カテゴリ:体験談( 47 )

臨死体験 守護霊の言葉

霊界に行きかけた人の話は、
お花畑があって、遠くに山があり、

とても気持ちの良いところでと
言われることが多いのですが、

それでも、脳科学的には、
人が亡くなる時にはそのようなところを
通っていくということは、
組み込まれているともいわれています。

けれどもきれいなお花畑や景色以外にも、
「来るべきところではないから帰りなさい」
といわれて戻ってきた。
そういう体験をされている方もいます。

臨死体験と言われるようなことは、
実際に霊界まで行って体験したわけではなく、
その手前のお話です。

霊体の1部は
生きながらにして垣間見る場合があるのです。

私は死にかけたときに守護霊が(はっきり守護霊だとわかりました)
「大丈夫だからもどりなさいと」白い空間の中でいわれました。

そのときに亡くなれば、
その先の霊界があるのだろうと感じたのを鮮明に覚えています。

いくつになっても今を生きる喜びを大切に
それを越えてこそ、戻れる世界(霊界)がいずれ帰るところです



松林秀豪ホームページへ スピリチュアル 霊能者 ご相談 感受性 浄霊


b0110639_22243694.jpg

[PR]
by shugou110 | 2014-12-05 23:03 | 体験談

私がまだ霊能者になる前の若い頃、
出張で地方の旅館に泊まったときのこと。

部屋に案内されたときから、
ぞっとする違和感があったのですが、宿泊2日目の夜中に
誰かに突き飛ばされる感覚があり、

誰かがいたずらでもしたのではないかと思い、
周りを見ても当然私一人部屋で宿泊でしたから、誰もいない。
b0110639_22464596.jpg

今度は寝ようと横になったとたんに、金縛りになりました。
そして金縛りが解けたとたんに、今度は体が乗っ取られて、

動かされ体がエビ状に曲がりはじめてしまうのです。
声を出そうにも声が出ない、体は拷問されているようで痛い、

そのままの姿勢で時間にしたら5分くらいでした。
その様な状態の最中に想像もしていない情景や言葉が頭の中に出てきて、

勝手にしゃべり出すのです。

「苦しい、敵が来る、逃げられない、戻れない・・」と
まるで戦をしているような言葉でした。

私が人間としての意思で喋ろうとしても、
その間は私の意思は無視されて喋っていたのです。

私自身の意識があるものの、言葉は勝手に喋るのでした。
後にして思えば地縛霊でした。

私ははじめて霊にとり憑かれる苦しさを経験させられ、
霊もまた苦しんでいることを教えられた経験でもありました。

後々、霊的に動かされる人たちの状態が
いかに大変であるかも理解ができることになったのです。

憑依されてしまうとはこのようなこともあります。



松林秀豪ホームページへ  スピリチュアル 霊 浄霊 心、守護 感受性 霊感
[PR]
by shugou110 | 2014-09-26 00:39 | 体験談

前世のおはなし

ご自分の前世を気にされている方も多いですが、
私は自分の前世をはっきりみたことがあります。

厳密に言うなら、その間にいくつかの過去世が有るのですが、
今世に一番影響がでているので前世と言わせていただきます。

仕事をはじめてからすぐの頃、瞑想をしていると、
映像のように武士たちが戦っている男たちの姿が
目の前に現れ、鎧を身につけているのです。
b0110639_112595.jpg

ほとんどの人間があちこち傷ついている情景ですが、
戦いの中だから仕方がない。

その中の一人であるのが私だとわかりました。
顔も違うし体格も違う、それでもそれが私だとわかるのです。

私の魂の過去の一部分にすぎませんが
そして相手も傷つき私もそこで命を落としたのです。
けれどもそのときに私は感じていたものがあります。

もし次に生まれてきたときには、傷ついた人たちや、
魂を助けていかなければならないことを誓っていたのを覚えています。

そしていまご縁がある方々とお会いしていくことができているのです。
前世や過去世は今の自分とは性別も顔も性格もまったく異なりますが、
ときに今の人生に大きくつながりを感じさせることもあるのです。



松林秀豪ホームページへ
不安
スピリチュアル
感覚の変化

[PR]
by shugou110 | 2013-09-11 09:22 | 体験談

夢で襲われる人

Q 30代男性

「半年ほど前に、仕事の関係上ある地方都市に移り住んでから夜に寝苦しくなって、今まではどこに言ってもすぐに眠れるほうでしたが、寝ようとすると何か落ちつかなくなるんです」 

「それにこの3ヵ月は毎晩のように夢をみて、それも息苦しくて何度も目を覚ますのですが、首を絞められているような感覚や、自分の方に槍でも降ってくるような、感じで何とも表現がしづらいのですが、とにかく怖い」 

「引っ越したほうが良いのか、どうしらよいかと悩んでいます」。


「霊とか信じるほうではないのですが、夢でもすごく質感があるというか、現実に近いような感じで襲われているようです」

b0110639_12132074.jpg


A 松林

まず、ご自分がしっかりしているからこれ以上のことにはならないで済んでいるのでしょうが、霊査していると無数の不浄仏が葬られている、もともとは近くに首塚でもあったはずなのですが、住宅が建ち始めてそれもわからなくなってしまったのです。

戦って死んでいった人(霊)が残っているわけですから、ともするとここに住む人を敵とみなして襲ってくる事にもなります。そのような霊現象もあるのです。

あなたの場合は、夢でおそわれた、そして知らされたということです。

浄霊し清めていかなければなりません。


           まつばやし しゅうごうHPへ
[PR]
by shugou110 | 2013-04-08 12:10 | 体験談


ある地方の不動産会社が山の土地を購入して造成しました。
山を造成して住宅を建てるのは、普通の不動産屋さんの仕事ですが、
この山の土地がかなり問題で怪奇現象がおこってしまいました。

問題の土地は元々この山に小さな神社があったところでした。
造成した際に小さなお社と鳥居があったそうですが、
山の神社は来る人もないために不動産会社はそれを無視して
壊して埋めてしまい、そのままで家を10軒建てました。
b0110639_2150486.jpg

これお全部販売したまではよかったのですが、
入居されたご家族のご主人が3軒で変死されて4軒のところでは、
長男が狂ったようになり家を出ていったり、
ご主人も家を出てしまったり、他の家でも離婚をしたり
別居をしたりという現象が起こって、ただの偶然ですまされない問題です。

一軒のお家でご夫婦が別居している方からの依頼で
ここに出張をしましたが、この山にあった神社にはかなり古い歴史があり、
「武士が祀られていたようで人が埋まっている」ことが霊査でわかりました。

武士の霊が怒っているのです。「きちんとお清めをして
他のところになりますが、ご縁のある神社にお参りをして、
土地を大事に家の中に山神様をお祭りしていきます」
と霊に伝えておさめてきたのです。


その後はこのご夫婦もこの土地で仲良く同居できるようになられました。
そのような場所をなにもしないで埋めてしまいますと霊的な現象がおこります。
家を購入した際にはお清めをしっかりしてから入ることをおすすめします。




松林秀豪ホームページへ

霊能者ス
ピリチュアルカウンセラー
[PR]
by shugou110 | 2013-01-18 09:46 | 体験談

体に傷がないのに血が

これは私が体験したことですが、
ある人の除霊をしたさいに、
帰宅して着替えていたときに、
Yシャツに親指大の血が背中に付いていました。

背広を朝から着ていましたし、
その際Yシャツにはなにも付いていないことを確認して出かけました。
b0110639_1022326.jpg

それから帰宅するまで背広を脱ぐことは一切なかったのです。
このようなことは除霊することはよくあります。

除霊の際にご相談者が特に
霊動で暴れることもなくても精神的な除霊をしています。

精神的な除霊とは、私は祈りこんで
霊を追い込んでいきますが霊界では守護霊が闘うのです。

このような闘いを霊能力者は全身全霊をかけていますので
肉体も疲れますが、まれにこのように現象が表面化して
私の体には傷がなくてもYシャツに血のあとが残ることもたまにあります。

目には見えないところで、死闘をしている守護霊に感謝しております。





松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-12-02 10:19 | 体験談

40代の男性の話

健康で仕事も忙しく、睡眠も短くても体調も良かった人が、
ある日熱を出して、3日間寝込んだそうです、

寝込んでいるときに「夢枕」に亡くなった父親が出てきて、
いい加減に自分や家族のことを考えて生きろといわれて、
夢も見たことが無かったために驚いて、
どうしようと私に相談に来た男性がいました。

この男性は「熱を出して寝込んだことも初めて、
夢を見たこともほとんど初めてらしく、
それも亡くなった父親が夢に現れて
はっきりと自分にしゃべってきて驚いた。」と話していました。
b0110639_9213769.jpg


今までの考え方を改めるようにいわれたのですよ。
と私がいうと「悪いことをしてきたんではないし、
必死になって働いてきただけです」と考え方を譲らない。
で、帰ってしまった。


一週間もしないうちに、またこの男性が相談にきて
「あれから毎晩亡くなった父親と先祖と思える人たちに囲まれて
睨まれている夢をみて、襲われるわけではないですが、
怖くて目が覚める日が続いています」
だから、生き方を切りかえるように守ってくれる霊たちが、
一生懸命にあなたに知らせているのです。と、また私が話した。

仕事もしすぎ、自分の考え方や思いを貫こうとするあまり、
ほんとに大切な、自分の体や心、家族、周囲の人たちを忘れていたのです。

だからとり憑かれたように働き続け、結局とり憑かれていた。
この人には、やせこけた、暗い霊が、憑いていた。

このままでは危ないということを伝えたくて、
守護霊たちが仕組んできたのです。
その後この男性は何事もゆっくりと考えるように変わっていきました。

守護との対話には、夢の中でも形を変えて
知らせてくれることもありますから、
見逃さないようにしてください。

不安については、何に対しても不安というのは生じますから、
気持ちを先に思いめぐらすのではなく、現在に一つ感謝





松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2012-09-04 09:17 | 体験談

家族の不幸現象

家族の不幸といってもさまざまでが、
土地から影響してくることもあれば、
家の因縁がある場合もあります。

ここで紹介するのはこの因縁が現象として現れてきたものです。
最初は娘さんが時折奇声を発して、痙攣をおこし目つきが変わり
そして男の声になってわけのわからないことを言っているのです。

病院も数ヶ所いったそうですが、
原因不明でしたのでどうしたものかと、
霊的なことが原因かもしれないと
最後に考えてご相談にこられました。
b0110639_9235664.jpg

私はこの娘さんに憑いている者と直接対決することにしました。
最初は霊動をおこすまいとしていたのですが、
私が念じこんでいくと我慢できなくなり暴れだしたのです。

これにはご両親もビックリされましたが、
このようなときは両親であろうが、
巻き込まれないように注意をはらわなければなりませんので、
隣室に非難していただきました。

この時点から娘さんに憑依している霊と
1対1ですから本音を聞きだすことができました。

彼らはこの娘さんの「先祖に裏切られて殺され、
悔しい思いがいまだ晴れないから何度となく
このように人にとり憑いて訴えてきたが、
誰もわかってくれなかったので苦しいままだ」と、

そして「一家がどこに住もうと
縁者がいるかぎり殺しはしないが訴え続ける」と、
娘さんの肉体を借りて言ったのです。


このことをご両親にご説明して、
ご実家に行き不幸現象の大元が解決して、
娘さんも現象がおさまり今は普通にもどりました。




松林秀豪ホームページ
[PR]
by shugou110 | 2012-05-16 09:17 | 体験談

霊をなめてはいけない

霊というものはただ興味だけで
面白半分で扱うと恐ろしいことになります。

よく幼いころにコックリさんをされたことがあると思いますが、
たとえコックリさんであろうと、
簡単にその場限りでは終わらないことは多くあります。

ある相談者の方は、幼いころから体調が悪く
おまけにやっと結婚してこれで幸せになるかと思えば、
ご主人のドメスティックバイオレンスで男性不審と恐怖を感じてしまうのです。
b0110639_16234883.jpg

この女性は小学4年生のころ遊びで
よくコックリさんをよくやっていて、
何かにつけてコックリさんにお伺いをしていたそうです。

思えばそのころから病気がちで大学の受験も自信があったのですが、
失敗してしまいさらに落ち込むんで、
生きる気力をなんどもなくしてしまうこともあった。

このままではいけないと幾度も立ち直ろうと思うのですが
そのつど期待を裏切られます。
そしてご主人の暴力・・・・


悪いほうにばかりすすんでしまうことになってしまいます。

結婚するときも
コックリさんに聞いたときにも大丈夫だといわれたそうです

こちらの女性は30代で人生を
コックリさんに任せてしまってきた部分も大きな問題です。

霊に操られてしまうために
このようにたとえ遊びでも浮遊霊と人の波長があってしまうと、
影響されますので、なぜか運が悪いとか病気がちである場合は、
浮遊霊が憑依している可能性があります。



この女性を霊視したところ、家の因縁もありましたが、
もっとも影響があったのはこの方が呼び寄せてしまった浮遊霊でした。
どのような霊が影響しているかを説明して除霊しました。
それからは恐怖心もなくなりまもなく結婚して今は幸せだそうです。

思うように進まない人生には霊の影響が強いこともあるので、
早めに相談して良き人生を歩んでください。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2011-12-05 09:32 | 体験談

名前や写真でわかること

ある方がご家族には内緒で見てほしいとのことでした。
この相談者は自分の息子のお嫁さんの因縁を
探ってほしいといわれ写真を持ってこられました。

霊視はご本人と話すのがベストですが、
事情があり当事者ご本人と直接お会いできない場合もあります。
このようなケースは多くよせられますが、
名前とか写真だけでも霊視は可能です。
b0110639_8515213.jpg

今回の相談ではお嫁さんとうまくいかず、
家同士の因縁があると思い数人の
お坊さんや能力者に相談したけれども納得のいく答えが得られないので、
これで最後と思い私に相談にこられました。

そこで写真から霊視したところ、
お嫁さんに憑依している霊が原因と判明しましたが、
直接除霊もできませんので、遠隔で除霊をしていきました。

名前だけでもできますが、写真があれば深く霊視できます。
依頼された人物の霊的なものがみやすく感情や気持ちがわかります。





松林 秀豪HPへ

霊能者

スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2011-11-21 09:47 | 体験談

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。