暗くなってしまったお嫁さん

ご家族と同居しているお嫁さんが、
ご主人の親戚や兄姉とも
あまり付き合いたがらなくなってしまった。
以前は仲良くしていたのに
最近は人と会うことが嫌だというのです。

喧嘩したり揉め事があったわけでもない。
ひどいと家にこもり電話も出ない。
心配したご主人のお姉さんが相談にいらしたのです。

「弟のお嫁さんは、明るいお嫁さんだったのですが、
2年前に母親(お嫁さんの姑)が亡くなってから、
明るさが失われてしまって・・・・
それに霊的なことを感じるようで、かわいそうで」



一度お家に伺うことになり、 家にうかがうと、
まず家の中の独特の暗さと重さがあり、
それに煙が立ちこめるかのように部屋が、霊的な気配がします。

ご主人は何もわからないですが、
このお嫁さんはなんとなく霊の影響がわかるようです。
お嫁さんとお話ししてみると、
「おばあちゃん(義母)が2年前に亡くなってから、
家の中にいろいろと(霊が)入り込んでくるんです。

どうしていいかわからない。
主人は信じてくれなかったし、
親戚はあれやこれや言いたいことを言ってくるだけで、
相談になんかのってくれない・・・・義姉だけはきいてくれて」

家を切り盛りしていた義母さんが亡くなって
霊たちの納まりどころがないのです。

このようなことはたまにあるのですが、
家長が(主)が生きているときにはしっかり主が家を守り、
生きることに前向きに支えていたときには
霊たちもおとなしくしているのですが、
問題がある家や土地の場合には主が亡くなると、
表に騒ぎ出してくることもあります。

この場合には先祖供養や、
土地の供養も必要になることもあります。

こちらのお嫁さんは、霊感もありましたが、
お嫁さんとしての自分に自信が持てなくて、頼りの義母さんは亡くなるし、
抱え込めなくなって、不安なところに
霊の影響があって引き懲りのようになっていたのです。

まずご仏壇に祈り、
家の中の不浄霊を浄霊し、
土地のお清めもして、
お嫁さんの浄霊もしていくと、
とても表情も明るくなり、その後元気になり一安心です。

守られた人生であることをお祈りします。

松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏



[PR]
by shugou110 | 2018-02-14 09:21

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110