供養もしていないご仏壇はよくありません


Aさんご夫婦はお互いにいらだちや、
言葉の行き違いですぐに口ゲンカが始まり、

2人のお子さんは小学生と中学生ですが、
上の息子さんが、家庭内暴力的になってきたそうです。

祖父母も2世帯同居しているが、
家族全体がとてもギクシャクしているとの相談でした。
ご主人は不動産関係のお仕事をしているそうです。

私はまずご先祖のことが気にかかりお聞きすると
「先祖はきちんとあります」というお返事でした・・・。



息子さんのこともあるのでお家に出張に伺ったのですが、
お聞きしていた通り、確かに先祖はきちんとありました。

けれども、ご仏壇は
開けていなければ供養もしていないのです。

お仕事が不動産関係のご主人は、
いろいろな土地へ足を運びますから、
良くも悪くも、土地の気を運んで
帰ってくるようなものですから、

家の中で浄化できる力がないのでは、
気が溜まってしまうような状態です。

息子さんもご家族ももめるはずです。
このお宅の場合お住まいの場所は
あまり問題ないのですが、

ご主人たちが外から持ち込んできた
気の悪さ(霊の影響)が入り込んで、
家に溜まってきたのです。

息子さんは、過敏な年頃なので
見えない影響も受けやすく粗暴になっていたのです。

ご夫婦のケンカも、お互いに
マイナス意識に影響されてしまったためでした。

家の浄霊もしましたが、せっかく作られた
お位牌をお持ちならば、
大切に供養されていかなければなりません。

このお宅では供養をしなおし、
先祖と同様ほったらかしだった神棚も整えていきました。

その後ご家族も会話が増えて、
息子さんの顔つきも穏やかになってきたとのことです。

お家でご先祖や神棚などわからなくなったものを、
長い間ほおっておくのはいいことではありません。


守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

[PR]
by shugou110 | 2018-04-22 08:06

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。