お正月は私たちの人生における節目でもあり、
初詣は今年1年間無病息災をお願いに行きます。

ただ年に1度だけでよいのでしょうか?
都合のいい話で正月だけお参りすれば
何事もなく過ごせるはずと考えておられる方もおられます。
b0110639_850117.jpg

人は生涯悩さまざまな悩みを抱えて生きています。
霊的な悩みは霊能力者で解決できますが、
自らの魂の導きは神仏ですから機会があれば神社に行ってお願いする良いでしょう。
仏様はお寺でお線香をあげて供養をしてください。

神社仏閣は聖地ですので、日頃身についた垢を落として、
心を清めることと日頃の感謝の気持ちを伝える為にときおり
、行かれることをお勧めします。

それではどうぞ良いお年をお迎えください。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-12-29 09:42 | 心の世界

犬や猫の魂

犬や猫が死を迎えて飼い主が悲しい思いをする、
思い入れが強ければ強いほどいつまでも生きつづけてほしいと思いますが、
しかしどんなに願っても叶いません。

このように生き返らすという事は不可能ですが、
死んだ動物達が今どこでどうしているのか、
こういった質問と相談もあります。

動物も人間と同じで、死後に霊となります。
ただし動物の霊は人間のように複雑な感情はありませんから
飼い主さんから受けた愛情はストレートにあります。
霊界と心の中で生き続けています。

b0110639_12254632.jpg

先日も交通事故で亡くなった愛犬がいて、
飼い主さんが自分のせいで亡くなってしまったと自分責めておられましたが、
実際にお宅にお伺いすると部屋の中に目には見えないですが、
確かに部屋をウロウロしているわんちゃんがいました。

交信を試みると、人間のような感情ではなく、
恨みや妬みがなく逆に穏やかという表現が的確かもしれませんが、
むしろ飼い主さんのことを思いやる意識がありました。動物の魂は純粋です。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-12-25 09:19 | 霊的な精神世界

井戸にまつわること

これまでに井戸にまつわる問題は
何件も解決してまいりましたが、
古い井戸ほど霊的な問題が多いと思います。

古井戸は昔から水神様という
信仰の対象として祀られていたことがあります。

しかし近年はこのような風習がなくなり、
何もしないでただ埋めてしまう人がいる。

古井戸は特に気をつけなければいけないのは、
井戸というものは霊的な問題だけではなく
神様の眷属であるキツネがあるように、
水神様の龍神もあるのです。

キツネは災いが強く出ますが、
龍神様はさほどでもないようですが粗末に扱われると、
その存在を知らせてきているのです。
人が気づかないので現象を起こしてくる場合があるのです。


ある旧家で、3歳になる子供さんが、
夢の中で、溺れて苦しいと毎晩訴えて泣くので、両親が相談にこらました。

霊視してみると、この家の広い敷地内に古い井戸があったのが視えて、
幼い子供が井戸にほうりこまれていく光景が視えたので供養しておさまりました。
昔は井戸に沢山の人をほうりこんで殺していたらしく、
子供だけではなく大人までいました。

千葉県のある城跡の古井戸では殿様の奥方と子供が、
井戸の中に身を投げて死んでその後泣き声が夜な夜なしているので、
今は井戸の周囲は立ち入り禁止となっているというような現象もあります。
井戸はただ埋めないで、くれぐれも扱いに注意しましょう

守られた人生であることをお祈りします。

 松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-12-20 09:42 | 霊的な出来事

お稲荷さんは怖い

お稲荷さんは全国にありますしよくし知られているものです。
コックリさんと混同されて伝わっているようですが、
今回は土地あるいは家にお祀りしているお稲荷さんのことをお伝えしたいと思います。

お稲荷様は古代より穀物などを、
ネズミから守るためにキツネを神様のお使いとされ眷属として
稲荷の神様とともに祀られてきたのです。

ところがいつの日かこのキツネだけが1人歩きをして、
願い事も聞いてくれるが反面粗末に扱うと人に憑依してみたり、
災いを起こすと畏れられてきました。 

b0110639_12515273.jpg

私の所にもお稲荷さんにまつわるご相談で霊現象がおこった方々もおられます。
ある例では祀っていたお稲荷さんを人間の都合で移動して、その跡地に家を建てて、
あげくにそばにトイレを作ってしまい、それから家族の仲に精神的に不安定になり
うつ病に似た症状があらわれ、

最初は母親に現象が出てしばらくして今度は娘さんまでがいきなりわめいたり、
暴れたりで家族も困り果ててしまい、相談にこられたこともありました。

きちんとお稲荷さんを祀り直しそれからまもなくおさまりました。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-12-15 09:47 | 霊的な出来事

霊能者が信じられない

霊能者を信用できない方がおられます。
確かに霊自体がなにも証明できないという点です。

目には見えませんし、人のように物理的に見せてはこないから信用できない
と言われる方の多くは、自分の秘密か霊しか知らないことを
言い当ててくだされば信じますと言われることがありますが、
なるほど言い当てる方が信じやすくなるのは当然かもしれませんが、
b0110639_915414.jpg
本物の霊能力者は難しいかもしれません。
そもそも霊能者は、最初は自分の霊力に興味があるために
動物霊や低級霊にからかわれてしまい、ほんとうの守護霊とはなかなか交信できずに
肝心な霊的な動きが視えなくなるのです。

当てものが得意な能力者はおられますが、私は当てものはしませんし
守護の世界は当ててくれたりはしないのです。


霊能者は全神経をつかい、霊をあらゆる角度からアプローチして
いかに正確に見抜くかが求められていると信じています。

相談者に低級霊がついている場合には、
その憑依している霊に振り回されないように慎重に説得しときには浄霊も行います。
これは能力者が経験と必要ですので、よく見極めることです。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-12-11 09:10 | 心の世界

人間には運命と運勢があると思うでしょう。
思いどおり生きられないと、
これも運命だからと諦めてしまう傾向になる人が多いのではないでしょうか。

生まれる時間と死ぬ時間は決まっているように、
確かに大筋の宿命は最初に決められているのです。
霊界から魂が人間界に魂を磨くために生まれますから、
親や環境、時代等は都合よくは選べませんが納得して生まれてきます。

そしてどのような環境におかれようと
努力と諦めないで生きていれば、変化が起こります。
これは霊的なところから(守護霊)の仕組みがきます。

b0110639_17245292.jpg

たとえば人との出会いもそうですが、
思いどおりに都合のいい人と出会えないなど人間の都合だけではどうしようもない、
しかし前向きに思考を向けていけば、守護霊が力強く働きかけてきますので、
運勢や運命も変えられるのです。

人は都合よく生きたいと誰もが思う、当たり前かもしれませんが
人は生きていく上で1人では生きられませんから、たくさんの個性を持った人と出会います。

多くの出会いの中で身勝手な人もいれば、
最初はいい人に思うが接していると徐々に本性が出てくる人もいて実際は違ったりする。

このような事は生きる上で誰にでもあることで、
気にしないで乗り切る心をもつように努力すれば運勢も運命でまでも変えられます。

松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-12-08 10:20 | 霊的な精神世界

生きるとは自己との戦い

人間は年を重ねても、自我との戦いを命はてるまで続けていくのではないでしょうか?
人として生きるとはいくつもの宿命を背負って生きるのだと私は思う。
人はあらゆる場面で人と係わり合いをもっていかないと生きることが難しいものです。

そのためどうしても人の感情や心と自分の心や感情を
その場の状態に合わせなければならないし、
また自我も自ら押さえつけなければうまくいかない。

押さえつけるあまり、人としての存在価値を否定したり
あるいは他人のせいで運が悪いとなり、最後には自らを責めてしまう。
b0110639_223346.jpg

最悪の場合には自殺してしまうこともありますが、
昔と違い貧困による自殺がすべてではなく精神的な
苦しみが原因のことも増えているようです。

人間の世界は欲と自我の世界です、その中で生きることは難しく
ガマンできなくて生きることいやになることもあるかもしれない。


けれども川に生きる魚のように流れを上手く利用して進んで
いかれるように落ち込みからはなるべく早く切り替われるように
人生を楽しんで生きていくことを考えるようにしていくことが大切です。
そうすれば守護も強くなります。



松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-12-03 09:54 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。