スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

お稲荷様の影響

A子さんは同居しているご主人の母親(義母)が、
買い物が好きで食べ物も飾りものでも異常なほど買ってくる、
特に食べ物は食べきれずに義母も捨てている状態で、
家族が「買ってくるな!」とってもまたたくさん買ってくる。

高価なものは買わないけれど、信じられないほどの量を買ってくる。
最近特にひどい。

この方の場合稲荷様が強く感じとれ、鳥居が視えました。
どうしても以前に祀られていた様子が視えたのと、
いくつかの供養塔のような石が脇にあったようです。
ご縁のある稲荷神社へお参りして
数回土地の周辺をお清めしてもらうことにしました。
b0110639_1017113.jpg
 
この周辺には稲荷様を祀っているところも多い土地だそうで、
最近目の前の家が引っ越し土地を売られて、
祀られていた稲荷様も工事とともになくなったそうです。
おそらくきちんとお返ししないで引っ越されたのです。


現象は、土地を手放すときにないがしろにしてしまったことで、
その存在を知らされたのです。祀ることをしなくなったため、
お供えすることも無くなりましたから訴えていたのです。

その後は義母さんの極端な買い物はおさまり、
普通になっているとのことです。
*お稲荷様を祀りきちんとされている時には問題ありませんが、
何もしなくなったり、あるいは御礼参りもせずに
捨て去るようなことはしないで、もし返されるようなら
その神社さんに戻されるかきちんとお礼参りをして
終わらせることは最低限必要です。

いままで守っていただくために祀られたのなら、
きちんとお礼をするべきは人間社会と同じではないでしょうか。


松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
心の苦しみ
魂の守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-29 09:11 | 霊的な出来事

おまいり

神社やお寺にお参りに出かけることが、怖いという人がいます。

怖いと考えるよりも神に手を合わせに行くことを目的にいくことを考えて

怖さで気持ちを萎縮させるよりも、自分の守護霊も導いてくれているから

来られたのだと思い、怖がらずに神様を祀る神殿に向かって素直に足を

運んでいく事です。

大きな力で守られていることを感じていくことができます。

b0110639_122483.jpg

松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-27 09:53 | 心の世界

あるがまま

あきらめない

恨まない

否定しない

比べない

自分らしさ あるがままに

b0110639_1015116.jpg

松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-26 09:37 | 生き方について

命を生かして、心大切に

成績も一生懸命に働くことも大切なことですが、
学歴、成績、良い会社、お金が一番、性格二番の
評価になることは霊的な成長をさまたげてしまうのです。

私たちは肉体の内面は見えないもののほうがおおいのです。
心のバランスをとれる教育をしていかなければ、
精神的な基盤がふらついてしまいます。
b0110639_9513282.jpg

たとえば教師が生徒にちかん行為をしたり、
警官が窃盗を働いたりなど、
自身のプライドがまったくありません。
自身がいるべき心の位置が見出せていない。

本来あるべき位置に「心」がない!のでは
行動がともなってこないからです。

命を生かすのはお金だけで好きなものを手に入れ、
おいしいものをたくさん飲んで食べて
贅沢をすることだけではありません。

命を生かすには「自己を生きること」
 「生き抜くこと」です。

遊ぶことも大事です。着飾ることも楽しいことです。
ほどほどならばです。
心に語りかけることに多少の時間をつくり、
心に気を向けていくことも大事なことです。

魂・霊性・心・体の連動は
バランスがあってこそよき成長がなされます。

魂からのつながりすべてが
生命を生きることにたずさわっています。

命を生きること心を生きること、
あらためて大切に考えてみるだけでも違います。
魂守られますよう大切に


松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-24 09:48 | 生き方について

生きるのは大変

社会にも悩むし、
身近な問題でも悩まされるでしょう。

生きることは頑張らないと大変です。
でも自分を宿命ごと受け止めると結構楽しい。

命を生かしていくためにも、
ストイックなまでにご自分を追い込むことはしないでください。

自分にしあわせを上げられるのも自分です。

自死など考えずに
進めて生きることを深く考えて生きる
魂守られますよう大事に

b0110639_113940.jpg


松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-22 09:57 | 生き方について
ご相談にこられていた女性で仕事場の場所や、
打ち合わせをした相手によっては霊的なものを受けてしまったり、

親戚の方の亡くなることも予知したり、
この女性に霊の感覚や感情がそのまま乗り移り、
話をしてくることもありました。

幼い頃からこの女性は霊感が強かったのですが、
感受性が強くなりすぎてコントロールを失ってしまい
低級霊に操られてしまうようになりました。
仕事もしばらく休職することになったのです。
b0110639_16463635.jpg

自分の中で、自分の存在と霊の存在の区別が出来なくなってしまう。
すぐにすべてとれる状況ではありませんから、
何度かお会いしてまず霊的存在に
コントロールされていることに気がつくようにお話し、

このように外部から人の心に進入してくるような
霊の存在をシャットアウトできる力を身につけていくために、
ご本人の心霊に語りかけていきます。

ご家族の方にも心配されすぎるより、
ある程度ご本人に任せて余計な意見を言わずに
見守るようにお伝えし、

しばらくして「自分か不浄霊か」の判断も区別もできるようになってきました。
自分の存在が決断をしたのです。

この方は同時に医師の治療も受けておられましたが、
担当医の方も、霊的なことに対しても肯定的な理解のある先生で、
おしつけの治療でなかったこともよかったと思います。

霊的な現象はご自身がしっかりしていても起こることです。
そのときに何に出合うか、良いものか悪いものに操られるか、
それをくぐり抜けた後に、
存在がより以上に輝き新たな心の強さをもたらすことができます。



松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-20 09:26 | 霊的な精神世界

人が怖くて仕方がない

                            
人と話すことが苦手な方も多いですが、
人と目を合わせるのが苦手だったり、
人と目を合わせると怖いと感じることは、
消極的な性格だからとも限りません。

感覚や霊感の強い方もこのようなことを思うことがあります。
「いつでもそういう傾向になりがち」
なのは感受性が強いのです。
b0110639_16253184.jpg

ある日急に、普通の主婦の方が突然に人に対して恐怖感を覚え、
ご主人やご家族以外の人とは顔も横を向いたままで、
もちろん目を合わすことも出来ないし、
ほとんど会話もできない状態になってしまわれたのです。

いつも明るくハキハキと動いていた
元気な奥様とは別人になってしまったというご相談を受けたことがありました。

病院でも薬ももらったがほとんど変化がなく、
もしかすると霊的なことがあるのかと思われて来られたのでした。

ご主人と共にいらして、ご主人の背中に
子供のように隠れるようにうつむいた状態でした。

奥様とすごく仲の良かった妹さんが
少し前に亡くなられたというのも伺い、
奥様がこうなった要因の一つでもあると思われます。


確かに要因の一つは、亡くなった妹さんの気持ちが
まだ残っていますから、奥様の淋しさと心配と悲しみと連鎖して
マイナス思考に入り込んでしまったのです。

亡くなった妹さんの思いへの説得と、
奥様ご本人へは気持ちの入れかえをされていかれるように
お話して浄霊をし、妹さんの霊は守られているということもお伝えして、

ご相談を終わる頃には奥様はお顔を上げて、
しっかり私の目を見てお話をされておられました。

表情も明るくなってこられたので、
魂の守護役でもある私も嬉しくなったのです。

ご主人は「本当にいつもの家内です。
ああよかったー、このまま家内が変になったら
どうしようかとすごくつらかったんです。
スピリチュアルのことも流行っていますが、
本当にこのようなこともあるんですね」と率直なご感想でした。


松林秀豪ホームページへ
スピリチュアル
霊能
守護

[PR]
by shugou110 | 2013-09-18 16:15 | 霊的な出来事

龍神様をみた

数年前に、地方のBさん宅が
霊的現象が起こるために出張に伺ったことがありました。

家のお父様が亡くなってから、
部屋で音がしたり影のように気配がしているなど、
ご家族全員が感じるようになったのです。

たまにあることですが、家の家長(父親)が亡くなると、
霊的なものが騒いでくることもあります。
旧家などは特に土地に住み憑いている霊もいますから、
落ち着かなくなることもあるのです。

浄化しておさめてから、
帰り際に気になったのが、きれいな庭と池でした。
敷地が広いので庭も池もかなり大きなものでした。

「それは何代も前からある庭と池です。
手入れも大変ですが、続く限りは大事にしていきます」
と家の方がおっしゃっていた。

私は「この池には龍神様が住んで守られていますよ」というと、
ご家族は驚いた顔をされていましたが、

2年後に庭のつくりを少し変えるために
池の水を一度抜くことになったある日、
娘さんが夜「いま池の龍神様が飛んでいった。いなくなった。」
というのであわててご相談にいらした。

「庭を作り変えてきちんと池の水を戻されて
清められたらまた龍神様が戻ってきますよ」とお話し、

でも不安とのことで再度出張に伺い、
池の清めをしたその夜に今度はご主人が
龍神様が池にいる夢をはっきりと見たのです。

娘さんも戻ってきた龍の姿をみたのです。
共に住まう霊的な良き存在もたくさんいます。

b0110639_116386.jpg


松林秀豪ホームページへ
竜神様
池自然
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2013-09-15 09:52 | 霊的な出来事
人との感覚のズレとは、人とは同じものの見方はできないのは
当たり前ですが、霊的なことに興味を持つ人や霊感がある人、

精神的なものを重視して考える人たちが自分自身を
他人の人たちよりも、感覚のズレがあるのではないだろうかと思いやすい。

ご相談にこられる方の中で、
これからの自分に不安を持ってきている方もいます。

このような感覚を持っているというのは決して悪いことではなく、
自分が人よりは違うということを意味しているのです。
b0110639_15373918.jpg

誰もが人とは違いますが、
誰かと自分をくらべていくことではなく、
感覚のズレをはっきりと受け止めていくことが必要なことです。

感覚がずれているのは、むしろすぐれた能力でもあるのです。
ズレている自分を感じ取ることができるのは、
何かしらの違和感を感じるからこそでもあります。

ある男性は、電車に乗っても、職場にいてもいつも人と
自分はは大きくズレている感じがして悩んでいました。

「なにがズレているのかはわからないですが、
人に嫌われていると感じる、人に疎んじられていると思う」と
いう男性がいました。

この男性は自分の霊感が強く
てそうなっていることに気づかないまま、
人との感覚が大きくズレたように感じたのです


なぜなら、人と出会ったときに人の裏側ともいえる、
霊的なものを感じってしまっていたからです。

自分を嫌っている疎まれているとか思う気持ちは
人に憑いている霊たちの気持ちを受け取ってしまっていたからです。

マイナス霊を感じ取っているばかりでは仕方がないので、
守護やプラスの霊の意識を感じ取ることに説得をしていきますが、

霊感がある人は、霊の影響もあるから余計なほど
自分を追い込んでしまう人が多い。
ひどいと追いこんで自殺まで考えてしまうひとも少なくないのです。

霊感というのも必ずしも霊が見えるだけとは限りません。
感情とか感覚が影響を受けてしまうこともあるのです。追いつめないことです。



松林秀豪ホームページへ
感情
感性
死にたい
霊的な問題

[PR]
by shugou110 | 2013-09-13 09:30 | 生き方について

前世のおはなし

ご自分の前世を気にされている方も多いですが、
私は自分の前世をはっきりみたことがあります。

厳密に言うなら、その間にいくつかの過去世が有るのですが、
今世に一番影響がでているので前世と言わせていただきます。

仕事をはじめてからすぐの頃、瞑想をしていると、
映像のように武士たちが戦っている男たちの姿が
目の前に現れ、鎧を身につけているのです。
b0110639_112595.jpg

ほとんどの人間があちこち傷ついている情景ですが、
戦いの中だから仕方がない。

その中の一人であるのが私だとわかりました。
顔も違うし体格も違う、それでもそれが私だとわかるのです。

私の魂の過去の一部分にすぎませんが
そして相手も傷つき私もそこで命を落としたのです。
けれどもそのときに私は感じていたものがあります。

もし次に生まれてきたときには、傷ついた人たちや、
魂を助けていかなければならないことを誓っていたのを覚えています。

そしていまご縁がある方々とお会いしていくことができているのです。
前世や過去世は今の自分とは性別も顔も性格もまったく異なりますが、
ときに今の人生に大きくつながりを感じさせることもあるのです。



松林秀豪ホームページへ
不安
スピリチュアル
感覚の変化

[PR]
by shugou110 | 2013-09-11 09:22 | 体験談

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110