スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スピリチュアル 霊能者 ( 17 ) タグの人気記事

大事に至る前に

30代の女性が、何日も体調不良で微熱は出る、
体は重い、気持ちは後ろ向き、

病院でいくつもの検査をしても結果はなにも異常なしで、
治療法もなく八方ふさがりで相談にこられたのですが、

その方を霊査していると、非常に表情の暗い悲しそうな
顔をしたおばあさんの姿が出てくるのです。

その女性の前に佇んでいるような姿で、立ち往生している姿でした。
問題はそのおばあさんがどこから
いつごろ憑いてきたのかを交信してみると、



この女性の守護霊が伝えてくるのは、
このおばあさんの霊を救っていかなければならないと答えがくるのです。

このおばあさんの霊とは無縁なのですが、
なぜそれでもその霊を憑けたのか守護霊に聞いてみると、

この女性が「肉体的なダメージを受ける前に
事前に霊的な問題を乗り越えた方が大事に至らないからだ!」
という答えがきました。

今回、霊的な影響を受けて体調不良にならないと無理をして、
長引く病気になるかもしれないことを霊的に守護が
くい止めてくれたのだということを強く感じられました。

こういう守り方もあるのだと言うことを知らされたのです。
この憑いていたおばあさんの霊を浄霊して、
守護たちの祈るような思いを女性にもお伝えしたら



「わかります。自分ではおそらくもっと
無理をしていたと思いますから、私にも身体だけではなくて

守護霊とか霊体というのは本当にあるのですね。
実はこのままではいけないと思いながら、

頑張りすぎているなと感じていたのです・・・・・・
今後は身体と心とのバランスを考えるようにしていきます。
自分にも祈る大切さが少しわかった気がします」
と話されていました。

守護霊が大事に至る前に、伝えてくれたのでした。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_1672118.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-01-26 09:17 | 霊的な精神世界

人付き合いも一期一会で

人が嫌いなわけではなくても、近所づきあいのが苦手な人がいます。
ご近所からいじめられたわけでもない、
それでも人付き合い自体が苦手な人もいます。

出会えば普通にあいさつはするけれど、気を使いすぎて、
なにを話していいのか、ひとこと話したら嫌われてしまうかもしれないなど

よけいな気を使いすぎてまいってしまう。

普通の人からみれば、それほど必要のないことまでとても神経を使い、
神経をすり減らしてしまうように感じられることもあるかもしれません。


ご近所の数人とたまたま立ち話しなければならないときに、
花がきれいだとか、木が伸びすぎたから枝切りしなければとか、

今度の町内会の運動会のことや、他の人たちは話がはずんでいるのに、
自分だけ心の中で「みんなどうして楽しいのだろうか? 

作り笑いして気を使っている自分がいけないのか? 
みんな楽しそうにしているだけではないのか・・・・・」 など

このようなことで悩みのツボに入り込んで、
内面でもがいてしまう人も少なくありません。

感覚が強すぎる人は、霊がみえる感覚とは少し違いますが、
人の内面を感じとる力が大きく働いてしまうこともあります。

内向的になりやすく、ご自分自身が悪いように考えて、
自分を責めてしまいやすので、注意してください。

まず自分の霊性(性質)を知り、
受け止めて安定させていかなければいつまでも
他人のことに意識が向かってしまうことになってしまいます。

一期一会を大事に、あとから考えすぎないように気持ちをきりかえて進むこと



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_23521075.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-12-20 09:25 | 生き方について
悪いことばかりを話さないように

人の話 身内の話し 
欠点を取り上げたり
愚痴を話しすぎると

いつも話題が限られて
気が付かないうちに精神的な心の階段を
降りていることにもなってしまいます。

常に気持ちをきりかえてください



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_23235998.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-14 09:15 | 心の世界

霊的な声

さまざまな霊的な影響というのはありますが、
そのひとつに自分ではない声が、

自分の行動に
命令してくるようなことが聴こえる方もいます。

例えば 病院に行きたいのに「行くな!」と聴こえたり

本を読みたいのに「読むな!」、
 おにぎりを食べたいのに「そばを食べろ!」

映画館に行きたいのに「出かけるな!」というような、

声が聞こえて、
命令的なことをしてくることもあり、うとましい。

b0110639_2354413.jpg

はじめは自分がおかしくなったのかとも思ったが、
自分がしっかりしたいと思うことは
声の存在などは無視をして行動できる。

霊的なこととはこういうことかと始めて気づいた方もいます。

何度かの浄霊も必要なのですが、気を持つこと、
表面の気と内面の気をバランスよく持つこと

知恵や知識が表をささえてくれます。

心やゆとりが内面をささえてくれます。
中心核が自分の魂です。

霊とのやりとり
霊との戦い自分の意識と霊の意識の戦い 

霊と人あやつろうとする霊の声に負けないように



松林秀豪ホームページへ

精神世界
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2015-10-14 09:11 | 霊的な精神世界

霊的感受性のいろいろ

霊的感受性がある方で、
目の前に薄いフィルターが覆いかかっていたような感じで
昼までも薄暗く雲がかかったように感じたり、

霊的なものかどうかはっきりしないが、
心の中が何かに覆われているような思い、

部屋の中や周囲の気の流れの悪さを感じる・・・など、

霊的なものが介入してきたときに
それが一つの重さのように心と霊体に関わってきます。


霊感の強い方で夕方から夜になると
極端に体が重くなって気持ちが沈んでくる、という方もおられます。

体も副交感神経に交代するような時間帯に、
夕方は体が休む体勢になってくると、

内面の霊的な存在が表面化されやすくなる時でもあるのです。

また人が寝静まった夜中に愚痴をを話し出すと、
マイナス思考が止まらないことにもなりやすいですから要注意。




松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_22323895.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-10-04 09:10 | 霊的な精神世界
40代のご夫婦が「家を建てて、
住み始めてから一年ほど経つのですが、
特別夫婦の中が悪いわけでもないはずなんですが、

些細なことでもめ事が多くて喧嘩をすることが非常に多いのです。
結婚して16年ですが、こんなに喧嘩をしたことがありませんでした」

やはり家の土地の問題のようです。
家の庭や、中の様子を伺うと、
ご夫婦がお互いに和室はここだ、とか違うここは洋間だとか
・・いつも暮らしているのに、話がチグハグしてくるのでした。

霊的な影響が強い家(土地)ではマイナスが強くなってくると、
どこに何が置いてあるとか、
わかっているつもりがチグハグになることもあります。

何度同じことを聞いていても、
まったくそのことが頭に入らない、

抜けていくように忘れている、言われると思い出したり、
そう言われると聞いたような気がするという感じなったりします。

特に家の土地の工事をはじめたりしたときに、
問題が生じることもでてきます。

自分の家なのに家のことを聞かれても、
そのときだけは頭から抜けたように、

毎日見慣れているはずの
家の庭の状態が思い出せないということさえあるのです。

自宅の庭石がどこにあったのか、
どんな大きさだったのかもわからなくなる・・

記憶力は関係ありません。
このような霊的なご相談も受けてきましたから、
こういうケースの場合には霊的なことに対して

家の土地が気になるときには、ご質問したりすると、
そのときだけはご相談者が
まったく家の状態を答えられなくなる、ということさえあるのです。


問題はご相談者ではなくて、
土地の霊たちが受け入れたくない気持ちが強いと、
人の気持ちや記憶感覚をさえぎられてしまうことさえあるのです。

そういうときにはしばらく説得をしながら、
悪くさせるために話しているのではなく、

人も霊たちも苦しまずに
良くなっていくのだということを話していきます。

成仏できていない霊は、まだ人に近い気持ちですから、
霊は人の意識や感覚の中でしっかり聞いて捉えているのです。

このご夫婦のお家にはご後日出張に伺い、
霊の供養と浄霊をして、その後はご夫婦が喧嘩をすることもおさまりました。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1224442.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-17 09:03 | 霊的な出来事
写るはずの無いものや
人の姿(霊)が写っていることもあります。

これは人の次元と異次元がつながることで、
一瞬に現次元と異次元(霊)が重なることがあります。

我々の次元は流動的ですが、
次元の違う霊界では死の瞬間の部分が残るのです。
まるでビデオ映像を繰り返しているようになるのです。

霊界はこのような世界もあるのですが、
俗に言う天国と地獄と人間は大きく分けますが、
もっとたくさんある世界でもあります。

生きていた時の執着心がどの程度かにより別れます。
霊が写るものがすべて悪霊と限りませんが、

ただ気持ちのいいものではないので
お寺さんでお焚き上げする事をおすすめします。


ご相談に来られた女性が、「ビデオ映像で、
ある有名な自殺場所の景色を撮影したテープを

自慢げに5人の仲間と一緒に見ていたら2人
が声を上げて怖いと言ったのです。

その場面を戻して見ると、半透明ですが、
はっきりと男性が飛び下りたのが写っていました。

もちろん撮影したときには誰もいなかった・・・・
全員が鳥肌が立ってしまったのですが、

実はそこから帰った時から
体がとにかく重たくて仕方がないのです・・・」


結局、自殺した霊に憑かれていました。
自殺の名所は感受性が強い方はあまり近づかないほうがよいです。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_0103686.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-06 09:06 | 霊的な精神世界
人は自分の人生をいままでの経験から決め付けてしまうことが多く、経験することで、こうするとこうするとこうなるから、
やめておこうということになります。

確かに悪いことに関していつまでも学習できなくて
同じことをしていくことは最悪だけれど、良い方向になるにもかかわらず、

むしろそれに気がつかないで本当はやってみたいことでも以前に
これでいやな目にあったり、大変なことに陥ってしまったので

怖いからやめておこうというように、
怖がりすぎてよいものが見えなくなってしまう古tもあります。

経験は大事ですが十分考えて怖がらないで進みたいことはやってみることです。


それが自分らしく良い方向に進めるのでしたら
必ず力を貸してくれる人もあらわれてきます。


それに何よりも何度も失敗をしても
自分が進んできた方向に行くことで悔いが残らないですみます。
過去に苦しめられないように




松林秀豪ホームページへ
b0110639_2254266.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-03-30 09:24 | 心の世界
普段街を歩いているときに、
後ろに人の気配を感じて、
振り返っても誰もいない。

けれども誰かが後ろにいるような気がして
何度も何度も振り返ってしまう人がいます。

ある人は何度も家族に頼んで一緒に後ろを振り返ってみてもらうが、
「誰もいないし、気にしないほうがいい」 と言われてしまう。

実際、レストランで壁際に座っていても
後ろに誰かが居る気配がして落ち着かない。

そういうことがしばらく続いたときに、
霊的な問題があるかもしれないと思い相談に来られた人がいます。

このような人は、
「神経過敏で、自身がコントロールできなくて情けない」と思いがちですが、

霊的には他の人にはわからない波長の気配を感じとっているのです。
音にしても微妙な音の違いで、聞こえる人と、
何も聞こえないか聞き逃していることもあります。

ましてや自分自身にだけ関連のある、
霊的な存在は余計に人には気づいてもらえないことも多いものです。



松林秀豪ホームページへ スピリチュアル精神世界 現象 
b0110639_23554047.jpg

[PR]
by shugou110 | 2014-12-26 09:32 | 霊的な精神世界
いままでになかった感染症や、伝染病、災害、
精神的バランスの乱れなどが、次々に出てきている時代です。

小学生が二人で飛び降り自殺してしまう。
耳を疑うような事件、事故も起こります。

突然のように、
自らの精神的なコントロールが誤作動してしまうように、
間違った選択をしてしまうかもしれません。

肉体的にも精神的にも霊的にも、不安定で苦しいのかもしれません。
感受性の強い方は
身の置き所がないような感覚にも
まきこまれてしまうこともあります。

出来る限り気持ちを振り回されないように。
ゆとりを失わないように

お話は少しかわりますが、
先日、町を歩いているときに、3才くらいの男の子が、
広い歩道なのでご両親より数歩先を歩いてきて、

私とすれ違うときに、
小さな手を振りながら「こんちは~」とあいさつしてくれたので、

私も笑顔で手を振ってかえしたら、
すぐに追いついてきたご両親が、

私に「ありがとうございましたー」と
とても気持ちの良い会釈をされた。

言葉一つ 態度一つで 
お互いに気持ちが良いものです。
礼儀正しさは心のゆとりももたらしてくれます。




松林秀豪ホームページへ  スピリチュアル 霊 除霊 心、守護
b0110639_23294726.jpg

[PR]
by shugou110 | 2014-09-08 09:18

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110