あきらめるな


最近の相談者の中には、何を信じたらいいのかわからなくなり、
すべてをあきらめてしまい、「もう耐えられない」と訴えてくることもあります。

しかし耐えられないと、自分で思い込んでいる場合が、大半ではないだろうか、
仮に、自殺する人は霊的にも精神的にもおかしくなっている事が多いのです。
b0110639_1442632.jpg
普通の精神状態なら、痛いとか苦しいのではないか、あとはどうなるかまで、
いろいろ考えてしまい、だからいやでも自殺しないで耐えるしかないと思う。

幸いなことに人間は記憶をコントロールすることは、
ある程度できるので、いやな事も痛かったことも完治すれば普段はあえて忘れているようなものです。

人間は人生の出来事を学びとして残し、防衛する本能を身につけ、
同時に魂も磨く。放り投げることをしなければ、
必ず助けてくれる人も出てきますから、耐えられない苦痛はないのです。


必ず人間の世界では時間がながれ、
時が人間の心を和らげていきます。

耐えてこそ守護霊は守るのですから、
人間的に逃げてしまえば守護霊も守れません。


そして生き抜くという気持ちをなくさないことです。

松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-07-29 14:42 | 生き方について

詐欺にはまる人

この情報化された社会でも未だに詐欺行為はなくなることがない。
凝りもせず新たな手口を使って人をだましていますが、
だまされる人もお金に対して魔法の道具のようい思いすぎです。

お金は人の心を狂わせるものでもあり、
しかし幸せをもたらす手段でもあります。
b0110639_928312.jpg

生きていく為にもある程度は必要ですが、
欲を必要以上に持ったり分相応のレベルと違いすぎると狂うだけではなく、
動物霊に憑依されてしまい欲がまた欲を呼びこんで、
最後には狂うかまわりの人間をまるで敵のように思い込んでしまう。

また欲が強いと今回のようにねずみ講と知りつつも自分は儲かることに専念して、
気がつけば友人も家族もねずみ講式に巻き込み、
あげくには自分も大損していることに気がつかない。

詐欺をした犯人もお金が身につかないで使い込んでしまう。
結局逮捕されるころには夢がおわる。そしてまた同じ様な手口で犯罪をくりかえす。

だまされる被害者は何度もそういう目に会っている人も多いものです。
これはもう欲にあやつられているし、
欲をもつ心が欲をもつ霊から離れられない気持ちとつながり、
欲深い感情が悪霊と損をすることを繰り返すのでです。

ギャンブルのようなものとなんら変わらないのです。
人間は分相応の欲でいきるのが大事ではないでしょうか。



松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-07-27 09:28 | 生き方について

霊を連れてくる

相談者にこられた方が、不安定な体調でまるで熱があるような歩き方でやっとのことでこられた。

「田舎の実家で過疎化した、荒れ放題の墓に行って、戻ってきてからずっとふらふらした状態です」
と話し、
私が霊査で視ると先祖の墓のある場所は荒れ放題で他にもたくさんの墓があったところのようでした。

そこから霊を迎えてきた(連れてきた)ようで、
おじいさんおばあさんや子供の姿など気持ちの定まっていない霊などがいるのです。

霊的に視ていても頭の中がフラフラしてくる。
これだけ背負っていたら、普通の人はおかしくなります。
b0110639_925282.jpg
浄霊して、しばらくして大分楽になったようでした。
まともに歩けるようになり、本人も喜んでいた。

霊能者はこのように相手の状態を受けることもあります。
そうとう霊的にも精神的にも強くなければ、霊的なものに影響されて、
飲み込まれてしまうこともあり、危険をはらんで
いる仕事でもあります。

ですから、霊能者でも自分がとり憑かれて気がおかしくなってしまった人が、かなり多く居るんです。

簡単に霊が見えるから、霊能者だなどとはいえないくらい怖い世界でもあります。
油断すると霊に動かされてしまいます。


楽しい霊の話というのはなかなかありませんが、
けれども霊が大丈夫だと約束したことは確実に信じられるし、約束されるのです。



松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-07-25 09:03 | 霊的な出来事

霊体験の話し

私の体験で、ある日の夜に自分の部屋のドアを開けて入ろうとしたときに、
目の前におばあさんの霊が座っていたことがありました。

もちろん知らない人で、霊なのです。


部屋に入ろうとしたらいきなり人が座っているのですから、私も驚いた!

心の中でどうして此処にいるんだと、問いかけると、

そのおばあさんは「助けて欲しい、わからないで長いことこの世界にいたような気がする、
ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というようなことが私に伝わってきます。

しばらく霊査してその霊の亡くなった状態を視ていると、
年老いて家族に追い詰められていじめられたような感情が伝わってきた。

けれども、同時にこの霊が若いときにおそらく
家族とのもめ事や姑さんをいじめていたような情景も視えてくるのです。b0110639_1041465.jpg

因縁が深い家なのでしょうが、自分がしたことが自分に返ってきたようなものです。
それで死んでも、霊界に戻れずに人間界に彷徨っていたのでしょう。

だから「ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、
ここに来た」というように、誰かというのは、
おそらくこのおばあさんの先祖や守護たちの力があったとおもいます。

その力で私のいるここまで連れてきたのでしょう。


松林秀豪HP
[PR]
by shugou110 | 2009-07-22 10:04 | 体験談

誰でも自分がどうしていいかわからないと考えてしまうことがあると思います。

人間は他の動物とは違い、記憶を残し、
記憶をもとに考えて行動することが多い。

それと同時に未来を勝手に想像してしまう。
結果身動きがとれないであきらめてしまう。
b0110639_10552712.jpg
このように投げやりになって相談しにくる方もなかにはおられますが、
いつもお伝えする事は、考えすぎる前に行動することが大切です。

このようにお話ししているのは、
低級霊は特に無意識に過去を思いだして、
いろんな考えが浮かんでまえに進むことができない。

これは過去に気持ちがとらわれすぎている場合が低級霊の影響です。
どうしていいかわからないという気持ちが低級霊と波長があってしまうことになり、
人間は記憶を残しますから悩みが続いてしまいます。

そうなると心も体も動きが鈍くなってしまう。
本来、人間は前向きに進むことしかできないし、
時間も前向きにしか進みません。

私は日頃から過去と今の自分に違いを考えます。
そうすることにより将来に向かいどの様な行動を起こすかをだけを心において、
この瞬間がもうすでに過去になりその積み重ねが未来につながっているのです。

そして守護霊は先を見越しているから、守護霊の気持ちを理解するよう努力していきます。



松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-07-20 10:55 | 心の世界

生き方の方向

霊能者ですから、霊的な相談は受けています。

直接霊にかかわらないことにもご相談を受けています。

先行きのことなども霊視しながらお答えします。

不安が強い人には、何度もご説明もします。

しかし、自力があるのにも関わらず、何度も私に聞いて

すぐに答えを求めようとすることは間違っています。

右か左かをすぐに聞こうとする人もいます。

悩んでこられた方と、大して考えもせず来られた方はすぐにわかります。

簡単なことでさえ占いや、霊能者に聞こうとする人がいますが、

占いで言われたことを私にどう思うか聞かれることもある。

答えた当人ではないから、はっきり分からない。

けれど、誰に頼ってもいいですが、脅かすような事を

話す能力者には要注意。


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-07-13 15:12 | 生き方について

悲しいことですが、このごろ親が子を殺したりする事件が多く報道されています。

ご相談に来られる方の中でも、殺すまでは至らないが、
成人した我が子に手を焼いている親御さんからの相談もけっこうあります。

相談者が口をそろえて必ずといっていいほど聞かれるのが、

「私の育てかたが悪いのでしょうか?」

と聞いてくることです。親の育てかたの問題はあるかもしれませんが、
親が悪ければ、子が皆悪くなるのかとは言えない。
b0110639_1440023.jpg

すべて親のせいにしたり、他人のせいにしてしまう、
ある時には霊だけのせいにしてしまい、
あくまでも自分は悪くはないと言う考え方が悪いのです。

確かに親とは世代の違いで価値観に温度差が出てしまうが、
自分の思いどおりにならないのは親や他人のせいではないし、
自分の甘えのせいだと気づかない。

霊的に見れば確かに先祖や因縁めいたことはありますが、
暴言や暴力を振るうなどは霊的に疑う必要はありますが、
親も守護霊を強めて毅然とした態度にならないと、
子のわがままを許していつまでも納まりません。

最悪の事態にならないように、
私は親の守護霊を強め因縁を解いてまずは、
親を救うことを考えています。

        松林 秀豪HP
[PR]
by shugou110 | 2009-07-10 14:41 | 生き方について

犬も猫も

気分転換と、私と 犬の 健康のために散歩をする。

しかし相変わらず、うちの犬はほっておくと、好き勝手な方向にいってしまうので、

引きづられないように要注意!

犬も猫も飼っているが、それぞれに性格が違う、マイペースに寝転んでいる猫、

ごはんを食べるときに、片時もそばを離れない猫

外で飼っている犬は、我が家の猫以外には「吼えまくっている」

私が飼っているのは、すべて捨て犬、捨て猫で、あるときに犬猫と非常に出会う縁が続いて

飼い続けることになったのですが、縁で出会うものだとつくづく思う。

また霊感は、動物の方が強いようで、変化を察知しやすいようで、

霊的に問題が大きいために、相談者の家に出張に伺う前など、落ち着きの無くなることもあります。

b0110639_21156.jpg
松林 秀豪 HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-07-02 02:01 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。