震災の後


震災後にうつ病のような症状が出てきて、
精神的に不安定になり安定剤を飲んでも症状には変化がない。
このような相談が増えております
霊感の強い人がなぜこの時期に増えるのか、
大災害が起こりましたから被災者の方々や亡くなられてしまった方々を思い、
誰もが感情的にも同情する気持ちがあります。

同情してしまうことは当たり前ですが、この「人の心」に乗じて不浄仏霊が浮き出して、
霊感が強い人に影響を与えているのです。

霊は電磁波に近いエネルギーですから人の感情が同じような電磁波が出やすく、
霊感がある人は電磁波が敏感に反応しやすいのです。
影響を受けると不浄仏霊が憑依してきます。


b0110639_9484100.jpg

都内に住まわれている30代の男性は震災以降に気分がすぐれず、
ふさぎがちで会社にいくのが怖いとか、
人と話がうまくできないなどうつ病ではないかと疑い始めていたそうです。

この男性はたまたま過去に、私のセミナーに参加されたことがあり
霊的なことがないかどうかを相談したいと依頼がありました。

霊視したところ不浄仏霊がいたのです。
このように人間の意識に同調して霊は憑依しやすくなります。
このような事態から抜け出すには除霊をして精神的にも元にもどして、
前向きに思考できるように変わってくることができます。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-04-27 09:48 | 霊的な出来事

被害妄想と霊

人は物を見て判断するときと、自分の心が何か恐怖を感じて
想像だけで物事を判断する場合もあります。

2年ほど前になりますが、Kさんという30代の女性が、
「私はストーカーされています。それも1人や2人じゃなく
あらゆる人がストーカーなのです」

 Kさんは証拠として周りの人の写真を撮り私に見せて、
この中には刑事もいるんですということだった。

Kさんが言うには「悪いことは何もしてないのに見張られているのです。
どうしてでしょうか?」

b0110639_948926.jpg

必死に訴えるものですから霊視してみると、
不浄仏霊たちが大勢みえてきました。霊たちはそれぞれに刀など
武器をもってKさんの周りを囲んでいるのが視えてきたのです。

そして霊の一人が伝えてくる話は、「Kさんの先祖とのもめごとで
忘れられない因縁がありそのことを何代も訴えてきたが気づいてもらえず、
必死に人に訴えても精神的におかしくなり自殺をしてしまう。
Kさんにも伝えてきたが怖がるばかりでどうしようもなかった」、

人は時間があるから未来もあるが、霊は死の瞬間でとまるので、
時は進まないだから恨み続けている状態で止まっているのです。


このように霊の感情や気持ちがKさんに憑依して、
すべての人が敵に思えてくる霊の感情だけが伝わるのです。
霊的な原因はここにあるのですが、最初は訳がわからず医師に相談しても
かわらないのと親戚の人も何人か自殺や被害妄想になり廃人のようになっている。
この為に霊的な事を疑って相談にこられやっと原因がわかり安心したそうです。

こののちにKさんには霊を供養するように伝え何度かお会いして浄霊をしていき、
それからはKさんの現象はおちついてきました。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-04-24 09:45 | 魔や低級霊

お墓からの訴え

新潟地方の男性47歳の方で、
「夜中の3時頃に突然目が覚めガバッと起きてしまい、
そのときに一瞬ですが人がいてすぐに消えるのです。霊というのでしょうか?
そういうことがしばらく何度も続いているのです。

そのときにいる霊はいったい誰だろうと気になりだしたのですが、
どうしても思いつかないし、何か供養してあげなきゃいけないのかなと考えたのですが、
めったやたらと供養して逆に悪い影響がでても困るし、どうしたらよいのかご相談に来ました。」


この男性を霊視してみると、お墓がかけてずれている情景がみえたのです。
さらに数人の姿が浮かびましたので、男性にお宅の募所はどうなっていますかと
お聞きさましたところ、他県で親戚の者が管理しているはずですとの答えでした。

このお墓がいまどのような状況かを確認してもらうよう本人に伝え
後日あらためて相談に来ていただくようにお話しました。

数日後こられて、お墓を親戚の者が管理する約束でしたが、
お爺さんが亡くなってからは誰も行っていないからわからないといわれたそうです。

そこで男性はすぐに様子を見にいくと、
私が霊視した状況と同じで草の中に埋まっていたそうです。
そこで男性はきれいに掃除をして丁重にご供養したそうです。

それからは霊のことも気にならなくなりぐっすり眠られるようです。

お墓にも霊は宿りますのでできるだけ縁ある方は存続させてあげてください。


b0110639_919124.jpg


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-04-21 09:19 | 霊的な出来事

人形が気になる


Aさんという方の大切にしてきた人形の髪の毛が伸びると持ってこられました。

10年ほど前にいただいた人形だということでしたが、
徐々に人形の「髪」が伸びてきたということでした。


そこで人形を霊視してみると、
Aさんの縁者で幼い子供さんが亡くなっていて寂しそうにしている姿が見えてきました。
水の事故のように感じましたのでAさんにその事を話すと、
「親戚の子で確かに海で亡くなった子がおります。自分と同学年くらいの子でした」
とのことでした。
「ただその子はきちんとお寺で供養されているはずなんですが・・」とAさんの返事でした。
b0110639_18155053.jpg

まず一般的にはご供養するしか方法がないですし、
出来る限りご両親も法要をされてきたと思いますが、
霊の気持ちになれば生きたいという気持ちが強く残り
これが人形に憑依して可愛がってほしいのです。

特にAさんと同学年の親戚で気持が伝わりやすく、
大切にしている人形でしたから、
人に憑依はしませんが可愛がってもらいたいと強烈にアピールしているようでした。
頂いた人形でもこのようなこともあるのです。

実際に相談者Aさんに人形をお預かりして
髪の伸びかたを見ていましたら、なるほどのびてきているのです。

人形は憑依している霊を成仏させてからAさんの許可をいただき
お焚きあげさせていただきました。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-04-15 18:16 | 霊的な出来事

霊的交流は心で出来る

人間として生きるあいだは魂を磨く為に3次元の肉体をもっていますから
この肉体という器からは出られません。

ただし人は想像して思いをはせ未来を想像する能力をもっています。

人には時間があり、運命や寿命で人生は決まりますが、
霊の世界は3次元ではない為時間の感覚が違うものです。

このことは霊界に戻るとわかることですが、
生命の死は肉体が無くなるだけで霊界に行けば心しだいで存在している自分の世界感です。

人間との交流は物質的ではなく心での交流は可能です。



松林秀豪HPへ


b0110639_10231627.jpg

[PR]
by shugou110 | 2011-04-14 09:20 | 心の世界

守護霊がいた

100歳のお婆さんが老衰であぶないので、
家にきててほしいと家族の依頼を受けてお宅へお伺いしたことがありました。

私は最初どうして呼ばれたのかわかりませんでしたが
ご家族の気持が、まもなく死を迎えるであろうお婆さんが
問題なく霊界に逝けるように依頼されたのです。

お婆さんの意識はすでにありませんでしたが、
霊査したところ視えてきたのは武士が2人で、裃(かみしも)を着て
深々と挨拶されて「我々は水戸藩の者です守護のお役目を終らせていただきます」と、
私が視た武士が言うには我々が離れますので、
もなく亡くなられますが、我々がお導きいたしますので
ご家族の方々には安堵されますようにお伝え願いたい。と、
伝えてきました。

これをご家族の方にお話したところ、
お婆さんの曾祖母さんが水戸藩の姫様の子孫と聞いているとのことでした。
長いあいだ守護霊として人間を守り続けてきたのです。
そしてまもなくお婆さんは亡くなられました。


松林秀豪
b0110639_1582272.jpg

[PR]
by shugou110 | 2011-04-12 15:09 | 霊的な出来事

ご仏壇からの訴え

相談者の苦痛原因がご仏壇にあったことがあります。
埼玉県のある町に住む女性が、精神不安定の状態が幼い頃からあり、
20代になっても似たような状態が続いて変化がないとの相談でした。

ご両親とも一緒に病院にも通いましたが変化がなく、
ある祈祷師にお願いしてご祈祷をなんと98回してもお札が増えるだけでかわらなかった。

最後の頼みとして私の所にこられました。
早速霊視したら何度もご仏壇が気になりましたので、
後日ご自宅にお伺いして仏壇を見せていただきましたが、
見た目には特別にはおかしな点はありませんでしたが、
ご仏壇の前に座って霊視すると浮かんでくる風景は
60年前ぐらいの海岸と町でした。


それとむしろに包まれた幼い子の遺体がみえたのです。

そこでご家族に「このような風景が見えるのですが?」とお伝えすると、
ご主人が幼い頃親戚の子供が海で死んだことを思いだして
風景がそっくりそのままだそうです。


この亡くなった子はその後どうしました?と聞いても
おそらく何もしてないかもしれないと言われました

そこで私はこのお子さんの供養をし浄霊していきました。
b0110639_15114447.jpg

始めはこの海で亡くなったお子さんのことでしたが、
一族の縁続きで供養されていない子供さんの霊が集まって
きていたために娘さんは幼い頃から霊感が強かったために
不安定なことが続いていたのです。
それからは娘さんは回復してきました。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-04-07 09:04 | 供養法

幽霊を見た

幽霊を見る方は多くおられるとおもいます。
私が霊能者の仕事をしていなかった若い頃に経験したことですが、
ガードマンという仕事をしていたときにある病院内で
夜中に3階の非常口をたたく「ドンドン」と音がしたので、
扉を開けてみるも誰もいない。

しばらくするとまた「ドンドン」とたたく音がする。

そこで音がする瞬間に扉を開けてみると、
目の前にパジャマを着た50代くらいのの女性がそこにいて
軽く会釈して病院の中に入ってきました。

こんな夜中に何処へ行っていたんだろうと思いながら扉を閉め、
すぐに振り返り声をかけようとしたら、もうそこに女性の姿はいない。

その時はゾクッとしましたが、
あとで看護士の方にその時の様子を話したときに、
「またですか?よく出るんです」と言われ、
彼女は2年ほど前にここで亡くなった人で、
それ以来目撃者が多くいるということでしたが、
扉を開けて中に入れてあげたのは私だけだったらしい。
b0110639_951148.jpg

このような体験は私のほんの1部ですが、
中には気づかずに体験している方もおられるでしょう。
霊は自分の死を受け入れない気持ちがこの世に残るのです。

先ほどのような霊は怖がることはありませんが
感情や心が生前の姿を作りだしこのエネルギーが
人がもつ波長のあった人だけに見えるのです。



 松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-04-05 09:43 | 霊的な出来事

霊視 昔の風景の中の霊

東京都内に在住の方で娘さんが幼い頃から、急に夜鳴きをしたり、
大きな声で騒いだり、物心がついてくると「誰かが家にいる」とか
食事中にも「知らないおじさんが目の前にいて怖い顔しているの」など
ご両親も手におえないようなことがたくさんあったそうです。

小学校5年生のときから病院に通い薬で症状を抑えてきましたが、
何も考えられなくなり以前にもまして霊が見えることが多くなってきました。

お風呂に入れば入りっぱなしで母親が声をかけるまで出てこないこともあり、
18歳になった娘さんを心配し、薬だけでは治らないと思いはじめた両親が
相談にこられたのです。

b0110639_15243395.jpg

私は、最初に娘さんのよく見る霊の話を聞いてみました。
よく見るのは野球帽をかぶった少年が走って行くところと、
軍人(兵隊)さんが行進しているのをよく見るそうです。
ご両親の話では隣に住んでいた人も何かを怖がって引っ越してしまったようです。

私は土地の問題があると感じましたので、霊視してみると昔の風景が見えてきたのです。
そこには日本軍の宿舎と近くに川が見えました。それをお伝えすると両親は驚かれて、
確かに軍施設があったことは誰かに話を聞いて知っていたそうです。

そして現在は道路になっていますが昔は川があったそうです。

霊視していると昔その川で子供が亡くなり、
その施設から戦場に赴いた軍人は戦争で亡くなっているようです。
その他たくさんの不成仏霊がおりました。
このような土地に住む人は霊感がある人は特に影響されます。

この場合は対処方法としてはこの土地の霊たちと交信し浄霊をしていきました、
それからは娘さんは薬も飲まなくても大丈夫なほど落ち着いてきたのです。



松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-04-03 15:25 | 霊的な出来事

能力者に脅されていて、どのように考えたらいいのでしょうか?
20代の女性A子さんが知り合いから紹介されてある霊能者の所に行き、
最初はなにかあると嫌なので、占い感覚で安価な料金だったので
視てもらおうと思い面談に行ったのです。



ある能力者と面談したときにいきなり、「A子さんあなたには悪霊がとりついている!
 そのために悪霊から水子の霊まであらゆる霊が入れ代わり影響していますから
不幸が続いてくる。」と言われた、そして「彼氏に悩んでいるでしょう!」、
彼氏はいないと答えると{彼氏がいないのは悪霊のせいです}と言われる。
(年頃の女性の半数以上は何らかの形で異性に思い悩みをもっていると私は思います)



A子さんがなにを反論しても、次々と不安をあおられるような事を言われ、
そして最後には悪霊をとるのは自分しかいないし、
アメリカで黒魔術を修行を数年して、日本でも数年山にこもり
修行してきましたと真っ赤な嘘を平気で口にする。

後でわかったことですがアメリカと山は旅行に行っただけだったのです。
このような能力者に言われたことをA子さんは迷いながらも信じてしまい、
悪魔除けと称して何十万ものグッズを買わされて、
あげくに肉体関係まで要求され「断固断りましたが、
黒魔術と秘儀で呪ってやる」と言われ怖くなり私に相談にみえました。

「それ以来、黒魔術で呪いをかけられているようで毎日が怖くて怖くて仕方がないのです。
紹介してくれた知人もその霊能者に洗脳されているようで、いてもたってもいられません」

このように現実に騙され恐怖にさらされてしている人もいます。
何度かA子さんとお会いして相手の能力者から来る波動を
ブロックしていくようにしました。

怖がらず自分の人生を進んでいけるように
アドバイスもしてやっとA子さんは理解できてきたのです。

A子さんの知人はその霊能者に
「友人を紹介すればあなたは霊に影響されないと言われてそのとおりにしたそうです。」
不幸と恐怖の連鎖です。

私はこのような能力者をあからさまにして
被害に遭う人がいなくなるように今後活動します。
運悪く被害にあった方には洗脳から、
私が救いそして霊の存在がどのようなことかをお伝えします。
黒魔術を不安にさせるために軽々しく使う奴とは真正面から戦ってます。

b0110639_1735025.jpg


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-04-01 17:35 | 魔や低級霊

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。