スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

心の悩みと繊細さ

ここ数年心の悩みを相談されることが増えてきました。

それ以前は霊的現象のことが大半を占めていたのですが、
最近は若い方も非常に自分自身に悩んで、

「自分はこのままで良いのか、社会に会わないのではないか」など、

周りの人たちのことを考えすぎて
上手く社会に適応できないのではないかと悩みを持つ人も、
相談にこられるようになりました。
b0110639_21152391.jpg

このような人に限って自分に問題があるのではないかと
考え込んでいる場合がおおいのですが、繊細な神経を持ち、
思いやりも深く、感の強い人が多くなっているのです。

このような方には守護霊からのメッセージや、
霊的な世界から、より強く守られていかれるようにしていきます。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-11-29 09:10 | 心の世界

我の強い人の話し

最近の例では20才をすぎている娘さんが、
「父親の言った一言が気に入らなくて、
具合が悪くなった。自分の具合が悪くなったのは親のせいです」と話す。

「親が悪いんだ!」と
1時間のあいだに15回くらい同じことを、
泣いたり親を指さして怒鳴りつけるのでした。

この娘さんは今までも時々浄霊してきたので、
霊に憑かれてきたことは本人もわかっています。

それがわかっていて親もついつい
霊が憑きやすい体質だからと娘さんをかばい、
娘さんも我が強くなりすぎて、わがままになってしまった。

冷静になるように話をしながら、
娘さんも「先ほどはすみません」と言って、
少し落ちついてきてから浄霊をしたのです。


人の思惑、自分の性格、自分で自分をよく知ることが大事です。

それと人に心から謝れる気持ちがないといけません。
「ありがとう」や「感謝」は取り繕ってもいえるが、
あやまれば良いってものではなくて、
本当に心から「あやまる」ことは相手に上っ面な言葉だけでは伝わらないものです。
よくよく気をつけて

松林秀豪HPへ
b0110639_1041793.jpg

[PR]
by shugou110 | 2009-11-28 09:00 | 霊的な出来事

焦るとからまわり

よく物をなくす、
よく忘れる、うっかりしすぎる、
どこかに出かけようとすると必ず物を忘れてとりに戻る、

電車は乗り間違える、
車の鍵は落とす・・・・・・・などなど、
焦り始めるとからまわりすることはあります。ただのうっかり症です。

けれど、自分ではないくらい
立て続けに巻き起こる落し物やものさがし、
あまりにも続きすぎる人や、
よくわかっているのになぜか繰り返すことになる人もいます。
b0110639_163228.jpg

典型的に霊的な問題だと思える人は、
「自分の意思で動いているような気がしなかった。

変な言い方ですが自分が後ろにいたような感じがしました」と
話す人もいます。
焦りすぎると霊的なものにとらわれてしまう事もあるのです。



松林 秀豪ホームページへ

[PR]
by shugou110 | 2009-11-27 09:02 | 霊的な出来事
自分は忙しく仕事をしているが、

他の人は上手くサボって何もやっていない、と思う人。

当然です!人は自分じゃない!

サボることも上手な人間もいればひたすら仕事を続けていく人、

生き方が違います。比べなくていいですが、

自分がサボったとしてもかえって気持ちの負担がかかってしまうのでしたら、

それは自分らしくない行動です。
b0110639_9401925.jpg

あと何かにつけてすぐに、

「自分が悪い、嫌われている」と思う人もいます。

何で自分を責めることがあるのか、

人に言われるからと理由がつくこともあります。

自分が嫌われていると思っている人は意外かもしれませんが、

霊感が強い人もいます。


松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-11-25 09:40 | 心の世界
精神的なバランスが崩れやすい人や気持ちの変化や

気分の上下が激しいことや、

同じことを何度も言っても、

何度も繰り返しても考えてしまうこともあるのです。

マイナスなものに気持ちを持っていかれる場合もあります。

霊感が強くて霊的な影響を受けやすい人は、

同じことを何度も人の言葉の中でいやになるほど話す。

「終わる」「また話す」「そして終わる」

「また一から話し始める」「ほぼ同じことを繰り返して話す」など

時間の感覚がない霊に気持ちを動かされてしまうこともあります。

霊というのは同じ時間で止まっているためにこのようなことになるのです。

この時間を進ませていこうとするためには、

人の方が霊的に影響を受けていることを知ってから、

自分の気持ちと霊との気持ちの違いを

冷静になったときに一つずつ考えていこうとしていくことです。

それを浄化させて、説明していくことも私の役目です。




  松林秀豪HPへ

b0110639_9314670.jpg

[PR]
by shugou110 | 2009-11-24 09:32 | 心の世界

夢と霊界

夢の世界はスピリチュアル(霊的)なことがつながりやすい世界でもあります。

私はよく夢の中で霊界と話をしている夢をみます。

あるときの夢は、畑を見下ろせるところに私がいて、若い男性が急に現れ「こちらです」と

いわれて、山の上のほうへ案内された。

山の上にたどり着くと「ここの山の上に昔は村の神様を祀ってきた。

村の誰もが山神として大事にしてきたが、今は誰もしなくなった。

仕方がない時代だが、神をおろすことをしていない・・・・お願いしたい」

それで夢は終わったが、一週間後にその夢の説明ができる相談事がありました。

b0110639_1005786.jpg

男性Cさんがこられて、

「地方に先祖代々持っている土地があるのですが、もう住むこともないので

全部手放したいのですが、何年もかかっているがどうしても、

土地を欲しいという人が出ても売れないのです」とのことでした。

私は「その場所は畑も山も持っていますか、

そして山に神様を祀っていましたか?」と伺うと

Cさん「そうです、わかりますか」と

驚いて聞かれたので夢の経過を話して、

神様をきちんとおろしていかなければいけないことを、

頼まれたことをお話しきちんとおさめたこともありました。


松林 秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-11-22 10:01
私はお会いした方々に、

「もっと怖い方かと思っていました。

年配の男性の霊能者で勝手に怖い方だというイメージだったんです。

本当はお目にかかるときも、とても緊張してきたのですが、

普通にお話し出来るので安心しました」といわれることがあります。

私自身できるだけわかりやすく、
b0110639_1728462.jpg


ホームページやブログなども書いているつもりですが、

イメージが先行してしまう方もいます。

今後ももっとわかりやすくご説明させていただきたいと思っています。


松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2009-11-21 17:30 | 生き方について
夢予知のようなこともあります
こられるご本人が直接夢に出てくるのではなく
、その方の抱えている問題点などが、
どの様な影響からきているのかを
夢という形でみる事もあります。


例えば夢の中で数人の男女が非常に悲しそうな表情をしているので、
その夢の中で私が声をかけると、その中の男性の一人が「われわれは、
この土地で亡くなったが、誰も供養もしてくれない。

今も家族に会えない。
自分たちを無視して家が建っている。」
そんな話で目が覚めることもあります。

b0110639_1941853.jpgそして翌日にAさんご夫婦にお会いしてすべてつながってくることになるのです。


ご夫婦が土地を購入して家を建てて住み始めてから、
仲の良かった4人家族が喧嘩ばかりするようになり、
娘さんは家にいると落ち着かないと言い始め、
息子さんは見えないが「人の気配がして仕方がない」と言うそうです。

私が夢で見たとおりにここの土地にいる霊たちが知らせていたのでした。
清めていくことで、霊もおさまり、
ご家族の喧嘩もおさまり住みやすく家族も以前のように穏やかになってきたのです。

このように夢で知らされることもいままで数多くありました。
またご紹介させていただきます。

松林 秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2009-11-20 19:08 | 体験談
守護霊はなにをしてくれるのか、このような質問が相談者から聞かれることもあります。

そもそも守護霊は一人の霊として考えられることが多いですが、

人間からそう思いがちですが、守護霊の世界は考え方にも主観的な欲や執着の次元とは違うのです。

助け合う精神と常に物事に関しては客観的に見守っている世界です。


自分の守護霊は何人で名前はわかりますか?と質問してこられますが、b0110639_16184370.jpg

守護霊は人間的な意識はすでにありません。高次元の世界(守護霊の世界)

があると思われたほうが、わかりやすいです。守護霊は人間が何をしたいかによって、

守り方が違います。守護霊のなかで得意分野の霊(エネルギー)が人間に対して、

感情や思いつくヒントで、人間を守ろうとしています。

守護霊は不浄物霊のように悪い現象はおこしません。

人間に憑依もしません。わたしはこの守護霊たちの世界と波長を合わせて霊視してきますので、

相談者に必要な答えを出していきます。そして不安はできるけあたえないように、

最善の方法を守護霊とともに解決していきます。



松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-11-17 09:18 | 霊的な精神世界

霊を救う

霊的に救うという事には、
人間にも条件のようなものがあります。

それは守護霊がなにもしないのではなく、
守護霊は霊も、人間も守ろうとしているところがあります。

人間側に問題がある場合に、
すべて霊のせいにして、私は悪くないと思いこんで、
最悪なことはすべて霊が悪いときめつけてしまい、
よけいに霊を呼び込んでいるようなこともあります。
b0110639_15232883.jpg

霊能者はそこを的確に判断して、
霊的な問題点を霊査、浄霊していきます。

そして人の欠点や霊の気持ちを考慮しながら、
霊には説得をしご相談者には心の持ち方もお伝えします。

これにより霊的な問題は解決していきます。



松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2009-11-16 15:24 | 霊的な精神世界

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110