代の男性、
N男さんの話ですが、人一倍に仕事もできる努力家です。

N男さんは、親の介護のことや仕事のストレスの悩みでしたが、
なぜ霊能者のところへきたのか?それは元々霊感が強く、
人の感情が伝わって必要以上にストレスが溜まりやすいので、
ときどき気を整えて浄霊していました。

N男さんが2年ぐらい連絡が来なくなって、
お姿が見られないので心配しておりましたが、
久しぶりに予約が入りお会いしたのです。
b0110639_2033784.jpg

N男さんは開口一番「以前からおっしゃっていただいたことが
本当に起こってしまいました・・・」と、


ガックリした様子でしたので聞いてみると、
しばらくこなかった理由は、
相談して頼っているだけではいけないと思ったのです。

「それで自分は頼らないで行こうと決意したのですが、
家庭のことや仕事のことでストレスが起こり、
このことが原因で趣味に必要以上にのめり込み、
高額な時計を集めはじめました。

気がついたら自分が貯めてきた預金をつぎ込んでまで買っていたのです。」
税金の督促状が来て、
はじめて預金が底をついていることに気がついたそうです。

「40歳になっていままできちんと働いてきたのに、
親に借金しないと税金を納められないほど
お金を使ってしまっていたのです・・・・・・
実を言うとキャッシュローンも借りました。」

信じられない出来事ですが、N男さんのように
霊的なものに動かされやすく、ストレスもかかってしまうと、
自分に歯止めがきかず買いすぎかな?おかしいかな?
と思いながらもこのような事態を招くことがあります。

自分の弱点にとり憑かれてしまうことがあるので、
そのため以前からN男さんに私が注意していたのでした。


よくストレス買いなどといわれますが、
それは単純に一つ買って満足するのでしたら問題はありません。

ただN男さんのように自分がわからない状態で、
使い果たしてしまうのは尋常なことではないのです。

その後に年3度くらいN男さんは浄霊にいらしていますが、
最近は買い物にはあまり興味がなくなって
自然志向のトレッキングなどに興味が移ってきたのです。

霊的感受性が強い人も心ひとつで生活の変化ができます。
いまよりよい生活とは、お金だけでは手に入れられない自分らしさがあるのです。





松林秀豪ホームページへ

霊能
感受性
ストレス

[PR]
by shugou110 | 2013-06-20 09:50 | 生き方について

お問い合わせいただく方の中に
「何でもいいから早く憑依している霊
1度で取り除いてほしい!」と、いう方がおられます。


確かに1度で除霊できる霊もありますが、
単純な霊の場合は素直に1度の除霊ですむこともあります。

私のところへこられる方の大半は通称霊能力者として
活動しておられる方に見てもらいましたが、
納得と除霊が1度では終わらないし、
数回お祓いしても変化がないと訴える方も多いのです。
b0110639_10293069.jpg

霊に関しての知識事態が未熟な霊能者が大勢いますし、
ただ能力だけに頼る能力者は、自分をよく知らないままに
霊能者のまねごとをして、何でもかんでも即座に、

解決できると言うような、霊能力はあっても
人格のない霊能者には気をつけてください。

一度ですべてがとれることもあれば、とれないこともあり、
けれども原因がわかってくれば、その後にお参りをするべきところや、
清めるべきところなどをお伝えして、

ご自身が出来ることを進めていくことで、
霊的影響が無くなっていくのです。

私は憑依している霊がどういう理由で
本人に憑依したのか、何が望みかを聞いて、

ご相談者の方に出来るだけのことをしてもらうように
お伝えしますが、無理なことは出来ないとハッキリと霊に断り、
人間的にも霊にも納得していただいてから、そこから除霊していきます。


それでも一方的に本人がとか守護霊が悪いと決め付けて、
あらゆることに抵抗してくる霊とは、闘いになりますので
お会いするのは1度でも霊とは何度でも闘います。

ですから短い時間で人の思いどおりには行かない場合もあります。
霊ももともとは人です、霊の心を理解してから出なければ、
ただ「追い出し」だけでは動かないこともあるということです。

人の心もいろいろあるように、
霊の心もいろいろ積み重なっているのですから、
このようなことを説明しながら日々ご相談を受けています。




松林秀豪ホームページへ

霊能
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2013-06-18 10:29 | 霊的な精神世界

ご本人がまったく気がつかないで、
異常行動をしてしまう「霊的な現象」が起こることもあります。

これはあるご相談者の事例ですが、40代の奥様のご家族は
ご主人と子供(小4)男の子ですが、

そのご主人とお子さんが夜中に
まるで夢遊病者のように起き出して、
家から外には出ませんが、ウロウロしたかと思えば
b0110639_016352.jpg

また寝たりを繰り返して、
朝に目が覚めても何も覚えていないらしいのです。

奥さんがその様子を見ていると、
ご主人とお子さんはウロウロ歩くときに
目はほとんどつぶっているのですが、

器用に家の柱や壁には一切当たらずうまく避けて、
2人共ぶつかる事もなく歩いていたそうです。

そこで記憶がない2人に、ホームビデオで
そのときの様子を見せたところ、
本人達も驚いた様子で「まったく覚えがない」といっていたのです。

ご主人も息子さんも外では普通に過ごしていて、
家でも起きているときはごく普通にすごされています。

奥様が現象に気づかれたのは、
新築の家に越されてきて間もないときに始まり
現在にいたっているとのことでした。

お話を聞いている内に、お稲荷さんが見えたので、
家を建てる以前の状況をお聞きしたところ、
以前からこの土地には先祖代々からのお稲荷さんがあって、

土地を売る際にあってはまずいと思い、
ただ処分してしまったと
元の地主から聞いたことがあるとご主人が言ったそうです。

それからはお稲荷さんに抵抗なければ
お家できちんとおまつりくださいと伝えました。
その後にお稲荷さんを置いてからは、現象はおさまりました。




松林秀豪ホームページへ

霊能
スピリチュアル
土地

[PR]
by shugou110 | 2013-06-12 09:10 | 霊的な出来事

原因不明の病

この時代に原因がつかめない不明の病はあるのです。
病を患っておられる方も相当おられて普通の病院ではわからず、
専門医のところでやっと判明することもあり、

それでも医学もまだ研究段階で、
あきらかに治療方法がまだまだというケースも多いのです。

私は霊能力者ですから医学的なことは何もわかりませんが、
ご相談者で多いのは「精神的にときおり変なのです」と訴える方や、
b0110639_955990.jpg

「周囲の人が怖く感じたりして、それが元で体調を崩してしまい、
どこの医師に相談してもストレスから精神が不安定になるのですよ
と言われて、安定剤を処方されても現象がひどくなり、

よけいに情緒不安定で体調も悪化するばかりで改善がみられないのです。」
このようなことの相談も私のところへたくさんよせられます。

皆さんは最初は軽い気持ちで単なる軽い病気と思い、
医師に相談されていますが、ときには根が深い霊的な現象かもしれないのです。


しかし医師は霊的な現象のことは専門ではないので、
理解はせずに頭から否定します。
中には興味のある先生はおられますが、立場上認められないのでしょう。

けれども精神科医などの先生も現象と精神な境がわからず、
最後には手に負えない事例は
祈祷師などに行けばと、言い放つことさえあります。

こんなことがたくさんありますが、
このような場合は患者さん本人が、医学とは違いますが、
霊的に私のような専門分野でアプローチしていく事により、
目に見えないところの世界まで広げて正確にみれば解決方法があるとも思います。





松林秀豪ホームページへ

スピリチュアル
霊能
精神的
不安
[PR]
by shugou110 | 2013-06-10 09:50 | 霊的な精神世界

善と悪の霊

能力者がよく口にする悪霊でありますが、
悪霊と善霊にしか分類できないと思えません。

もちろん人の都合で便宜上、
善悪が決め付けているのかも知れないのです。

長い間霊能者としての経験から、
悪霊や低級霊を本気で除霊するならば、
悪霊や低級霊の気持ちにまずはならなければいけません。
b0110639_101416.jpg

霊がなぜ悪霊や、あるいは低級霊の次元にとどまっているのか?
そして人に悪さをしてくるのかを聞いてみることが大事だと考えています。

そして人の心が正しいにもかかわらず、
霊が影響しているのなら除霊もできますが、ここで厄介なのは人の心です。

なぜだ?と思う方もがいるでしょうが、
この心が悪霊や低級霊を呼び込んでいるからです。


そんな馬鹿なことはありえないと思うかもしれませんが、
人の心の中には善悪で構成されている部分あり、
どちらにもでも寄れるのが人の心です。

私は人を霊障から救うのが仕事ですが、
人の心が悪が強い場合には水を切るようなので、
切っても切ってもすぐに元に戻ります。

心の悪が強いというのは、極端な表現かもしれませんが、
自分が悪いから、自分が悪だからという謙虚すぎる心も
問題になってしまうこともるからです。

このような人にも除霊はしますが、何度か時間もかかってしまいます。
また、自分の不安が強すぎてさまざまなところへ相談に行かれて、
悪徳な能力者や宗教団体の餌食にならないように気をつけてください。




松林秀豪ホームページへ

霊能
スピリット
心魂

[PR]
by shugou110 | 2013-06-06 10:01 | 魔や低級霊

霊障がおこるとすぐに土地の因縁を結びつけてしまいがちです。
霊的な現象は人間に現れる場合は
土地の問題とは限らない場合があります。

土地の問題と思い家と土地が悪いと決め付けて、
除霊をしても効果がない人が大勢こられます。

たとえば、ある方は私のところで
5人の霊能者に相談して、もう嫌になり
能力者を信じられなくなって、
それでも霊的に何かがおかしいのを感じる。
b0110639_1723444.jpg

そんなとき私のブログを見て
「この人だったら原因がわかるかもしれない」と、
相談にこられたのです。

始まりは50代の奥様が原因不明の病気になり、
あらゆる医学的検査をしてもわからず
霊的問題としか考えられなくなり、

能力者のところに行ったが
答えは皆な一緒で住まいが悪いと言われました。


そこで家を売り払い、数10キロ離れた
マンションに越したのですが、現象はいっこうにおさまらず、
それでもまた相談にいった所で
住まいが原因と言われるしまつで信じられなくなりました。

このような相談なので早速霊視しますと、
先祖からの因縁が強く働いて、祖父は自殺していて、
親戚までも行方知らずの人や変死者が相次いでいるのが視えたのです。


そこでご本人に聞いたところ最初は
聞いたことがないと返事されましたが、
親戚に聞いて確かめると、

家の恥だから誰に話してはいないが、
事実だと聞かされました。

そこで早く先祖の供養と
無縁のお位牌を作りご仏壇で供養するように指導しました。

それからは奥様の病気も回復に向かったのです。





松林秀豪ホームページへ

霊能者
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2013-06-03 09:21 | 霊的な出来事

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。