以前このような方がいました。
ある会社を経営して8年くらいで会社が軌道に乗って社員も増えた。

この男性Bさんが会社を始める頃から相談にきていたのですが、
はじめはとても自信のなさそうなところもあったが、
守りもあるから自信を持って会社を運営していくようにアドバイスしていました。

会社が軌道に乗ると自信もでてきたまでは良かったのですが、
ある日相談にきたときに、埼玉の市街で行っている事業をもっと広げたいし、
東京に進出したいと話が出たので、
私は「それはやめた方がいいし、守護霊にも交信してみても、
やめておくようにと言っていますよ」 と、話したら「なぜですか?
」と聞くので、欲を出しすぎると失敗します。

それにいまのBさんは我が強くワンマンになりすぎていると伝えて、
相談は終わったのです。
2年くらいBさんは私のところに来なくなっていたところ、
Bさんを紹介してくれた人と久しぶりに会ったときに、
Bさんの経営していた会社が負債を出して、倒産してしまった、と聞かされた。
b0110639_1337587.jpg

詳しく話を聞いていると、やはり無理に東京へ進出してしまったらしい。
強引に勢いだけですすめてしまったのでしょうが、
事業を急ぎすぎたことと、もっと利益を上げたい、
もっと都心で成功したいといろいろな欲を出しいすぎたのです。

自分の器に見合った采配をふるっていくのも社長としての責任ですが、
このBさんは欲にかられ我が強くワンマン経営で、
私や守護霊の意見を聞きにきたものの言うことをきかなかった。

そうなると金の亡者のような霊魂にとりつかれて、
社員たちのことも考えずに一人で暴走してしまった。
実はそのBさんが最後に私に相談にきて帰るとき、
帰り際に背中をみたときに、表現しずらいけれど「一瞬、
狼男の化け物のすがた」を視たのをはっきり覚えています。

目がギラギして血走っているような憑きものでした。
完全にBさんの持っている欲に狙いを定めてきたような化け物です。
だから欲と憑きものの二人三脚で失脚してしまったのです。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-09-27 13:37 | 魔や低級霊

お墓参りにいったら急に肩が重たくなってしまった人
家に帰ってからもなんだか、気持ちも体も重たく感じられて、
数日過ぎても楽にはならないで、

よけいにつらくなってきたので浄霊してとってください! 
といった相談もずいぶん受けてきました。
本当に霊的な影響を受けてしまうと、ひどい人は歩くことさえ出来ないくらいになる人もいます。
家族に背負われてきた人もいました。

霊感の強い人は霊の受け方もかなりきついこともあるのです。
人によって霊の感じ方は違いますし、まったく感じない人もいます。

先ほどのお墓参りに言ってから体が重たくなってしまった女性は、
お墓参りに出かけるその日の朝から、気分が重くて出かけたくなかったが
お寺に入ろうとしたときに足がものすごく重たくなってきて、
家に戻ってからは這うようにしてしか動けなかったそうです。


もともと霊感が強い女性ですが家族にかかえられるようにして相談にこられましたが、
「どうして先祖のお参りにいつものお寺に出かけただけなのに
体が動かなくなるのでしょうか?」

b0110639_2315282.jpg

霊的なことはお寺に集まるマイナス霊と波長があってしまったが、
その前に非常に心身が疲れていなかったとたずねると、
「仕事で忙しくずっと睡眠不足でした」とのこと。

この女性は疲れと霊感体質とで現象を引き起こしたのです。
浄霊後は一人で立ち上がってすぐに歩けた(笑)ケースです。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-09-21 23:15

電車をながめて


たまには霊とは関係のない事で書いてみます。
千葉県の「五井駅(ごい)」と言う所に、
小湊鉄道というローカル線の始発の駅があり、とてものどかな田園地帯を走ります。

単線で途中には養老渓谷があり、
しかも車両はディーゼルカーで1両か2両で運行してます。
私は鉄道マニアではないですがなんとも風情のある電車ではないかと思います。

この電車をながめていると、
思い出されてきたことは私の父親が亡くなってしばらくした頃に、
夢の中で、電車に乗って私の方に向かって手を振っていたのです。
そのまま電車が銀河鉄道777のように発車していくのでした・・・・・・・・
そんな20年以上前のことも思い出される空間でした。
b0110639_9432393.jpg

また私が昔まだ20代の頃、
千葉の成田線で行ったところの都賀に仕事の関係で2年ほど住んでいましたが、
その頃は成田の国際空港もない頃でしたから、
ローカル線のようなもので、
電車とはいえ当時は機関車で客車を引っ張るというものでした。

今ではこのような車両は博物館か蒸気機関車が引いている所でしかみられませんが、
今でも私にとっては懐かしい思い出です。
都賀の駅も変わってしまい今はモノレールの駅まで出来ています。

昔住んでいたところも地形が変わってしまいました。
環境の変化があまりにもスピードが早すぎて、
何とか時代に追いついていくのに頑張っています。

人間は変化のスピードに合わせて
自然に進化させなければならないと思います。
ローカル電車を眺めているのもまた楽し。




松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-09-16 09:43 | 生き方について

高いご神体


霊能力者を語って信じがたいような犯罪がありました。

脱税ですが、
マスコミが報道して公になった内容は自称宗教家かつ
霊能者でお寺のような称号を使い、教祖の能力を受け継げると称し、


自らのDNA情報をチップに入れてそれを
ガラス製のご神体といわれる物の中に入れて
一つが何百万という値段で販売していたそうです。
b0110639_1082082.jpg

それを持っていると霊能力が出るというふれこみらしいが、
それを信じさせられて買わされてしまう人が気の毒だ。


霊能者からしてみればありえないし、
このようなことで能力が出ると、短絡的になれると思う人がいた。そ

れだけで私は情けなく思ってしまうけれど
それだけ悩みが深い人に押し付けて買わせたようなものです。

このような人間的に問題がある自称能力者が堂々と能力者を名乗るから、
社会的に信用をなくしているのではないか、
今回に似た手口で嘘やパクリが横行していて、

なにが真実かを見極める力のない人を利用して、
お金儲けに走る。このような低い能力者には気をつけてください。


松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-09-12 10:11 | ダマされるな

守護霊と協力する

守護霊と協力するということは、
人があるていど妥協が必要になります。なぜならば、
人間は生きていますから、肉体という器の中でしか動けませんから、
霊から影響されても器に縛られている人間は、
影響を防ぐには悪霊とは違う守護霊の力を借りる必要があります。

しかも人間は人間としての人生修行をしなければなりませんから、
それに添った生き方しかできません。
b0110639_1393084.jpg

このことをふまえていなければなりませんが、
守護霊の力をだしてもらうには、まず人間が気楽に、
そしてかつ冷静に物事を判断しすみやかに行動することが必要です。

わずかでも思うとおりに事が運んだり、
感動したら素直に喜びを感じることを積み重ねていくことです。

私が霊査していくにはまず相談者の守護霊と交信していきますが
これは守護霊の目線から判断をしていくためです。

これは守護世界の上目線で判断しないと
相談者に憑依している
低級霊に振り回されてしまうことがないようにするため
でもありますし経験上いえることです。


松林秀豪HP
[PR]
by shugou110 | 2009-09-09 13:10 | 霊的な出来事

麻薬と霊は関係ないように思いますが、実は関係が深いのです。

霊も人間の精神状態にかかわりあいが深くあるので、
覚せい剤など麻薬は皆様も報道などでご存知のように
精神状態がまともではなく、
人としての理性どころか訳のわからない行動を起こしたり
犯罪をおこし殺人事件にまでいたることもあります。

非常に怖いものですし、肉体そのものの機能が衰えてくる。
今回は精神状態と霊の関係ですが、
薬物により精神的に理性がなくなると肉体という器だけになりますから、
霊的に操られても気がつかないことが多く、正気になったら逃げたくなる。

霊はクスリは関係ないですから、
操りやすくなるために人間では理解できにくい言動になり、
これが霊的な動きです。薬物を使う人は麻薬だけではなく、
安定剤のように表面意識を低下させるようなクスリは
現象がとひどくなる場合もあります。

この場合は最初に霊的なことを疑うことが大事です。b0110639_9492335.jpg

もし精神状態だけがおかしいと思い込んで、
安定剤を飲んでいても治る兆しがない場合は、
霊的かもしれないと思ったほうがよいと思います。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-09-06 09:50 | 魔や低級霊

悪霊と妖怪の違い

よく言われる、悪霊と妖怪の違いというのは、
さほどないように思われがちですが、実はあるのです。


悪霊は悪霊の世界があり人間に近い感覚をもっています。
b0110639_152754.jpg

しかし妖怪といわれるものは、
元々が人間の世界には存在しないものですから、
むしろ人間が想像で創りあげた世界でいわゆる想念の世界です。

自然の中に人間の力がおよばない脅威が「妖怪」という形で昔の人々が恐れ、
若い娘を人柱にしてきたりと、不幸な出来事がありました。

現代では人柱はありませんが、
30年近く霊能者をしていて数件の事例で妖怪のことを扱ったことがあります。

亡くなった霊が引き起こす現象ですと、
人間だったものは低級霊から悪霊になりやすいのですが、
このような霊は説得がきくことも多いですが、「妖怪」は宇宙人のようなもので、
人間的な思考がありません。


このような場合は祈り込むか、あるいは戦うしかありません。

妖怪は多くの場合に地縛霊とはことなりますが、土地に憑くものです。


悪霊と妖怪の違いを正確に見抜かないと難しい相談もあります。


松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-09-01 15:27 | 魔や低級霊

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。