人と心と霊と

霊を扱うような仕事をなぜしているのか?と聞かれることがあります。

普通の人には目には見えない感じない世界ですが、私は視えたり感じたりすることが出来ます。

しかしそれが能力というのなら世の中には霊が視えたり感じたりする人は山ほどいるでしょうし、今後はもっと増えてくると思います。
b0110639_1134936.jpg

そして霊を間近に感じたり、声が聴こえたから恐ろしいと思う人の悩みを誰かが解いて助けなければならないと思います。

生まれもった能力は止められません。しかしその能力を人のために使おうとすることは非常に難しいことでもあります。

恐怖を乗り越えて霊のことをよく知らなければ、逆に操られてしまいますし、

それ以前に身震いのするような世界にいるものたちを感じとり受けていかなければならないことは大変です。


精神的に悪霊とは戦いますが、
多くの能力者はただ除霊することしか考えず霊の気持ちまで深く考えていないこともある。

霊は人間に憑依するのは、人間という肉体に憑依するのではなく、心に憑依してくるのです。

霊の心がわからなければ人間を救うことにはならない、


人の心も同時に救わなければ水を切るようなもので、すぐにもとに戻ってしまう。

バランスを上手く捉えていくことが大事なことです。



松林しゅうごうホームページへ


※次回セミナーのお知らせです


  初めて参加いただく方にもわかりやすくお話していきます。ご相談されることが不安な方やご自分の悩んでいることが霊的なことに当てはまるのか疑問を持たれている場合にも先にセミナーに参加されても良いと思います。
  
   2月8日(日曜日)
   「霊に振りまわされて自分を見失う人」
   池袋ルノアール西武横店
   
詳細はブログのセミナーのお知らせをご覧ください

[PR]
by shugou110 | 2009-01-29 11:32 | 生き方について

欠点


私たち日本人は非常に繊細で非常に一途な気質を持っているのではないかと感じます。
そのために過剰反応を起こしやすい人も多い、霊感が強い人も多いし、静かな感性が高いのです
b0110639_13321547.jpg
欠点をあげればおそらく人と比べやすい、人と外れていると自分の生き方が間違いすぎているのかと思いやすくなってしまい、それが原因で焦ってしまう。

焦りだすと空回りになるので 身も心も空回り状態で身動きがとりづらくなってしまう。

そういう大きな特性を逆手に取ると、少数派ではあるけれど自分のような人は結構いるのだという考え方をしていくことができる。


例えば私のこのブログをご覧になっている皆さんの中にも自分の体験を、
特に霊的な体験を周囲には理解してもらうことが難しく、
またどこに気持ちをおいていくことが自分らしさなのかを模索している方もおられるでしょう。

現在は日本では戦争はありません。

そういう平和の中でも不況の荒波が社会の流れを大きく変えて行こうとしている、

しかし社会がすべてを変えてくれるわけではない、悩みを持つ個人が1人でも多く心と魂が救われていかなければならないし

自身の存在がどこにいて、どう感じ何を思うかが非常に多くの意味を持ち逆に社会に波及していく原動力にもなっていく力を持っています。




松林 秀豪ホームページへ

[PR]
by shugou110 | 2009-01-28 13:32 | 生き方について

お墓のこと


お墓のことではいろいろな問題をご相談を受けてきましたが、お墓を新し建てた際に、

古い墓石や骨がありそれをただ新しいお墓に移し変えて、b0110639_1051175.jpg

お坊さんにお経をあげていただききちんとしたつもりであった。

そしてこのお墓を新しくした後から家の中のトラブルが重なってあまりにも「おかしい」というので相談を受けたのです。

しかし古い墓石もそのままにしたままで

私が霊査したときに新しいお墓には誰もご先祖の魂が入っていないような感じが強く、

ようするに新しく建てた墓には魂が移っていない状態でした。

御経だけでは、成仏しきれない霊もたくさん存在していますし、

ただ新しく立派にお墓を建てても意味を持たないこともある。


死の苦しみから抜け出せなかったり、怨みが残っていたり、

執着を残したままでいるような場合は霊が苦しい部分や悩みの心の感情か移ってしまい、

たいていの場合は何となく気分が悪いといった現象ですが、

ひどいときは感情をのっとられて、

うつに似た症状や気が変になる現象が起こることもあります。

お墓を作る際には能力者の霊的な意見も参考にされたほうが安心です


松林秀豪(まつばやし しゅうごう)ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2009-01-24 11:02 | 霊的な出来事

悩める人、悩める霊


人間は物質的には3次元に存在しますが、心や感情はこの空間とは別次元で存在してます。このように霊も肉体という存在がないだけですが、人間が個人の肉体が死を迎えて、次元の異なる所へいきなり放り出されたらどうなるでしょうか。

想像してみるだけでも、人間として今まで生きてきたことが意味をなさないし声を出しても通じない。

物をつかもうとしてもつかめない世界、しかし思いと願いだけが残る、すなわち執着が消えない世界に自らを置いてしまう。あくまでもこの世に気持ちが残りすぎていた場合ですが、そうすると肉体がないことよりも自身の思いを叶える為に、人間の魂あるいは、心に憑くのです。

しかしやたらと憑くわけではなく、人間が落ち込んだり、自分を自身で責めてしまう心を持つと、因縁の霊は別として、執着をもつ者と低級霊などと同じ空間に行ってしまい、さも霊が取り憑いてきたから、取ってほしいと依頼されるが、私はこのような場合は何度も同じことを繰り返すことがわかる。
b0110639_1451189.jpg


この場合は人の心が根本的に原因があるので、そのことを重点的みています。徐々に気持ちの変化と霊障をなくせるようにセミナーを開催しています。

最近は不安定な心に悩まされてきている人も多くなっています。心という物質とは異にする世界ですから、霊的なこととつなげて考えても良いのではないかとも思う、もしくは一度はそう考えて気持ちを切り替えてみることも必要ではないかと私は思う。

[PR]
by shugou110 | 2009-01-22 14:52 | 霊的な出来事

相談に来られる前の不安

ご相談に来られる方の中には、霊の世界は物質と違ってこれがいい悪いと判断できない為に
本当は違うことを言われてもそれを本当かウソか判断できないかも知れないと思ってずっと相談に来ることを悩んでいた人もいるし、

本もホームページも沢山の人が出されているし「正直いうと、どの方を信じていいか解らない。もし怖いことを言われたらどうしようか、けれども何か直感のような感じが働いてご相談に来ました」。

と言われる人もよくあります。b0110639_15344151.jpg

霊的な世界に対して確かに迷ってしまうだろうし判断基準が難しいとおもいますが「何か直感のような」というのは守護霊の後押しが大きく影響をして私のところへ導こうとしている力が働きかけているのも事実です。

悩みの解決の糸口はたくさんありますが、霊的な解決方法も加味していくことで解決が早くなることもあります。



松林 秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2009-01-14 15:34 | 霊的な出来事


長いこと霊能者をしていると、化け物と会う機会があります、妖怪と化した者がいます。信じがたいと思いますが、私は幾度となく視たり感じたりしてきました。

大半は最初から妖怪や化け物になったわけではないのですが、執着が強くて絡まってしまった世界のようなものです。

実際このようなものとの戦いは望まないが、事の成り行きによっては化け物と化した霊にとり憑かれた人間を救わなければならないのも霊能力者である。

化け物と戦うには勝たなければならない。そうしないと相打ちになるか人間的には死を意味します。

しかし幸いなことに、私には守護霊という強い味方がいます。

この強い味方についてもらうには、戦いの際に敵前逃亡だけはしないことが条件です。

私の経験からしてもあきらかですし、3日以上眠らず戦い続ける精神力がないと化け物には負ける。

そして高度な守護霊についてもらうには、人間的にもおごりたかぶりがない、人格者であり経験豊富でなければならないと思っています。
b0110639_1515930.jpg




松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2009-01-08 15:17 | 魔や低級霊

新年のご挨拶



明けましておめでとうございます。


新たな年を迎えましたが、毎日飛び込むニュースは派遣打ち切り、リストラ、倒産です。

社会は休むことなく動いていますが、このような事態になることはいっときはやむを得ない、しかしどうすれば早く立ち直れるかをそれぞれの人が考えていく必要もあると思う。
b0110639_1050462.jpg
霊能力者も暇はなく、どのような場面あるいは状況であろうとも人間的感情よりも、霊的仕組みの中で目に見えない世界に動かされている。目に目えないものと戦いまた守護霊と手を結び、霊界の仕組みを知らせて行かなければならない。

このような使命を受けている人が多くいます。しかし偽者は派手で言葉もうまいし、

ごまかしや、詐欺まがい事を平気で言うし、実際に高額商品を売りつける、

なにかと口が天才的にうまい。いまのような不安な時代には不安を売り物にして人をだます者も

増えてきます 要注意。






松林秀豪ホームページ
[PR]
by shugou110 | 2009-01-04 11:04

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。