スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スピリチュアル ( 120 ) タグの人気記事

理由のない焦燥感

特に理由のない怒り、
家の中にいてもいたたまれず外に出てしまう。

考えていると何もかも収拾がつかなくなって混乱してくる。
気持ちからあふれてくる焦燥感に、
疲れ果てた自分は「生きていたくない・・・・」

だから「何をしていいのかわからない・・・」
状態に入り込んでしまうこともあります。

この場合には「どうにもこうにも死にたくなる」気持ちがあったり、
人によってはまったく別な理由で
悩み始めてしまうことが出てくることもあります。

霊的な現象とは異なり、心の奥、
魂の気づきのように自分の存在に対して
心を乱してしまうこともあるかもしれません。

自分はいったい何のために生まれてきたのか

どう生きたらいいのか

どうして嫌なことばかりなのか

なぜ、人の方が楽しく生きているのか

自分はいなくても誰も気にしない
など・・・・・


自分が存在するべき場を自ら追い込んでしまう考え方に
追いつめられるとき、心は一番苦しい経験をしています。

そういうことも、何度か考えながらも、
人生を全うできていけることが「生きる」ことでもあり、
自らの魂磨きの成長でもあります。

ただ、そういうことが頻繁に心で起こるのは、
霊的な介入があって、
邪魔をされていることもあるので気をつけなければなりません。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2247314.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-07-10 08:57 | 心の世界

神様のお使い 

神様のお使い役は、動物であらわされていますが、
熊野神社はカラス、八幡神社はハト、稲荷大神はキツネです。

神社の狛犬が「神使・眷属」
(かみつかい・けんぞく)と呼ばれて、
神さまのお使いをする霊獣とされています。

神への敬意でもあり、人間側が直接神さまに、
祈願するのはおそれ多いとされて、

神のお使いとしての霊獣を通して、
身近な存在としてお願いす対象でもありました。

怖がる方もいますが、稲荷様は五穀豊穣の農業神、
稲の神であることも理由のひとつで、キツネがお使いです。

昔から「山の神、田の神」の信仰があり、
春になると山の神が山から里へ、

そして田の神となって稲の生育のを守って、
秋の収穫が終えると山へ帰るとされてきました。

田の神、山の神と同じ時期に姿を見せるキツネの行動から、
キツネが神使とされるようになったといわれています。

稲荷神社は五穀豊穣の神で、食物を司る神様を意味しています。
稲荷大神のお使いの霊獣がキツネで、祭神ではありません。

ご祭神は「宇迦之御魂神」 です。
お使いの霊獣がキツネです。

「お稲荷さん」と親しみやすさも持っていますし、
もっとも生活に身近な神さまで、五穀豊穣、商売繁栄、
殖産興業、開運、火防(ひぶせ)の守護神でもあります。

お稲荷様には狛キツネや、置物などが多くあって
違和感を感じられる方もいますが、本来怖い存在ではないのです。

どこの神社でもそうですが、
欲がらみで行けばどこでもよいことはありません。

稲荷様は俗に怖いと言われるのは早めに
いろいろ知らせてくれるのです。

それをしないで無視すると、
「そうなってしまう」だけです。

稲荷様のほうが親切に早くわかりやすく
教えてくれる存在でもあるからです。

神仏霊、人、大事にしていればしあわせは離れません。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1714334.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-12-04 09:08 | 霊的な精神世界
気持ちの中と現実と、
思っていることとやっていることの差が大きすぎてしまいがちで、

ときには激しく感情的にパニックになってしまう中にも
霊的なことが介入していることもあります。

気持ちの中の重さと、本来の自分の考え方に
ズレが生じてくるようなこともおこります。

自分が弱い 強くない 人と比べて劣っている
心の中がどう生きていいのかわからなくて、戸惑い迷う。

それでもどこかに自分がここにいることを感じとりたくて、
自分を傷つけてしまうこともあるかもしれません

霊のせいと考えるか、
精神的な問題と考えるかの違いはあるかもしれませんが、

見えない心や感情は「現実的こと以外の 何か・・ 」の変化でも
影響を受けやすくなっているものです。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_23193152.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-10-01 09:10 | 霊的な精神世界
今まで一生懸命、自分なりにやってきたことが
間違いばかりではないだろうか?・・・・・

そのような気持ちの場が心の中に出来てしまうと、
明るい未来の考え方に進みずらくなってしまいます。

人や社会とどうつながっていくべきなのか、
人が嫌いではないけれども自分は上手に人と話して、
そして仕事をこなしていくことが出来るのだろうか・・・・・・・・


あるいは人より劣っているかもしれない、
それに自分は人から嫌われてしまうかもしれない。

自分が宙に浮いた存在で、どこにも根が生えていないように
「常に自分が宙に浮いたようにしか感じられません。

落ち着かない」という方もおられます。

自分の位置、魂のありどころ、
それは自分の感覚の中にしか見出すことはできませんが、
気持ちの向け方次第で変化してくることができます。

自分に不安を持ちすぎてしまうことが多
いと、どんどん落ち込んでしまう。

落ち込みすぎると、精神的にも
マイナス霊に影響を受けやすくなってしまうのでご注意。

まずは自分を信じる力から出発!



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_0333576.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-21 09:17 | 霊的な精神世界

結婚したら運が悪くなってしまったり、
離婚してからも彼氏が出来たものの
なおひどくなってしまったと訴えてくる人もおられます。

女性B子さんが相談にこられましたが、
B子さんは「両親は平凡なサラリーマン家庭でしたが、
結婚してから子宝に恵まれたものの、

結婚してしばらくすると夫は暴力をふるいはじめ
家庭生活は崩壊して、子供をつれて離婚したのです」
b0110639_2144326.jpg

さらに「離婚後に勤めた、職場の男性と知り合い
同棲するようになりましたが、この人は優しいのですが、
まるで居候のようで、仕事も辞めてしまい働きもせず、

私のお金を使い足りないときには両親にお金まで借りる始末です。
どうしたらこのような、不幸現象がなくなるでしょうか?
結婚するたびに運が悪くなるのです・・・・」

このような相談がありました。


このB子さんの不幸の原因は因縁もありますが、
低級霊に憑かれているのです。 
男性に尽くしすぎてしまっているところもありました。

ある意味では男性に対して人間としての
最低のルールを守らせる勇気も持たなくては、
つい甘やかしてしまい、気がつけば不幸もつづきます。

Bさんにはまず浄霊をして
低級霊が近づかないように守護を強くしていきました。

数ヶ月後に晴ればれした顔
再婚したい相手がいますがどうでしょうか?と
ご相談にこられましたが、幸せそうなBさんの表情で
ようやく幸せになれる相手と出会い
守護霊もうなずいることをお伝えしたのでした。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2015-06-27 09:14 | 霊的な出来事

霊が化け物にもなります


長いこと霊能者をしていると、霊は霊でも、
化け物に近い存在と出会うこともあります、

妖怪と化した者がいます。信じがたいかもしれませんが、
私は幾度となく視たり感じたりしてきました。

大半は最初から妖怪や化け物になったわけではないのですが、
執着があまりにも強くて絡まってしまった世界のようなものです。

実際このようなものとの戦いは望みませんが、事の成り行きによっては、
そのような霊にとり憑かれた人間を救わなければならないのも霊能力者です。

しかし幸いなことに、私には守護霊という強い味方がいます。
常に守護のもとに浄霊してきました。

この強い味方(守護)についてもらうには、意識の戦いの中で、心が逃げをとらないことが条件でもあります。

そして高度な守護霊についてもらうには、人間的にもおごり高ぶらないことが大事だと思っています。


b0110639_1515930.jpg


松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2015-06-16 21:48
動物霊と聞くと、別世界のことのように思うかもしれません。
けれども動物霊にとり憑かれてしまうような人は
周囲の人も巻き込んでしまう傾向がありますから注意が必要です。

特徴的なのは、人の意志を取り込もうとしてきます。

自分の言うことを利かせて操ろうとする人が周りにいるかもしれません。

操って仲間にしていこうとする、そして何でも言うことを聞かせようとして、
常に自分の配下にしてやろうとするのです。

幸せになりたいなら,「自分のいうとおりにしなければ、幸せにはなれない」
と、いうようなものです。

b0110639_14101665.jpgどこかの宗教みたいですが、人を操ろうとするものは、
一見素晴らしいものに感じさせて、
人の気持ちをとりこんでしまおうということもあります。



 松林 秀豪 HPへ
霊視 浄霊 魂

[PR]
by shugou110 | 2015-06-06 09:10 | 生き方について

心に

鬼がいる人には鬼が来る

悪心がある人には悪が来る

怒りは怒りをさそいます

誰の心には多かれ少なかれ

良きも悪気も存在はしているものです

だたそれを、どこでおさめるか、あきらめるか

心の鞘をおさめ方。

何よりつらいのは、自分の心を失くしてしまうことです。

おだやかであるように 大事に



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 感受性 浄霊


b0110639_11163833.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-05-01 23:09 | 霊的な精神世界
40代の奥様のご家族は
ご主人と子供(小4)男の子ですが、

そのご主人とお子さんが夜中に

まるで夢遊病者のように起き出して、
家から外には出ませんが、ウロウロしたかと思えば

また寝たりを繰り返して、
朝に目が覚めても何も覚えていないらしいのです。

奥さんがその様子を見ていると、
ご主人とお子さんはウロウロ歩くときに
目はほとんどつぶっているのですが、

器用に家の柱や壁には一切当たらずうまく避けて、
2人共ぶつかる事もなく歩いていたそうです。

そこで記憶がない2人に、ホームビデオで
そのときの様子を見せたところ、

本人達も驚いた様子で「まったく覚えがない」といっていたのです。

ご主人も息子さんも外では普通に過ごしていて、
家でも起きているときはごく普通にすごされています。

奥様が現象に気づかれたのは、
新築の家に越されてきて間もないときに始まり
現在にいたっているとのことでした。

お話を聞いているうちに、お稲荷さんが見えたので、
家を建てる以前の状況をお聞きしたところ、
以前からこの土地には先祖代々からのお稲荷さんがあって、

土地を売る際にあってはまずいと思い、
ただ処分してしまったと
元の地主から聞いたことがあるとご主人が言ったそうです。

それからはお稲荷さんに抵抗なければ
お家できちんとおまつりくださいと伝えました。
その後にお稲荷さんを置いてからは、現象はおさまりました。


松林秀豪ホームページへ

霊能
スピリチュアル
土地


b0110639_2340021.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-04-26 09:26 | 霊的な出来事

ご神水が心地よい

霊感の強い人で、ときおり浄霊にこられるのですが、

「浄霊に伺わないときでも、自分で何かできることはありますか?
体質的に霊的なものを受けたり、他人よりも疲れることが多いのです・・・・」

この方が行ける範囲で、気の良い神社へのお参りをおすすめし、
後日お参りにいかれたお話をうかがいました。

「お参りに行って、とても気持ちが良かったです。
神社の鳥居をくぐった時から、本当に空気感が違っていました。

それに、その神社はご神水が有名で、汲んでいる人もいました。
私は、お水を飲んでみたら、今まで感じたことがないくらい

体にしみこんでいくようで、それがとても気持ち良かったです。
清まるというのは、こういうことだと感じて、良い体験でした。

ときおりお参りに出かけています」
身体にしみこんでいくような感覚で、清められたと思います。

体の一部を養ってくれて、補ってくれることを感じられる人もいます。
心で感じとって、ご神水をいただくことも大事です。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 感受性 浄霊


b0110639_2332713.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-04-25 20:49 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110