とり憑かれる

人間はなぜ霊にとり憑かれるのか?誰しもが疑問に思うが、能力者ですら奥が深い為に理解していない、能力者が能力者を批判するわけではないが、レベルが低すぎる能力者ほど派手なパフォーマンスと欲に走りやすく、程度が低いために相談者の疑問に答えられない能力者もいます。むしろ相談者のつけてきた霊にとり憑かれる霊能者もいるんです。

ここでなぜ取り憑かれるかですが、取り憑いてくる霊は多岐にわたっています。
たとえば低級霊、悪霊、場合によっては妖怪など様々です。
このような霊は人間にあらゆる現象を起こし不幸現象もこのたぐいです。

霊に憑かれやすい原因の一つには、人間の心にもあると思います。


心と霊は一見因果関係はないように思えますが、霊という存在そのものが、感情や心と同じ次元に存在しているのです。この次元は縦ではなく横にも広がっていると解釈してください、人間的に見れば次元は縦と思いますが、実際はこの次元は空間においては、縦横は関係ないのです、ですからすべての次元が同じ空間に存在しているのです。

毎月開催しているセミナーは、霊のこと、自分の気持ちの置き方をしっかりさせて霊障をなくすためのセミナーです。
次回セミナーは平成21年 1月11日(日曜日)です(詳しくはセミナーのお知らせをご覧ください)




松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-29 10:18 | 体験談

霊能力者について

相談者の中に他の能力者と私を比較して、どの程度能力があるのか確認したがる人もいます。 
b0110639_1014978.jpg
とくによく耳にするのは、マスコミに多く登場する能力者や占い師に実際相談に行ってもわずかな時間しか相談に対応してもらえない。また肝心な霊的な事はほとんど答えてくれないなど不満を言われる方が、結構いらっしゃいます。

能力者のレベルにもよりますが、仮にテレビ等のマスコミに、多く出ているからすごいと言うことにはなりません。

マスコミは視聴率を上げるためには番組の構成段階で過剰な表現をします。
私がテレビや雑誌に出ていた頃もそうでしたが、何でも言い当てるかのように、扱われるからギャンブルの当てものや行方がわからない人や財布、あげくには死者の残した隠し財産を見つけてほしいということまで相談しようとしてくる人もいました。



方向違いの過度な期待と欲がらみでは善きアドバイスも手に入れることは難しい。
霊能力者は一体どこから能力を得て使っているのかを知らずにおられる方が多いですが、これはマスコミの責任もあると思う。能力者は守護霊から力や助言やすべきことを指導して行くことと、低級霊や悪霊からいかに守るかを考えまた互いの守護霊を通じて能力者はそれを正確に伝えてこそ相談者に答えられるのです。





    松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-27 10:00 | 生き方について

人を助けるとは

私のような霊能者の仕事は人を助けていく、同時に霊を助けていく、悪いものとは霊とも人とも戦う。そのためにかなり孤独な世界に足を突っ込んでいることもあります。

情に絡んでいることがないのかもしれない。

霊は常に休みなく人に影響を与えてくる、良い霊なら良いけれど人を動かし操って悪事を起こそうとしているのなら必要外のものです。
b0110639_1224058.jpg

人側も、お人好しすぎてついつい「情に」ほだされてというのは霊的な世界においても同じなのです。行ってきたことが身に帰ることになります。

人の社会で欲に駆られ人間に遊ぶだけ遊ばせると、自己中心になりもっと遊ぶし働かずにギャンブルしたりお酒も飲むというように悪が増長し、肉体が霊の棲家になってしまう。

何処までが人を助けることになるのかも、

「過ぎたるは及ばざるが如し」で他人のために何が出来るかは逆にそうなることもあるということです。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-26 11:28 | 生き方について

守護、先祖、過去世


人生にプラスを与える霊の存在としては、守護をしてくれるものがいます。

常日頃感じられることは余りありませんが、人生を振り返ってみるとよくもあんな状態でも自分は生きてこられたなと思うことというのはけっこうあるはずです。

人間だけの力ではとても及びのつかないことには必ず守護の力というのは働き続けている。
自分が守護を受けるだけの力がなければならない。それに値するだけの魂を保つことが最大の守りを常に携えていけることにもなります。
b0110639_11175811.jpg

日々直面していく問題に対してどうするのかを懸命に考えて行動していく中で、守護霊が強くなってきます。

そういうときに人を恨んだり、憎しみの感情などに自分をさらわれないように自身の心と戦い向かい合うことが出来る人は必ず守護がガッツリいてガードしています。

プラスを与えてくれる存在として、ご先祖の力というのも大きいのです。

ご先祖も守護の一部でも存在します。
先祖は自分をこの世に生み出してくれるための血筋でもあり、同時に因縁を抱えていることもありますから、それこそプラスとマイナスをも持っているようなものです。

よくこの家にさえ生まれてこなければ自分の人生はもっと変わっていたかもしれない。

この親でなければもっと素直に育ったのにと思った人もいるかもしれませんが、私自身がそういうようになんども思った。守護霊はその人の人生を必死に守ろうとしている。







松林秀豪ホームページ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-21 11:18 | 霊的な出来事

F1レース

人気のF1レースを直接見た方もいると思いますが、私はガードマンをしていたころに見たことがあります。それも日本で初めて開催されたときのことです。

仕事でサーキットに行き当時のマシンや選手を目の当たりにして、仕事とは言えうれしさに興奮しました。

しかしあくまでもガードマンという仕事ですから、私はスタンドの方から警戒しながら勤務についていたのです。

レース当日はスコールのような雨で開催も危ぶまれたのですが、何とか無事に始まりました。
開催前の催しの中で、目を引いたのはハーレー会によるパレードでした。ハーレー軍団は圧巻であったことを今も思いだします。
b0110639_18221086.jpg

当時ハーレーはあこがれの存在で、私も出来れば乗って走りたいと思ったものです。

大型二輪の免許も取得したけれど諸事情によりハーレーには乗ることはないままに現在に至ってしまった。今はプラモデルを眺めていますが乗りたいという希望から、眺める楽しみになってきた。

霊能者という仕事がら自由に時間を使えないこともあるし、望みがすべて叶うわけがないことを知らなければならないせいもあります。

F1も最近は撤退していくメーカーもあり淋しいですが、しばらくは仕方がないことでもあります。





     松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-19 18:17 | 生き方について

突然おかしくなるとき

感情的に激高してしまう、これはストレスからくる物と普通は解釈しますが、それは安定剤等でなおります。しかしここで問題なのは霊的な現象による場合です、これを説明します。

暴力的な行動になりやすくなってしまったり、気持ちのイライラ感が強くなってしまい
本人は自分がどのような行動をしているのか、
よく理解はしているけれども自分の感情が押さえられなくなり目に見えない者に体を乗っ取られるような状態になるのです。

このような事はしたくないと理性で押さえようとしてもなかなか押さえられなくなることも霊的な現象の中にはあります。

幻覚を視ると言う話は聞かれたことがあると思いますが、霊的な現象というのはお酒も薬物も使うわけでもなく起きてくる状態です。

お酒を飲みすぎて理性も記憶もなくしてしまう、この場合には酒に飲まれてしまって言動は覚えてないこともあります。

自分の意識が半分以上別の感覚に取り込まれ(憑かれて)、言動がおかしくなる現象もあります。
b0110639_112196.jpg


霊的現象というのはに起こってみないと、理解しづらいと思いますが、周囲の人はよけいに理解できないというケースが多くあるのですが、一般的な解決ができないこのような現象は霊的な問題として考えてください。




   松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-15 11:23 | 霊的な出来事

過去にとらわれて

私もそうでしたが人は自分の人生をいままでの経験から決め付けてしまうことが多く、こうするとこうだからやめておこうということになります。

確かに悪いことに関していつまでも学習できなくて同じことをしていくことは最悪だけれど、良い方向になるにもかかわらず、
b0110639_10244040.jpg

むしろそれに気がつかないで本当はやってみたいことでも以前にこれでいやな目にあったり、大変なことに陥ってしまったので怖いからやめておこうというように、怖がりすぎてよいものが見えなくなってしまう古tもあります。

経験は大事ですが十分考えて怖がらないで進みたいことはやってみることです。


それが自分らしく良い方向に進めるのでしたら必ず力を貸してくれる人もあらわれてきます。


それに何よりも何度も失敗をしても自分が進んできた方向に行くことで悔いが残らないですみます。




松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-12-05 10:25 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。