カテゴリ:未分類( 307 )

御礼


本日でブログの更新を休止させていただきます。

今後はホームページとこれまでの方のみご相談させていただくことにいたします、

長い間ブログをご覧いただきましてありがとうございました。

松林秀豪

[PR]
by shugou110 | 2018-05-23 23:07

私たちの 日本の国は、
過去や見えない存在に対して敬意をはらって大事にしています。
土地の神様や自然霊を大切にしてきました。
ご縁があって新しく住まうところにも氏神様があります。

ただ氏神様がどこだかわからなくて、
神社庁へも問い合わせてまで、
住まいの氏神様を調べてお参りにいかれる方もいます。

それでも「人もいない、小さなところで、整備されていない、
手入れもしていないようなところで、
どうしてもこれから、
何度もいく気持ちになれない・・・」
と思う場所もあります。

もう少し離れたところでも
気持ちが落ち着く神社があればそこにお参りされるとよいです。
近くのところでないと氏神様ではないですか?
と聞かれることもありますが、

ご自分が気持ちがよいと感じられるところで大丈夫ですから
氏神様として大事になさってください。
守られた人生であることをお祈りいたします。

[PR]
by shugou110 | 2018-05-23 08:42

現状を憎まないこと
境遇を恨まないこと

感謝の気持ち
思いやりの精神
が欠如すると、

どれほど物を手に入れても
心が満足することができないのです。

いつまでも自分は不幸だと思って生きていると
何年先にも不幸です。

いま満たされていることから
一つずつ満足することも大事な未来につながっています。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22272277.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-05-21 08:22

お寺の跡地に住む方

お寺は近年檀家制度が維持できなくなり、
縮小したり廃寺になるところもあります。

転売されて住宅街になり、
元はお寺と墓があったことなど新しい住民は知らないこともあります。
このような土地に家を建てて住む人たちが怪奇現象を起こしたのです。

この家に住んでもう5年になるそうですが、
最初は隣人の18歳になる息子さんがうつ病になり、
時折奇声を発っしたり、家に閉じこもり、
その家の人はわずか1年で引越したそうです。


それから半年後、今度は目の前の家の息子さんが
突然狂ったようになり、自宅の玄関に火をつけて、
外に出てきたときには真っ黒な服で全身を覆い、
家に向かって合掌していたそうです。

幸いなことに、近所の方々で初期消火されましたが、

あとからなぜ自分がこのような行動をしたのか
記憶がないと話していたそうです。
こちらの家も引越されました。


それから1年してから、
ご相談者のご主人がうつ病と診断され、
その後お子さんもいじめや引きこもりでもないのに、
登校拒否のような現象がおこっている。
これは何かの問題があるのではないかと思われ相談にこられました。

私にははっきりお寺と墓が視えて、
そこに無縁の霊の姿があり、
これが原因で怪奇現象を起こしていたの
で無縁霊の供養をして落ち着いてきたのです。

物理的にはお寺も墓地も整地されて、
住宅が建てられましたが、

霊的な存在は納得していたわけではなかったのです。


守られた人生であることをお祈りします



松林秀豪HPへ

b0110639_2235486.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-05-19 08:27

祈ること大事

世界では戦いも、テロも、
兵器のやり取りもいまだ終息は見えていません。

スピリチュアルパワースポットが、注目されていますが、
日本の中のパワーと
心を寄せていかなければならないところを再認識させられてもいます。
物質ではないものを大切に考えさせ始められた時代を感じます。

ちょっとした戦争でも使われる兵器も殺傷力が大きなものです。
自然界の動きも人の動きも連動したものがありますから、
人が祈って雨を降らすことさえ出来るように、

人の祈りというのはとてつもない
大きなエネルギーを生み出すことも出来るのです。

戦いを起したり、自然界の災害などを
大事を小事に抑えていくためにも、
現代は祈るという気持ちが大切なことです。

霊的な感受性のある方々は特に知って、
すでに行動されていると思いますが、

日常の生活で追われすぎて
我を忘れることがないように再度、
祈る気持ちを大切に思い返してください。

遠くの有名な神社へ行かれたとしたら、
お近くでご縁のあるご祭神のお祀りされている神社や、
ご祭神にこだわらなくても住まいの近くの神社へも行かれてください。
神つなぎです。

神様のご縁を結んでいってください。
神様はお見通しの世界でも、
人の精神がつながっていこうとする気持ちが
育まれていかなければならない
精神世界の時代です。

人すべて神の魂の一部を備えているのです。
ご自宅の神棚でも、お近くの氏神様でも、気持ちのよいと感じられる
「気の流れ」のよい神社でもお寺でも、
心から祈ることができる場所に身を置かれて手を合わせてください。

ご自分自身のお願いでも、
ご家族のお願いでも、日本や世界のお願いでもいいのです。

個人的なお願いになってしまうとしても、
それは究極、平穏、無事、幸せがメインであると思います。

お参りをするそれは、悪が喜ぶような
「怒り・猜疑心・妬み・欲深さ」の心が生じていないのです。

悪は地上全体の変化にも関わっていますが、
その地上に住む人間の意識の連動でも退治できる力を持っています。

守られた人生であることをお祈りします



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2239397.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-05-17 08:34

災いばかり起こる方がいました。
A子さん(30代)は「職場の人から嫌われている。

トラブルメーカーと呼ばれてしまう、いじめの対象なり、
数回職場を変えてもいつも同じような理由で、
仕事が好きなのに、働くことができなくなって辛いのです」

b0110639_16512521.jpg
この方を霊視して見ると
地縛霊はの影響も受けやすいのですが、因縁霊のようでした。

自分ではやるきもあるのに、人からはうとまれたり、
良かれと思った行動や言動が、どうしてだかズレてしまったり、
嫌われてしまうことが重なってしまうのです。

A子さんは職場の同僚の一人に最後に言われた言葉が
「A子さんあなたを見ていると、どうしてだかイライラしてくる。

 あなたは多少、皆より仕事はおそいけれど、
それとは違うイライラ感を感じてしまう、
暗く見えてしまう印象があるね」と言われたそうです。

この同僚の人は霊は見えなくても、A子さんへ違和感を感じたのでしょう。
A子さんに憑依していたのは、
暗い霊界に落ち込んでいた霊が複数憑いていました。

職場の土地や、もともと因縁霊がいましたから、
同じような波長の霊が集まってしまったのでした。

今回は憑依しているせいで、何もかもが悪い方に向かう現象が
人間の次元に出てきたのです。

A子さんは浄霊後に考え方も表情も明るくなって、
次の職場を見つけることができて元気で働いています、

松林秀豪ホームページへ スピリチュアル 相談 霊視



[PR]
by shugou110 | 2018-05-15 08:06

家にいると体が重い

一年の間に、相次いでご両親を亡くされた50代の女性が、
「両親の看病の疲れもあったのかと思いましたが
なんだか家の中にいると重いのです。
でも外へ出ると普通に元気に動けるのはなんだかおかしいと思って・・・・・」
という内容のご相談でした。

霊査してもご両親の霊はきちんとご供養されて、
思いも残されているようなことは感じられません。

けれども頭と体が重たくなってきます。

「お家でおまつり事はされていませんか?と伺うと
「両親が受け継いだときから古い神棚がありますが
私はさわったこともありません。

というか一度何があるのか神棚をさわろうとしたときに
腕に電気が走ったような違和感を感じたことがあって
それ以来さわったことも拝んだこともありません。

両親は神仏を大切にする方でしたが、
代々の神棚をさわったら失礼ではないかといって何もしないで、
大切なものをおく場所のようになっていました」

大切にし過ぎて、さわることさえなくなってしまったのでは
埃をかぶった神様ですから、波動も悪いのです。

後日伺って神棚を整えましたが、
何十年も前の神社のお札やお守りや
はたまたアクセサリーまで神棚に乗せてあったりと、
およそ神棚に不必要なものもいくつもあったのです。
これでは感覚の強い方は落ち着いて家にいられないのは当然です。

ご両親も看取られてお家の必要のあることを
整えて行かれる時期がきたことを伝えてこられたのです。

神棚をきれいにし、お社を新たにとりかえて、
神霊をお迎えし、浄霊していきました。

その後はこの女性は、重さもとれて家にいても落ち着いてこられて、
なぜか来客も増えてきて人が集まるお家になってきたとのことです。




*以前に神棚さわろうとしたときに、
腕に電気が走ったような感覚になったのは、
まだ神仏に対しての理解も無く、どうしていいのかもわからないはずなので、
違和感を感じられたと同時に守護霊が止めたのです、
「今は手を出すな」という感覚だったとおもいます。
必要なことには段階と時期はくるものです。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22272236.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-05-13 08:22

ある女性はとても 感情的になりやすく、
何かの拍子に激しい苛立ちに悩まされ、
霊が見えたり気配を察知したり、
人に会えば人の感情も伝わってくるなど

長い間、ご自分の人一倍強すぎる感受性と
日常の生活とのバランスをとっていくために、いくつもの心の葛藤と、
霊的な自分の生きるテーマを乗り越えるために頑張ってこられた女性が、


「自分自身のコントロールというのは、
おかげさまでずいぶん楽になったのですが、
私の娘が10歳になりますが、どうも私の体質とよく似て、
勘が鋭くて霊感も感受性も強いのです。

娘は友達も多くてとても慕われているようで、
気の強さがあるにしてもお友達の相談にのってあげるようなことも多いみたいです。
私が心配なのは、外ではそういうことはないようですが、

家で母親の私と話していると、娘は非常に苛立ってきて、
顔つきや話し方も乱暴に変わっていることがあります。
まるで何かにとり憑かれているような形相だったりします。どうしたらよいでしょうか?」

このようなご相談もありますが、家の中で娘さんが
緊張感がほぐれて気を抜いたときに
霊的に受けた憑いたものが出てくることが多いのです。

神社やお祓いを受けることや、
どのような霊の影響を受けているのかを霊査しても良いかもしれませんが、
感受性の強いお子さんはときどき
自分自身の気持ちをどうしたらよいのか混乱してしまいがちです。

気の入れ替えが出来る気持ちのよい場所、
海、山、神社などへも行かれることも「気」の入れかえでも必要です。
心の置き場は、自分をしっかり生きられるような
優しさと厳しさを伝えてあげてください。


そして人の悩みを聴いて、神経がまいってしまわないように
相手の悩みに入り込む深さを考えなければいけないことも教えてあげてください。

相手にアドバイスはしてあげられても、
その人を生きるのはあくまでもその人ですから、身代わりにならないように。
守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_1559398.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-05-11 08:51

ネガティブな思考になりやすい人は、
一つ一つの出来事が解決しても、
すぐに次の不安を考えてしまいます。

例えば、今日お子さんの宿題ができたら、
明日の宿題はできるのか。

家族で旅行中でも、
もっと違う場所にいけばよかったなど考える人もいます。

いま出来てよかった。
いま出掛けられてよかった。
感謝とお陰さまの気持ちは大切にすることです。

文句が多い人はネガティブです。
例え小さな出来事でも、

日々の中で感謝とありがたみを知る心は、
低級な邪霊を寄せつけなくします。

粗探しばかりに時間を使っていると、心の中が邪霊の住処になります。
守られた人生であることをお祈りいたします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2018-05-09 08:59

霊的なことで人を悩ませたりすることも実際あるのです。

邦男さん(40代 仮名)は会社を変わって一年ほどしたころ、
上司が変わってから、何となく調子が悪い。

上司はテキパキとして、冗談もあまり言わないが、
プライベートも関わってこない。仕事が終わればさっさと帰っていく。

上司もみんなとつきあうことを避けているみたいです。
けれども、どうも上司がいると波長が狂うような、
悪寒がするような・・・・
b0110639_22573517.jpg

体の調子も軽々と動いていたのに、
一つ一つが重たい感じがする。
仕事のペースも遅い。

なにより気が抜けたように感じられて仕方がない。
健康診断では異常はない・・・・

ある日職場の仲間たち7人で食事に行ったとき、
邦男さんの状態を話したところ、邦男さん以外の4人が、

「実は自分もそうなんだ」と言ってきた。
「それがどうも、新しい上司が来てからの気がしていたというのです。

4人の内、一人の女性が霊感があるらしく、
上司が始めてきたとき、上司の背後に黒い陰のようなものがみえた。

なんだかわからないけどとても怖いものだと感じたから、
なるべく上司とは話をしないようにしてきた・・・・」

ということで、自分だけではなかったのだと思ってご相談にきました。
さっそく霊査すると、会社の上司に憑く黒い化け物がみえてきました。


「これまでの上司の関わってきた人たちの念の固まりのようでした。
因縁とか地縛霊とはまったくちがいます。

どのような仕事をしてきたのかわかりませんが、
とても人を不幸にしたり、身勝手な仕事や生き方をしてきたようです。
恨まれている念が黒い化け物に姿を変えているようです」


邦男さんはそういう上司の影響を受けていますが、
上司には言えないですから、
遠隔浄霊をしばらく続けていくことにしました。

ひと月ほどしたころ邦男さんは
「以前より体も楽になってきて、
会社の人たちも同様に変わってきました。
上司も前より明るくなった感じがします。
ありがとうございました」

後日邦男さんは、この上司について
昔のことを知っている方から話を聞く機会があって、

上司はバブルの頃には土地の売買をしたり、
いろいろな店舗を安く買いたたいたり、
買収にも関わってきた人だったと聞かされました。

なるほど念の固まりも出てくることになったはずです。
上司本人も、当時は会社の命令とはいえ
実行者だったことは確かですから霊的な影響も受けてきたのでした。

守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪ホームページへ  心、守護 感受性 霊感 霊障 スピリチュアル 千葉 東京 まつばやししゅうごう
[PR]
by shugou110 | 2018-05-07 09:01

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。