スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

何気ない話でも、霊的な話をしていると、
感覚の中で違和感が出てくる方もおられます。

ご相談をしている途中に、ご相談者の方が
「自分はここにいるし、お話もしているのですが、
体が浮いたような感覚になってくるのです」そして
「自分ではない意識が一緒に聞いているような感じがするのです。
特に先ほどから魂の話や先祖の話しをし始めてから、
とても自分の前に誰かがいるような感じがしていますが、
自分がおかしいのでしょうか?」
と感じられる方もいます。


霊的な世界は肉体ではありませんから、
霊的な思いの意識が人の感覚意識に
働きかけてくるような状態になるのです、

霊的に過敏な方の場合、
苦しい腹立たしい感情がでてくることもあります。

霊界に移行できない霊の存在が、
人の気持ちや日常生活に影響してくることもあります。



人の感覚に影響を及ぼしてくるような状態でもあります。
霊といっても未成仏霊は、
意識感覚がまだ人間的な世界に近いところにありますから、
人の感覚の中で現れてくるときもあります。

見える世界と見えない世界は常に紙一重で存在します。
霊的なことを話していると違和感を感じられるような時には、
霊同士が浮き上がってくると、人が違和感を感じたるすることもあるので、

守られた人生であることをお祈りしています。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22573046.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-30 09:27 | 霊的な精神世界
ご自分の守護霊や神様と交信してみたい。
話をしてみたいと思うことがあるかもしれません。
思っているのに話も出来ない話しかけてもくれない・・・

本当に意識の高い守護霊や、
神仏の世界であればあるほど
簡単におしゃべりなどはしてこないものです。

人の人生を尊重していますし、目に見えるようには
余計な手出しはしてきません。
見えないところで助けてくれる存在です。

特に神様が自分に命令してくるようなことはないのです。


たとえばその神様だと勘違いしている存在に、
「今日は1時間正座をして反省しなさい、
どうして言うことを聞かない、
病気にしてやるとか病気を治してやる。
守護霊だ、神様だ、悪魔だ・・・・・・」

と、言われてしまう人もいます。
心の中でそういう問答をしてくるという霊的現象もあります。

またこれらの現象でも光が見えたり、
だから神様のことを思うと同時に、
頭が締めつけられるようになるので、
神様が怒っているんだ。っとこれは勘違いです。

神は怒って締めつけてきません。

神を思ったとたんに頭が締めつかられるとしたら、
神の名を語る低級霊たちです。


神様を名乗る霊か、自分の感覚か、
どこに自分の意識があるのか、
はっきりふりわけていかなければならないこともあります。

良く考えて惑わされないように。

神は決して嫌がらせにをしたり、
怖い存在でもなく、ひたすらやさしい存在でもなく、
人に口出ししてくる存在でもありません。

守られた人生でありますようお祈りいたします



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22411328.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-28 09:18 | 霊的な精神世界
子供さんが4人いるA子さん(40代)は、
4人のお子さんの中でも、
1人だけを異常に叱ってしまうということでした。

A子さん「私には4人の子供がおりますが、
真ん中の子だけがなつかないし、その子だけ叱るときは、
自分が自分ではないような気がするほど強く、
激しくなっているいるのですが、
叱り始めると自分の正常心になるまで時間がかかります。

もちろん我が子ですから、心から可愛いです。
いたずらをすればどの子でも怒りますが、
真ん中の子にだけは非常に厳しくいってしまいます。

主人ももう少し優しく注意したら?
厳しすぎるのではないか、と言われて・・・」


私が霊視したところ母親と
子供さんに憑いている霊が、たがいに敵同士なのでした。

親子でも生まれもった魂の違いはあるのですが、
もちろん皆んな性格も違いますが、
A子さんと真ん中のお子さんのご縁が深い魂でもあるので、
多少の言い合いではお互いに傷つくことはないのです。

それにしても、穏やかでありたいですから、
共に憑いている霊を浄霊して、
ときおりご先祖のご供養とお墓参りを心がけていかれることをお話ししました。

それ以降は、一人だけを
異常に叱ることはなくなってこられたのです。
守られた人生でありますようにお祈りしております。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22355790.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-26 09:10 | 霊的な出来事

人より動けない自分

誰もが人と自分とを比べて考えてみることはありますが、
身近なところでは、親を見てしぐさや話し方が、
自然に身についてしまいます。

生まれてきた環境、運命、性格や体質。
人の2倍も3倍も動ける人、普通の人、
人よりも動けない人、

なにも問題もなく自然に動ける人からみれば
「だらしないサボっている」と、
表面からしか判断できないかもしれませんが、
もって生まれた体質や個性の違いもあるということです。

はたしてそういう人は動きたいのに
どうして動けないのか、病気なのか、
怠けている自分がいけないだけなのか、

悪いのは自分か、はたまた霊的なことが影響しているのか?
自分が抱えている見えない何かか?

ただそれらの要因が深いところにはあるかもしれません。
霊的体質  魂
この世に生まれてきた
理由と役目に思いを巡らせてきたら、
精神世界を考え始める時期かもしれません。

ある方は生まれつきとても行動するのが遅くて、
動きたくても動けないというのです。

すから、現実的な思考だけでは
答えが見出せないこともあふれています。


Aさん(30代 女性)は、
「皆と同じ行動をしているだけなのに、
とても疲労感を感じます。

特別無理をしているわけでもないのに、
自分だけ極度に疲れてしまうのです・・・」


皆なさんと同じ行動でも、
感受性の強い人は、異常に疲れることも多いのです。

人が感じなくてすむことまで、気がついてしまう、
あるいはその場の空気感に非常に敏感ですから、
霊的な体内スイッチとでもいえる
切り替えがうまくいかないような状態であります。

職場なら少しだけ外に出て深呼吸。
移動中の車内なら、軽く目を閉じて瞑そうなど、
少しでも、一瞬一瞬きりかえてください。

守られた人生をお祈りしています。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22243617.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-24 09:17 | 霊的な精神世界
ご親戚が多いと、
数年に一度は誰かの法要が営まれたりします。

関西地方のお住まいのあるお家では、
その法事のときに親戚の皆さんが
お寺に集まるのですが、必ず何かが起こるというのです。

ある親戚は法事の当日に
急に熱が出て病院に行き来られなくなり、
でも法要の終わる午後には熱が下がったり、
ある親戚は、お寺で読経中に娘さんが気を失ったり、

小さいお子さんの一人が、小さな赤い傷が浮き上がってきたり消えたり・・・・。
親戚のお祖母さんが、
「法事の間に大勢の人(霊)がお寺の周りにいた」といったり、



このお家ではその親戚の
親類縁者がたくさん集まる法事のときに限って、
何か問題が起こるのです。

そのお話を伺って親戚が集って法事を行っていることは
故人の供養ですから大切なことですが、

そこにご先祖の供養なども含めてご供養をお願いすると良いのです。
お寺の周囲に取り囲むようにいる人(霊)たちは
供養されていない霊たちですが、

ご先祖をご供養していくことで
先祖にお任せして導いてもらうのです。

その後に法事の際にそれを続けていくことで、
不思議な現象は起こらなくなってきたのです。

見えない世界でもつながっています。



守られた人生であることをお祈りいたします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23402791.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-22 09:10 | 霊的な出来事
30代の男性が、12歳の頃から
ありえない現象があり、「他人に憑いている霊が見えはじめ
怖いと両親に訴えたのですが、霊的なことは相手にされずに
病院につれていかれ、それ以来クスリを処方されていますが、
見えることは治まらず他人に話すと気持ち悪いといわれ、
あげくに変な人と思われる」

このような現象で悩んでこられたのです。
この男性は不幸にも霊的な訴えを誰からも理解されず、
今日まで過ごしてしまったのです。

b0110639_9481775.jpg

そこで私は現象をただ避けたいと、考えるよりも
守護霊とともに霊を救うことを考えてくださいとお伝えしましたところ、
徐々に現象はおさまり、
同時にクスリりも減らしていかれて、
今は飲むことはなくなりました。


精神状態が不安定になり霊的な現象も
精神的な病だけでみなされることもあります。

病院での診察では
統合失調症と診断言われて処方されることも多いようです。

確かにクスリで現象が治まるように思いますが、
これは神経過敏を抑えるだけで
霊と心と魂の解決ではありませんから、
霊感が強い方にはしこりが残ったように
不快感が生じてくる可能性も大きいのです。

医師は霊と言うものは理解しませんからしかたないのですが、
症状の中に霊的なものが強い場合にはクスリが
あまり効かないこともあるかもしれません。

霊的現象を精神的な
病気だと勘違いされている方も多いのです。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2016-09-20 09:30 | 霊的な精神世界
Aさんは
「家業を手伝っていますが
従業員となかなか意見が合わないこと、

常に契約がスムーズに運ばなかったり、
非常に悩ませられることが多すぎて
がんばっていたのですが、

私自身苦労はいとわないのですが、
やることなすこと裏目に出てしまうことが増えてきて、

霊的なことをみてもらったほうが
良いかもしれないと思いました」


Aさんは一生懸命やればやるほど、
周囲と遠のいてしまうようなことになってしまうのです。

表面的なことよりも、
内面的なことに向かってしまうようなもので、
Aさんはがんばりやの、努力家ですが、
気づきすぎてしまうので、気配りしすぎてしまう。

相手の思っていることまで、
細かく捉えてしまうことが多かったのです。

ご自分では一生懸命ですが、
思ったほど相手に伝わらないのは、

Aさんが霊的に受けやすい為に、
見えない荷物を背負い込んで溜め込んでしまうことでした。

そうなると波長が違いますから、
気づかないうちに
周囲との会話にもズレを起してしまうことや、

気も強く判断力もしっかりしているはずでも、
大事なところで意志の疎通がズレてしまうこともあります。

Aさんは自分が霊的にも受けやすい体質だと理解しながら、
悪い気をため似ようにすることで、仕事もスムーズに運べます。

たまに浄霊にこられますが、
その後は仕事もスムーズに運ぶようになられています。
守られた人生であることをお祈りいたします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


b0110639_23313968.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-18 09:16 | 霊的な精神世界

実家にあったお地蔵様

S男さんは

「お地蔵さんの夢を見ました。目覚めてもはっきり覚えていたのです。

お地蔵さんは普通はやさしい顔をしているのに、

夢でみたお地蔵さんの顔はきつい顔をして

こちらを睨み付けて何かに怒っていた」。




S男さん「実は最近、両親が他界したため、
両親が住んでいた家を売却して、
その際に古くから敷地に祀られていた、
お地蔵様と道祖神を私の会社の敷地に
とりあえず移してきてから、
悪いことばかり続いています
これからどうご供養したらいいのか迷っています」。

きちんとした移し方をしていないために、
長いあいだ、ご実家で拠りどころとして祀られてきた
お地蔵さんの姿を代表して、粗末にするなという意味でした。

お地蔵様や道祖神に宿る霊もいます。
S男さんの会社に伺い、
きちんとまとめて供養して、
悪いこともおさまって来られました。


大事に祀ってこられたものは、きちんと移動されるか、
御魂抜きをされるかしておかなければなりません。
守られた人生でありますようお祈りいたします。

松林しゅうごうHP
b0110639_2313275.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-16 09:22
環境によって、自分だけ不幸だと思う人もいます。
貧乏だからとか親に不満があるから、
社会についていけないとか、
自分は不幸な人間だと思ってしまうこともあるものです。
b0110639_10133974.jpg

こう思い込むとつねに自分が
精神的にも弱くなっていく、弱くなってしまった心が今度は、

「自分の不幸は人のせい」
「自分は悪くない」と逃げの心になり、

それがエスカレートすると、
ノイローゼやうつのような状態になる可能性もあります。


こうなれば霊的にも憑依されることになりやすく、
人に意識があるように、霊にもあり、
空間(次元が違う)の中に存在しています。

落ち込む環境の中でも、
世の中不幸なことだけではなく、
感謝の気持ちを心から思うことも大切にしてください。

感謝の気持ちが増えれば、多少の不幸も乗り越えやすくもなります。
感謝の心をもたないで、愚痴や恨み言ばかりが続くと、
不幸探しになってしまいがちです。

自分が背負ってきた不幸や苦労を懸命に
越えていこうとする心は、マイナスなことから
抜け出していくことが早くなります。

不幸探しばかりに心を置いてしまうと、
自分自身を見失ってしまうことになります。

不幸を幸福に転換できる力を持っているのですが、
ご自分が上手く使いきれていないこともあります。
人を責めて、自分までつらく追い込んでしまっていることもあります。

「つらいつらい、不幸だ不幸だ、皆は幸せなのに」と、そればかりを思うと
自分の居場所を見失しなわないように。
守られた人生を送れますように、お祈りいたします。




   松林 秀豪ホームページ
[PR]
by shugou110 | 2016-09-14 09:11
Aさんは
「自分だけが会社の課長の近くのデスクにさせられ、
いろいろ仕事を教えてくれるのですが、
異常なほど、こまかいところまで指摘されます。

特に人と会うような仕事内容ではないのに、
スーツの色にまで口を出されるんです。

同僚にも、当初はAだけかわいそうになぁーと言われましたが、
会社では課長からすべてを監視されている気がして、
仕事以外はほとんど誰とも喋れませんし、
誰も話しかけてこなくなりました。何か変だと思うのですが・・・」


Aさん自身が、とても素直で課長にとっては
仕事も教えやすいと判断されたのでしょうが、
確かにプライベートまで、微にいり細いにいり入り込みすぎです。

上司は仕事のチェックをしているのが役目ですが、
上司に人格的な問題もある。

特に自己主張が強くて、自分の立場を
強調するような上司に悩まされている人も少なくありませんが、
Aさんのように感受性が強いと、

1の負担が10の負担にも思いやすくなりますから、
もう少しだけ楽観的に考えていたほうが良いのです。

それにプライベートなことにまで話をして、
押しつけてきたときにはきっぱりことわるか、
返事をしないことです。

徐々に上司である課長に、
入り込まれる部分を狭めていかないと、
公私混同されてしまうのです。

人格的にも霊的にも課長に問題はありますが、
Aさんも態度を曖昧に答えないでしっかりする事も必要なのです。

そうでないと課長のように、支配しようとする
低級な心に霊が宿り人を動かそうとするのですから
ご自身もしっかりしてください。

その後、遠隔で課長の浄霊もしていきましたが、
しばらくして課長の地方への転勤が決まり、
Aさんがんばって勤めています。
守られた人生でありますようにお祈りしています。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22453269.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-09-12 09:37 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110