偉くなってお金があれば運が良いとか、玉の輿とか逆玉とかいわれたり
「お金で買えないものはない」と名言?を残した人もいましたが、
「勝ち組、負け組み」など人の価値基準を分けてしまう風潮が強かった。

いまは徐々に内的な方向に変化している時期です。

価値基準が物質面よ精神面に変化しています

運の良し悪しは物事に対しての考え方をポジティブに考えるかネガティブに捉えるかによっても大きく違います。

けれど誰でもが、ポジティブに考えていけば
運が良いといえるかというと中には例外もあります。

私がご相談を受けている方の中でも、明るくて物事に前向きで、
人のことも考えて行動する人で、心身ともに
柔軟性があり人としては申し分のない性格なのに、
やることなすことがことごとく上手くいかないというケースがありました。
b0110639_14431895.jpg
仕事をしても、他の人の功績になってしまう。

悪いことを自分のせいにされてしまう。

お付き合いする人とも必ずトラブルがおこる。

家族親戚の間ではもめごとが絶えない。

などなどの問題を抱えて相談に来られた方がおられました。

人が良いと言ってしまえばそれまでですが、「霊査」してみると、
霊的な世界ではこの方の守護霊は必死に守ってはいましたが、
どうも霊的な敵が多すぎる。

過去世や先祖の因縁が絡み合っているようですが、
敵意識を持つ存在が多すぎることが明らかにわかりました。

こういうケースの場合にはこのご本人も戦い系の
性格であることが大半なのですが、この方はそういうタイプではありません。

けれども見えない世界ではこのような意識の戦いと
守護が確実に自分を守ってくれているということを知った上で、
言うべきことは言うようにして、自分の存在を
明らかにさせていくことに人生のポイントを置くように説得し浄霊したのです。

運を良くしていくことの中には、見えない部分を考えていくことも必要です。




      松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2013-02-28 11:28 | 霊的な精神世界

家族として飼っていたペットの霊体が、
本当の動物霊として純粋に飼い主のそばにいることはありますが、
人間に悪さすることは無いのです。

ですから俗にいわれている憑依霊に本当は動物は憑かないのです。

お悩みを持った方でも、
「動物霊が憑依して悩まされているんですが、
どの霊能力者に行っても、動物霊が憑いているから
なかなかとれないと言われるのです」

b0110639_10385648.jpg

このような悩みを持っている方は、
「イメージから動物の霊に思ってしまうのと、
動物だと判断されてしまうのです」

冷静に判断していくと、憑依している霊が動物のまねをしたり、
動物霊と称したりする低級霊がいるのです。

このような動物霊が憑いている方には
私の手法で霊査し、霊体とやりあいます。
そして確実に霊を除霊します。

確実に除霊するには、まず憑依している霊を
言葉で追い詰めていき、へりくつや暴言などを
言えないようにしていき、やり込めていきますが、
ときには本人の体が動かされて暴れたりします。

しかしそこで負けたら終わりますので、
負けずにどちらが上にいるかを示してから除霊していきます。

純粋な動物の霊魂と、人の低級霊が
動物霊といわれる世界にいる存在とはまったく違うのです。






松林秀豪ホームページへ

 
霊能
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-02-26 10:39 | 魔や低級霊

親の態度が急に変わる

問題を起したすべてが家庭に問題があるとは言い切れませんが、
普通に育っても霊的なことからすると、
因縁めいた事も十分考えていかないと見過ごしてしまい、
のちに別の形で家庭内が苦しめられます。

一例ですがある家庭で、
最初はご主人が問題をおこしたまま若くして亡くなりました。

そのころ娘さんも離婚してノイローゼになり
6才の子供を連れて実家に戻ってきていたのですが、
その子供さんに異常なまでに執着をもちはじめて、

「あれするな、これするな!友達と遊ぶな!
家から一歩も出るな!」といったように、

あまりにも子供に対しておかしくなったようで、
祖母さんが心配されて相談にこられたのです。

「これまで娘は離婚話が持ち上がっているときでさえ、
孫ととても仲良くて良い親子関係だと思っていたのですが・・・・」

さっそく霊査すると、この土地の因縁がありました。
この家は建売を買ったようで、2年前に購入したそうです。

霊の姿が重なるように見えてきましたので、
供養されていないのと、気持ちがどこに
おさめていいのかわからないような感覚に、
離婚後の娘さんの不安定さが霊に動かされてしまったのでした。

土地の供養とお清めをしてからは、落ち着かれました。


b0110639_1142627.jpg




松林秀豪ホームページへ



スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-02-25 09:58 | 魔や低級霊

親の責任と子供の責任

最近は犯罪やいじめが、低年齢化してきています。
時代の流れだからしかたないと思う親が多くいるので困ってしまいます。

子供は幼い頃には親の言動が正しいと思い、
なんでもまねて悪いことをすれば叱られる。

犯罪やいじめをするような子供の多くは、
親にも問題があるのです。

「悪い仲間がいる、学校が悪い、先生や学校のせい、」
だけに偏りすぎているような気がします。
親の育て方が一番大きな影響があると思います。
b0110639_1058664.jpg

知恵がついてきたときに子供は悪いことをしても、
言い訳するのが親や生活環境をもちだしてきます。

子供扱いするのは、10歳ぐらいまでで
それ以降は責任をしっかりと教えていかなければなりません。
これが親としての責任です。

悪いことは悪いと毅然とした態度をとらずに
子供を叱ることも出来ない親もいます。

親同士が子供の前で年中夫婦ケンカをしたり、
離婚する前も後も母親や父親の悪口を
言いつづけることも多大な影響を与えます。

感情的になりすぎて子供の前でも何も気にすることなく、
喧嘩したり罵倒できる親は低級霊にとり憑かれてしまっています。


それを毎日毎日見て育ってくると、
子供も低級霊に動かされてしまいます。
悪い繰り返しを起さないためにも、
感情的な心に動かされすぎないこと。

だからといって大人になっても
親のせいにすることは自分を苦しめてしまう





松林秀豪ホームページへ

スピリチュアル
霊魂
[PR]
by shugou110 | 2013-02-24 11:35 | 生き方について

ガンになってしまった方を霊査することも結構ありますが、
中でも印象に残っている人がいます。

それはまだ40代の女性Mさんでしたが、
Mさんは現役のキャリアウーマンで会社をきりもりされていた方で、
「仕事が忙しく病院へいったときにはガンが少し大きくなっていて、
医師の話では早急に手術をしないと
、危険と判断されていて家族も承知しております」とのこと
b0110639_17411514.jpg

けれどもMさんは何かを感じて、
担当の医師が親友だったこともあり、
霊能者である私に傷口と腫瘍を見て欲しいとの依頼がありました。

まずはMさんと医師も共に、私のところへ来られたことを
不思議に思いましたが、とりあえずMさんを霊査することにしました。

Mさんの承諾いただいて、
もちろん服の上から霊視させていただいたのですが、


すると高貴な着物を着た御婦人が、
胸を刺して自害されているのが見えてきたのです。

まるでナイフで刺してえぐったような感じで、
大きさや形をお2人にお話しすると、
私の伝えた場所と寸分狂わないところでした。

Mさんの腫瘍と傷口はそういう形なのだそうです。
そばで聞いていた医師はその話に、驚いたようで、
Mさんとしばらく顔を見合わせていました。

霊的にはそういうことが問題でしたので浄霊したり、
ご供養していただいたりしました。
現実的には医師にお任せするしかありません。

しばらくしてMさんからご連絡をいただいて、
その後Mさんは切除することもなく回復したそうです。

霊的な影響が強いこともあります。




松林秀豪ホームページへ

霊能者
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-02-22 11:48 | 霊的な出来事

生まれつき変わった子だといわれる方もいます。
私も性格的に変わった子と言われていたのを思い出します。

人は産まれてもの心がついたころから性格が現れてきます。
昔から十人十色と言われるぐらいに、人にはさまざまな性格があります。

双子では性格が非常に似ている部分もありますが、
それでも性格のすべてが同じではありません。
b0110639_10211799.jpg

このように人間は動物と同じで、生きると言う本能だけは
皆にありますが、性格だけは人それぞれです。

変わっている人はたぶん社会の基準より
少し協調性がないようなことで、この性格は霊的にみると、
霊界から魂を放出する際にチームを編成して、一人一人に魂を降ろしてきます。

このチームがすべて違いますので、人はそれぞれ性格が違うのです。
たとえばサッカーにたとえると1チームの中に個性の違う1人1人がいます。


社会もすべてが同じ動きではありませんし、
先ほどのサッカーにたとえると走るプレーヤーもいれば
ベンチのプレーヤーもいます。

あらゆる面(各役割がある者)が性格にでてきて、
人生に影響を与えてきます。

これは魂が人間としての器を利用して、
それぞれの魂が人間の体と心の器で一生をすごすことにより、
修行して霊界へともどるのです。

その意味をもって生きていくことは、
自分1人ではないことを心に強く大切に生きること。

一人の魂を持った一生を生きることが
すべてを支えあっているわけで、その中には人よりも
霊感も強い人は霊の救いの役目もあります。

誰の人生も魂も大切に重いものです。





松林秀豪ホームページへ

霊能

[PR]
by shugou110 | 2013-02-19 10:18 | 霊的な精神世界

何もかもがイヤだ! 人生がついてない! など
自暴自棄になる人は現実的には、

自分が置かれている現実から逃げようとして、
内面意識がでてきます。
同じような悩み事でも
耐えられる人と耐えがたい人もいるのです。

内面意識が悪いというのではなく、
現実逃避をしてしまおうとすることが問題です。
b0110639_20273165.jpg

弱い人間は覚醒剤や脱法ハーブで意識を低下させてしまい、
事件や事故をおこしてしまうようなこともあります。

例えば自暴自棄になって、耐えることが出来ずに
心のつらさを脱法ハーブや覚醒剤で
簡単に逃げて解決しようとする人間もいます。



脱法ハーブや覚醒剤を使う時点で、
幻覚がおこることはわかっていることで、
人間の理性が壊れていくのです。

自分のコントロールは自力で変えていかなければ
薬にあやつられてしまい、
ますます自暴自棄になってしまいます。
霊的にもあやつられないように

私は「魂」を守る役目を持っています




松林秀豪ホームページへ



スピリチュアル
霊能

[PR]
by shugou110 | 2013-02-18 20:26 | 霊的な精神世界

人が生きることは人それぞれに役目があるものです。
まだ若い方でも「もう死にたい」と相談にこられる方もいます。

「つまらないことが重なって、生きることがいやになった!」など、
若いのに考えてしまうそうです。本気で苦しくて
どう生きたら良いのか追い込まれてしまうのですが、

霊的にみると、ご本人にはエネルギーに満ちていても、
憑く霊によっては人の気持ちが霊の気持ちに支配されて
「死にたい」という感情になってしまうこともあるのです。

とにかく死にたいなどという気持ちは長く抱え込まないように、
悩みを誰かに話しをすることが大事で、
死を考えないで生きるほうが幸せです。
b0110639_2233981.jpg

人生は悩みもあったり、楽しいこともあり、
人は生きる上で親や親戚、友人など縁でつながっています。

そして人同士で歯車のように必要とし、
影響しあって連鎖して支え合って
生きる価値を見出していくことが大事なことです。

また霊界では、人間が生きぬいて
魂が修行を終えたときに、無事に帰る事を願っています。

それまでは生きることを全うしていくことは
大事な命を守ることでもあるのです。

人間は1人では生きられないようにできていますし、
そこで魂の向上をしていくものです。
くれぐれも捨てばちにならないように。

どんな境遇でも生き抜いていく役目を貫けるように祈ります。






松林秀豪ホームページへ
霊能
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-02-17 11:30 | 生き方について

70代の女性から出張の依頼があり、
「7年ぐらい前に自分が所有するアパートで独り暮しをしていて、
毎日本当にイヤな夢をみるし、起きているときはまるで
地獄の底に落ちていくような不安な気持ちで落ち込んでいきます。
このような日々が続いています。」


「それに何度か夜に霊が部屋の中を歩いているのをみたのです。
怖いので直接支度に出張していただけますか?」そういう依頼でした。
b0110639_20484119.jpg

富士山の景色が素晴らしいところでしたが、
ご自宅に伺いさっそく土地を見せていただいてから、
詳しく霊査して脳裏に浮かんでくるのは、
その土地には鎌倉時代ぐらいの武士3人が
立っているのが見えてきたのです。

そしてなにか言いたげで、軽く会釈しているのです。
そこでこの女性に聞いたところ、
「ここは旧鎌倉街道から少し入った場所です」と聞かされました。

やはり不浄仏霊である武士たちがいまだに供養もされず、
この地に眠っているのに、その上に建物を建てた為に、
まずは自分達の存在に気づいて欲しくて霊現象をしてきていたのようです。

それから私が武士の霊の浄霊供養をして、
この女性にも供養をしばらく続けるようにおつたえしました。

ご供養してからは、不安もいやな夢もみなくなり、
今は明るく暮していらっしゃいます。







松林秀豪ホームページへ


霊能
[PR]
by shugou110 | 2013-02-16 09:45 | 霊的な出来事

ご相談にいらした50代の男性Tさん
「投資すれば必ず儲かるともちかけられて、
少額のお金を渡しました、配当をくれたのですが、
もっと大金をだせばもっと配当金が増えるといわれたのです。
本当に儲かると思いますか?」と相談にこられたのです。

この方は50代の男性ですが、
この方の後ろに黒い煙のようなもやがかかっている霊が
いるのを始めから気になっていました。
b0110639_1940097.jpg

「だまされている」のは霊的にも明らかでした。
「始めは配当としてくれても、
これはだまされていますよ!すぐにやめなさい」と伝え、
Tさんも「わかりましたやはりそうですか・・・・」と
いわれて帰られました。

ところが一ヶ月もしないうちにTさんが来られ
「やはり詐欺でした。実は先日、辞めなさいといわれたのに、
またお金を投資してしまったのです・・・・・自分がバカでした・・」


投資先も確認せず、自分だけが儲かりたいと思う心が
悪霊に憑依されて、欲まみれになるのです。

詐欺をした側も同じで人をダマしてでもお金を手に入れようとして、
自分の欲を満たそうとする心が
悪に憑依されてしまい歯止めがきかなくなります。

騙される人もまた騙す人も悪霊に憑依されてしまっているのです。
Tさんはその後も、良い話(?)を持ちかけられると
つい欲が出てしまいやすいので時々ご相談に来られます。

わかってはいても、心がなびきやすいものです。
欲にあやつられないように。






松林秀豪ホームページへ

霊能
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-02-14 10:36 | ダマされるな

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。