人の心を操る霊

Aさん(40代、経営者 男性)は、
ごく普通に過ごしてきたのにある日突然、
原因不明の意識(記憶)障害のようになり、

どこの病院で診てもらっても特定する事が出来ないままに
1ヶ月ほど過ぎて、今度は奇妙な声が聞こえてきて、

その声は「自分(Aさん)に対して行動の否定から始まり、
幼い頃の記憶や最近の記憶まで思い出させて私を責めてきます。

そして私のせいで従業員も友人も、ケガをしたり不幸になるんだ!
と責める声が聞こえます。予言的な事も言ってきたり・・・・、

私の身も心もどうなっているのか?わかりません。
自分の心ではないような感じがします・・・」


Aさんを霊査すると、暗い姿ですが、
目を見開いている霊の姿が出てきます。

「目つきは、怒りと恨みを持っている霊です」
Aさんをコントロールしようとしていましたから、
2回ほど霊的な説得と浄霊をしてAさんは落ち着かれてきました。

霊は生きていたときに、裏切られて追いつめられ、
自害させられて家族や仲間からも誤解されたまま亡くなり、
執念が死にきれずに、人を苦しめる悪霊になってしまったのでした。

見方を変えればかわいそうな霊でもありますが、
霊に同情出来ないこともあります。

Aさんは、仕事の負担が多く忙しすぎて、
心身がまいっているところへ、霊に憑かれてしまったのです。

このような方も多く相談にこられますが、
悪霊の憑依している現象です。まず霊は我々と同じ空間にいても
肉体はありませんので、次元の違う所に存在しています。

存在とはどのようなものか、心(想念)だけの世界(次元)ですが、
人のように物質的な体がありませんから、肉体はないけれども
感情と心だけは人間と同様に肉体は死んでも残ります。

逆に肉体があるうちは3次元ですから物質的な世界からはなれません、
死ねば次元の違う世界で生きますからこの時に生きていた時の執着心だけが残ります。

この執着心が強い霊は人間に近い為に、
人が同様の感情を持つと霊が(自分)と同じ気持ちを持っていると、
「錯覚}して人に憑依する事もあります。

一度憑依されると人はなかなか取れません
悪霊は執着心と言うものが人に憑依する事により、

人の心を操ることぐらい簡単にできますので、
その心から脱しなければなりませんので時間が必要な場合があります。



松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_22374262.jpg

[PR]
by shugou110 | 2018-01-27 08:22

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110