何十年も根にもつのはつらい

自分の人生のなかで、 昔にあったことを
いつまでも根に持って、
恨んだり根に持つ心は、根が小さいから、
幹も葉も生き生きと延びないので
バランスが悪い、根に持つ心を変えられるのはもちろん自分です。

根に持つ感性が強いのですから、
手放していける力を
発揮することもできるのです。

根に持つ事はそこに生き甲斐さえ
感じることもあるかもしれません。
恨みが強いと、
もしそれを手放したら
どこに心をおいていいかわからないだけかもしれません。

魂はそれで満足していません。
自分をいじめつづけていることになり、
余計な病も抱え込んでしまいます。
守られた魂であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23213951.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-22 08:16

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110