スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

新しいものが次々に開発されてきたおかげで、
生活は年々便利になり知識,学び
そして想像して新たな物が創り出されてきます。

携帯やパソコン、
コンピューターがすごい早さで普及してきたように、
人は物質的にはかなり速い速度で進化します。


機械が先行して進化していても、
人の体は機械のようには、
細胞がより早く細胞分裂しているわけではありません。
心や精神も極端にはスピードアップしているわけではないのです。

携帯依存症という言葉もでてきましたが、
人や情報と常につながっていないと不安になったり・・・
感性が強い人の方が、精神的に不安定にもやりやすい傾向にあります。


携帯スマホやパソコンを一日中使うようになってから、
姿なき声や、気配や影を見るようになって、

誰かがいつも自分のことを見ていると感じ始めたり、
不安要素が出てくる人も多いのです。


このような人を霊的に視ていくと、
たしかにご本人の周囲に霊がついていたりします。

携帯やパソコンなど集中して、
寝る前まで携帯を離さずにいるような状態では、

自分自身の心を省みる時間すら無くすため、
心をしっかり保てなくなることもあります。

日々5分でも、携帯を止めて深呼吸、
きょうは何をしたか、あるいは何をしたいかなど
「自分だけの心で対話する」ことも大事にしてください。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


b0110639_2272482.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-29 09:30 | 心の世界
新築の賃貸マンションで起こった出来事ですが、
入居者もすぐに決まり住み始めてから1年が過ぎる頃、
入居者の出入りが激しく変わってきたのです。

お子さんのいるご夫婦の世帯や、老夫婦、新婚家庭、
独身者とさまざまでしたが、マンションを出て行かれた方は、

それも余りよい離れかたではなくて、
別居のように一人で出て行かれたりあまり戻らなくなってしまう方もいる。

あるいは離婚されてしまったり、
激しい喧嘩が何度も騒ぎになる入居者もいました。


ここのオーナーさん(大家さん)のご相談を受けましたが、
「マンションに建てる前は代々の農家で
畑になっていたところだったのです。

マンションにして人が住み始めたら
この状態で土地が良くないでしょうか?
なんだかもめ事ばかりで・・」と聞かれました。


霊査をするとこの土地の昔の情景が出てきたのですが、
戦って逃げて追われて討たれた人たちの過去の情景がはっきり出てきました。
過去のエネルギーの想念が残っていて戦う意識が強いのです。

出来る形での供養をしなければおさまらないので、
浄霊し清めていくことをしばらくの間は続けていくようにお伝えしましたが、

その後一度お伺いして、土地の浄霊をしました。
その後、入居者も固定し始めて、落ち着いてこられたのです。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21515212.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-26 09:28 | 霊的な出来事
地獄という、誰もが想像する世界は、
宗教的に教えられてきたイメージを
思い浮かべることが多いと思います。

宗教的には、人を戒める為に
想像して描いた教えが広く大衆に広まった部分も大きいのです。

霊的には地獄は人が亡くなり、
まずは霊界の入り口である精霊界に行き、
そこで亡くなった事に気づき、
肉体も物もすべてなくなったことを悟ります。

この状況に最初は戸惑ったり、
思いが人一倍強いとそれが執着心で残ります。

この執着心が地獄の始まりです。

*例えば自分自身が死んでも、なおかつ欲しい物にとらわれているとしたら、
その物が目の前にあればそれだけに心を奪われます。

同じ気持ちを持つ者が何人(霊)もいる。
そうしたら1つの物を何人(霊)かで奪いあい、
バトルを繰り広げてしまいます。

そしてやっと手にした途端その物が消えてしまい、
別の場所に現れる(幻覚)また奪い合う、
これを永遠に繰り返すような執着が、
地獄の始まりになってしまいます。

もちろん執着心が抜ければ成仏し、
開放されて天国のようなこだわりも
縛りもない世界で幸福になっていけます。
地獄は欲と執着の映し鏡でもあるのです。

欲や執着は生きているときから、
適度にコントロールしながらバランスをとっていくことが大事です。
欲や思いが強くなりすぎないように。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2365126.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-25 23:07 | 霊的な精神世界

まだまだ寒い日も

まだまだ寒い日もありますから小さな命を守るためにも
     ↓


[PR]
by shugou110 | 2016-02-24 09:21
誰もいないところに、気配を感じてしまう方がいます。
そういうことを感じない人に話をすると、気味が悪いとか

変人扱いされてしまうことさえあり、誰にも言えなくて
精神的にまいってしまうこともあります。

30代のご主人が自宅のリビングでご家族といるときに、
「家族のほかに2人いる気配がして落ち着かない・・・」

このことを家族に話をすると最初はみんな
「気持ち悪いとか、お父さんどこか変だ!」と言われていたのですが、

自ら心療内科に通院してクスリを処方してもらっていましたが、
そのうちに小学生の娘さんまでが感じるようになったのです。

どうしたらいいのか困って私のところに訪ねて来られました。
「霊気とか邪気は本当にあるのですか? それとも自分も娘も
精神的な問題なのでしょうか?」と来られたことがありました。

霊査すると、部屋に邪気も霊気もありました。
お二人が感じるのは、その気配を感じるのです。

霊的な気配は土地の霊でした。
邪気の気配を感じたのは、いつも何気ないことが、

いきなり気になり始めるきっかけでもあったのですが、
ご主人が仕事のトラブルで背負い込んできた霊的影響からでした。
責任のある立場の仕事は、見えないことも背負ってしまうこともあります。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏


b0110639_2215223.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-23 09:02 | 霊的な出来事
子供さんが熱を出して、体が異常にあつく
子供さん本人も「あついアツイ」と言う。

けれども数時間もすると熱が下がり元気に遊びだします。

翌日も熱を出す、半日もすると治まる、熱が出るおさまる。
その都度に病院にも連れて行くけれど、

「検査をしても何の問題もありません、
先生も首をひねって笑われてしまうのです」 



何より不思議なのは熱が出る数時間だけはお子さんがグタ~ッとするものの、

すぐに元気に回復するのですが、
あまりに頻繁に繰り返すので相談に来られたケースがあります。

不思議現象といわれる中でも、家を建て替えたり井戸を埋めたり、
池をつぶしたりしたことで、災いのように熱を出したり
腰が抜けたようになってしまったり、

妙な夢を続けてみることがあったりというように

霊的な作用で問題を起こす場合と、
環境の変化に敏感な人は土地の変化に反応したりすることもあります。

今回のケースはお子さんが熱を出したりおさまったりが極端に出ましたが、
どうもご相談をいただいた時点で感じられるのが、この家の土地のことでした。

よくお話を伺うと最近お庭の池を祖父さんが埋めてしまったらしいのです。
そこでこの子供さんの父親に池の跡をお清めしていくようにお伝えして、

早速お清めをした日に今度はこのご主人がすぐに腰は痛いし、
熱は出るし・・・・・でお子さんと似たような状態になったようです。

数日でおさまって来られたようですが、やはりはじめは感受性の強くて、
そして無邪気なお子さんが親の代わりに表現をしてくれたのです。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_23254898.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-20 09:19 | 霊的な精神世界
ご自分の不注意でペットの犬をを、
事故で死なせてしまった飼い主の女性が、
ひどく憔悴されてこられたことがあります。

「とても大事にしていたのですが、
室内で飼っていましたが、天気の良い日はリードをはずして、
いつものように庭で自由に遊ばせていました。

電話がかかってきたので、部屋に入りすぐに
電話を切って庭に戻ると、家の犬が庭の囲いから
道路の方へ出ていこうとしていました。

すぐに名前を呼んで ダメよ! と言ったのですが、
そのまま道路へ出てしまい、すぐに車の急ブレーキの音がして、
急いで私も道路へ行くと、家の犬が車にひかれていました。

即死でした・・・・・・
車の運転手さんも申し訳ないと平謝りしていましたが、
悪いのは飛び出させた飼い主の私です。

私の注意不足で、愛犬を亡くし、
車の運転手さんにもつらい思いをさせてしまったのです」

と、非常に苦しんでおられました。
霊査していきますと、愛犬の寿命がきていたのです。

「でもまだ、10才でした・・・」
人も犬も若くして亡くなってしまう寿命もあります。
それぞれの役目もあります。

この女性の愛犬は、人生のつらい悩みを持っているときに、
ずっと寄り添って元気づけてくれたはずです。

最近の女性を見ていて、とても安心して幸せを感じていたようです。
(犬の感性ですが笑っているのです)

いつもなら、庭から出ていこうとはしないはずです。
それに呼ばれたらすぐに戻ってきたはずですなのですが、
このときは違っていました。

お別れの時間でもあったためです。
天命ですし、恨んだり苦しんだりしていませんよ。

「はい、確かにいつもは私がちょっと部屋に入っても庭で遊んで待っていました。
外をのぞくことはあっても、出ていこうとはしなかったですし、
なにより変だなと思っていたのは、しつけ教室もかよっていましたから、
名前を呼ぶと、どんなときもすぐに私の方へくる子(犬)でした。

天命ですか、苦しんでいないですか、
笑っていますか、良かったあんしんしました」
注意不足で死なせてしまったと思い悲しんでいる方もいます。

ときには冷静さを失い自分も死ぬことで
あの世でペットに会えるのではないかと思うほど嘆いてしまう方もいます。

ご自分を大事に、

もし可能なら、そのペットは、自分がいた暖かい部屋、ごはん散歩など
今後他の子を育てることで分けてあげてと言うかもしれません。

あたたかい飼い主さんに出会うことを待っている、
保護された里親募集の動物もたくさんいます。

若くても高齢でも、ご自分にあった性格の子を探せることもできます。
悲しんでばかりいないで、先に進んでください。
幸せをつなげていけるように祈っています。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2231567.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-17 09:27 | 生き方について
職場でも学校でも、ご近所でも、
すべての人と相性が良いという人はなかなかいません。

親しい人と挨拶だけの人と
AさんはBさんと気が合うがCさんとは合わないなどなど・・・

特別何かしたわけでもないのに、上司から好かれたり、嫌われたり、
なぜ気が合わないのかわからない、
ちょっとした会話の間の違いであるかもしれません。

お互いの霊的な性質が合わない場合、
微妙に波長が違うものですから、
ある人とは同じことを言ったり言われたりしても、
なんとなく違和感がでてきてしまうのです。

合わないものは合わないから仕方がない。
こだわる意味もない。 と思いながらも、
それでもそのこだわりが捨てきれないで悩まされることもあります。


A子さんは、職場で上司からのいじめのような暴言を受けていました。
人よりも仕事をこなしているが、A子さんばかり目の敵のようだったのです。

この場合は上司のほうが、霊的にとり憑かれていましたから、
A子さんの浄霊と、上司への遠隔浄霊もしてから、
A子さんへの八つ当たりのような暴言はなくなってきたのです。

その上司の性格もありますが、
本人も自分以外の存在の気持ちに動かされている
(他人の感情か、霊の影響か)
かもしれないことも多々あります。

心身が疲れてくると、余計に攻撃されているようにも感じるのは
霊的なものにも過敏に反応してしまうためでもあります。

力を抜いて、自分の魂を傷つけないように大事に



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_21504418.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-14 09:27 | 霊的な精神世界

父親の機嫌が悪い

B男さん(40代 会社員 独身)
「現在70代の父親と同居しています。
元々父親とはそりが合わない性格同士なので

仕方がないと思ってきました。ただ母親が1年前に亡くなってから、
父親の機嫌が悪いことが多いのです。

僕は、自分で言うのも変ですが、
あまり怒らないほうで穏やかな性格だと自負していますが、
父親に優しく話しかけても無視されたりします。

母親がいたときには、僕との会話も
最低限はしてたのが、今は会話もできないほどです。

ちなみに、父親は健康で認知症でもないです。
お互いにそりが合わない親子でも、
最低限の意思の疎通はつながっていたいと思っています・・・・」


B男さんの父親の霊査をしますと、父親の背後に重たく暗い姿の霊がみえます。
50代くらいで、作業着のような服を着て、
とても憔悴した姿の霊ですが、土地霊ではなく、親戚の方のようです。

B男さんにお伝えすると、「たぶん僕のはとこです。
確か3年ほど前に事故で亡くなりました。

その前にリストラにあったり、離婚したりと不幸続きな人でした。
それにその、はとこの両親は以前に他界しているので、
はとこの兄妹は、たぶん葬儀以降は供養もしていないと思います。」


今回はB男さんのお父さんが、
奥さんを亡くされて落ち込んでしまったところに、
ご親戚の霊が頼って来られてきたのです。

波長が合ってしまったような状態です。
霊とコンタクトしていくと、行き場のない悲しみが伝わってきましたが、

「人間界での苦しみは終えたこと、
もう苦しまなくて良いこと、霊界に戻ること、
供養もしていくので安心してほしい」ことを伝えて浄霊していきました。

その後、B男さんの父親は、少し元気になりました。
B男さんの話しかけに、
とてもがんばって話そうとしてくれる気持ちが伝わってくるそうです。

「お互いそりが合わないけれど、どこかで折り合いをつけてどうにか生活しています。

そう言えば伺ったあとに、父親のほうから、
はとこの墓参りに行こうと言われて、びっくりしました。
父親も何かを感じたようです」



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_22261718.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-11 09:16 | 心の世界
悪い霊は生きる人達に災いを起こしているものです。
生きていく上で精神的にも肉体的にも
災いを起こしてくる存在であります。


Aさん(40代、経営者 男性)は、
ごく普通に過ごしてきたのにある日突然、
原因不明の意識(記憶)障害のようになり、

どこの病院で診てもらっても特定する事が出来ないままに
1ヶ月ほど過ぎて、今度は奇妙な声が聞こえてきて、

その声は「自分に対して行動の否定から始まり、
幼い頃の記憶や最近の記憶まで思い出させて私を責めてきます。

そして私のせいで従業員も友人も、ケガをしたり不幸になるんだ!
と責める声が聞こえます。予言的な事も言ってきたり・・・・、

私の身も心もどうなっているのか?わかりません。
自分の心ではないような感じがします・・・」


Aさんを霊査すると、暗い姿ですが、
目を見開いている霊の姿が出てきます。

「目つきは、怒りと恨みを持っている霊です」
Aさんをコントロールしようとしていましたから、
2回ほど霊的な説得と浄霊をしてAさんは落ち着かれてきました。

霊は生きていたときに、裏切られて追いつめられ、
自害させられて家族や仲間からも誤解されたまま亡くなり、
執念が死にきれずに、人を苦しめる悪霊になってしまったのでした。

見方を変えればかわいそうな霊でもありますが、
霊に同情出来ないこともあります。

Aさんは、仕事の負担が多く忙しすぎて、
心身がまいっているところへ、霊に憑かれてしまったのです。

このような方も多く相談にこられますが、
悪霊の憑依している現象です。まず霊は我々と同じ空間にいても
肉体はありませんので、次元の違う所に存在しています。

存在とはどのようなものか、心(想念)だけの世界(次元)ですが、
人のように物質的な体がありませんから、肉体はないけれども
感情と心だけは人間と同様に肉体は死んでも残ります。

逆に肉体があるうちは3次元ですから物質的な世界からはなれません、
死ねば次元の違う世界で生きますからこの時に生きていた時の執着心だけが残ります。

この執着心が強い霊は人間に近い為に、
人が同様の感情を持つと霊が(自分)と同じ気持ちを持っていると、
「錯覚}して人に憑依する事もあります。

一度憑依されると人はなかなか取れません
悪霊は執着心と言うものが人に憑依する事により、

人の心を操ることぐらい簡単にできますので、
その心から脱しなければなりませんので時間が必要な場合があります。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22374262.jpg

[PR]
by shugou110 | 2016-02-08 09:30 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110