スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

若い人の中には、ご両親の親
「祖父母さん」の出身を知らない人もいます。

住むところも変わってしまったために、
祖父母さんの生まれたところや、
育ったところを聞いたことがない人も多いものです。

祖父母さんと付き合いがほとんどない家だと、
祖父母の実家にも遊びに行ったこともなければ、
先祖のお墓参りもしたことがない人もいます。

時代の流れかもしれませんが、
両親や祖父母さんがお元気なら、
わかる範囲で自分たちの先祖のことを聞いておくといいです。

どういう家で、どのような家系だったのか、
少しでも知ることが出来たほうがよいのです。

自分がどういう血筋で、ご縁があって
その家に生まれてきたかということが感じられることで、
自分が生まれてきた意味も知る一助にもなります。

仮に「うちの先祖は良くないから・・・・・・」と
聞かされたとしても、すべての先祖が悪いわけではありません。

マイナス面を補ってくれるプラスの力も持っている先祖もいます。
ある方は、職場でなんとなく気の会わない人がいたが、

お互いの先祖が同じ県の出身だとわかってからは
意気投合したという人もいるのです。
先祖を知ることは精神的にも奥行きを広げてくれます。




松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_23245011.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-29 09:07 | 霊的な精神世界
子供さんは感受性が強いです

子供さんは大人には見えないものを見たり感じたりすることもあります。
「あ、!何かいる!」と聞くと大人のほうが怖くなってしまうかもしれませんが、

純粋なお子さんが見えるものは、できるだけ叱らずに
霊が見える子供さんに対しては、否定的にならずに「あ、そうなの」と
自然体で受け止めてあげておくことのほうが良い結果にもなります。

ただし霊感の強いお子さんは見えるだけではなくて、
「霊的な意識が感情に入りこまれやすい」のです。

そのためにときには必要以上に我を張って、
わがままを通そうとすることもあります。
わがままになりやすい傾向があるのです。

仮に母親が何度も何度も注意しても、
いうことを聞かないようなときには、

父親がガツンとしっかり叱りつけて、
「悪いことは悪い! 我がままを言っても出来ないことはできない」

ということをしっかりと教えて、
しっかりした意思と意識が出てくるようにしてあげてください。

ものの捉え方受け取り方をしっかりと覚えていくようになります。
霊にも感情が左右されにくくなります。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_16162068.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-27 09:13

原因不明の足の痛み

40代のB子さんは足の痛みが、数年続いて
病院でも原因がはっきりせずに神経だろうといわれて、

整体も通いどうにか少し楽になってきたけれど、
なんとも言えない違和感があってご相談にこられました。

「休日には実家に戻るのですが、
実家に行くと余計に具合が悪くなるのです。

実家の両親も心配してくれるのですが、
なんとも原因がわからないのです」ということでした。

やはりご実家に問題があるようなので家まで伺うことにしたのです。
そこで神棚やご仏壇はきちんと置かれていたのですが、

よく中を拝見すると、
ご本尊がかなり古くて、足がかなりひどく剥げていました。

それに古いお位牌のひとつの下の足が壊れかけてガタガタです。
家の方は、「わかってはいましたが、

先祖が持っていた古いものなので、
そのまま持っていたほうがよいと思ってさわらずにいたのです。
というかさわるのが何かあると怖いので・・・・」と話していましたが、

お位牌などは霊の宿る存在ですから、
ガタガタでは作り直されるか、きちんとお焚きあげされたほうがよいのです。

これでは感受性の強い人は具合が悪くなってしまうのは当然です。
皆さんも見直されてみてください。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_16124573.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-25 09:07 | 霊的な出来事

自分ばかり罰が当たる

自分にばかり、罰が当たることが多い気がする。
学生のころも社会人になっても、

周りの皆がやっているのにその中で自分だけが怒られたり、
注意を受けることが多々あるのは運が悪いのだろうか?

前世が悪くて罰が当たったのか?と悩む人もいます。

罰などどうでもいいと思っている人にはなかなか当たらないものです。
なぜなら悪いことだと思ってもいないからです。

他人より注意を受けたりして、気づくことができる人は、
それだけ気にしながら生きている人には、
人生の細部にわたって気づくことが多く、

それにより弱点や欠点の修正もこまめにされていけるということです。

常に自分の状態を最適に
向上させていくことがいち早く出来る人だということです。

誰よりもついていないのではなくて、
誰よりも気づきが早いということ、前向きにもとらえてください。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_166459.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-23 09:15 | 心の世界
今まで一生懸命、自分なりにやってきたことが
間違いばかりではないだろうか?・・・・・

そのような気持ちの場が心の中に出来てしまうと、
明るい未来の考え方に進みずらくなってしまいます。

人や社会とどうつながっていくべきなのか、
人が嫌いではないけれども自分は上手に人と話して、
そして仕事をこなしていくことが出来るのだろうか・・・・・・・・


あるいは人より劣っているかもしれない、
それに自分は人から嫌われてしまうかもしれない。

自分が宙に浮いた存在で、どこにも根が生えていないように
「常に自分が宙に浮いたようにしか感じられません。

落ち着かない」という方もおられます。

自分の位置、魂のありどころ、
それは自分の感覚の中にしか見出すことはできませんが、
気持ちの向け方次第で変化してくることができます。

自分に不安を持ちすぎてしまうことが多
いと、どんどん落ち込んでしまう。

落ち込みすぎると、精神的にも
マイナス霊に影響を受けやすくなってしまうのでご注意。

まずは自分を信じる力から出発!



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_0333576.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-21 09:17 | 霊的な精神世界
いま生きている、この世界に生まれてくることは、
人が抵抗のできない宇宙や霊界の
大きな法則に動かされて細胞が作られ世に出てくるのです。

物質的だけに考えて、親が勝手に産んで、
勝手に育てられて今の自分がいるのでは決してありません。

そこには自分の意識の一部が
大きく関わっていることを忘れてはならないのです。

 人としては何千回もの生まれ変わりの中で、
自身の魂がこの現実世界という「生きる場所」を必要とし、

選択して自分のために人生の紆余曲折の中で
経験と実績を重ねていくことで、

霊的な魂の精神性が高まっていくためにも命が生まれてきたのです。

勝手に産んだからという親のせいではないのです。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_12313511.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-19 09:17 | 生き方について
40代のご夫婦が「家を建てて、
住み始めてから一年ほど経つのですが、
特別夫婦の中が悪いわけでもないはずなんですが、

些細なことでもめ事が多くて喧嘩をすることが非常に多いのです。
結婚して16年ですが、こんなに喧嘩をしたことがありませんでした」

やはり家の土地の問題のようです。
家の庭や、中の様子を伺うと、
ご夫婦がお互いに和室はここだ、とか違うここは洋間だとか
・・いつも暮らしているのに、話がチグハグしてくるのでした。

霊的な影響が強い家(土地)ではマイナスが強くなってくると、
どこに何が置いてあるとか、
わかっているつもりがチグハグになることもあります。

何度同じことを聞いていても、
まったくそのことが頭に入らない、

抜けていくように忘れている、言われると思い出したり、
そう言われると聞いたような気がするという感じなったりします。

特に家の土地の工事をはじめたりしたときに、
問題が生じることもでてきます。

自分の家なのに家のことを聞かれても、
そのときだけは頭から抜けたように、

毎日見慣れているはずの
家の庭の状態が思い出せないということさえあるのです。

自宅の庭石がどこにあったのか、
どんな大きさだったのかもわからなくなる・・

記憶力は関係ありません。
このような霊的なご相談も受けてきましたから、
こういうケースの場合には霊的なことに対して

家の土地が気になるときには、ご質問したりすると、
そのときだけはご相談者が
まったく家の状態を答えられなくなる、ということさえあるのです。


問題はご相談者ではなくて、
土地の霊たちが受け入れたくない気持ちが強いと、
人の気持ちや記憶感覚をさえぎられてしまうことさえあるのです。

そういうときにはしばらく説得をしながら、
悪くさせるために話しているのではなく、

人も霊たちも苦しまずに
良くなっていくのだということを話していきます。

成仏できていない霊は、まだ人に近い気持ちですから、
霊は人の意識や感覚の中でしっかり聞いて捉えているのです。

このご夫婦のお家にはご後日出張に伺い、
霊の供養と浄霊をして、その後はご夫婦が喧嘩をすることもおさまりました。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1224442.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-17 09:03 | 霊的な出来事

よく似たような夢を見る

よく似たような夢を見る
夢をよく見る人の中で同じような夢を見る場合があります。

いつも空を飛んでいるような夢を見ていたり、
薄暗い暗いトンネルの中にいるような怖い夢だったり、

にぎやかな街へいく寸前で、
落とし穴のような深い所に落ちて「ワギャーッ!」と

大声をあげて目が覚めたり、
または追いかけたり追いかけられたり、といろいろでしょう。

繰り返し見る非常に似たような夢は、
自身の過去や霊性が行ってきたことと、

これから進んでいかなければならないことへの
ヒントに近いようなことを知らされていることが多いです。

ヒントや警告だったりすると、
決して物質的な世界にのみ「気」をとられないように、
忘れないように、忘れかけたときに見せられることもあります。

薄暗いトンネルにいる夢を何度も見た方は、
自分の仕事も含めて生き方を変えていく時期でもありました。

突然落とし穴に落ちてしまう夢を何度も見た方は、
現実の世界ばかりにとらわれて、

スピリチュアルなことに意識を向けなさいという時期でもありました。
さまざまな夢は霊的自分と、肉体的自分とをつなげているのです。

現実的な思いが反映して夢を見ることもありますが、
同じ夢の連続は何かを考えさせられることでもあります。

そのことが自身の内面に影響を与えてきますから、
生き方を微妙に修正する役目を果たしていることも多いのです。

夢を注意深く受け止めてみてください。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1232176.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-15 09:22 |
今の自分に納得しながら過去に感謝できるときまで

「あの人間はどうしてあのようなことが出来るのだろう、信じられない」。
そんな人に出会うこともあるかもしれません。

どうして自分がそういう人と出会ってしまったのか?
・・・・自分が悪いから不幸続きなのだろうか・・・」

などさまざまなことを考えさせられてしまいます。
それでもその時の悩んでいる渦中では考えられなくても、

時間が過ぎて、本当にずーっと後になってみると、
それらのことや(その人たちがいたから)、

いまの自分が多くのことを考えさせられて、
その結果強くなってこられた要因の大きな出来事であったことがわかってきます。
b0110639_1159108.jpg


過去のマイナスな出来事があったからこそ、
いまの自分の強さとがあるという点では感謝の気持ちも出るかもしれません。

過去に感謝できるというのは、マイナスなことには、
なかなか思えるものではありませんが、

過去があって、今の自分があるのだという
納得をしながら霊的にも成長しているのです。

人の生き方とはなかなか理想通りではない中で、
向かい風に抵抗しながら追
い風にあおられながら進んでいくなかで運も必要です。

運という中には
見えない霊的な力もかかわって常に守りとヒントをくれています。




松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊

[PR]
by shugou110 | 2015-09-13 09:20 | 霊的な精神世界
一昔前には、大学を出ると、
企業が目の色を変えて求人をしている時代もありましたが、

最近では、世の中の経験や
上下関係を重視して常識の理解出来る人を求めています。

学歴だけで世の中を上手く渡れる時代でもありませんから、
精神的にも磨かれていかれないとなりません。

30代にもなって、上手く行かないと親のせいにしているような人もいます。
ご相談に来られる方の中でも、

親御さんが「息子(あるいは娘)が、働けないし常識が通じないので、
霊障だと思うので解消してほしいのでお願いします・・・」
と来られる方もいます。

このような方の場合には、
意外と親御さんの方から霊障あることも少なくありません。

御先祖様から来る霊障に気がつかないで
繰り返してきていることも多いものです。

息子さんや娘さんたちは、
若いゆえに感情を左右されやすいこともあるので、表現してきやすいのです。

霊障という霊的影響に気がつかないで悩んでいることもあるのは、
霊は精神的も感情的にも影響してくるものでもあるのです。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_11543619.jpg

[PR]
by shugou110 | 2015-09-12 09:30 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110