今年を振り返って



今年は、さまざまな事件も起こりました。人を傷つけた犯人が訳がわからない理屈で事件を起こした理由を、正当化していたりするなど理不尽な出来事もありました。

霊的な事から見れば、心と精神が霊の影響を受けてしまっていますが、多かれ少なかれこれは誰にでも起こりうる現象なのです。なぜかと言えば、人は心に善と悪の両面をもっている。

悪いほうに気持ちが傾きすぎると、自らの感情が悪い考えの中に入り込み、見さかいがつかなくなり、自分の言動がおかしいとは思わなくなって社会が悪いとか、誰かが悪いと考えてしまいます。こうなると悪い霊にとらわれてしまいます。

最近は精神的な不安でのご相談でこられる方も多く社会に不安を感じているのだと思いますが、スピリチュアルな世界へ気持ちを向けて、自分にうちかっていけることを大事にアドバイスし浄霊していくように来年もがんばります。

どうぞよいお年をお迎えくだい。


b0110639_9311613.jpg


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-12-30 09:34 | 霊的な出来事

不安神経か霊か

不安神経症で病院に通っていますというかたもご相談にこられますが、先に霊的な影響があるなどとは考えずに、心療内科もしくは精神科医のところに相談する人が大半です。

本人でしかわからない、なんとも表現しにくいと思いますが、霊からの影響が強いケースがあります。


・思うことが出来ない
・気持ちが重い
・幻聴もしくは、気持ちの中にいろいろな言葉が出てくる
・人から(だれかから)視られているような気がする・・・・など

b0110639_1122825.jpg

このように一般的には理解しがたい現象を起こしますので、薬を飲みすぎても結果的には物事を考える力が薄らいで、思考能力がそがれますから動きが鈍くなってしまい、「これで仕方がないんだ」と本人も周りもそう思ってしまう。

けれども本人はいつも霊に憑依されっぱなしな状態が続いていることもかなりあります。

昔はきつねが憑いたとか、蛇が憑依したとか言われて、祈祷師に頼んで憑依するものをお祓いしてもらうなども多くありましたが、今では霊能者の役割ともなってきました。



松林 秀豪HPへ スピリチュアルアドバイザー

[PR]
by shugou110 | 2009-12-24 11:00 | 霊的な精神世界


女性の方には大変失礼なことを言ってしまうかもしれませんが、
感情的でヒステリックという言葉をよく女性に向けて取り上げていることがあります。

男性でもヒステリーであり感情的な面は多いのですが、
男性はその場の雰囲気や立場を考えて感情を抑えようとするだけで、
しかしそれを根に持つ場合が多いのではないでしょうか。

私の所に相談にこられる男性も、
感情を抑えすぎて自分を責めてしまい、
心が苦しいと訴える男性がいます。

いつまでも悔しさが忘れられないとか、
そういう悔しさを逆に家族にぶつけてしまうこともあり、
DV(ドメスティックバイオレンス)を招くこともあります。

どちらかというと女性のように始めの表現がはっきりしていないことが多いようです。

男性でも女性でも人の意識が半分以上も霊的なものに影響を受けてしまうと、
心の中でコントロールできない自分がでてしまいます。人は霊界とつねに同居しているのです。

b0110639_11594198.jpg


松林 秀豪ホームページへ

[PR]
by shugou110 | 2009-12-21 09:53 | 心の世界

今自殺者が急増しすでに3万人以上もいるそうです。

昔は自殺する人はほとんど生活苦で自殺する人が多くいたのですが、
今は生活困窮者だけではなく、心が病んでの自殺も急増しています。

心の自由を奪われているように心が落ち込む事が多くなってくると、
落ち込んでる霊と一緒になりやすい。
霊と重なってしまうとよけいに精神不安定になり、自分がなにをしているのか、
訳がわからなくなりって自殺してしまうこともあるのです。


数年前のことですが、20代後半の主婦の方がご主人と私のところに来て、
まずご主人が「家内がここ3ヶ月くらい、あまり寝ないし食べない、
クスリを飲んでも眠れないようで、そのうち死にたいと死にたいと・・・・
何度も私に言うようになり、困ってしまい相談にきました」。

奥さんをすぐ霊査すると、数体のやせ細った幽霊が視えてきました。

それに奥さんが覆われたような状態です。


原因はどこから来た霊かというよりも、
奥さん自身が霊をみることがしばしばあったが、
ご主人に話しても信じてくれない。そのうちに落ち込んでしまい余計に、
マイナスな霊を引き寄せてしまうことにもなってしまったのです。

霊を浄霊していくことで奥さんの表情も明るく、
死にたいという気持ちも消えていきました。
霊によって人生を破壊されてしまうことがないように。
私は人の魂を守る役割です


松林 秀豪HPへ

b0110639_10423635.jpg

[PR]
by shugou110 | 2009-12-19 10:44 | 魔や低級霊

苦しそうな霊

以前父親が、相談にこられたケースでは、十代の息子さんが悪い仲間とつきあい、薬物も手をだしたとのこと。
今後の方向を相談されたことがありました。

息子さん本人とお会いしましたが、これからの方向も親まかせでどうしてもやるきがみられない。父親がどこか遠くへ行った方が良いかと訪ねられましたが、

守護霊に訪ねると「何処に行にいっても息子さんは変わらないが、親が霊的な影響を受けている。先祖の祀りを整えて、息子とゆっくり話し合っていくことで変わっていくことが出来る」といった内容が返ってきました。
b0110639_11434287.jpg

が、それでも親は家族全員で地方に引っ越しをしていったのです。

息子さんは、はじめの一年はとても落ち着いていたらしいが、また一人で東京にでてしまい、昔の仲間と薬物をはじめて、薬の影響か突然死したらしい。

その後に親が私のところにきてこの話をして、

「息子は結局変わらないで逝ってしまいました。どこにっても変わらないから、息子とゆっくり話しなさいと言われたことを、実行しきれないで悔やんでいます・・・彼(息子)の人生とあきらめていますが、毎晩夢に出てきて、苦しそうにしている息子の魂を成仏させてください」という話でした。

霊査してわかるのは息子さんのほうが、自分ではコントロールできなかったことを親に謝りたくて夢の中に出てきていのです。霊に説得して親にも伝えて、それ以来おさまってきたこともありました。



松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-12-18 09:45 | 霊的な出来事

開運と称した霊感商法

よく開運するには、「このグッズを買わないと、開運しない、不幸になる」などあらゆる不安をうながすような霊感商法が、今でも行われています。

人の不幸や悩み事ににつけこんで詐欺まがいの行為で、ご仏像を何百万などというほうがいな値段で、売ろうとする問題をおこしていることもあり、霊能者と称する人間もかかわっていることもあるのです。

このようなグッズを買わされそうになったら、ますは誰かに相談して、冷静に考えてください。

昔私の所にもグッズの業者が数名きて「グッズを売りませんか?」と、

来ましたが、このような商法に手をかすつもりはありませんので、断りました。


松林 秀豪HPへ

b0110639_14504152.jpg

[PR]
by shugou110 | 2009-12-12 08:46 | ダマされるな

姉がみた幽霊

私が子供の頃の話ですが、私は5人姉弟で、私が長男ですから男は私だけです。姉妹からはかわいがられたり買い物に行かされたりしました。

私の姉たちは歌手のバックコーラスで全国を回り、いろんな旅館に泊まる機会も多く、そこで姉が体験したことを話していたことを思い出します。


とある地方の旅館で泊まっていたときに、お風呂帰りに部屋が似ている為に、よその部屋を間違えて開けてしまったところ、そこに髪の長い30代と思われる女性が座っていたので「部屋を間違えました。すみません!、失礼いたしました」と

言ってふすまを閉めたのです。


あとから、暗い部屋にポツンと1人で居るのはおかしいなと思いながら、自分の部屋に戻ったのですが、あくる日に旅館のおかみに、昨日は部屋を間違えて女性に失礼したことを言うと、おかみさんが「またでましたか・・・・・」とため息をついたのです。
b0110639_11183430.jpg

ため息の理由はその部屋は自殺者がでたので、それいらい客室では使用していないとのこと、何故かというと時々霊を客が見たといってくるそうで部屋を使えないのだそうでした。


姉も見たのも幽霊だったことを後から知って、しばらくは非常に暗いところを怖がっていました。

松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-12-10 11:21

霊の姿が見える人の悩み

霊がみえる人は、どこに行っても見える、どこでも誰か(霊)はいるものだと受け入れている人も多いとおもいます。
私の叔母もよく霊を見る人で、十数年前になりますが、その叔母が旅行で古い由緒ある旅館に泊まったときに、私に電話がかかってきて


「いま、私の目の前に武士がいるのよ!(もちろん霊です)その武士の霊がね、自分の生首を手にかかえて、立っているのよ!それに私にどこに行けばいいんだ!と話しかけてくるの」

叔母は震えながら私に電話してきて、パニック状態でどうしたらいいのか、どうにかしてほしいとのこと。私はとりあえず落ち着いて霊と交信してみると、わかる内容はこの武士が打ち首になったこと、この場所で死んだことをつたえてきました。成仏するように私が遠隔で祈る事で、この武士は消えたそうです。

b0110639_15212424.jpg

霊を視なれているはずの叔母でもさすがに首のない霊と、その首を自分で抱えているような霊が目の前に出てはとても怖かったと言っていました。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-12-09 09:21 | 霊的な出来事

お金にまつわる霊的問題


若い頃に、私も悩み事が尽きず、苦しいことが続いたりすると、この肉体から離れたらどんなに楽だろうかと、ときどき考えてしまうこともありました。

それでも体があるからこそ本当に美味しいものを食べられたときに、なんともいえない感動も味わえます。旅行も出来るし、何よりも悩み事の問題が解決されていくと気持ちが楽になり、そしてまた次の感動を得ようと努力する。

人は自由な反面苦しみもあります。それは生きていく為に欲ももっていなければなりません。

ある程度の苦しみを超えたときに、人間的にも霊的にも助けの力が働いてきます。

私は考え方や受け止め方が変わっていくことで、捉え方も変わっていくと思います。

「またか、誰のせいだ!」と考えるより、「どう乗り切ろうか?以前も似たようなことがあったな」と気がつくことで対応もしやすくなります。

b0110639_1061563.jpg

それでも苦しみの程度にもよりますが、あまりにも同じことが続いてしまう場合には、霊的な影響が強いこともあります。

守護してくれている霊の存在が解決を早くさせてくれることもあります。ある男性はいつも同じ金銭的な問題ばかりで悩まされる。

親の借金が片付くと、自分が借金、それが片付くと兄弟の借金、友人の・・・といつもお金がまとわりつく。霊的に視ると「ぎすぎす痩せた、お金に恨みを持っている、人にだまされて死んだ霊」がついているのが出てきたこともあります。霊的影響が現実を苦しませていることもあります。



松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-12-08 10:06 | 生き方について


従業員を80名くらい雇って、会社経営をされている方が相談に来られたのですが、霊能者や祈祷師をめぐり、いろいろなお札等が山ほどあるという話でした。

いろいろな能力者に相談に行ってきたが、結果はたいして変わりないとのことでした。

祈祷師や能力者が力不足なのではなく、私が守護霊に聞いてみると「能力者が伝える霊界のことを、何も聞かない、そこに問題がある、自分の身勝手な部分だけ理解して同調してくれるときだけは信じているが、同調してくれないと、信じない」と交信してきます。

これではせっかく守護霊が守ろうと能力者を通じて、アドバイスをしてくれていても役にたたないことになります。相談者にとっては都合の悪い事も伝えなければいけないときもあります。

ときとして嫌われても相談者に気づいてもらわなければならないこともあります。もちろん信じて受け入れるかどうかは、ご本人次第ですが、お伝えして守っていくことが守護霊と私の役目でもあります。

b0110639_12105841.jpg



松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-12-07 09:11 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。