なんとなく怖い

歴史の文献には残っていなくても、
小さな戦いだった場所は以外とたくさんあるのですが、


B男さん(50代 ご家族3人暮らし)は、
「新しく開発された土地を購入して、希望の家を建てて、
楽しみに住み始めましたら、家内が家にいると
なんとなく怖いと言い出したのです。

良い家なんだから、しばらくは錯覚だろうと思い、
もっと住み慣れたら落ち着くだろうと思っていました。

家内も我慢していたようですが、
今度は黒い影が昼間から見えるらしく、
本当に怖いと言ってくるのです。

私はわかりませんが、頑張りやで
しっかりものの家内が本気で言っているので
どうしたものかと思いはじめたのです。

そして、ある日の真夜中に怪奇現象が起こりました。
それは家の中で家が壊れるぐらいのラップ音がして、
すぐに音のした和室に行くと、
家の中のタンスが絨毯ごと部屋の隅に移動していたのです。

人が4人ぐらいので動かさないと移動できないほど重いタンスです。
これが動いたのには驚きましてどうしたらよいものでしょうか?・・・・」


このような相談で、さっそくB男さんのお宅に伺って
霊視したところ古戦場の風景が見えたので霊と交信し、
浄化できる霊は浄霊し、土地にいた霊の供養は、

毎月土地のお清めを続けて行くことで、
霊的な現象を起こさないようにおさめて、
それ以来奥さんの恐怖感や、霊現象が起こることはなくなりました。

B男さん「信じてなくても、ここまで目の当たりにしてしまうと、
自分も怖かったです。霊はいるのだなぁーと思いました。

これからは実家のお墓参りも家内まかせにしないで、
忙しくても一緒にいくようにします」
との嬉しいご報告もありました。


守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏
b0110639_2330524.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-05-05 08:05

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。