スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

すべてのことに守護霊がこう言っているという方もおられますが、
そういう捉え方をしていると、気にしすぎてしまうと小さなことまで
人生すべてが守護霊の思うままに動かされてしまうようになってしまいます。

すべてに口出ししてくるのは低級霊で、守護霊ではありません。
守護は人の人生を守る存在とはいえ、人生に口出しすることではないのです。

私は霊能者として守護霊とコンタクトはしていくのですが、
守護というのは必要なことは答えてくれますが、
不必要なことには答えをくれません。

ご相談者の守護霊が話しかけてきて、
必要であれば相談者の思いや現在の思考等だけではなく、
憑依しているものまで教えてきます。

なぜこのようなことまで教えてくるのかは、
守護霊の立場からすればご相談者を

どのように救いだすかを霊的に考えることはもちろんですし、
人同士が言葉でやり取りをすることも必要です。
霊界と人間界と協力してこそ本当の救いはできます。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_16101425.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-30 09:06 | 霊的な精神世界
B子さんは神社やお寺など、
いろいろなところへお参りをしてみたが、

「すてきなところだな、と思うところが多いのですが、
どうしてなのか清々しい気持ちになれないで、
むしろ行く前よりも気持ちが重くなってしまうと事もあるのです」

B子さんは、もともと「他人に言ってもわかってもらえないような、
心の重さがあって、日常の悩みではないのですけれど、お参りも行くようになったのです。

それでも、楽になりきない・・・・

霊査してみると、
B子さんには霊的な問題が積み重なっていたことが原因でもありました。

理由の一つにはご両親も亡くなった後、
B子さんが家を守られてきたのです
が、お家が何代も続いていた家ですが、
いまは都会に住まわれています。

それでも、家を継ぐというのは、
名字も継ぐ縁も継ぐという事でもあります。

良きご縁は継ぎたいものですが
霊的に探っていきますと、誰にも供養されることなく
長い間忘れられていた霊たちの悲哀と

それをあえて隠してこなければいけなかった
先祖の苦しみが続いていたこともありました。

祖父さんの代で先祖代々の土地を離れて、
東京に来られたお家ですが、お参りをしても

「スッキリしない」思いはB子さんの祖父さんも
似たようなことを話していたことがあったそうです。

過去の浄霊をしていくことで
過去の因縁が切れていく時代でもあります。
楽になって、しあわせになっていくときです。

お参りが悪いのではなく、
お参りに行かれたことで、問題点が浮き上がってきたのです。

不浄霊は、浄霊し、
B子さんの抱えていた問題を解決できてきました。

今後もお参りは続けて、神仏に向き合う時間は、
自分の魂にも向き合う時間空間でもあります。

よりよい時間でしあわせをつかんでください。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1624319.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-28 09:23 | 霊的な精神世界
Aさん(主婦の方 40代)は、
重たいものを背負って生きているように思えて仕方がなかった。

気持ちのやり場がなくなってしまうと、
まるでパニックを起こしたように家族や子供にあたってしまう。
そうなると余計に情けなさに襲われて収拾がつかないことになる・・・
 
心の中が落ち着かず、その割には行動ができず、
けれども自分の中の「何か」がスッキリしてこない。

食べても満足が出来ないこともあり、
いつもいつも、何かがのしかかったような感覚。

同じことを何度も何度も考えたり、
お風呂に入っても、きれいになった気がしない。

それらのことは霊的な現象の一つで、
感覚の強さに自分が気づいていないために、

お風呂に入ってきれいにしても内面の見えない
心の中がスッキリしていないためにそうなるのです。

住んでいるところの問題もあるかもしれませんが、
原因がわかってくることで受け止め方もかわります。

考え方ひとつですが、心の世界(見えない世界)のことに
少しだけ気持ちを向けてみることも必要なときもあります。

暗くて重くてのしかかったような感覚は
本来のご自分のものではなく霊的な意識が影響していました。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_22462961.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-26 09:36 | 霊的な精神世界
他人の言葉にもひどく過敏に反応して、
非常に傷ついてしまったり、
いつまでも心に引っかってしまうこともあります。

平気で他人を傷つける言葉は好ましくありませんが、
平気で他人を傷つけることを言う人もいます。
b0110639_14204597.jpg

ただ傷ついてしまった人の中には、
そういうことがきっかけになって、

進もうと頑張ってきた気持ちが一度に崩れてしまう、
やるべきこと、やりたいことがあっても、

体が動かない、逆に焦って、どんどん空回り・・・・・・、
やらなければならないことがあるのに、

そちらには目もむけず、ただ気持ちが落ちていく・・・
心だけが焦っても身動きしづらい、

爆弾が目の前にあるのに焦りだけで思ったように
体が動かない動けない、外にも出られないほどの精神的な息苦しさ。



霊的な内面の自分はこのままではいけないと必死でも、
自分の意思がうまく働けないときには
意識に付きまとうものたちの介入があるのです。


それは他の人の意識であり、
霊たちの存在でもあったりします。

時間感覚の流れも違和感がある場合には
かなり霊的な介入があるものです。焦らないで、
ゆっくり目を閉じて自分を心で感じることからはじめてください。

他人の言葉をいつまでも心に縛り付けないでください。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


[PR]
by shugou110 | 2015-11-24 09:15 | 霊的な精神世界
学生の頃から学校で、社会に出てからも仕事をしていると
職場の誰かの視線を感じたり、

振り向いてみると職場のAさんがこちらを見ていたり、
非常に人の視線や気配に敏感な人もおられます。

その人が自分をどう思っているのかもわかってしまうことや、
相手のつらさまで伝わってしまう人もいます。

それだからと、「あなたは本当はこう思っているのでしょう?
 つらいんでしょう?」とは聞けませんから、感じとる能力が強い人は大変です。


またそれに加えて、想像力も増してしまうと、
気にしすぎて思い込みが先行してしまうこともあります。

そういう自分がイヤだと思って嘆いてしまうより、
自分の個性特性をもっとよく知っていくことの方が解決が早いのです。


嘆いても悲しんでも自分の過敏なところは変えようもないですから、
上手に自分と向き合って、人の感情が伝わってきたら

「自分ではないのだから入り込まないようにしよう、
感情だけが伝わってきてもどうすることも出来ないものは考えないようにしよう」
という気持ちできりかえることも必要です。

好きな場所の景色を思い浮かべたりすることも、
気持ちのきりかえになります。


相手の負を背負わないように。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊



b0110639_2033881.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-22 09:16 | 霊的な精神世界

見えない存在が住む家

ご家族3人で、東京近郊の建て売り住宅に住み始めて
しばらくしてから、家の中でラップ音が聞こえたり、

ご家族が2階にいるのに、階段を誰かが
上がり降りしている音がしたり、ご家族全員が
「誰か(霊)がいるね・・・・」と話していたそうです。

霊感の強い人ではこれではたまらない状態だったと思いますが、
このご家族は霊には無頓着だったそうです。

それでも、何となくご家族みんながなんとなく元気が出なくて、
新居に友人も呼べない日々だった。

住み始めて1年ほど過ぎた頃、
新しい家に住み慣れただろうからと、
ご主人の妹さんがこの家に、始めて泊まりにきて、


その晩にラップ音や階段を上がる音はもちろん、
妹さんの枕元に霊があらわれて「邪魔だから出て行け!」といわれた。


妹さんは一晩中霊に見張られて
囲まれているようで、眠れなかったそうです。

翌日それをこの家のご家族に話し
「絶対変だからきちんとしないといけない。
家族みんなが鈍感になのはいいけど、

気がつかないうちに気持ちが霊と同調して、
遊びに来る人を追い出そうとしてしまうようになると大変だから、
何とかしたほうがよい」と言われたそうです。

そこで私のところにいらしたのですが、
このお家には霊もともに住んでいたようになってしまっていたのです。

そのために妹さんが泊まりにいらしたときに霊からすると
「いつもの家族と違う!、邪魔だ、出て行け」
ということを言ってきたのです



土地と家の中のお清めをして、浄霊をして
霊的な気配がなくなっていきましたが、

霊のマイナスな「気」になれすぎてしまうと、
気がつかずに鈍くなって考え方も消極的に
マイナス思考になりやすくなってしまいます。

このご家族はその後、
ラップ音も階段を上がり降りする音もなくなり、

何より変わったのが、友人たちをまねいたり、
親戚も泊まりにきてくれたりにぎやかな家に変わってこられたのでした。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1733088.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-20 09:14 | 霊的な精神世界

執拗に怒り出す

何か問題があれば、怒ったり、悲しんだり、する出来事もおこります。
それには大抵は何かの理由があってのことでそうなるので、
話をすればほとんど解決できるものです。

けれども霊的な要因があって、感情的になってしまうことや、
執拗なほどに怒りまくって乱暴な口調になったり、

いつもの本人とは違う言動が起こってくる場合には、
特別な原因が思い当たらないことが多いのです。

「自分でも抑えられなくなって、そうなってしまう」
とでも表現せざるおえない状況になってしまうこともあります。

ご家族が見ているといつもの本人ではない形相になってしまい、
話し方もいつもとちがい刺々しいなど・・・・・・・・・・

それこそ性格が変化しているように思われることもあるでしょう。

それには「霊」という存在が入ってきて、
介入していることも理解されることも必要です。


A子さんは職場でご自分の隣にいるデスクの男性に、
単純なミスを執拗に怒られることが何度もあり、

上司がその男性に注意したら
「自分でも抑えきれなくなる」といったそうです。

A子さんに、神社のお守りを職場に身につけていくように、
そして隣の男性のデスクに見えないように
お塩を少しティッシュに包んで置いておくように伝えました。

早速その男性は、咳こんでいたそうです。
浄化の効果もあります。

その後は以前と比べたら、執拗な怒りがなくなったのです。
見えない影響は思ってはいても、
抑えられない感情がでてくることもあります。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_163188.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-18 15:57 | 霊的な精神世界

道祖神様の移動

住いの地域に昔から、道の隅に道祖神様が祀られて、
近所の方たちが毎日掃除したり、お参りに来るようなところでした。

ところが道路の工事で道祖神様のあるところも取り壊されてしまうか、
かなり離れたところに移転するかという話になったそうです。

しかし移転すると、遠すぎて
誰もお参りに行けなくなると話合っていたところ、

近くの一軒のお店の方が、
「うちの敷地の前でよければ、道祖神様を、

小さな店だけど店先の横に置かせていただきます!」

といわれてお地蔵様を引き取られたのです。


もちろん地域の方々も賛成でした。

その後そのお店の方は、
商売がとても繁盛しお店の跡継ぎも決まり、
つながりが深くなっています。


よほどのご縁がなければこのようなことは起こりませんし、
はじめから商売繁盛の欲で道祖神様を引き取ったわけではありませんが、
大切に祀り供養していかれると思わぬ出来事にも出会うこともあります。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 道祖神様の移動 道祖神様の移動

b0110639_15571316.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-16 09:18 | 霊的な精神世界
悪いことばかりを話さないように

人の話 身内の話し 
欠点を取り上げたり
愚痴を話しすぎると

いつも話題が限られて
気が付かないうちに精神的な心の階段を
降りていることにもなってしまいます。

常に気持ちをきりかえてください



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

b0110639_23235998.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-14 09:15 | 心の世界
人と比べすぎると

嫉妬深さや執着が強くなってしまいます。

そして苦しい

比べすぎずに自分らしい人生をすごしてください


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_23101964.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-11-12 09:03 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110