スピリチュアル霊的な日々のブログ  霊能者 松林秀豪

matubayasi.exblog.jp
ブログトップ
ご本人がしっかりしていても霊的現象は起こることもあります。

人の力ではどうにも抗しきれないことは世の中にたくさんあるように、
どうしても抑えようのない現象はあります。

日頃は口も堅く、決して人のことを攻撃しないような人が、
家を建てて移り住んでしばらくしてから突然に、
乱暴な口調になり、性格も短気になり、何かにつけて怒り出すことや、

他人の嫌なことも言う人ではなかったのに、
悪口を並べ立ててみたりと、
およそいつもの本人ではない言動でもあるのが霊現象です。

引越しをしたり新しい環境に入ったとたんに、
地縛霊の影響を受けることも多い。

ある人は「引越しをして、急にお酒を呑む量が増えて、
それでも満足感がない」というように、
霊に呑まされているようなものですから、
早く浄霊しなければならないこともあります。 

人の感情にも高低があるように
霊にも低級霊が存在し
とり憑く人を探し     
動かしやすい人の心と体を
コントロールしてしまうこともあります。

守られた人生であることをお祈りします。


松林 秀豪HPへ 
b0110639_23442026.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2017-12-14 08:30
10年ほど前のお話ですが、
40代のAさん(会社員)は、
同い年の奥様を病気で亡くされました。

奥様を亡くされて間もないころ、
Aさんは「妻が先に亡くなるとは思っていなかったので
、気持ちの整理もつかないです。

それに毎晩、妻の夢を見るのですが、笑っていないのです。
苦しんでいるようにも見えます。

話しかけられているようにも感じますが、
まったくわからないのです。

子供もいないので、
私もこれからどうしていいのか、淋しいという気持ちが本音です・・・・」
まずは亡くなった奥様の霊査をしていきました。


「奥様の気持ちは、
ご主人を残して逝かれたことでご主人のことを、とても心配しています。

毎日のお供えにも感謝されています。
それに・・自分は亡くなったけれど、
たくさんこれまでの感謝をご主人に伝えてほしいということです。

ご夫婦共通の趣味などが、とても楽しかった、
本当に良い人生だったということ。

自分はなにもこだわりはないけれど、
ご主人が心配しすぎているけれど、
苦しみはないことを伝えてほしいとのことでした。

あとは、今までご一緒にいかれて
とても好きだった場所があるようですが?・・・・」

とうかがうと、
「毎年一緒に出かけるところがあり、いつも一週間くらいすごしていました。
知り合いも出来て、いつももっと長くいられるといいね。と話していたのです。

年をとったら、移り住んでゆっくり暮らしたいと話していたのです。
そうですか、・・落ち着いたら出かけてみます」


そういうお話をしてからご主人はだんだんお元気になり、
数年後にお付き合いされている女性とともに
私のところへ来られて、

「実はこの女性と再婚したいのですが、
亡くなった妻は怒っていないでしょうか?」と聞かれましたが、
亡くなった奥さんは笑って祝福してくれていました。

再婚相手の女性も、大事に先妻さんの供養をしてくれる方で、
新たな生活をスタートされています。
お幸せをお祈りしています。

生きているときも
亡くなられても

過去も大事に今も大事に
守られた人生であることをお祈りします。




松林秀豪ホームページへ  スピリチュアル 霊 浄霊 心、守護 感受性 霊感

b0110639_22564315.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2017-12-12 08:16
霊的なことは、とり憑かれるのは怖いことだと思われています。
ひどいと霊が話したり、顔つきが変わったり、

現象だけをみると怖いのですが、霊に憑かれるというのは、
人の心の100%のうち5%くらいとり憑かれても、
あとの95%の自分の心が抑えてくれます。


多少の霊的な影響は、浄化されていくことが多いのです。

本当に怖いのは、自分の心の
50パーセント以上影響されてしまったときは現象として怖いのです。

仮に自分が人に意地悪をしたいと考えたとしても、
95%の心の意識がそれを遮って止めます。

とり憑かれて、内在している悪心が出てきても、
自分がしっかりしていれば動かされることはありません。

誰もが霊的な意識存在でもあります。
守護霊も存在はしますが、守ってくれて当たり前かというと、

自分自身を守れないような気持ちでは
せっかくの守護も役に立たなくなってしまいます。

守護はつかず離れず、人の心と魂を
バランスのとれた状態を見守りながら、
最大限の力を加えてくれる存在です。

出来るだけ偏らない考え方、
心の置きどころを自身に向かい合わせていくことはとても大切です。


どうせ自分はダメだからと、思ったり、口にしてしまうことは、
自分がその世界をつくりあげていってしまいます。

思う方向に道は進むということも考えてください。
でもお金持ちにならないとか、事業が失敗したのは、

思いと欲のバランスと、自分に見合った事ではないことも見直して、
新たな毎日を送るように、進んでください。
心の持ち方でも未来は次々に変わっていける力をもっています。

守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ 
スピリチュアル 霊能者 ご相談 魂 感受性 浄霊


b0110639_1604089.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2017-12-10 08:51
人生を逃げているわけでもないのに、
自分ではがんばっているのに、
死にたくなるような感覚に悩まされてしまう方もいます。

何か悩んでいるときに、極端に嫌気がさすことあるものですが、
「死にたくないのに死にたくなるような感覚」が、
どうしてもときおり表に出てくることもあります。

人生を逃げようとしているわけでもない、
自ら命を絶つつもりも全くないのに、感覚に悩まされる・・
ある方は子供のときから死にたい・・・と長い間悩まされてきました。

けれどもそれは、霊魂の思いそのものだったというケースもあります。
霊的な存在は人の感情に入り込んでくることもあります。


霊といえば死んでいるはずの世界が、
「死んでいることに気がつかない霊」もいます。

ご自分だけで苦しまないでください。
守られた人生であることをお祈りします。


松林秀豪(まつばやし しゅうごうHPへ) 
スピリチュアル 霊能者 心霊 感受性 浄霊 神仏

b0110639_2145341.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2017-12-08 08:38
30代の女性の方が、
「人と話をしているとなぜだか、
顔がゆがんでいるのではないかと思います。
実際はゆがんでいないのに、ゆがんだように感じるのです。

それと、目が腫れているような感じで
眼科にも行きましたが問題はないと言われました。

でも自分では確かにはれているような気がして
顔もゆがんでいるように思えて、

時には自分の姿がゆがんでいるのではないかとも感じるのです」


「それは話をしている相手の方の、
霊的な憑きものを受けてしまっているだけです。
ご自分に問題があるというのではありません。

しかめ面に受け取ってしまうのは、
相手につく霊を感じてしまうからです

体がゆがんで感じるのは、
霊的という次元の異なる存在を感じたときに、
敏感に感じすぎてしまうことがあるからです」

相談者「そうお話しされているとよくわかります。
ケガもしていないのに痛みも感じることもあります」

浄霊後は目の腫れた感覚や、顔のゆがんだ感覚も無くなりました、
霊感が強い方はこのようにときどき周囲の問題か
自分自身の問題か入り交じってしまう感覚や
、霊に憑かれてしまうこともあります。

守られた人生であることをお祈りします。



松林秀豪(まつばやし しゅうごう)ホームページへ

b0110639_1638466.jpg

[PR]
# by shugou110 | 2017-12-06 08:04

霊能者 松林秀豪(まつばやし しゅうごう)の日々のブログです。


by shugou110