御礼


本日でブログの更新を休止させていただきます。

今後はホームページとこれまでの方のみご相談させていただくことにいたします、

長い間ブログをご覧いただきましてありがとうございました。

松林秀豪

[PR]
# by shugou110 | 2018-05-23 23:07

私たちの 日本の国は、
過去や見えない存在に対して敬意をはらって大事にしています。
土地の神様や自然霊を大切にしてきました。
ご縁があって新しく住まうところにも氏神様があります。

ただ氏神様がどこだかわからなくて、
神社庁へも問い合わせてまで、
住まいの氏神様を調べてお参りにいかれる方もいます。

それでも「人もいない、小さなところで、整備されていない、
手入れもしていないようなところで、
どうしてもこれから、
何度もいく気持ちになれない・・・」
と思う場所もあります。

もう少し離れたところでも
気持ちが落ち着く神社があればそこにお参りされるとよいです。
近くのところでないと氏神様ではないですか?
と聞かれることもありますが、

ご自分が気持ちがよいと感じられるところで大丈夫ですから
氏神様として大事になさってください。
守られた人生であることをお祈りいたします。

[PR]
# by shugou110 | 2018-05-23 08:42

現状を憎まないこと
境遇を恨まないこと

感謝の気持ち
思いやりの精神
が欠如すると、

どれほど物を手に入れても
心が満足することができないのです。

いつまでも自分は不幸だと思って生きていると
何年先にも不幸です。

いま満たされていることから
一つずつ満足することも大事な未来につながっています。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22272277.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2018-05-21 08:22

お寺の跡地に住む方

お寺は近年檀家制度が維持できなくなり、
縮小したり廃寺になるところもあります。

転売されて住宅街になり、
元はお寺と墓があったことなど新しい住民は知らないこともあります。
このような土地に家を建てて住む人たちが怪奇現象を起こしたのです。

この家に住んでもう5年になるそうですが、
最初は隣人の18歳になる息子さんがうつ病になり、
時折奇声を発っしたり、家に閉じこもり、
その家の人はわずか1年で引越したそうです。


それから半年後、今度は目の前の家の息子さんが
突然狂ったようになり、自宅の玄関に火をつけて、
外に出てきたときには真っ黒な服で全身を覆い、
家に向かって合掌していたそうです。

幸いなことに、近所の方々で初期消火されましたが、

あとからなぜ自分がこのような行動をしたのか
記憶がないと話していたそうです。
こちらの家も引越されました。


それから1年してから、
ご相談者のご主人がうつ病と診断され、
その後お子さんもいじめや引きこもりでもないのに、
登校拒否のような現象がおこっている。
これは何かの問題があるのではないかと思われ相談にこられました。

私にははっきりお寺と墓が視えて、
そこに無縁の霊の姿があり、
これが原因で怪奇現象を起こしていたの
で無縁霊の供養をして落ち着いてきたのです。

物理的にはお寺も墓地も整地されて、
住宅が建てられましたが、

霊的な存在は納得していたわけではなかったのです。


守られた人生であることをお祈りします



松林秀豪HPへ

b0110639_2235486.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2018-05-19 08:27

祈ること大事

世界では戦いも、テロも、
兵器のやり取りもいまだ終息は見えていません。

スピリチュアルパワースポットが、注目されていますが、
日本の中のパワーと
心を寄せていかなければならないところを再認識させられてもいます。
物質ではないものを大切に考えさせ始められた時代を感じます。

ちょっとした戦争でも使われる兵器も殺傷力が大きなものです。
自然界の動きも人の動きも連動したものがありますから、
人が祈って雨を降らすことさえ出来るように、

人の祈りというのはとてつもない
大きなエネルギーを生み出すことも出来るのです。

戦いを起したり、自然界の災害などを
大事を小事に抑えていくためにも、
現代は祈るという気持ちが大切なことです。

霊的な感受性のある方々は特に知って、
すでに行動されていると思いますが、

日常の生活で追われすぎて
我を忘れることがないように再度、
祈る気持ちを大切に思い返してください。

遠くの有名な神社へ行かれたとしたら、
お近くでご縁のあるご祭神のお祀りされている神社や、
ご祭神にこだわらなくても住まいの近くの神社へも行かれてください。
神つなぎです。

神様のご縁を結んでいってください。
神様はお見通しの世界でも、
人の精神がつながっていこうとする気持ちが
育まれていかなければならない
精神世界の時代です。

人すべて神の魂の一部を備えているのです。
ご自宅の神棚でも、お近くの氏神様でも、気持ちのよいと感じられる
「気の流れ」のよい神社でもお寺でも、
心から祈ることができる場所に身を置かれて手を合わせてください。

ご自分自身のお願いでも、
ご家族のお願いでも、日本や世界のお願いでもいいのです。

個人的なお願いになってしまうとしても、
それは究極、平穏、無事、幸せがメインであると思います。

お参りをするそれは、悪が喜ぶような
「怒り・猜疑心・妬み・欲深さ」の心が生じていないのです。

悪は地上全体の変化にも関わっていますが、
その地上に住む人間の意識の連動でも退治できる力を持っています。

守られた人生であることをお祈りします



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2239397.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2018-05-17 08:34

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。