能力者にだまされた人へ

相談にこられた方で、これまで複数の能力者に相談しても貴方が悪いからだとか、
納得いかなかったり、多額の金銭を要求され、不安に追い込まれ、
よけいな恐怖を植え付けられて怖かったといわれる方がいます。

これは能力者というのは経験がなくても、
だれでも名前だけ自称能力者として出来ることです。

この手軽さが問題で、最近はスピリチュアルブームですが、
経験がないために浮かぶことがすべて真実のごとく相談者に話す。

それを聞かされた相談者は信じてしまい
それで恐怖を植えつけられる場合もあるのです。

この場合は能力者の憑依している霊に問題があり、
能力者と低級霊と一緒になって欲にかられ、
欲を満たすために恐怖を与え金銭も要求するような悪循環もおこります。


b0110639_10111493.jpg

能力者は初めのころは心正しくても
途中から霊に利用されてしまうケースが多々あります。
当て物をしたり相談者の心を読んだりして操り、
悪い方に引っ張ろうとするものもいます。





このことをふまえて多数のグッズや多額な金額を要求されますので注意してください。
自分のいうことをきかないと不幸になると言われたら要注意です。




 松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-01-31 09:03 | ダマされるな

霊の時間

霊には時間という感覚がないのです。
人間は時間に束縛されて生きていますが、動植物すべてのもが、
固体としての時間がすぎれば消滅していきます。
種を存続させながら受け継がれていきます。

霊を目撃した人は目撃例で過去の霊を見る方が多く服装や身なりが、
昔のままで現れる、これは死んだ時に肉体が死ぬわけですが、
このときに死の瞬間の状態のまま3次元の肉体は滅びますが、魂と心は滅びません。


b0110639_9373316.jpg
魂といわれるものを具体的に表現するのは難しいことです。
魂を考えるよりも心を考えてみるほうが、理解しやすいと思います。

まず肉体を無くしたときに、
しばらくは自分の肉体のすぐそばから離れませんが、
徐々に現世への生きる気持ちがなくなってきます。

49日というのは通常はこの時点で成仏するのですが、
執着心や恨みがあればそれだけの気持ちが霊となっても、
未だに肉体があると思い込んでいることもあります。
次元の違うところで生きつづけるのです。



この場合は人間の生きている時間は通用しません。
このように思い続けている以上は時間が進みませんので
死の瞬間あるいは少し前の記憶で止まり、そしてこの世に霊として残ります。




松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-01-25 09:32

何度も繰り返す悩み

人間は何度も同じような事を考えて生きるのですが、
年齢と共に変化し学んでいきます。
しかしなかには学びと受け取らず繰り返す人がいます。

相談者の方で霊が憑依しているからとって欲しいと依頼されます。
私は能力者ですから浄霊もしますが、相談者に問題があるケースもあります。

多いのは全部霊のせいで思いどおりに行かないとしか考えない人、
この場合は霊査と、ご本人の欠点と利点を使い分けながら、
守護霊の意見を尊重し導く必要があります。

b0110639_1064934.jpg
それでも悪いことは全て霊のせいで、
道で転んでも霊が悪い守護霊が導いていないという始末。
守護霊と交信するのは能力者ですが、
相談者本人が怒ろうが騒ごうがかまわず守護霊は伝えてきますので、
ときには自分の欠点も受入れて、正しい方向に軌道修正しなければ
うまく生きることが出来ないのです。

人間は1人では生きていない、霊と神仏と共に生きていることを忘れないでください。
私も常に軌道修正を行って考える時間をつくっていく努力をしています。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2011-01-20 10:01 | 生き方について

幼いこどもは霊をみる

普通幼い頃の記憶がない事が多いのですが、
まれに記憶が残っている方もいらっしゃいます。

よく2歳から4歳ぐらいの子供さんがときどき空間を見上げて
持っているお菓子を渡そうとしたりします。
b0110639_1661870.jpg
それを見ていた親が何をしているのと聞くと、
壁に向かい「あそこにしらないおともだちがいるの、
それとおじさんもときどきいるよ」と言ったりします。
親は気持ち悪いからそんなこといわないでと叱ることもあります。




このように幼いころは普通に霊はみえていても、
幼い記憶は消えていくなぜかと言えば生きる為に
欲が出てきてみえる能力が薄らぐのです。
皆様もみえていたが今は見てないだけです。


能力者でも私利私欲が強すぎる能力者は動物霊や低級霊に影響されてきます。
霊を信じない人は霊現象が起こるとまず精神的に疑いますが、
それ一辺倒でも薬だけに頼り、なお解決が遅くなる可能性があります。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-01-15 09:01 | 霊的な出来事

殺人未遂事件など

殺人や未遂事件が頻繁に報道され凶悪化しているが、
犯人の供述によると人生を終わりにしたかったと
身勝手な言い分を繰り返している事件などもあります。

心理状態など詳しくはわかりませんが、ここで私の体験ですが、
もしかしたら若い人には似たようなことがあるかもしれませんのでお話します。
私が若いときに自分の意識が変になる感覚がありました。
b0110639_10392583.jpg

それは自身が何か思い込むとそのことから抜けだせなくなり
悪循環の繰り返しで、自暴自棄になり、まともに物事を考えられなくなり
挙句に妄想し始めてきて回りの人がまるで天敵のように錯覚したことがありました。

このときは自分の意識がしっかりあり理性を保っていたので事なきをえましたが、
一部の意識は別の者に支配されていたようです。

私はまだこのときは霊能者になる前の出来事でしたから、
精神状態がおかしくなったと思って本気に医師に相談しようかと
考えていたこともありました。いま思えば恐ろしい気がします。

犯罪までにいたってしまう場合には霊に操られて、
犯行をおかしてから正気にもどる人もいるが、
なかにはそのまま憑依されている人もいる。

早いうちに冷静に自分本来の感情に戻るように理性をきかせないと、
人生が悲しい結末を迎えることになります。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-01-10 10:39


本年もよろしくお願いいたします。
今年も私のブログをご覧いただければ幸いです。


人類の始まりはいまだ正確には解明されてはいませんが、
少なくとも猿人と異なる人種ではないかと思われる骨が発見されています。

人類は古代文明で突如として滅びた文明でも
天文学も優れていて現代でもかなわないほど高度な文明があったようです。
b0110639_1192990.jpg

そういう文明では一体どのように霊的世界や
次元が解釈されていたのか興味がありますが、
一般的には次元というのはまだまだ認識しづらいことではありますが
霊的なこと自体、目に見えないことは信じないと言う時代は徐々に変化して、

これからは霊現象や怪奇現象、宇宙人の来訪はなぜあるのか、
解明していく時にきているのではないかと思っています。

今年は私ももっと勉強をしてブログにしていきたいと思っています。



松林 秀豪 HPへ
[PR]
by shugou110 | 2011-01-06 09:26 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。