自分ではない声に起こされたように目が覚めてしまう

Bさんは、仕事で遅くなり、
最終バスに乗車してついウトウトしていたら、
「お前なんかバスに乗るな!」という声と同時に、
座席の後ろを叩かれて、

驚いて、目を開けて座席の後ろを振り返ってみると、
誰もいない・・・

神経を使いすぎる方や霊感の強い方で、
就寝時にちょっと「うとうと」すると、すぐ
 自分ではない声に起こされたように目が覚めてしまう。

ある時はのどを鳴らすような音のような声、
ある時は、男の人の何かを言っている音のような声、

どこにいるのかと家の中を探してももちろん誰もいない、
外からの音かもしれないと確かめたりしても聞こえない。

やはりこの家の部屋の中で起こったことに気づく。 
お香をたいて、しばらくして落ち着いてくるとゆっくりと休める。

自分の感覚が、見えないものを感じやすいから、
あわててはいけないのだとつくづく思い知らされるという方もおられます。

 お香を焚いたり 自分自身との対話も大事なのです。
自分の疲れが引き寄せている現象もあるからです。

自分の気力が落ちてくると、マイナスが出てくるときもあります。
気づいたときに自分が変わっていくことができます。


守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

[PR]
by shugou110 | 2018-03-15 08:33

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110