スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お盆も過ぎましたが

お盆も過ぎましたが

お盆も終わり未だに厳しい残暑ですが、
7、8月は普段霊現象とは無縁と思い込んでいる方が
不思議な現象に出会ってしまうこともあるものです。

b0110639_9553051.jpg


数年前に40歳のある男性が相談にこられて、お盆の前日に田舎の実家近くの川に、
蟹をとりに行ってから、その日の夜から熱がでてきた。

とりあえず薬を飲み、様子をみたけれど、熱が下がらず病院にかかっても変化がなく熱がさがらない。

実家から戻ってきてからも微熱が続き、蟹とりにいった川の夢ばかり見ていて、
川の風景と川の近く大勢の人たちが佇んでいる姿が夢に出てくるという相談でした。



このような状況で、ご本人は苦しそうでした。
さっそく霊視してみると、先祖の数人が川で死んでいて、昔は遺体を捜すことはしていない。

昔はこのような場合、行方不明のままで供養もされませんし、そのまま放置されているので、
霊界へ逝けずにこの世にさまよっている。

このような霊が視えましてので、お伝えしました。

直ちにこの男性は家にかえり先祖の供養をお寺にお願いしたところ、
経をあげている最中から急に熱が下がって健康な体が戻ってきたそうです。




松林秀豪へ
[PR]
by shugou110 | 2010-08-27 09:59 | 霊的な出来事

心の世界


お盆になると普段ほとんど霊感のない人まで、感じやすくなったりすることもあります。

それは霊的な世界に対して、人間の心が関心をもつことにより、
成仏しきれない霊が集まってくることもあるからです。


たとえ先祖でも成仏していない霊はいるのです。
その中には伝えたい事がある為にお盆という機会をとらえて声ではない方法で伝えてきます。
b0110639_19382785.jpg


人は体がおかしければ病院に行って診察を受けますが、
肉体的な場合はこれで十分ですが、精神的にときどきわけがわからない、
感情に襲われる、恐怖感があるときは霊の影響があると考えて、

先祖供養なりお寺にお参りしたほうがよいこともあります。



それでも改善されないときは、霊的な影響が強いのです。




松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-08-22 19:38 | 心の世界

環境の変化

環境の変化


40代の男性が、すでに母親は10年前に亡くなっていたので、現在は父親と2人で暮らしているが、
どうしても父親と「そり」があわない。

「特にこの2~3年は非常に仲が悪い」なにかと口喧嘩になって、
互いに自分が正しいのだと主張してしまう。b0110639_13325873.jpg

もともと性格が合わないにしても、2,3年の間に憎むべき相手のような不快感が
親子に出てくるのはやはりおかし。

父親は元気で、介護生活をしているわけでもないので、介護疲れともちがいます、
霊的に追ってみると、息子さん(40代の男性)の「環境の変化があった」と感じられたので伝えると、
「職場の環境が変わりました。会社そのものは変わりはないのですが、同じ社内で違う部に移動し、
建物は近いのですが、元の場所とは違うところに3年前から移り、今にいたっています」とのこと。


このケースは父親の問題というより、この息子さんの職場の原因でした。
会社があるビルは少し古く、近くにお寺がありもともとは寺の境内(敷地)だった、
霊的に視れば土地の波長の悪さと、環境の変化で気がつかないうちに霊の影響をうけてしまい、

家にかえると、イライラや自分では考えていないはずの憎しみやつらさが非常に
感情的にでてきてしまっていたのです。



いろんなことにも原因があります。



松林秀豪へ
[PR]
by shugou110 | 2010-08-18 13:34 | 体験談

お盆と霊

お盆と霊
わたしたちはお盆を中心の休みをとりますが、このお盆という儀式は何なのか?
幼い頃に私が聞かされたことは、亡くなったご先祖の霊が年に1回この世に里帰りしてくるときで、
家に帰ってくるから、食事をあげて、家族がみんなで集まってご供養していくのだと聞いていました。


この程度の知識しかありませんでしたが、それは大変先祖を身近に感じることが出来る時期でもあります。

霊がその日だけに帰るのか?というのではなく、霊は常に身近にいますが、
人間側が改めて祖先や霊に向き合う大事な数日でもあります。

b0110639_22525415.jpg


よくお盆に時期になると体が重くなってしまったり、霊が見えるなどというご相談される人が増えます。

これはお盆になると普段は気にしない霊のことに気持ちを向けて、
いくことも増えますので、普段感じとれないことを感じとることも増えていくのです。

いつもならば伝わらないことも、人が霊に気持ちが向かうために、
霊からすれば伝えやすい時期でもあるのです。

普段霊感のない人も霊感がでてくることもあります。
お墓参りもいかれてはいかがでしょうか。先祖は喜んでくれるはずです。




松林秀豪へ
[PR]
by shugou110 | 2010-08-09 10:00 | 霊的な精神世界

不安定の連鎖

不安定の連鎖

親戚の不幸が続いたり、知人の不幸や訃報が相次いで起こった時に、
神経がまいって精神的に不安定な状況を招いてしまい、自分が悪いから、

まわりに不幸が起きてしまったのではないかと考えはじめてしまった人がいます。


b0110639_15233686.jpg

それがエスカレートして「霊」に襲われているのではないかとまで、思いこんでいく人もいました。

自分の不安が、心の中に不安の連鎖を引き起こしてしまうこうこともありますから
ご注意ください。




松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-08-04 15:24

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110