スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

元外務次官のご家族殺傷事件については連日のように犯罪心理学者の方々が出ています。

人間側からの分析をしていますが、霊的な面から分析をしてみるとこの犯人はある時期から変貌しています。

霊的にいいますと憑きものが変わり、人格も社会に順応できない霊が強く影響してきているのです。

連続殺人を犯し、また用意周到な割には動機があまりにも短絡的で年金問題で注目されている時期に世の中に注目されて、まるでヒーローであるかのような振る舞いもあります。
b0110639_158396.jpg

このような精神状態は今始まった訳ではなく、かなり前から犯人の心の中に悪霊界の者が影響してきて、言動がだんだんエスカレートしてきたはずです。

それがひどくなると悪い事でもそれが世の為だと思いこみ、シュミュレーションして成功すると考え、実行してしまう。

しかし世の中は甘くはない、霊界にも善なる霊界があるので、犯人は捕まる、捕まれば途端にそれまで犯人に大きく影響していた悪霊界の者達が離れます。

これは人間を悪い方向に利用していけなくなる為に、去っていくのです。

気持ちを常に磨いていかないと悪に魅入られることになります。







        松林秀豪ホームページへ

[PR]
by shugou110 | 2008-11-30 15:08 | 霊的な出来事

能力とか不運について

皆さんそれぞれの方がご自分にしかできない生活をして、独自のサイクルをもっていると思います。それでも自分と違う生活をしている人の生活を羨ましく思う人がいますが、もしも実際その人になって生活をしてみたいかというと、それはそれでやはり大変そうだから自分には出来ないということになるでしょう。

自分が動かず努力もしないで不運のせいにする人もいます。

能力でも霊能力、皆さんもかなり霊感が強い人も多いでしょうから、感じとったり視えたり聴こえたりする方も多いとおもいます。

それで若いころから苦しんできている人もおられます。これまではそういう現象が因縁がらみのような複雑怪奇なことが多かったり、それこそ化けて出るようなものが非常に多かったのです。

現在もまったくなくなったわけではなく、人にすがって助けを求めてくる霊という存在もあります。
それとは別に現代では霊が視えるとか聴こえる感じるという人は多いです。

すべてが因縁で視えているとか化けて出てきているという世界ではなくて4次元世界と自然につながっていくことに違和感なく広がっていくためのできごとでもあります。

進化に伴って変化してきます。ただし言っておきますが自分がこの先霊が見えないから自分は4次元とつながっていないとか進化していないとかいう問題ではありません。

それこそ本来はあまり見えないほうがよいのです。視えない人は感じとっていくことになりますから大丈夫です。
b0110639_16134857.jpg

そのため最近は感受性が強くて悩む人が多いのがそういうことです
霊能力者でもご相談をしていると徐々に霊が視えなくなる人のほうが多い、視る必要がなくなるんです視なくても感じ取って話をしていくほうが効率が良いからそうなっていくのです。

どこかの宗教のように相談に行くたびに水子だ、行く度に稲荷だとしか言わないようではしかたがありませんからね。

運は呼び込もうとして来るものではない
待つだけでも運は来ません
心をもたげて自分の可能性を大切に
ここで今日出会っていることを日々大切に
それだけでも不運な考え方が変わっていくことは出来るでしょうし、不という文字は消していくことが出来るきっかけになるのです。

不をとると運に変わりますよね。意外と簡単な発想でいいんですよ。

もちろん字だけの世界で屁理屈を言っても仕方がありませんが、そのように思うということが自分を変える手がかりであり手段の一部でもあります





松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-11-27 16:14 | 霊的な出来事

沢山の心配事


沢山の不安や沢山の心配事はあるけれどどうしてそればかりに縛られてこだわっていかなければならないのかと考えていくともっと楽な生き方を考えたほうが自分のため世のため人のためです。

そうして理解をして行きながらも不安が訪れたり心配事もあるでしょう。その都度に同じ繰り返しではないことを肝に銘じて、気持ちにおいてください

同じではないということは、次の課題をクリアできれば次のステップがあり、自分の奥行きが広がっていくということにもなるのです。
b0110639_10124276.jpg

不運な出来事は多々ありますが、並んでいたらちょうど自分の前で売り切れたとか、そんなことは序の口ですが、確かに人と比べてみても異常にに不運なことが連なっている

不運には

・不運現象があきらかにある、それが霊的な影響がすごく強く現れているケース

・不運現象が確かに多いけれども、あまり霊的な障害ではないと思われること自身の力で乗り切れるケース

・不運を自らが呼び込んでしまうケース

・それほどは不運ではないけれど、自分自身が不運であると思い込んでしまっているためにぬけられないケース

こうのようにご説明しても自分をどうしても落として考えて、自分が悪いからで霊的なせいではないとしてしまう人もいますから判断が難しいのです。

そのために我々のような仕事が必要になるのですが、霊や魂を導いていくことが役割としています。



松林秀豪HPへ
[PR]
by shugou110 | 2008-11-23 10:12 | 生き方について


霊能者になる以前、初めてテレビ出演したときの話ですが、私は20歳のときはガードマンでした。ガードマンという警備の仕事が社会的に認知されたのは、

宇津井健が主演のザ・ガードマンという人気テレビ番組からでした。

番組の中で、鍵とフクロウのマークがテレビにも使われ、よく会社がまねをしただろうと言われましたが、実際には日本警備(現在セコム)当時のマークです。
b0110639_1054412.jpg

ある日、テレビ局が企画したある番組にガードマンが珍しい職業だから出演してもらえないか?と言ってきたそうで、私たちの隊が選ばれて出ることになりました。

ところが番組が企画したのは子豚のレースで、200メーター先のゴールまで競争させるというものでした。

豚君は人間の思うようには動きません。当日は雨あがりで広場はぐちゃぐちゃで、おまけにスタッフがコースの中間にエサをまいたから、よけいにいうことをきいてくれる訳もなく、

おかげで豚も私たちも泥まみれで、テレビに映りましたが、情けないやら恥ずかしいやらで散々だったことがありましたが今となっては良い思い出です。





  松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-11-19 10:50 | 生き方について

視える霊、見えない霊


霊と言っても、ただ存在している者から、地獄のような所にいる者までさまざまですが、霊障と呼ばれるような霊現象を起こしている場合には、人に影響を及ぼしている霊がいる訳ですが、助けや救いを求めて姿を視せる霊もいますが、どのように説得をしても言うことも聞かないし救われたいとも思わないような霊もいます。

そういう霊的なものとは戦っていかなければならない場合もあります。

霊を救うには霊が救われたいという気持ちが少しでもなければ、救う事は出来ません。
一番厄介なのは人の心に合わせて、同化してくる霊です。

人の心に目に見えないで存在ですから、これは人間の次元では通常見えないのですが、まれに波長が合うと直接目に視えることもあります。
b0110639_1795758.jpg

ご相談にこられた方で、最初に軽い、うつのような感じで物事に集中できなくて、ついつい別のことを考えてしまい、仕事が手につかないという相談でした。

このような症状がでてからもう2年ぐらい悩んでいて、病院で相談しても治らず、ストレスからくるものだと自分で判断していたそうですが、どうも変だからいままでは考えたこともなかったけれど霊的なことをいちど聞いてみようと相談にこられたのです。

まずは霊査をはじめていきますが、少し瞑想をして心を落ちつけていきます。
そうすると頭の中に相談者の霊が、私の気持ちに引っ張られるように、霊の気持ちが私に重なってきます。

言葉ではなく、感情とか時代背景や死直前の状況を伝えてきましたので、このケースの場合は、そこで霊をさとして説得し浄霊を行っていきました。







松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2008-11-17 17:23 | 霊的な出来事
人間はどうしても時間にしばられていますしこの時間に合わせて生きています。

時間は1秒ごとにすすんでいますが、逆を言えばこの1秒ずつが同時に過去になっていくのです。
b0110639_10562197.jpg

過去の反省や苦しみに思いが留まりすぎると、現在も未来も苦しくなってしまいます。
過去は誰にもありますしそれは消すことは出来ません。

時間を大切に使ってその経験と反省をいかして未来を築いていかなければならないのは与えられた運命です。

人間は未来に向かい進むことができます。同時に過去に記憶や気持ちが戻れることも確かです。
過去に思いをはせれば、過去の状況も手に取るように思い出されます。

思い出しすぎると人生を歩んでいくことが怖くなったりもします。ときには立ち止まっていくこともよい結果を生み出してくれます。

力強い人生の協力者があらわれてくることにもなります。



松林秀豪ホームページへ
[PR]
by shugou110 | 2008-11-12 11:07 | 生き方について

生活環境はそれぞれ

生活していく中で、苦労していく人や恵まれている人と様々ですが、たいていの人は「恵まれて満足しています」と言う方が少ない。価値感の違いがありますから当然かもしれません。

マスコミ等でよく「セレブ」と言う言葉を耳にしますが、
一方で「ホームレス中学生」などが話題になっていますし映画化もされました。

この格差をどのように解釈すればよいのか、普通に考えるとこのように人間は生まれてくる環境があまりにも違いすぎますし格差がありすぎます。
b0110639_1653766.jpg

世界に目を向ければ、戦争や内乱で犠牲になったり、あるいは貧困にあえぎ、ましてやエイズに感染したりして、何のためにこの世に出てきたのか苦痛だけが多い人生を送らなければならない人たちも多く悲惨な状況が世界にはまだたくさんあります。

私たちは平和で豊かな日本に生まれてきましたが、それでも満足することなくもっと上の人生を送る人をうらやましく思ったりもしますが、
自分が今いる状況や位置で考え判断しないと、不公平感が強く心に影響をしてきます。

人をうらやましく思わないこと、自分に与えられた試練を素直に受けることも、重要ではないでしょうか?






松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2008-11-08 16:06 | 生き方について

耳元で人の声がする

60代の女性が2ヶ月ほど前から、周囲に誰もいないしテレビもつけているわけでもないのに、
何かざわつくような話し声が聞こえ始めて
だんだんとはっきり聞こえるようになり、家族や知人に話すと、周りの人は気のせいだとか、おかしくなりかけているのではないかと言われてしまった。
b0110639_9335926.jpg

最初は病院にいこうかと思っていたそうですが、
もしかしたら霊的な現象かもしれないと疑うようになり何処に相談してよいものか悩んでいたところ、書店で私の本を見てこの方だったら宗教的なこともないし適切に見てくれるのではと思い、相談に来ましたと言われました。

まずこの方の現象は最初この女性が、人の声のようなものが聞こえてくる、当初は鮮明には聞こえないようでしたが、だんだん声が鮮明になり何を言っているかわかるようになりました。

その内容は、「殺してやる、または神も仏はいないからおまえは近日中に殺す。霊界から人生をメチャクチヤにしてやる等」、でした。言われたほうはこのようなことが実際に聞こえているのですから、当事者は不安になり悩み始めます。

悩みはじめるとその不安になった部分に、たたみかけるように不安に思う気持ちを増幅してしまう。そこに霊的な存在が余計に入り込んでくる状態でしたから、

自分の意識を下げてしまうと低級霊と波長があってしまうこともあるのです。

この方は3回ほど除霊したら、聞こえなくなり普通に今は生活されています。






松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2008-11-06 09:34 | 霊的な出来事

潜在意識


潜在意識とはどのような状態なのか、具体的に実例をあげて説明すると、ある相談者が私は何か変ですと言って来られてお話を聞きました。

「心がバラバラなんです。多重人格みたいに思えるのです」
多重人格症ではないと思いましたが、けれども霊障とはあきらかに違うのです。

マスコミで時折紹介されている多重人格症は霊的な要素がありますが、この場合は多重人格にも霊障にも当てはまらないと思いましたし、現にご本人が病院に行っても疲れているだけですよと言われたそうです。

潜在意識に目覚めようとしているために起こる現象と私は判断したのですが、どのようなことがことが起こってくるのかと言いますと、まず自らの思考の中に同時に別の思考が浮かんでくる。
b0110639_110317.jpg

わかりやすく言えば、いくら人間が一点に集中していても、たとえば音楽とか別のことを考えてしまったり、みなさんもこうした経験あると思います。

この相談者はご自身の潜在意識が表面に出すぎて、頭の中が混乱してしまう。
これは現状逃避を無意識にやってしまう、結果ご自身の人間としての立ち位置がふらつく、人間の本来の心そのものが失われてくる、これがひどくなるとうつ病や精神障害をも起こします。

ここで重要なことは、皆さんにお伝えすることは、潜在意識を引き出すとは、心の位置をまず知ることと、潜在意識の中に入っても、絶対に自分を見失わないことをしっかりと、心にもっていてください。

心がしっかりしていると低級霊に影響されずにすみます、そうすれば位置の高いところで、判断や正確な目でみられるようになります。





松林秀豪HPへ

[PR]
by shugou110 | 2008-11-01 11:00 | 霊的な出来事

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110