憑依された人の感覚

たとえば霊に憑依されて明らかになにかおかしいと、
思われる人も多くおられます。

憑依する霊にもいろんな霊がいて、
ただ目的なく憑依してくる霊は強烈には影響をしてきません。
b0110639_9534329.jpg

私のところにもいろんな相談がありますが、
以前に千葉県に在住の中学生の方が、
「なんとなく勉強に集中できなくなり、
意識が庭にいってしまうし、庭に目がいくたびに
感覚でお婆さんが脳裏に浮かんでくるので、
それが頭から離れず勉強が手につかない」という相談でした。


霊視したとこ今住んでいる土地に、
遠い過去に埋められていたままの老婆でした。

昔は土葬で農家にはお墓はないので
十分な供養もされない人で、成仏できないでいたのです。

そこで家の方に庭の一部にお供えとお線香を焚くようにお願いいたしました。
それ以来お婆さんはきにならなくなったそうです。

この場合は霊感がある人によく現れるのですが、
ない人でもなんとなく集中できなくなって過去のことばかり考えて、
くやしい思いをするなど後ろ向きに感情がいってしまう。

このような人は霊的な影響があると思ってください。




 松林秀豪HPへ

霊能者
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2012-05-29 09:49 | 霊的な出来事

子供さんの熱

相談者の子供さんが、まだ2歳の男の子で毎月定期的に熱がでる状態だそうです。

原因不明で、いくつかの病院を回っても結果が同じでどこも悪いところはないと診断されるそうです。

霊的に視ると、まず先祖霊に問題がありました。守りが十分ないのが原因で守護霊の力が発揮できないでいた。そこで私は最低限、先祖のお位牌だけでも置いて供養してくださいと、お伝えしました。
b0110639_12124512.jpg

お位牌に念入れしてお渡しした日から、また子供さんが熱を出し数日続いたそうですがそれ以後は毎月出ることはなくなり落ち着いてきたそうです。

後日このご相談者は「本当は霊を信じていなかった、半信半疑でいましたが結果いい方向になりました。最初は子殿が難病になってしまうのではと考えて不安で不安で、自殺まで本気に考えたのです」と言われました。

私は僧侶ではありませんからすべてがご先祖をまつってくださいと言うわけではありませんが、このようなケースも時折あります。


松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-26 09:13 | 霊的な出来事

精神的な苦痛

人は物心がついた頃から自らの肉体や願いが、
思いどおりにならないことで心が痛むことを知ったり、
同時に思いがかなったときの喜びを感じます。

生まれて間もない頃から人は喜怒哀楽がはじまります。
生涯を生きていく上で、これは宿命のごとくついてまわります。

人生の苦痛は嫌だと逃げてしまいたくなり、
自殺という手段を選択する人がいますが、
苦痛をプレッシャーに感じても時間と共に学ぶんだと思ってください。
b0110639_94899.jpg

同じ失敗は繰り返さないようにできるのが人です。
人は苦痛を乗り越えて楽になって、「ほっと」して
また苦痛になりこれで生きますから人生はあきないのです。

これは肉体のあるときだけでおこることで、
人は人を愛することができ、または恨むこともしますが、
時間が過ぎれば苦痛も想い出もその時の感動も薄らいでいきます。

このように人は時間とともに新しい苦痛と楽を体験して
肉体という器の中で修行と言う名のもとに生きているのです。

ただし苦痛にとらわれて心が止まると、
低級霊にとり憑かれますので要注意です。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-23 09:58 | 生き方について

事故死

最近わたしの知人の父親が
夜中に車数台に引かれて亡くなりました。

知人が言うには父親は酒好きで
道路に寝たのではないかと思うと言うのです。

はっきりしたことはわからないので
父の霊と交信してほしいと相談にきました。
b0110639_922779.jpg

そこでさっそく霊視したところ、
いまだ事故現場にいて
気持ちは家に帰りたくているのですが、
肉体がついてこないのはおかしいと思っていて、
記憶には道路に寝たような感じがすることまではわかる、
ここまでの記憶はあるが、その後の記憶がないという感覚なのです。

このように事故の直前までの記憶で
止まってしまうことはよくあることで、
事故に巻き込まれても九死に一生をえて
助かった人の話しですが、

事故の直前の記憶のない人と記憶があっても
スローモーションのように見えた人などが多くいますが、

惜しくも亡くなられた方は記憶の世界が
人間とは違う霊界に入っていますから、
人と霊体の間に存在しています。

死を受け入れることはスムーズに行かない場合がおおく
事故現場に長い時間とどまっている場合があります。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-21 09:15 | 霊的な出来事

より良き感性

私ももう60代の半ばに近くなりましたが、
長く生きていくということは、
体力は確かに落ちていますから
若いときのようには動けないことも増えました。

けれどもそれがあきらめになるのか、
無理をしすぎても何事もうまく運ばないことも実感できるのです。

若いときには空回りでも無謀でも
無駄にも動いてきたこともありますが、
無茶をして剣突(けんつく)するより、
心穏やかに考えるようになってくるものです。
b0110639_9354326.jpg

あらためて自分を見直してみると
運命にもがくより運命を受け止めて、
少ないながらも自分の人生の中にある素材を
フルに活用していきながら、

おだやかに人生に対応していこうとすることに
変わってきた自分の存在を感じます。
若いときには運命にあらがったものです。

だからこそいま、様々なご相談でこられる方々の
心の苦しみもわかるのだということを実感していますし
より良き得られた感性を大事に守っていきたいと思っています。




松林秀豪ホームページへ

[PR]
by shugou110 | 2012-05-19 09:29 | 生き方について

家族の不幸現象

家族の不幸といってもさまざまでが、
土地から影響してくることもあれば、
家の因縁がある場合もあります。

ここで紹介するのはこの因縁が現象として現れてきたものです。
最初は娘さんが時折奇声を発して、痙攣をおこし目つきが変わり
そして男の声になってわけのわからないことを言っているのです。

病院も数ヶ所いったそうですが、
原因不明でしたのでどうしたものかと、
霊的なことが原因かもしれないと
最後に考えてご相談にこられました。
b0110639_9235664.jpg

私はこの娘さんに憑いている者と直接対決することにしました。
最初は霊動をおこすまいとしていたのですが、
私が念じこんでいくと我慢できなくなり暴れだしたのです。

これにはご両親もビックリされましたが、
このようなときは両親であろうが、
巻き込まれないように注意をはらわなければなりませんので、
隣室に非難していただきました。

この時点から娘さんに憑依している霊と
1対1ですから本音を聞きだすことができました。

彼らはこの娘さんの「先祖に裏切られて殺され、
悔しい思いがいまだ晴れないから何度となく
このように人にとり憑いて訴えてきたが、
誰もわかってくれなかったので苦しいままだ」と、

そして「一家がどこに住もうと
縁者がいるかぎり殺しはしないが訴え続ける」と、
娘さんの肉体を借りて言ったのです。


このことをご両親にご説明して、
ご実家に行き不幸現象の大元が解決して、
娘さんも現象がおさまり今は普通にもどりました。




松林秀豪ホームページ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-16 09:17 | 体験談

多重人格と霊現象

多重人格は意識の中に他人が入り込み無意識のうちに、
言葉や粗暴な態度が出たりします。

人は通常は考えて物事を判断して行動する場合と
無意識に行動する場合もあります。
仮に悪いことを考えると、結果まで考えてしまい、
警察に捕まったらどうしようとかいろんなことを考えてしまい
実際には理性が働きますからできません。

b0110639_956566.jpg

しかし無意識の場合には違います。
無意識の場合は思考で考える間もなく言動が表面にでてしまい
考えずに行動してしまうところがあります。

これは意識が低下して無意識が表面化してくる現象で
霊的な影響が大いに関わっていることがあります。

例えば夢がそうです、熟睡するまでのレム睡眠状態のときに
起こりやすい現象で、まったく夢をみないという人も
記憶がないだけで実際は見ているかもしれません。

夢はある程度は意識している見る夢もありますが、
無意識な夢がほとんどです。

日頃だと絶対にしないような言動をしてしまう人がいますが、
普通のおとなしい人が突然、暴言をはいたり
暴力的になったりするが、本人は自分では抑えようとするのですが
半分朦朧として、なにも覚えていない状態だったりすることもあります。

多重人格の場合でもそうですが本人の意識は
まるでなくなったようになり、
表現は適切ではないかもしれませんが、

頭の中が空き家状態になり、
そこへ不浄仏霊もしくは悪霊が住処にして
とり憑いてしまうこともあります。

このように霊現象の場合もおなじで、
霊が人の意識をあやつります。




松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-14 09:50 | 霊的な精神世界

能力者に騙されやすい

人は騙されると心理的にのめり込みやすいのではないでしょうか、
人を疑わないのもそうですが、自分の利益に欲が絡んで
つい騙されてしまうこともよくあります。

先日もテレビで騙されて主婦とタレントが出てきて
いくら騙されたとか、どのように騙されたのかなどと話をしていました、

悪質な占い師や霊能力者は労力に見合った料金設定ではなく、
最初はただのように安くして、お金を出しそうだと思えば
毎回料金を上げていきますし、同時に不安を次々にあおってきます。
b0110639_936471.jpg

低級霊は言い当てることもできるのですが、
ここに欲の心がでると能力者でも詐欺師と変わらなくなります。

人の不安な気持ちと子を思う心を利用して、
能力者じたいの生活をまるでセレブのような
生活をしたいという欲を満たしていく。

結果的には人を騙し洗脳していこうとする。

もちろん正しく活動している能力者も多いのですが、
一部の人間性を欠如した占い師や霊能者のために
偏見をもたれることが悲しいのです。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-11 09:36 | ダマされるな

知人の死

最近ですが私の親しい友人が病気で亡くなりました。
まだ私よりもはるかに若かったのですが、

酒好きでメタボでしたが、10年位前にはときどき
私のセミナーに来てくれて、死後の世界のことに興味があり
個人的にもいろいろ伝えておりましたので、
死ぬことは怖くなくなっていたと思います。

彼の人生は決して優雅な人生ではないようでしたが、
好きな仕事だけを一生懸命でした。
一途なその生き方に私は共感するところがあり、
ときおり話をしたものです。
b0110639_9491939.jpg

地方から単身で出てきて、ねこと暮らしていました。
人生は修行だと思いますが、人は死ぬまで肉体という
物質から逃れられないものですから、どんな苦労も
時間とともに乗り越えていかなければなりません。

このような人生を彼は選んでいないと言っていましたが、
確かにおそらく90%以上の人が1度は思うことではないでしょうか?、

人間的には選ばなくとも霊界から考えれば、
やむなしと議論をかわしておりました。

そんな中で彼は亡くなりました。
きっと彼は死亡した直後から
死後の世界で迷うことなく成仏したものと思います。         合掌



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-09 09:43 | 生き方について

犬の魂

先日に親戚の愛犬
アメリカンコッカスパニエルが14才で亡くなりました。

だれにでもなついてとても可愛い犬でした。
火葬を終えて今は小さな骨壷に入っています。

ここで犬の魂はどのような死後の世界に行くのだろうと思い、
霊界まで追いかけてみました過去にも同様の霊査をしたことがありますが、

あらためて行いましたら、人と同じように死後しばらくは
飼い主を心配してうろうろしています。
元気で生きているようにしばらくはそばにいます。
b0110639_942202.jpg

飼い主の悲しみが癒されてきたり、
あらたに犬を飼うか元気を取り戻すまでは側におります。

愛犬と交信できるのは霊能力者ですが、
飼い主に対しての感情はお伝えできます。
犬の死は悲しいですが、人と同様にしばらくは情が残ります。

このように犬も人間に近い感情をもっていますので、
死後しばらくは物理的思いの感情は残りますから、
成仏して魂の世界にいくには多少時間がかかります。

動物の場合、人と違って本能で生きていることが普通ですから、
人ほど迷うことはありません。

飼い主さんも落ち着いてきたときに魂になって犬の感情の世界に戻っていきます。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-07 09:37 | 心の世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。