宗教団体や霊能者めぐり

団体に属している霊能者に相談しても、説明がよくわからず、

またやたらと威圧的だったなどという話を耳にします。

能力者は出来る限り相談者のレベルに合わせてお話しをし、

また威圧的にならないように心がけていかなければなりません。

霊能者は霊に対して人間に影響する霊や人に助けを求める霊を

正確に判断し救うべき霊を救わなければない、

仮に威圧的に対応すれば霊も反発してくることさえあります。

また相談者に説明不足だと肝心な心が伝わらないことにもなってしまう。

宗教的ではなく霊界のことを理解して対応していかなければいけません。


松林秀豪HPへ


b0110639_10285911.jpg

[PR]
by shugou110 | 2010-02-26 09:25 | 霊的な精神世界

霊は怖い?


人が霊を見ていたのは、あらゆる文明の痕跡からも霊の存在があきらかですが、
けれどもいまだにその正体は信じている方以外には不明です。

霊を何らかの形で敬い、または妖怪のように恐れたりされてもきました。
b0110639_927066.jpg

最近はだいぶ解明されてきて、
昔のようにただ恐怖で見ることはしなくなってきましたが、
相変わらず、普通は目に見えないし声も聞こえません。

でも恐れることはありません。
それはなぜかというと霊は、元々人間で単に肉体がないだけなのです。

しかし人には見えないし声も聞こえない、ですから感じるしかありません。

霊能力者は感じとる感覚が強いのですが、
能力者ではない方も霊を怖がらずに、人間づきあいと同じで、
よい影響を与えるか悪い影響を与える霊かを振り分けて考え、
心を奪われないようにしなければなりません。

自己が不安定だと判断ができないこともあります。




松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-02-21 09:27 | 心の世界

コックリさんは幼い頃、何度か試したことがあると思います。

このコックリさんをはじめてから、はまってしまい
何年もやめられずになんでもコックリさんに聞いてから
行動をするようになってしまった人もいました。

このような経験をなさっている方もおられるのではないでしょうか。
b0110639_1085785.jpg

コックリさんに質問して答えをもらってからでないと心配で仕方がなくなり、
あげくにコックリさんをしていると「かならず言うとおりにしなさい」などどいう答えまで返ってくるようになってしまい
気持ちが落ち着かなくなったり、精神的にもおかしくなることさえあります。

うつ病のように恐怖観念があるなどの現象がおこったり、
霊的の影響を受けっぱなしになる。

霊感が元々ある人はコックリさんをすると、
人一倍感度が強く出ますのでまず精神的にまいります。

コックリさんとはいえ軽く考え、
あてにしていると低級霊に動かされてしまう危険もあるのです。



松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-02-16 10:05 | 魔や低級霊

心が動かない

思ってはいても、行動が出来ない。家族に言われても、
理屈はわかるが思うようには人と話せない、社会が怖い、
ありのままの自分がうまく出てこない。

このようなことでも苦しんでいる人も多いのですが、
ともすると自分の考え方に問題があって、
いけないのは自分だからどうしたら良いのかと悩んでしまうこともあるかもしれません。

人の気持ちの中に霊が入り込んでしまうと、どちらが自分なのか、
あるいは本来の自分の性格ではないような感覚になってしまうこともあります。
b0110639_15311033.jpg

相談者Aさんは、働き者の30代の男性でしたが、
あるときから外にも出たくない、人とも話したくない、
進まなければと思うが進めない、
前向きだった自分が非常に後ろ向きに変わってしまった。

それが職場が数キロ離れた場所に会社のビルが移転したときから始まったのです。
仕事をしていても落ち着かない、集中できない、
いるだけですごく疲れるなど、
会社を休みがちになり私に相談に来られた。

霊視してみると数体の霊の姿が出てきて、
Aさんに憑いていました。

浄霊しAさんに出来る清めもしばらく続けてもらうように話し、
その後は以前と同じように働けるようになってきたそうです。



松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-02-13 15:31 | 霊的な出来事

精神不安定と霊の関係


人は精神不安定にはいろいろ原因があると思われますが、

最初は些細な恐怖感が出てその恐怖感がしだいに大きくなっていくケース、

そしてこの恐怖がだんだん増大して、精神不安定になってしまう人もいます。

人は感情をもっていますからあらゆる場面で霊とつながったりすることもあるのです。

このように人の思考で落ち込みはじめると、悪霊と一緒になってしまうなど・・・・・・

こうなるとブレーキがきかなくなってしまうので、

どこかできりかえないといけない場合も霊的には考えられます。

b0110639_17471348.jpg


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-02-08 17:47 | 霊的な出来事


霊魂は人間の精神に影響してきますから人の表面意識は低下しますので、

人はボーとしてしまう、物事を考えにくくなり、
眠くなり挙句には動けなくなる。

眠くなっても眠れない状態が続くと、
睡眠導入剤などで疲れた体を休めようとします。

このように体は寝ようとしても、
精神が起きているという変な現象がおこる。

精神的にあるいは、霊的な内面意識が表面に出てくると
b0110639_1083740.jpg意識も内面の霊的な存在が影響してくるのです。

まず内面意識の霊的なものの解決をはかった上で精神面を安定させる必要があります。

不安定な精神状態やマイナスな意識、
本人らしくない言動には霊的な部分も考えていかなければならないときもあるのです。

霊的原因で心身が休まらないこともあるのです。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-02-06 10:08 | 霊的な精神世界

霊に支配されるケース

自分はいつも霊に見張られていて、いつも霊の命令どおりに動いているという人がいます。

都合が悪いと、「それは自分が言っているのではなくて、霊が言っている、

霊が言っていることを話しているだけで自分には責任が無い!、霊がそう言っているから・・・・・・・」

という人もいるのです。

b0110639_11151061.jpgこうなってしまうとまったく自分というものがなくなっていて、

意思がなくすべてのことが、霊のせいや、霊に翻弄されている。

あるいは都合が悪くなると第三の存在で霊を出してくるようなものです。

人間側が意思をしっかりしていかなければ、霊に翻弄され気づかないこともあります。

しっかりしていても、霊の影響を受けることもありますが、

意思のしっかりしている人は、すべてを霊にふりまわされることはありません。

松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-02-01 11:15 | 霊的な出来事

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。