スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

幸せになる


幸せとはどういうことか?人によって幸せ感も違います。
たとえばまずしくても幸せな人と、裕福な人でも幸せを感じない人もいます。


その中には羨ましいほどに、周りから見る限り物質的に恵まれていながら、
生き方が満たされないで苦しんでいる人もおられます。b0110639_10351551.jpg

裕福な人と貧しい人と、比べるのは極端かもしれませんが、
なやみの中身は必死に生きているのは誰もが同じです


てどちらかと言うと貧しいほうではないかと思っていても、
結構なほど明るく前向きに考えておられる人もいれば、
深刻になりすぎてしまう人もおられます。


悩みをもたれている人の「心の問題」が大きく関与していることでもあります。

人はある程度満足すれば、心が豊かになりますが豊かになればなるだけ、
夢や希望を持てなくなってしまうこともあります。

夢や希望をもって毎日必死に努力している人は、
小さな事でも満足し感動できます。
そうでない人は、何をしても「感動もせず、感謝もない・・・・・」

自分の思い通りにいかないと他人のせいにしたり、世の中のせいにもする。
このような考えをもつ人が犯罪をおこすこともあります。


幸せになるには生きて前向きに、心と魂が生まれてきた環境がどうであれ、
自らが修行するために生まれてきた以上は生きぬいて、
人生を喜怒哀楽をエンジョイしていくことです。

霊的にも明るく前向きな人には、「力強い守護霊」が必ずついて守ってくれるのです。


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-06-20 10:35 | 心の世界

幼い頃から霊をみる人


小さい頃に霊が視えていても高校生ぐらいまでで、

それ以降はあまり霊が見えずにいたが、
大人になって再び霊を感じ始める人もいます。
b0110639_9573196.jpg

ある現象を起こされている人の体験ですが、
「20代の息子が、どうもおかしいので視てもらえないか」と
息子さんを連れてこられました。その息子さんは、
「霊は自分でも視えているから信じてはいるが、

自分に悪い影響はされていないとしか思わない!」と
なにも自覚がないようで、
本人は自分の行動や言動は普通としか考えられないと思っている。


このように本人に自覚がない現象もあるのです。
周りが気付いておかしいと思う事もあるのです。

このようなことも霊現象なので浄霊していくことで
徐々に性格も穏やかになり、笑顔もでて来られたケースも多くありました。


松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2010-06-14 10:00

死ねばどうなる

死ねばどうなる

霊は物質ではないのでつかめないし見ることも不可能です。
人は死の瞬間に霊的世界への空間に移動して、
物質界からは離脱していきます。

b0110639_21354746.jpg
今までの感覚とはまるで違い、
肉体があるときには物もつかめたのに、
物がつかめない!声をかけても聞こえない!
あげくに死んだ自分が目の前に横たわっている。



そして自分は空間にいる、生きていると錯覚してまだ死んでない?と思いこむ。

このように聞かれると普通の死を迎えると、
皆さんがこういう状態になる場合もあります。

けれども納得して死を迎えた場合は、
通常は遅くとも49日で霊界へ移行していきますので安心してください。


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-06-09 10:15 | 霊的な精神世界
地縛霊は2キロ以上は離れられない


土地にいる霊というものは、その場所になんらかの強い執念かあるいは思いが残ってしまい、
留まり続けているのです。


人は時間がすぎて未来に進んでいますが、霊の時間は亡くなった時点で時間が止まりますので、
たとえば恨みや妬みの気持ちが、そのままの感情や心で残ってしまいます。



残った場所で執着があればその地から離れようとしても心や感情がその地(場所)に、
未練が残っているからです。b0110639_10203799.jpg


ただし執念の強い霊でも2キロ以上離れない、それ以上いかないのは土地に執着があるためなのです。


松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-06-05 10:00 | 霊的な精神世界
踏み切り踏の事故での自縛霊

実際に起こった事ですが、とある田舎の踏み切りで天気のいい朝に、
軽自動車と急行電車が衝突して軽自動車に乗っていた女性が即死でしました。



ここまでならよくある話ですが、事故がおきた日から、
踏み切りの事故現場の近くに住む女性でそれも亡くなられた人と、
同年代の方がときどき踏み切りの「カンカン」という音が聞こえると、
踏み切りの音がやむまで、パニック状態になるので病院にも行ったがおさまらない。

b0110639_23412648.jpg

「踏み切りの事故が起きてからパニックがはじまったのではないか?」と家族が心配し、
ご家族と共に相談に見えられた。

もしかしたら、うちの娘が何か影響を受けているかもしれないので、
ぜひ視てほしいと相談にこられました。
さっそく霊視してみました。すると、白い軽自動車とそのそばにいる女性が視えて、

私に話しかけるように、
「家にかえりたい、けれど何回も、人について行ってもまた事故の現場に戻ってしまう」
と霊が訴えてきました。

亡くなった女性が、自分と年齢的にも同じくらいの女性を選んで、
つぎつぎに憑依を繰り返していたのです。
そこで私がこの女性の霊を説得し、亡くなったことを交信していき供養しました。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-06-04 10:06 | 霊的な出来事

意地を張るのは人か霊か

自分がかたくなに意地を張って、
力を入れすぎているときは頑張ってはいるが、
何一つ思うように行かないことも多い。

けれどもひとたび肩の力を抜いて、
これまでの問題点と反省点、
そして過去の状況を責めることを気持ちの中から手放していくことで、
時間が気持ちよく進んでくることに気づく。

b0110639_17125245.jpg

わかってはいても、
すんなりとは行かないのが人生でもありますが、
霊的なことにも同じことが言えるのです。

霊たちもかたくなに、意地を張って心を閉ざしていることもあるのです。
人が先か霊が先に変わるかも考えていく必要があるのです。



松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2010-06-02 09:10 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110