スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

婚活しても

20才で結婚されて、
4年で離婚をされたA子さんは、
離婚後も婚活をして交際をするのだけれど、

どうにも問題がある男性ばかりで
うらぎられるばかりだとのこと。
交際しても自宅へもよぼうとしない人、

お金を貸してくれと言う人、
すぐに逆ギレする人などなど、
出会うけれども、
なかなかまとまらないことばかりだったのです。


「なぜ変な人ばかりしか、
出会えないのでしょうか?
私が悪いのでしょうか?」

さっそくA子さんの霊査をしていきますと、
守護が伝えてくるのは
「良き人生を過ごすためには、
判断力を必要とする。

A子さんはその勉強の為もあるのと
同時にA子さんの役割があるから、
互いの先祖と縁のある人と出会わせて、

晩年に苦労を回さないように、
先に悪い縁を経験させてきた。

ただしA子さんは守られていることに気がついていない。
自分勝手に
決めつけてしまうところもあり、
物質世界だけがすべてではないことを知るように伝えてほしい」
そういう守護の気持ちが伝わってきたのです。


このような守護霊のメッセージを
お伝えし、霊的な世界はあるということと
これまでの、A子さんに憑いていた霊を
浄化させました。

一年ほどのちにA子さんは、
とても信頼できる男性と出会い、
再婚されたのでした。

霊的なことを見直していくことは、
憑く霊だけではなく、
自身の精神的な部分にも
「気づき」の変化が起こってきたので、
人生観も良くなってくることができます。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_164322.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-30 08:59 | 生き方について

自分を疑わないこと

自分が自分で信じられないと考えてしまう人もいます。
自分を疑わないこと
否定しないこと
自分などが生きていても
何にもならないと思わないこと

大勢の中の一人
それは誰もが、皆んな同じなのです。


他人よりも自分はなにもできていない、
人の役に立っていない、

そう思って追い詰めてしまうのかもしれません。
自分の存在を、
きりがないほど否定しないこと。 この世に生まれた、魂は
人間界の動きづらい
肉体をまとっています。

そしてこの人間界でしか
できない体験をしてのです。

物理的なことだけでは、
納得のいかないこともあります。


それぞれの生きる役割の違い、
考え方生き方の違いもありますが、

霊界で魂が選ばれて、
納得の上で生まれてきたことでもあります。
霊的な存在(スピリチュアルな存在)に
見守られています。

いずれは人間界の離れていきますが、
ご自分が生まれ生きていくことが、
困難であることは、
魂の自分が経験していくことが必要のためでもあります。

無駄なことは一つもありません。
世の中の大切な一人として

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_15575432.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-28 08:54 | 心の世界
予言というのは、
すべてが当たるということは、
なかなか難しいようです。

自然界も人もエネルギーの変動は
起こりますから、
確実ということがずれてしまうこともあり、
予言されても回避されてくることもあります。


自然界も人間界もすべてが、
生きて意識を持つ存在だからです。
それと人の意識が大きく作用してくるような自然現象もあります。

古来から呪術師が雨乞いをすると、
実際に雨を降らすこともできました。

イタズラに人心を迷わし、
不安にさせてしまうような予言は、
大事を小事にするどころか、
不安を増長させてしまう
エネルギーにもなってしまいかねない。

予言も当たる方は必ず、
どうしたら小事におさまるだろうかと
いうことも付け加えておられます。

不安に迷った気持ちが、
よくない事態を引き起こすことも
ありえるからです。
あるテレビ局で晴れ男女、
雨男女を何名か集めて
実験していましたが、
見事に中間の曇りがつづきました。

結果引き分けだったのです。
古来より雨を降らす
祈祷師が存在してきたように、
自然界と人の持つエネルギーは連動しています。

不安な予言に惑わされ過ぎることがないように
守られた人生であることをお祈りいたします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_15542563.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-26 08:50 | 霊的な精神世界

水子さん

水子さんがいらっしゃる方も
おられると思いますが、
水子さんは悪さするような存在ではありません。ただ霊的には、
心の供養をしてあげないと、
親としての責任もあります。

水子だからといって、
手も合わせることなく、
ほおっておくような気持ちでいると、
他の浮かばれない霊を、
呼びこんでしまうこともあります。
霊的な世界を大切に。


供養と行ってもお墓がないですから、
お寺におまいりされて、手を合わせる
お気持ちだけでもご供養になります。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_1550971.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-24 08:47 | 霊的な精神世界
Aさんはご主人の実家にいかれたとき、
「必ず1、2泊するのですが、
時々声が聞こえる気がするのです。
何度か行ったのですが、
いつも聞こえてくる気がします。
それは唸ったようなざわつきなのです。

とても気持ちがよくない・・・
でもなかなか家族には言えなくて」
霊査すると土地にいる霊で、
普通の人にはわかないほど、
霊的には強烈な恨みの強い霊ではありません。


Aさんのように霊感の強い方が、
やっと感じられる霊です。
霊にも強烈な存在と
そうでもない霊といます。

はじめてAさんが気がつくことで、
土地霊のご供養ができたのです。

霊に声帯はありませんから、
よほど執着がなければ
はっきりとした声では聞こえません。

それでもAさんのように、
気配やうなり声のようなもので、
気が付かされることもあります。

後日Aさんはご主人のご実家で、
霊的な感受性が強いことと、
自分が感じたことを話して、ご家族の理解を
いただいて、土地のお清めをされておさまりました。

守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_15464656.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-22 08:44 | 霊的な出来事

日々決断の連続です

毎日生きることは、日々決断の連続です。

何を食べようか、買い物はどうしようか、
何を着ようか、右に行こうか左に行こうか、

のように、決断の連続で毎日過ごしていきます。
そして、
良いことをするときは良い霊がついてくれます。
悪いことをするときは悪い霊がついてきます。

生きる希望や、気力をなくしてしまったり、
他人の不幸ばかりを願ったりしていると、
悪しき霊が近づいてしまうこともありますからご注意。

決断の連続が正しいものでありますように。
守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏



b0110639_1544079.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-20 09:40 | 霊的な精神世界
人づきあいが大好きだった方が、
人の目が怖い 人混みが怖い、

家族以外の人と接することが怖くて、
自分の欠点ばかり気にかかるようになって、

自分でも、人に会いたいのに、
なぜだか人が怖くなってしまった方がいます。

うつ的に落ち込んでいるわけでもない・・
霊的なことが原因で、
そういう気持ちになってしまうことがあります。

ある方は自信があった仕事なのに、
いままで考えもしなかった、
人の裏側の気持ちを、悪いことばかり
考えるようになってしまった。

病院の薬を飲んでも、
この感覚意識が変わらない。

霊的にみると、これまで物質的世界の自分と、
内面の世界の自分の霊性が極端に反応をして、
霊的な自分と肉体的な自分が、
一時期バランスを崩し、
過敏反応を起こしていたのです。

霊的な気づきの時期が訪れたときに、
過敏に反応を起こす方もいます。おそれないこと。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_15402747.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-18 08:36
Aさんは、ご自分がことあるごとに、
お坊さんの姿を夢で見たり、
自分を守護してくれていると感じたり、

「でも自信がなくて、
いったい守護霊なのか、前世の自分の姿なのか、
良くない霊なのかわからないのです」



私がすぐに感じたのは、
この方は確かに前世で
修行をしている情景が浮かびましたが、
けれども今Aさんに憑いている
お坊さんの姿ではないのです。

はっきり言えばこのお坊さんは
守護霊とは違いました。
けれども悪い霊ではありません。

しかし表面に出すぎていたのと、
生きているときに出来なかった
お坊さんとしての役目が
しきれなかったことを悔やんでいる、

霊の思いが強すぎたため、
その霊が自分の過去なのかと思ったり、
振り回されてしまったのです。


Aさんの人生の生きる道を
途中まで共に修行していくために
つけられてきたのでした。

なぜ?と思いますが、
私たちは常に自分以外の霊が
誰にも憑いています。

守護もいれば共に修行と経験をつんでいく霊、
考え方によっては低級霊も近づいてきます。

Aさんには
しばらくあるお寺参りを一月ほど
続けていただき、その後、
浄霊してお坊さんを
感じることはなくなってきたのです。
守られた人生であることをお祈りします


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_1536346.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-16 08:32 | 霊的な出来事
自分は他人に恨まれるようなことをしたのではないか?
いつまでも過去のことを思い、せめてしまい
、相手を傷つけているのだと思い込んでいるだけで、
当の相手は恨んでもいなければ、
悩んでもいないこともあります。

霊感の働く人は、
ともすると妙に深く考えすぎて、
良くないことへ意識が行きがちにもなるものです。
また変わったケースではB子さんは、
自分はすごく人から恨まれている、
という感じがあるが、
恨まれるようなことをした覚えがない。

これはB子さんの意識とは別に
「恨まれているのだ」という
意識の強い霊が憑いたのです。


けれどもB子さんはどこにも
恨まれる要素はない、
それなのにどうして?
それは B子さんが仕事で親しくなった
Cさんの愚痴を何度も聞かされて、
その愚痴がまるで
「恨みごと」ばかりだったのです。



B子さんは知らず知らずCさんの
霊的な影響も受けてしまっていたのです。
B子さん「あのときはCさんといるだけで、すごく気が滅入ってくるのを感じていました。
自分にまで影響がくるとは思っていませんでしたし、
普段の私ならそういうことは聞きたくないといって、断るのに変でした・・・」
霊的な影響は人の心を介して来ることもあります



守られた人生であることをお祈りしています
松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_1532323.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-14 09:29 | 心の世界
Kさんは、
「 見ず知らずの人に、顔を睨まれたりすることがあります。
ある時は、私の方に向って来て直前に
「はっ!」としたような顔をした人もいました。

自分だけをじっと見ている人もいたり、
そういうことが多いのです・・・・
自分には霊的なものが憑いているのか、
私の背後に邪悪なものでもいるのでしょうか? 」


Kさんのように、
このようなことに近い経験を もっている方もいるかもしれません。

邪悪な者が憑いているからではなく、
普通よりも霊的な存在とつながりやすいためです。

相手が向かってくる感覚は

霊的な感覚がない人にとって、
「変な人だな?」 という程度で終わってしまうのでしょうが、
霊的な感性が強いと、

見ている人や向かってくる人の背後に
霊的なものを 感受しやすかったり、
襲いかかられるような意識に感じられたり、

相手の目線や目つきなど突き刺すようにも
とらえてしまうかもしれません。

それはご自分が邪悪なのではなく、
相手に憑いている何かが放つ
乱れた波長でもあります。

人の背後や意識に憑いている
邪悪なものを感じてしまうだけです。
物質的な人の姿はもちろん見えますが、


人の周囲を取り巻く
見えない存在をキャッチしてしまう人もいます。
自分を邪悪ととらえないで居場所を狭めないように。
守られた人生であることをお祈りしています

松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_19543220.jpg

[PR]
by shugou110 | 2017-04-12 08:49

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110