霊からの声が聞こえる人

霊からの声が聞こえる人が悩んでいることもあります。

聞こえる人の多くは、高校生の頃やかなり若い頃に始まり
年齢をかさねてもおさまらないという方が大半です。
薬を飲んでいられる方にはよけいに聞こえ方がひどくなる方もおられます

なぜなら幻聴は霊的な場合も考えなければなりません。
人が普通聞こえないものが聞こえてしまう。

物理的には聞こえていないのですが別の空間から聞こえていますので、
人間同士がしゃべるように聞こえてくる場合と
想像して聞こえている場合とがあると思います。


b0110639_9524487.jpg

以前に相談を受けた男性ですが15歳ぐらいからはっきりと声が聞こえて、
からかわれているようで、そのことを両親や病院の先生に話しても
単なる幻聴だからと言われる、20歳のいまも変わらないと相談してきたのです。

普通ではなく聞こえる能力がある方は、年齢が増して自我がでてくると
霊感も強くなり声もはっきりしてきます。
このことを病気とかたづけてしまうことは問題ではないでしょうか。

霊感があることを知ることで徐々に落ち着いてくる方も多いのです。

b0110639_955174.jpg


松林秀豪HPへ

[PR]
by SHUGOU110 | 2011-06-30 09:45 | 霊的な出来事

憑りつかれやすいこころ

憑依されやすい人には原因があります。
これは皆様が思い浮かべられるのは地縛霊や低級霊、
悪霊等と思ってしまうかもしれませんが、
長い間相談者の方を見てきますと憑依する霊にはそれぞれ事情があります。
憑依する霊の中には人が原因の場合もあります。
b0110639_915222.jpg

まず人間に影響してくる霊の場合の多くは
家と本人に関係している場合が主ですが、
中にはこのような現象に当てはまらない霊もおります。
このような霊はさ迷う霊で常に人の心に入り込もうとしています。

霊障ではなく勝手に入り込みます。
それはまず精神的な部分で落ち込む場合と
肉体的に影響を受ける場合などがあります。
精神的に追い詰められて憑依される場合は、
心の中で物事を一つひとつを深刻考えこんでしまい、
深刻さの連鎖がおこりマイナス思考が重なって
抜けられないでしまうこともあります。


精神的にまいっている人のことを例にお話しますと、
香川県に在住の20歳の女性が時々怖い夢を見るのですが、
何か因縁があるか私が前世に悪いことをしたのでしょうか?
等の質問をされましたので、霊査しましたが因縁や前世とは関係なく
霊的な部分だけ視ると、人間側が不幸と思い込む心境の連鎖があって、
この心が霊からしてみると、自分と同じ心境だと思って寄ってくる、
それで憑依して人的に夢を見るのです。

憑依という言葉よりも霊の思いという感情が連鎖してくるのです。
これを防ぐにはまず自分の心を健全にしなければなりません。

未来は誰にもわかりませんし想像して不安になるより
過去の失敗を経験と栄養にして未来をどのように生きていくべきかを
想像したら、このように自ら霊を引き込むことはなくなります。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-06-27 09:10 | 霊的な出来事

相談者の印象の話

相談者の方から私の印象をお聞きしたことがあります。
多くの方からまず言われることは、
「第一印象は想像していたより普通の人ですね、安心しました。」といわれます。
派手な衣装も着ていませんし、僧侶でもありませんから宗教的なスタイルもしていません。
b0110639_18405514.jpg

ある相談者のご婦人は「10人以上の能力者に相談したが納得のいく説明もなく
祈祷をしたり意味不明の霊視をされましたので、
能力者など誰も信用できないと思いこんでいたのですが、
松林さんのホームページを見て、まず思ったのは普通の人という印象があり、
あたりまえのことが書かれているので見せかけでは無いという印象でした。

でももしかして信じられるかもしれないと思い、
これが最後と思っておそるおそる相談にきました。」と話され、

納得いく説明と
これから霊をどのように対処していくかも
お答えしましたら安心されたのです。

このように能力者は相談者の苦悩をまず聞いて
その間守護霊と交信していきます。

相談者はそれぞれケースが違いますので、
憑依している霊を理解し説得してときには守護霊と共に闘いますが、
目的は人をいかに苦痛から早く脱するかです。

そして私がいつも心していることは人に希望を与えることは常に心がけています



松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-06-21 09:29 | 生き方について


何事も無気力でやる気がなく脱力感が出てしまい
毎日が憂鬱な日々が続いて病院ではうつ病と診断されてしまった
という方も霊的な原因はないかと相談にこられることもあります。
b0110639_855812.jpg

大阪に在住の40代の男性がこられたとき、
「生きることも嫌になるぐらい脱力感がありこのままでどうなるとか、
死んだら楽じゃないかと毎日何度も考えてしまう」
このように肉体的な問題ではないが精神的な苦痛が気力をなくさせてしまう、
こんな現象があると肉体も引きずられてしまいます。


そこでこの男性の霊査をしたところ将来を悲観して自殺した霊がみえましたが、
この霊はわりと簡単に浄霊ができました。
それから男性は徐々に気力がもどり始めました。

今回は自殺した人と同じような気持ちに男性がなってしまったことと、
年齢も近いことから、霊が憑依していたものでした。

自殺して不成仏霊になるとまだ死にきれてないと錯覚したままでいますので、
心と肉体が似た人に助けを求めてきます。

結果的に人間がちょっとしたきっかけで落ち込むと
どんどん悪い方向にいきますので気をつけていきましょう


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-06-19 09:51 | 霊的な出来事

自分には守護霊がいないと思っていたり、
弱いと思われている方も多いのではないでしょうか?
霊的にいえば守護霊がいないと基本的に人は生きられません。
彷徨う霊から守ったり、因縁霊の存在を知らせたりしています。

守護霊は人間ではないので言葉ではあまり伝えてきませんが、
まれに守護霊が伝えてくるとしたら一言二言だけです。

それも特殊な場合ですので通常は話してこない。
(守護の名を語る低級な霊ならば良くお話をしてきますが信用してはいけません)


b0110639_17445951.jpg

では守護霊はどのように守っているのかと言えば、
表面的に守るのではなく影で仕組んできます。
人間は生きて人生の中で魂の修行をしています。

このように人の修行を邪魔しないように守ります。
ただ守護霊は霊界にいけない不成仏霊や低級霊が、
人に影響している場合は常に守ろうとしています。

人が霊を信じなくても無視していても、
因縁があっても気づかないでいたり、
霊からの影響などと思はないでいても守護霊は守ります。


人が主役ですので低級霊や因縁霊が何かを訴えてきても
人が手助けをしていかないと守護霊も手を打てないということもあるからです。

人が信じていようと、いまいと守護霊は守りますが、
守護に意識を向けていたほうが人生にも精神的な豊かさも生まれてくると思います。

また守護霊が弱いのではないかと思っている人は不成仏霊や低級霊や因縁霊は、
なぜ人間に影響をするのかからご説明して、

守護霊がなぜ守れていないのかを理解していただいて
役目を果たしてもらえるようにしております。




松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-06-15 17:37 | 生き方について

6月のセミナーを終えて

6月のセミナーを終えて
昨日のセミナーにお集まりいただきありがとうございました。
今回は霊からの目線という内容のお話をさせていただきました。

霊界からの目線と言うのは
、霊が見ている情景がどのようなものかをわかりやすく説明いたしました。
b0110639_15123598.jpg

霊の目線は、自らの死の瞬間の景色あるいは執着による情景のままで
人の次元とはちがう時間が流れています。
このように人間からしてみれば幻想の世界のように見えていて
成仏できないで存在し続けているのです。

私は霊能力者ですので、基本的に守護霊のレベルの高い交信して
あくまでも個人の救いを行います。
しかし個人の生き方考え方により、守護霊からの予言をすることもあります。

お話は変わりますが、今回の地震をかなり明確に予言された能力者の方もおられます。
しかし反対に地震後に非常に不安をあおることばかりを言っている方もおられます。

低級霊はからかうこともします。
注意しないといけないのは予言が最初は当たる確立が高いので、
自分の能力がすごいと思い込み無理な予言をして、信頼を失うことが大半です。

予言には振り回され過ぎないようにしましょう。



   松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-06-13 09:08 | 心の世界

不安な気持ちが続く

Aさんは最初はご自身が男の子を死産で亡くされて、
それ以来数年お子さんができずに悩んでおられました。
そこで水子のことと先祖の因縁を説明して対処してから、
すぐに子供さんができて大喜びで無事に生まれて、
それから2年後にはお2人目ができました。

ここまでは順調でしたが、Aさんは今度はご主人と離婚したいとの相談でした。
私は時間をかけるように説得したのですが、ご本人の意思は固く離婚してしまいました。

b0110639_9165896.jpg

それからしばらくして電話がありマンションが
気に入った所があるので見て欲しいとの相談でしたので
見たところ場所も悪いし部屋の感じも霊的にあまり進められない
「やめたほうがいいですよ」とお伝えしたのですが、
安い物件なので後日決めましたと連絡がありました。

それ以来しばらくこちらからはお電話もはがきもしませんので、
相談が終ったと思いましたが、ある日Aさんから電話があり、
「今は離婚したことも後悔してマンションも思ったより居心地が悪いので、
の能力者にみてもらいますからもう結構です!」と、
一方的に身勝手な電話がありました。

今回は最初に守護霊の奇跡的な現象を、私を通して見せられたにもかかわらず、
先の未確定な部分を不安に思い、相談しながら不安な状態がエスカレートしていき
導きの言葉を信じなくなり、
低級な霊が憑依している能力者に自分を認めてくれたと思い込む
ここまで来れば守護霊は力をかさないと思います。

不安を作り不安が続いてしまい結果的にAさんは
いつまでも霊能者周りをして常に自分の思っていることに
同調してくれることを求めているのです。
救われるには、信じて耳を傾けて冷静に判断できることも大切です。



  松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-06-09 09:17 | 生き方について

だれも信じてくれない

霊的なことや感情の中にある違和感を
家族や知り合いに話しても自分のことを
誰も信じてくれないと悩んでいる方がいます。

人は霊現象には閉鎖的でもありますし、
家族でも霊感や感情の問題を聞かされても、

「それは自分が悪いんでしょう?」とか

「ちょっと気にしすぎてるから、なことを思うんではないか?」と

いわれたりすることも多いのです。

誰も信じてくれない。と悩むことになってしまうかもしれません。
b0110639_9101993.jpg

病院でも霊的な現象は専門外ですので、
人間の思考が薬で抑えられたとしても霊的な内面意識が
残っていますので解決が遅くなることもあります。

能力者は人の痛みとつながっている霊をみきわめていきながら
霊を苦しみから救う役目があります。

霊能者はまず話をよく聞きながら分析をしていかなければなりません。

分析したあとは相談者に納得いくまで説明し、
霊がなぜ苦しいのかを理解して相談者が憑依霊から影響を受けなければいけないのか、
どう対処していくかまで説明していかなければならない。威圧的な言動は必要ありません。

私は時間をかけてお話をしていきますが霊にも人にも説明が重要だと考えています。


相談者にこられる方が心から変わることが大切ですので
理解していただくようにお話しています。




松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-06-04 09:05 | 霊的な出来事

このような悩みをもつ人もたくさんおられると思います。
思うように行かない事は、人間関係だけではなく金銭的なことまで
人間として欲や願望が優先してしまい、何もかもが
上手く行かないと思いこんでしまいがちです。

人を信じても、人に同情して助けても、また自分が助けられても、
思いという欲ばかりが先行していると一体どれが正しいのか助けても助けられても、

「どうしてなんだ!」と思うほど空回りして
何をしても思うように行かないことになってしまいます。

私も過去に人間関係や金銭トラブルに巻き込まれ、
痛い思いを何度か経験したことがあります。
いま考えると私自信も周りの人にもずいぶんと迷惑をかけてしまったことがありました。


生きている以上は人同士うまくいきたい願望がありますが、
人はそれぞれ顔も違えば性格も違い、
同じ空間にいて共に暮らしあるいは仕事もしているのですから、
すべてが上手く行くわけが無いと思います。

b0110639_9261811.jpg


しかし諦めてしまってもつらいだけです。
悪循環が続くと霊的な影響もエスカレートしてくることもあります。

悩み苦しむのはお互いに心の中に霊的に影響がありますので、
この部分のことも考えていかないといけません。
心に霊的な影響がある場合にはよけいにですが、

周囲の人にまで悪影響を及ぼすことになります。
せめてこのような影響を受けないようにする為には、
自らの守護霊を強くしていくこと、すなわち霊のことを理解して
目の前に見えていること以外の力もあるという心の奥行きの深さも大事なことです。

人は互いに人生の山と谷を楽に乗り切ることができるように
霊的な存在も味方につけていきましょう。


松林 秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2011-06-02 09:27 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。