うつ病と霊現象

うつに関してのお悩みも良く聞きますが、
病院で治療を受けてよくなる方もたくさんいます。

それでもあまり状態が変わらずに、
霊的なことを考えていくことで変わってくる方もいます。

当然のことながら医師は頭から霊的な現象を否定することが多いです。
反対に能力者側も霊的にそして宗教的にばかり解決しようとして、
医学的なことは受け入れないこともあります。

このように互いが霊現象のことと霊を理解し宗教、
医学の枠を越えて受け入れる事が、人を救うことと
霊をも救うことが、できるのではないでしょうか。

b0110639_11175654.jpg

私のもとに精神科医が相談にこられたことがあります。
普通では考えられないことでしたが、その方が毎日精神的な病がある人を診ていて、
自分自身が医学では説明のつかない現象に悩まされ始めてしまったのです。
声が聞こえる、霊がみえる、誰かに見られているなどなど・・・・・・

そこで私は現象の仕組みを詳しく説明して浄霊してこの方の現象はおさまりました。
これがきっかけで患者の多くが、わけがわからないことを言う気持ちが
はじめて理解できるようになり、霊現象だと確信したそうです。

うつと診断されて改善が見られなければ、霊現象も疑うことも必要かもしれません。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-11-29 09:14 | 霊的な出来事

お墓を壊した

ある方から相談を受けた内容で、母親が最近先祖のお墓を壊して、
おまけにご仏壇まで燃やしてしまった。

母親一人がそうしたのではなくこの原因は最近母が新興宗教にはまり込んでしまって、
墓石は意味がないから墓は無くして、使っていた石は家の敷石にでもしなさいと言われ、
現在は敷石にしてあるそうです。


宗教の何処を信じようが自由かもしれませんが、
このころから稼業の会社経営が上手く運ばなくなり、
さらに家族の仲はぎくしゃくしてきてつまらないことでケンカになる。
息子さんが何か霊的な問題があるのではという相談でこられました。
b0110639_10525191.jpg

どこの宗教にのめりこんだかは知りませんが、
人間として先祖に対しての尊厳もなにもない。
これが霊的な現象を起こす理由でもあります。


確かに霊は宗教的にはこだわりませんが、
ただ守っている霊にも言い分があると考えなければいけないと思います。
多くの人が敬い守り続けてきたお墓を、お寺さんに念抜きを頼みもしない、
それどころか今までは何代も墓に納められてきた遺骨まで撒き散らして終わり。

これでは先祖から守りも望めないどころか浮遊霊に憑依されてもおかしくはない。
人間としての努力もしないで思いどおり行かないから、
短絡的に宗教の勧誘にはまってしまうこともあります。
あとで冷静に考えれば騙されていたことに気づくのではおそいのです。


この相談者には今後の対処のしかたをお伝えし、
改めて先祖の祀りなおしを出来る形でして行きました。
その後はだいぶ落ち着いてこられたのです。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-11-22 09:47 | 霊的な出来事

霊に憑依されてしまう

「自分の感情がコントロール出来ない-」ご相談者の中でも、
なにげないことにも急に苛立つたり、周囲の人に苛立ちをぶつけてしまう。


家族や周囲の人はまず病気と判断し、
病院に頼るが病院ではいくら薬を投与されても強くなるだけで、
それも一時しのぎでまたすぐに元に戻ってしまう。

そして最悪の場合は恐怖感などが増してきたり飲む薬の量も多くなってしまい、
意識が低下してくるようなこともありいつまでも自分の意識には戻れない。

b0110639_1043038.jpg
このような状態になってからはじめて霊的なことに気づかれる場合もありますが、
20年以上続いていたと言われた方もいます。

これは霊的な原因が最初にあるのですが、
誰も気づかないですからノイローゼかうつと思はれてしまうこともあります。
大切なことはこの空間に存在するのは人間だけではなく、
異次元世界が存在しているが、人間にどのような影響をしてくるのかを
理解していかなければいけません。

医学的には病名を付けて薬を投与し現象的に対応していかれるでしょうが、
霊的なことにはふれてはくれません。
しかし現象の根本的な原因は霊的にあることも考えるべきだと思います。

松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-11-15 10:43 | 霊的な出来事

ご家族の不安


霊感の強い息子さんや娘さんがおられると、
そういうことはあるのだと理解をしてくれるご家族なら良いのですが、
霊を感じない人には認めることも難しいことですから
霊的なことを信じてもらえない場合もあります。


それでもご両親がこられて、「うちの子はやはりおかしいのでしょうか?
 精神的な病院に連れて行こうと思うのですがどうしても一緒に行ってくれないのです。
霊がいるとか怖がっていたりします,
とても感情的になったり、穏やかだったり起伏が激しいのです」


b0110639_9174384.jpg


霊的な現象というのは実際にあることや、
霊感が強い人にとっては日常的に感じられるので
コントロールが出来るまでには多少時間がかかるということをご説明し、
何よりわからないからこそ、ご両親までが不安になって
神経質になっていくことを止めなければなりませんから、
精神的なこと心の世界のことを受け入れていただくことを大事にしてお話しています。

松林秀豪HPへ>
[PR]
by shugou110 | 2010-11-11 09:18 | 霊的な出来事

幸せと不幸

幸せが少ない、不幸だと思っている人がいます。

私の仕事柄人生相談にもなることが多い、
確かに霊的に不幸現象を起こすこともありますし、
何かにつけてよくないことも続いて起きる場合もあります。

ときには霊的な現象によって、不幸が生じるのか?と考えてしまうような、
判断が難しいところがあるかも知れません。


しかし、何となく自分の人生を他人と比べると不幸はないかと考えてしまう、
他と比べがちになるでしょうし、連鎖的に問題要素だけを思い浮かべてしまう
こともあるのではないでしょうか。 
b0110639_10401276.jpg

このように元々自分は不幸の星の下に生まれてきたと思い込む人は、
その心が霊的につなげて呼び込んでしまう場合があります。
人は思い込みが不幸に思えば悪い方に心も奪われるのです。

反面あまり悪い方には考えないで、
少しぐらいは気にしない人は霊にも影響されにくいものです。

ただし、いくら前向きに考えていてもうまく行かないことが多いときには、
守護の世界から、生き方考え方を変えるように知らせてくることもあります。




松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2010-11-02 09:36 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。