家のゴタゴタもめごと


非常に家のことにこだわる方がいます。
こだわる内容は兄弟や親戚でも家の中に通す人と家の中には入らせないなど、
極端なほどに差別視したようなことをする家もあるのです。

旧家や戦ってきた武士の家柄の子孫である場合に、
このようなことで悩まされている方もいます。

兄弟や親戚縁者であっても、心を許すことが出来ないし、
むしろ疑いを持った目でみていることもあるのです。

疑いを持つ目というのは一部の人しか心許さない、
兄弟親戚でも信用しようとしない霊たちの執念です。

これは話をして解決しようとしても余計にこじれてしまうことが多いのですが、
家の中に因縁的な霊がいることが多いからです。

家(土地)そのものにある場合と、
いくら土地を離れても因縁的に付き纏われるように同じような諍いや
家のゴタゴタの巻き込まれてしまうことさえもあります。

霊的なことが原因であれは、取り除いていくことで
動きも人の気持ちも穏やかにかわってきます。良い方向に動きが出るように。




松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-10-31 11:30

霊魂を追い回す

霊魂を追いかけると聞くとどういうことかと思われるかも知れません。

これは人間に対して、
何かを訴えていた場合に霊に対しては説得し、
浄霊することで解決するのですが、中には現世に未練が深く、
浄霊しても人間に次々と憑依していく現象を起こしている霊もいます。

このような霊に対しては、憑依された人それぞれを、
浄霊していくしかありませんが、
このような霊の大半は地縛霊で、
狭い範囲内で憑依します。

b0110639_16375285.jpg

私が体験してきた中には、たくさんの事例も多くあります。
地縛霊はたとえば半径2キロ以内に人に影響を及ぼしてきます。
とりわけ霊感が強い人に霊的な現象が出ます。

以前にある地域の町で、次々と相談者が来られて、
同じような現象で問題が起こり相談者に憑く霊を、
次々に霊を追い回すがごとく浄霊していったことがありました。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-10-28 16:39 | 霊的な精神世界


相談にこられた方で、「自分は何をしても、嫌われている。
なぜなら仕事場でも自分が休憩室に入ると同僚が出て行ってしまう。

話かけてもほとんど相手にしてくれない。
家に居ても家族に愛されていないのを感じる。
他の兄弟は両親からも大切にされているのに自分だけなんででしょうか?」

という女性がこられたときに、まずこの女性には笑顔が無い、
雰囲気が暗いし、
神経質になりすぎてしまい気持ちが萎縮してしまっているのです。
b0110639_1664647.jpg

ひと目会った瞬間にこ
の女性についている霊の影響だというのがわかりました。

数年前にお付き合いしていた相手と
別れてから非常に落ち込んでしまったらしい。

落ち込めば落ち込むほど考え方が暗くなってしまった。
その間にだんだんマイナス霊(低級霊)にとり憑かれてしまったのです。

いろいろと前向きになれるように話をして、霊の影響が大きかったこと、
これを繰り返さないために考え方を変えていけるように祈り浄霊をしていくと、
この女性の顔に赤みがさして表情も明るくなってきたのです。




松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-10-25 16:08 | 体験談

霊能者が信じられない

霊的な世界のことですから能力者を疑いながら相談にこられる人もいます。
確かに霊能力者にはうさんくさい能力者がたくさんいます。

だから相談に来た人でも本物かどうかわからないので、
当て物的なことをしてもらうと信じるといわれます。

私も最初の頃はあらゆることを言い当てて相談者が殺到したり、
マスコミにも多数出ていましたが、当て物ばかりを目当てにくる人が多くなり、
本来の霊感というものが、人の欲の為に使われていることに疑問を感じて

b0110639_123575.jpg

あえて当て物は封印し今では一切当て物はしません。
本当の能力は、霊の世界と冷静に向き合って行けることであり、
低級霊が当てて人を喜ばす、あるいはまた怖がらせることではない。


当て物をすると最初は皆さんがそういった能力に
自身が驚かれるのでしょうし確かにすごい能力と感じられるでしょう。

しかしこの場合は当てる事に興味があり、
霊能力者でも動物霊等の低い霊に、操られてしまう事になり、
人間性にも問題が生じます、霊能力者は常に顕著であまり、
欲深くならないように、修行していかなければなりません。

ホームページやブログに、自慢話や大げさな表現をしている能力者に注意してください。


松林秀豪HP へ
[PR]
by shugou110 | 2009-10-24 22:51 | 体験談

苦しいときの神頼み

苦しいから神にすがるのはいい、
b0110639_1120267.jpg
けれどすがって祈って願って、

それだけで済ませてしまいお礼参りにもいかない。


それではいずれ人間関係においてもうまくいかなくなる。

一度神頼みしたなら、必ずお礼のお参りをすべきです。

もし願った神社が遠いなら近くの神社でもいい。

人に置きおきかえて考えても、

お願いしますといって勝手に人に頼んだことにお礼をいうのと同じことです。


松林秀豪HP

[PR]
by shugou110 | 2009-10-22 11:20

何をしたらいいのかわからない、
どうして生きれば良いのかわからない。

人に聞けばすべてになるほどそうだとも思う。

自分の判断が出来ない。言われるがままになってしまう。
「だから自分はどう生きれば良いんですか?」

と訪ねられることもあるのですが、
判断力を失っているのと霊的なものが邪魔をしている両方が影響をしています。

なぜならどんなに甘やかされて育った人でも、
自分はこうしたいという気持ちがあるのですから、b0110639_10582243.jpg

どうしたらいいのかと立ちすくんでいるのは、完全に自分を見失っているのです。

やりたいことがあるけど、
どうしても思うようにならないというのも問題ですが、

どうして良いのかわからないのは、
霊的にも影響されている自分を考えていかなければならない。


[PR]
by shugou110 | 2009-10-17 10:57 | 生き方について


21歳の男性
「自分は毎日何回も耳元で、誰かに言われている、
お前は悪いやつだ!誰もお前のことを好きじゃない!
お前は憎まれているんだ!という声がします。

病院にいくと幻覚といわれてクスリをのんでいるが、
それでも聴こえるんです。最近は霊の姿がみえることもあります」


b0110639_10293776.jpg

松林
霊の世界から話しかけられているようなものですが、
高級霊はほとんど話しかけてくることはありません。

あなたが聴こえてくるのは低級霊の世界で、
あなたのように優しくて言うことを聞いてくれそうな人に
憑いてこようとしているのです。
それから引き離れていくことをしなくては魅入られてしまう。
守りを強くして考え方も前向きにしていくために浄霊していくべきです。


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-10-13 10:30 | 魔や低級霊

霊的な現象はすぐ取れますか?という質問をよく受けますが、
霊障とはいえ様ざまあります。
お医者さんのように悪い部分が明らかな場合や、
検査で疑いがある部分を治療していく場合と違い、
霊的な影響は目に見えない精神面でのトラブルを起こすことが考えられます。


長年の経験からしても、
人間の精神状態と霊障は切り離せない関係にあると思います。
それは霊と同じ位置に人間が無意識のうちに入り込んでしまうからなのです。

b0110639_9263738.jpg

無意識ですから人間が出来るだけコントロールしなければなりません。
逆に人間が霊のことを理解していくほうが、
霊も(低級霊)むしろ導いてくれる「救われる」のかもしれないと思いはじめるのです。

また少なくとも霊が人に対して敵対意識はなくなる。
私の経験からしても敵とみなして最初から霊視すれば、
低級霊も戦いを挑んできます。

まずは正確に霊がどのような位置、
あるいはどのような状況が原因で人間に憑依しているのか。
あとは解決方法をさぐる必要があります。

一度で無くなる事もありますが、
このようなケースは急に取り憑かれた場合が多い。
これは人間の出す波長がたまたまあった(低級霊)ときには起こりえるのです。

この場合は一度でとれます。
普通は浄霊だけではなく短い時間のなかで霊界のこと、憑
きものをとるために人の心も変化させていく必要があります

松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-10-11 09:28 | 心の世界

悲しい霊


悲しいことがあるとそれがきっかけになり、
妙に落ち込んだ世界に入ることがあります。

ある女性B子さんは交際していた男性との別れから
自分が誰とも合わない性格ではないかと思い始めたのです。


交際していた男性との別れはお互い納得してのことだったはずにもかかわらず
誰とも付き合えない
「誰もかれも自分のことを嫌っている、みんなが私を見て笑っている!」という
感覚が強くなり心配した母親が相談にこられたのですが、

これは霊的なことを視ていくと、
B子さんに憑き自分の悲しみさみしさを訴えている女性の霊がでてきました。


長い髪悲しげな顔、青ざめた表情(霊ですが)がはっきりわかりました。
この霊はB子さんが交際をしていた男性と別れて精神的にマイナス思考に
なっているときに、B子さん以上に憑いていた霊が出てきたのです。

もともとB子さんの近くにいたのですが、
霊もまた自分の存在自分の気持ちをわかってもらう時期を待っていたのです。

理由がわかりましたからその後浄霊してB子さんの明るさも戻り、
霊も霊界に送ることができました。




松林秀豪

[PR]
by shugou110 | 2009-10-08 11:06 | 霊的な出来事

霊の世界もさまざま

霊の世界は人間的に考えれば定かではないし
次元の違いもあるからですが、
人類があと少し進化すれば見聞きすることは可能になってくるのです。

いまはまだできませんが少しでも霊感のある人に聞くしかありません。
霊界にいる霊はもとは人間です。

低級霊から地獄の霊、そして守護霊たちのいる世界とも霊能者は交信しています。
能力者でも低級霊に操られてしまうレベルの人もいます。

霊はそれぞれの世界があり、
人間のようにあらゆる性格の違う人がいる世界ではありません.
b0110639_1412680.jpg

たとえば悲しい思いをしている霊は、
悲しい思いの心ばかりがあつまり世界をつくります。
ですから人を恨みをもつものは、
恨みがきえない人だけがあつまることになるし、
霊も人も同じレベルが集まってしまうのです。

逆に守護霊は人間が生きていく為の守りをしていきますから、
人間を守護する為の高い霊があつまります。

霊も目には見えない心で生きていますから、
次元の違う空間に存在しますが、
空間にも違いが有りそれぞれの世界をつくりだしています。

それぞれが、別々のところに存在しますので、
相談する際に能力者はそれぞれの世界に行き来しなければなりません



松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-10-06 14:12 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。