形相が別人

結婚してから10年目に待望の子供さんが産まれ、
ご主人もやさしく、同郷のご家族も、
喜んで子供の面倒も見てくれる、

幸せなはずの奥さんがときおり「無性にイライラして、
身の置き所がないくらい自分がコントロールできないのです。

病院で薬も処方さましたが、それでも変わらなくて、
ひどいときには顔つきの形相もまるで鬼のように変わってしまうのです。」


そして家族に当り散らしてしまうことが多くなり、
始めは子育ての疲れかと周囲も本人も冷静になると
「頑張ろう」と話し合っていた。

ご家族と同居のため誰かが必ず子供を面倒見てくれて、
子育ても手伝ってくれているほど恵まれています。

この日はご主人に伴われてこられたのですが、
ご主人のお話によると「今日はまだ落ち着いているのですが、
いつもの家内ではないような感情が湧き出て来るように、

「誰も彼も憎んでやる!悔しい」などど言い始め、
顔つきまで違い穏やかな家内が、別人の形相に変わってしまうのです」

これは霊的な影響だと思われて来られたのです。

霊査すると、人の幸せを恨み妬む霊たちの仕業で、
悔しいという感情は女性の霊がついていました。

お子さんに恵まれ、ご家族に恵まれ、ご主人も面倒見てくれる、
普通は幸せの意識に霊は介入しづらいのですが、


奥さんがお子さんを育てる不安が、一時期かなりあったようです。
そういう不安や落ち込みに、霊たちがリンクしやすくなった状態でした。

それも霊にやきもちを焼かれたように、
幸せな姿に悔しさが出てきたのです。

「霊の感情意識が介入して、とり憑かれる」場合もあります。
霊もまた、学んで霊界へ戻らなければなりませんから、
今回は霊が出てこないように浄霊しましたので今後は近づくことはありません。

温かい親の心を理解して浄仏していきます。

そのご、奥さんの形相も変わることなく、穏やかに暮らされています。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_151733100.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-03-20 09:06

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110