スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

動物霊と聞くと、別世界のことのように思うかもしれません。
けれども動物霊にとり憑かれてしまうような人は
周囲の人も巻き込んでしまう傾向がありますから注意が必要です。

特徴的なのは、人の感情や意志を取り込もうとしてきます。

自分の言うことを利かせて、子分のように思い通りに
操ろうとする人が周りにいるかもしれません。
b0110639_16382566.jpg

操って仲間にしていこうとする、そして何でも言うことを聞かせようとして、
常に自分の配下にしてやろうとするのです。

幸せになりたいなら,「自分のいうとおりにしなければ、幸せにはなれない」
と、いうようなものです。

どこかの宗教みたいですが、人を操ろうとするものは、
一見素晴らしいものに感じさせて、
人の気持ちをとりこんでしまおうという動物霊的なところもあります。

そういうことに断り切れない方もいるかもしれませんが、
大事な自分の人生を左右されないように守護の力に気持ちをむけてください。
守護霊がいない方はいません、霊的な守護は誰にもいます。
動物霊に負けないように





 松林 秀豪 HPへ


スピリチュアル
霊能

[PR]
by shugou110 | 2013-01-30 16:30 | 魔や低級霊
ご両親からのご相談で、娘さんが離婚をして実家に戻って、
離婚のことでも皆に迷惑をかけてしまったこと、
実家に戻ってきたことで二重に迷惑をかけていることに、
とても自分を責めていたのです。

その頃から感情が高ぶると
両親にも感情的に当たってしまうようになりました。
b0110639_10552078.jpg

幸せな結婚をしたはずでしたが、嫁ぎ先が
ご商売をされていたこともあり、気を使いすぎて
ストレスがたまり、その上元ご主人のDVもあったりで
情緒不安定となり、離婚に至ってしまったのです。

実家に戻ってからはますますひどくなり、
病院に通院したそうですが改善せず、
「もしかしたら霊のせいかもしれないよ」と
親戚の人から言われたが最初は信じなくて、
ご両親も「そんなものあるわけない」と思って無視していたが
人間技ではない現象が娘さんの言動にあらわれてきたのです。

それは人の心を読むことです。
両親が1階にいてそれぞれが言葉も交わさず考え込んでいた。
そんなある日2階から両親の心を読んで何を思っているかを
一言一句間違えずに言い当て、そのことで怒り出す。

「自分のことが面倒を見るのが大変で、
田舎の親戚の家でも預けようか、それとも出て行ってくれないかと
思っているし病院に入院させてしまおうと考えていたでしょう!
わかるんだからね!」ともっと逐一心を読んだ。

あっけにとられた両親は初めて今までの言動が娘ではなく、
霊が娘の感情に憑きものがいて、言わされているのではないかと気づいたのです。

ご両親だけがご相談にいらして娘さんは来れませんでしたが、
遠隔で霊視していくと暗い家の中に閉じこもっているような
不浄仏霊の姿がみえました。嫁ぎ先にも問題があったようです。


習慣の違いもそうですが霊的なギャップも大きかったはずです。
人の心を読むような霊ですが、人に憑くことでしか自分の存在を見出せない霊で、
自分から成仏できないのでした。

この霊のことは詳しく両親にお話をして、
とりあえず不浄仏霊の供養を家でしていただき、
遠隔で霊の説得と除霊を1ヶ月行いました。

そうすると娘さんは徐々に落ち着きを取り戻して、
私も家に伺って娘さんと会うことができて
直接浄霊をおこなっていき娘さんは落ち着かれてきたのです。

その後のお話ですがこの娘さんは
3年後に再婚されて平穏無事に暮らしておられます。



松林秀豪ホームページへ


スピリチュアル霊魂
霊能者
[PR]
by shugou110 | 2013-01-28 11:13 | 霊的な出来事
もののけ(物の怪)とは日本古来の民間信仰で、
人に憑いて苦しめたり病気にさせたり、
ときには死に至らせたりするといわれる、

怨霊、死霊、生霊、邪気などが変化して
妖怪になってしまう者のことをいいます。
キツネ憑きといって恐れられたりもしたものです。

もののけに影響されるとしたら、精神的な部分が落ち込むと
人はなんでもかんでもの事を自分を責めたり、
人を責めたりし過ぎたときに、精神的にその場から
自分が逃げたいという気持ちが強くなった場合に、
もののけにとり憑かれやすい状態にもなります。
b0110639_10264132.jpg

とり憑かれてしまうと、周囲は精神的に
おかしくなっていると思われてしまい、
もののけという霊的な影響であっても
病院で治そうさせたりするので
精神的に混乱してしまうこともあります。


精神的な病気から来ているのであれば
病院の治療は必要ですが霊の影響であるなら、
別のアプローチも必要ではないかと思います。

ある精神科医がご相談にこられたことがありますが、
「霊は本当にいるんですねえ!」
話をうかがうと霊現象が自分の身に起こり、

「自分の目の前に霊が出てきて、
そのときに金縛りのようになって、
声「が出たときには大声で出て行ってくれ!っと叫んでしまい、

声に驚いた家人が来たときには霊も消えていましたが、
数日間私は霊の気配を感じたり妖怪めいた霊たちの姿が夢にあらわれて
体は重く寝込んでしまったのです・・・・・」

「このようなことは精神科の医師としての私は、
患者が精神的におかしいだけと思い込んでいました。」

そこで自らの医学的な知識で答えを導きだそうとしたのですが、
どうにも答えが見つからずに私のところへこられたのです。

この方の見えた霊は、新居に越された土地の霊でしたが、
他にも精神科の医師という仕事がら
霊的なものも関わりやすくなっていたので浄霊し、
霊現象のこともを詳しくお話しをさせていただきました。





松林秀豪ホームページへ
霊能者
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-01-25 10:26 | 霊的な出来事
亡くなられたご家族や知り合いの方が、
夢に出てくるけれども
何か言いたそうでもわからない・・・こともあるかもしれません。

霊も亡くなって間もないと
人にわかるように伝えられないことも多いこともあります。
霊は肉体がすでにないので声もでません。
b0110639_1142977.jpg

まれに霊の思いが強いとはっきり
声が心に響いてくることもありますが、
そういう場合には夢から目覚めてもはっきり記憶に強く残ります。


70代の女性の夢に、2年前に亡くなられたご主人が現れて、
ニコニコして「ありがとう、後は楽しく生きてくれ」と言ったそうです。


亡くなったご主人の3回忌も終えた頃でしたが、
亡くなったご主人がもう自分の心配はしなくて良いから、
後は幸せに生きて欲しいというメッセージだったのです。

夢でも霊的世界との交流は出来ますしつながっています。




松林秀豪ホームページへ

霊能者
スピリチュアル
霊視
[PR]
by shugou110 | 2013-01-23 11:42 | 霊的な出来事
不安から生じる神さまを信じかたの間違い
神様の信じかた人によって違うかもしれません。

宗教を介して信じる人と、宗教を特別に信じなくても
自ら漠然と信じている人もおられます。

以前に相談にこられた方ですが、30代のE子さんは
霊現象で霊が見えたり黒い影が部屋を歩いているのを何度も目撃したり、

それを解決するためにある能力者で
宗教団体をめざしているところに通いはじめて、
言われるがままに多額の金銭を寄付したのです。

霊現象はまだ何もおさまっていないのにそれでもまた要求されて、
どうすればいいのでしょうかとの相談でした。
E子さんもわけが解らない金銭は出すべきではありません。

b0110639_1025548.jpg

まして自分のお金ではないお金(親に借りてまで寄付していた)
までを、決して神は要求しませんし、
「神様がそう言っているから寄付しなさい」とは言いません。

E子さんの霊現象を霊査すると、土地にいる霊が影響しているので
これは寄付をしたところでよくなるはずはありません。

土地を一度清めて浄霊をしていくことにして、
それで変化があるはずだから宗教への寄付は辞めるように話して、
実際土地の清めをしてE子さんの現象はおさまったのです。
人が宗教を利用して儲けるといった行為が横行しています。

「某能力者が書いた絵を買わないと不幸になる」
と言われたが、本当でしょうか?
個人の絵を買わないと不幸になるなんていうことはないし、
ましてや神様がそのようなことを言うはずがないのです。

わらをもすがる気持ちはわかりますが、多少の冷静さをもってください。





松林秀豪ホームページへ
スピリチュアルカウンセラー
霊能者
霊視
[PR]
by shugou110 | 2013-01-22 10:17 | 霊的な出来事
自分で努力しなければ運も近づきませんが、
特にアスリートたちのように、努力がないと
良い結果も出ないですし運も味方しないのは確かです。

ただ運が悪いと日頃から思っておられる方がたくさんおられます。

そういう努力の人たちの反面、怠け者に宝くじが当たって
しまうようなことは努力だけでは考えられないこともあります。
b0110639_10313543.jpg

が、こういう場合には宝くじに
当たったときからが努力が必要となるのです。

お金に集まってくる人たちに
苦しまされてしまうことも多々あるものです。

話は戻りますが、いくら努力をしても人よりも
良い結果が出てこない方もいます。

もって生まれた、運も違いますが背負っている
宿命の違いもいますがあまりにも行く先を
さえぎられてしまうようなことが続いてしまう

「運が近づかない」場合には、
霊的なものの影響や因縁的な問題が絡んでいる
ことも考えたほうが解決が早いのです。

また表向きは順風満帆で「運が良い人生で恵まれている」と
他人は思っても、影で悩みを抱えていたりするものです。

努力と幸せとがバランスが整ってくることが守護に守られた良き「運」です。






松林秀豪ホームページへ
霊能者
スピリチュアル

[PR]
by shugou110 | 2013-01-19 10:28 | 生き方について

ある地方の不動産会社が山の土地を購入して造成しました。
山を造成して住宅を建てるのは、普通の不動産屋さんの仕事ですが、
この山の土地がかなり問題で怪奇現象がおこってしまいました。

問題の土地は元々この山に小さな神社があったところでした。
造成した際に小さなお社と鳥居があったそうですが、
山の神社は来る人もないために不動産会社はそれを無視して
壊して埋めてしまい、そのままで家を10軒建てました。
b0110639_2150486.jpg

これお全部販売したまではよかったのですが、
入居されたご家族のご主人が3軒で変死されて4軒のところでは、
長男が狂ったようになり家を出ていったり、
ご主人も家を出てしまったり、他の家でも離婚をしたり
別居をしたりという現象が起こって、ただの偶然ですまされない問題です。

一軒のお家でご夫婦が別居している方からの依頼で
ここに出張をしましたが、この山にあった神社にはかなり古い歴史があり、
「武士が祀られていたようで人が埋まっている」ことが霊査でわかりました。

武士の霊が怒っているのです。「きちんとお清めをして
他のところになりますが、ご縁のある神社にお参りをして、
土地を大事に家の中に山神様をお祭りしていきます」
と霊に伝えておさめてきたのです。


その後はこのご夫婦もこの土地で仲良く同居できるようになられました。
そのような場所をなにもしないで埋めてしまいますと霊的な現象がおこります。
家を購入した際にはお清めをしっかりしてから入ることをおすすめします。




松林秀豪ホームページへ

霊能者ス
ピリチュアルカウンセラー
[PR]
by shugou110 | 2013-01-18 09:46 | 体験談

寿命とは

人間も動物もどんな生き物でも寿命があります。
この寿命だけは人が勝手にコントロールすることができません。

死は平等に訪れて、いずれは死を迎えて旅立っていきますが、
医学も飛躍的に発達していますから、平均寿命がのびていますが、
一方で病の原因は完璧に治るものの、
思いもよらない病で突然亡くなられるケースがあります。
b0110639_15105131.jpg

以前にS子さん(30代女性)が相談にこられて、
「母が病気で主治医から病気は完治したし、
健康診断の結果はどこも悪くないと太鼓判を押されて帰宅してきました。

ところがあくる日の朝起きてトイレへ行こうと廊下へ出たとたんに、
急死してしまったのです」

そこでS子さんは自分が病院を変えていれば、
母親は助かったのでは?と、しきりに自分を責めておられました。


私はS子さんに「寿命は霊的な世界で決まっていて、
人の都合ではどうしようもないことがあります」と説明して、
いま肉体のない状態で、どこにいられて
どのような気持ちでおられるかを霊査してお伝えしました。

このときにS子さんの母親の霊は
「自分は寿命を迎えて亡くなったことを理解して、
微笑んでいる姿が視えました。同時にS子さん
には心配しないで欲しいという気持ちが私に伝わってきたのです」

親子のご縁はつながっていますから
お互いに思いやっているのは人間界でも霊界でも変わりはありません。



松林秀豪ホームページへ

スピリチュアル
霊能者
霊視
[PR]
by shugou110 | 2013-01-17 09:04 | 霊的な精神世界

人の気配を感じる

人の気配は感じることは皆様にもあると思います。
人が実際にいるならわかりますが、誰もいなくても感じることもよくあります。

過去に経験したことで、
警備員だったころにドロボウがひそんでいたときでした。

長年の感と巡回の緊張から人の気配を感じとり、
広いフロアーに物がたくさんある中で、
どこに潜んでいるかわかって逮捕に至ったこともありました。
b0110639_20373550.jpg

これは実際に人が潜んでいた場合ですが、
人がいない霊的な場合ではちょっと雰囲気がちがいます。

説明しにくい部分があるのですが、ある種独特の雰囲気があり、
人によっては寒気がしたり、ぞっとしたりする方もおられます。

この場合は地縛霊や浮遊霊と
たまたま波長があったときにおきる現象で普通は恐怖を感じられるでしょう。

あまりに気配ばかりが気になって仕方がない場合には
霊的な憑きものだと思われます。

霊がどのように地縛霊や浮遊霊になってしまったのかを探っていきます。






松林秀豪ホームページへ

霊能者
スピリチュアル
霊魂
[PR]
by shugou110 | 2013-01-16 09:29 | 霊的な出来事
家の猫で10年以上飼っていた猫がおりました。
名前は「福」という言う雄猫で茶色と白い猫でしたが、
1年ぐらい前に病気がみつかり病院で治療をしてもらっていたのですが、

2ヶ月前からだんだんと食欲がなくなりはじめ、
医師に診察してもらいましたが、延命治療をしても難しいと言われていたのです。

飼い主としては無駄とわかっていても、無理にでも生かせるべきか
猫に負担をかけずに自然に死なせるべきかをかなり迷いましたが、
結果自然に死を選ばせました。

家の猫はときどき自由に外へ出たり(といっても外にいる犬のところへ
行く程度でしたが)福はある夜に異常に甘えてきて、
外に行きたそうにいつもの出入りするところで
鳴き続けるのでドアを開けると出て行きました。

いつものようにすぐに戻ってくると思っていたのですが、
その夜に出たまま戻ってこなかったのです。

なんども探しましたがどこにも見当たらなかったのです。

かなり痩せていましたから、終末期がわかったのか
体力的にもこの寒空ですから、
外で生きることは不可能ですから死を迎えていると思います。

これまでも猫を何匹も飼ってきましたが、
見守られて逝く猫と、自ら家を離れるねこがいました。

私は心の中で「共に生きてくれてありがとう、
もう苦しいこともなくなるからね」と祈りました。

最後に死に目に会えなくて残念でしたが今は「福」の思い出だけが残っています。
合掌

b0110639_20292013.jpg



松林秀豪ホームページへ



霊能者
スピリチュアル
[PR]
by shugou110 | 2013-01-14 14:45 | 生き方について

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110